高知へ
 
毎年この時期は楽園会のイベントに参加するため高知へツーリングに出掛けています。
今年も10月13日から15日に掛けて行って来ました。
今年は悪天候が予想されたことと、仕事の都合でまとまった休みが取れなかったので、フェリーは使わず車での移動となりました。

この旅行では、ほぼ毎年訪れるお店があります。
いの町の山中にある蕎麦屋「時屋」さんです。



こちらのお店の雰囲気や料理が気に入って毎年訪れています。


しかし、ここ数年は都合が付かなかったりで、訪れることが出来ていませんでした。
FullSizeRender
2021年に訪問したときは臨時休業されていました。


人気のため2020年から完全予約制となったのですが、空きがあれば当日でも受け付けて貰えます。
この日は平日だったこともあり、幸いにも受け付けて貰えました。

時屋さんへは車でも行けるのだけど、道も駐車場も狭いので、今回はこちらの出番となりました。


IMG_1638
モトコンポ!


原付は道が狭く、交通量の少ない山道をトコトコ走るのに向いています。
以前にもビーノで来た事がありますので実証済。



IMG_1639
しばし走って「時屋」さんに到着。
モトコンポは駐車場の隅に。

IMG_1640
FullSizeRender
感染症対策のため、店内への立ち入りには店員さんの案内を待つ必要があります。

川沿いのテラス席に通されました。
この時期は寒くなる日もありますが、ストーブが用意されているので安心です。

「天ぷら盛りそば」(1900円)と、以前食べて美味しかった「そばがき」(600円)を注文しました。

時屋さんでは、蕎麦を一番美味しく食べられるタイミングで提供するため、蕎麦は他の料理を食べ終えてから最後に提供されます。

IMG_1642
先ずはそばがきと、天ぷら盛りそばに付属の小鉢。
そばがきは好きで自分でも作るのだけど、上手い人が作ったものは感動するぐらい美味しいです。

FullSizeRender
続いて天ぷら盛り合わせ。
写真を撮るため皿を動かそうとして盛り付けを崩してしまいました。
季節の野菜の天ぷらは、塩か天つゆをお好みでつけて頂きます。

IMG_1643
そして最後に盛りそば。
甘めのつゆで頂くのですが、塩でも食べてみたいところ。

FullSizeRender
蕎麦湯も貰えます。





この後も色々見て回りたいところだったのですが、午後から天候の悪化が予想されており、モトコンポでの遊覧は諦めて宿へ急ぐことにしました。

今年は、毎年宿泊している安ホテルの予約が取れず、少し離れたところのホテルを予約したので、ひろめ市場から遠くなってしまいました。
その為、夕食は別の店で摂ろうと考えていたところ、イベント参加者のヂローさんが既にひろめ入りしていることが分かり、急遽ひろめ市場へ向かいました。

IMG_1645
ひろめ市場に到着。

既にヂローさんが席を確保してくれていたこともあって、すぐに宴会が始まりました。

IMG_1662
いつもの「やいろ亭」さんで「塩たたき」と「うつぼの唐揚げ」「小エビの唐揚げ」。

IMG_1663
定番の安兵衛餃子。

IMG_1664
土佐地鶏の炭火焼き。
美味しさは宮崎名物に負けていません。

FullSizeRender
モリミツの鯛めし。

IMG_1665
高知産うなぎの白焼。
さっぱりして美味。





FullSizeRender
食後、ヂローさんのリクエストで「らーめんチョンマゲ高知本店」へ。
大阪や神戸にも支店がある有名店の本店です。

IMG_1666
名物「玉子焼きめし」(600円)を頂きました。

FullSizeRender
特製タレを掛けて味変もできます。



高知には旨いものが多すぎて胃袋がいくつ有っても足りませんね(笑)