ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

キーワード:旅バイク祭りを含む記事

富士山
 
ここ数年、年に何度かは富士山へキャンプツーリングに行くことが自分の中で定番になっていたのですが、今年は新型コロナウイルスの影響で一度も行けていません。

毎年、この時期は「旅バイク祭り」がおこなわれますが、今年は感染症予防の観点から中止になりました。
しかし、私は参加する予定でホテルなどを予約していたこともあり、予定通り出掛けることにしました。

いつものように、高速道路の深夜割引を利用するため、午前3時に出発。
この日は天気が安定せず、時折雨に降られたので雨具が脱げない行程となりました。
途中、サービスエリアで朝食を摂ったり休憩したりしながら、午前9時頃に浜松に着きました。

image
浜松での目的は、「バイク神社」こと天王宮大歳神社への参拝です。

image
感染症対策で、手水は止められていました。

image
本殿には疫病終息の願掛けが。

image
アマビエの巨大絵馬。

image
感染症対策で鈴の使用が停止されていました。

こちらの神社ではバイクに付ける安全祈願の「道楽御守り」(初穂料千円)を授かることが出来ます。

image
昨年の御守り。
一年間怪我も無くバイクライフを過ごすことが出来ました。
ありがとうございます。

image
昨年の御守りをお返しして、新しい御守りを授かりました。
色は昨年と同じ迷彩色のものにしました。

浜松を出発して、掛川でキャンプの食材を買った後、朝霧高原へ向かいました。

この日のキャンプ地、ハートランド・朝霧に到着。

image
名物の「日本一のソフトクリーム」(350円)を頂きます。

image
ここはドラマ「ゆるキャン△」のオープニングが撮影された「聖地」。

image
まさにここです。
ハートランド・朝霧は原作には登場しませんが、富士山が見える絶好のロケーションと貸し切り可能なスケール感からロケ地として採用されたようです。
ドラマ効果で、今後人が増えるんじゃないかなと思います。
この日は曇っていて富士山は見えませんでした。


image
設営完了。
ここをキャンプ地とする。

本来ならここは「旅バイク祭り」の会場だったわけですが、今年は中止なので個人で勝手に来たわけです。
何故か今日はそんな人達が大勢居ました(笑)

image
キャンパーさんからヨーグルトのお酒「信乃大地」(しなのだいち)を分けて頂きました。
口当たりが良くて飲み過ぎてしまいそう(笑)

image
ご夫婦で来られていたキャンパーさんからダッチオーブンで作った鶏肉のお粥を分けて頂きました。
粗塩で食べると鶏の出汁が際立ちます。

私は「ゆるキャン△」にも登場した例のハンバーグをもやしや野菜と焼いた「静岡風ジンギスカン」(仮称)を作りました。
image
ハンバーグから出た肉汁は漏れなく野菜に吸収される仕組みで、キャンパーさんからも大好評。
思いつきで作りましたが大成功でした。

例年の「旅バイク祭り」と比べるとキャンパーさんの数は1/3以下ですが、それでも楽しい一日を過ごせました。

お世話になった皆さん、ありがとうございました。


(次回に続きます…)




ドラマ「ゆるキャン△」。
原作のエピソードをロケ地やアイテムまで丁寧に再現、役者も好演し完成度は高い。
原作ファンはもちろん、アウトドア好きな人も是非。
Amazon Prime会員なら無料で視聴できます。





旅バイク祭り

9月14日に行われた「旅バイク祭り」に参加しました。
昨年に続いての参加です。

「旅バイク祭り」はインターネットラジオ「旅バイク」のratさんが主催するキャンプイベント。
毎年全国から100台以上のバイクが、開催地のハートランド・朝霧に集結します。



主催者発表では今年の参加者は281名。
これ、どこぞの団体では無くratさん個人で主催してるイベントですからね。

今年は好天に恵まれ、一日楽しく過ごすことが出来ました。

ゆるキャン△聖地巡り山梨ツーリングから、会場となっているハートランド・朝霧へ到着…したのですが、何か様子がおかしい。

この日は貸し切りと聞いていたのですが、明らかにイベントとは関係なさそうな子供連れが多数居て、入口通路を占拠していました。

後で聞いた話では、会場側の手違いで、他にも団体客を入れてしまったとのこと。
ここの監督さん(=管理者)は結構大雑把な人なので、この手のトラブルは珍しくありません(笑)
まあ、特に迷惑では無かったし良いんですけどね。

受付して、物販で今年の新作「旅バイク」タオルと、夏のコミックマーケット(C96)で頒布された、「女子バイク」ようこさんの同人誌をゲット。
今年はこの為に来たようなもんだぜぇ(ratさんごめんw)

00000
0000
【ようこさんの薄い本】

せっかくなのでここで感想を書いておくと、「しこくバイクへんろ」はお遍路についての作法や、実際に回ってみての注意点や感想などが分かり易く書かれていて、実用書としてもかなり高い完成度を持っています。
四国を走るのは好きなので、そのうちお遍路もやってみたいです。

「いずぼん」は伊豆半島のツーリングスポットなどを紹介したフルカラー本。
伊豆半島もいつかは本格的に行ってみたいところです、ゆるキャン△聖地巡りを兼ねて(そっちか)

FullSizeRender
さて、会場となるハートランド・朝霧は本来広大な牧草地なのでテントの設営場所には困らないんですが、今年はダブルブッキングと昨年を上回る参加人数とで、かなり窮屈な印象でした。
そうでなくても良い場所を取ろうとすると早めに到着することが求められるんですが、せっかく富士山まで来るんだからゆるキャン△聖地巡り他にも色々回りたいのが人情というものです。

この日は関西でお世話になっている「黒ひげ団」のメンバー諸氏にお願いして設営場所を確保して貰いました。
見た感じ結構へんぴな所しか空いてなかったんで助かりましたよ。
ありがとうございました、このお返しは、いずれ精神的に。

設営後は挨拶回り(笑)
同じ趣味を持つ人たちの集まりなので、面識のある方の参加も多いのですが、何せ広大な敷地に好き勝手に設営しているので、どこに誰が居るのかもよく分かりません。
適当にうろついて、知ってる人を見かけたら声を掛ける、みたいな感じです。
そんな訳で参加されていたのにご挨拶出来なかった方も居られるかと思います。申し訳ありません。
ご挨拶と言えば、今回初めてポッドキャスト「ZUKKOKEラジオ」を配信されている「くろきん」さんにご挨拶させていただき、欲しかったZUKKOKEキャップも購入することが出来ました。
またどこかでお会いできたら良いですね。

さて、テントに戻ると、やることは飯の準備です。
私は昼食を食べておらず、身延のスーパーで買った「ばくだんおむすび」で簡単に済ませようとしたのですが、団員の皆さんも昼食を食べていないと言うことで午後4時からの昼食タイムとなりました(笑)

FullSizeRender
【ばくだんおむすび】


FullSizeRender
ばくだんおむすびを食べながら、夕食の準備をしていると、団員の皆さんからお裾分けをもらったり。

FullSizeRender
いつものアルコールストーブとダイソーの炊飯マグで自動炊飯。
カニ穴まで出来る改心の炊き上がりです。

この日の夕食は身延のスーパーで買い込んだほうとうを作ることにしました。
スープの素付きのほうとうセットにかぼちゃと舞茸をぶち込んで煮るだけです。

FullSizeRender

旨そうなほうとうだろ…めっちゃ不味いんだぜ!(汗)
一人用鍋では鍋が小さすぎたみたいで、麺とカボチャと舞茸を入れてしまうと汁がほとんど入らず、さらに煮込んだほうとうが汁を吸ってしまい、醤油辛くて食えたものではありません。
仕方が無いので近寄ってきた人に片っ端からお裾分けしました。
ありがとう、君たちのことは忘れないよ。

FullSizeRender
一方で、旨いと評判のハートランド・朝霧名物のナチュラルチーズをお裾分け頂きありがたく頂戴しました。
御礼にほうとうはいかがですか?

こうして実に4時間にもおよんで飯を食い続けると言う、テレビ番組のロケみたいな食事タイムがようやく終わったのでした。

まあ、この間にも旅バイク祭りの催しは続いていて、集合写真撮ったり、マイムマイムを踊ってるのを後からこっそり見てたり、トークライブがあったりと楽しく過ごしましたよ、飯食いながら。

IMG_8791
【主催者提供】


21時を過ぎた辺りから、徹夜で移動してきた疲れが一気に出てきて、変な寒気を感じるようになり、さすがにこれはヤバイと感じたので宴もたけなわですが先に休ませて貰いました。

FullSizeRender
葛根湯飲んで寝たおかげか翌日には体調も回復しましたが、富士山からの日の出を見ることはできませんでした。

こうして色々有りつつも一晩を楽しく過ごすことが出来ました。
ratさん、参加者のみなさん、ありがとうございました。
また来年もお会いしましょう。

静岡~山梨

今年も「旅バイク祭り」の開催に合わせて、静岡~山梨をツーリングして来ました。

近年の静岡方面のツーリングでは高速道路の深夜割引を利用するため夜中に出発しています。
午前0時~4時の間に高速道路上に居さえすれば、入口・出口の通過時間にかかわらず全区間が3割引になる深夜割引は、上手く使えば「二輪車ツーリングプラン」よりも料金を安く据え置くことが出来るお得な制度です。

しかし、私は前日まで出張しており、帰宅したのが23時頃。
急いで準備し出発したものの、時間は午前3時を回っていました。
辛うじて、午前4時までには高速道路に乗ることが出来、一安心。

午前8時頃に浜名湖サービスエリアに到着し、休憩しようとベンチに横になったところ、一瞬で1時間過ぎていました。

自分では眠った感覚は全く無く、瞬きしている間に1時間経った感じで恐怖すら覚えました。

FullSizeRender
取り敢えず起きて、最初に向かったのは「バイク神社」として知られるようになった浜松の天王宮大歳神社です。

FullSizeRender
こちらではバイクで参拝すると冷たい飲み物が振る舞われます。
ありがたく頂戴しました。

前回の参拝でもハンドルなどに巻き付けるストラップ型の「道楽御守」(初穂料千円)を授与いただきましたが、今回は新色の迷彩柄を頂きました。
前回授与頂いたヤマハブルーの御守りはビーノに移譲することにします。

大歳神社を出発して、山梨県身延方面に向かいました。
新清水ジャンクションから中部横断自動車道に入ります。
新しい道で利用車も少なく、走りやすかったのですが、途中の富沢までしか繋がっておらず、残り20kmほど一般道を走りました。

FullSizeRender
以前も訪れたあのスーパーマーケットで食材の買い出し。
私は地元還元の観点から極力地元の店で調達することにしているのですが、この店はそれほど品揃えは良くないし、さほど安くも無いので正直ちょっとなーって感じでした。
まあ、スーパーサンゼンの、あの品揃えと比べてはいけないのかも知れませんが(笑)

身延から、国道300号線、いわゆる「本栖みち」を進みます。

FullSizeRender
道の駅しもべ(下部農村文化公園)に到着。
ここに来た理由は…

FullSizeRender
しまりんビーノ!



FullSizeRender

当ブログでも何度か取り上げている、ヤマハ発動機が特別製作したゆるキャン△仕様ビーノです。
こちらに展示されていると聞いて立ち寄ったわけです。
前から一度実物を見てみたいと思ってたんですよね。

FullSizeRender
やはりメーカーが本気で作った特別仕様は仕上がりが違います。

しまりんビーノを堪能して、先へ進みます。

本栖みちをしばらく走って、中之倉トンネルを抜けると本栖湖が見えました。
脇道を降りていくと、ありました。

FullSizeRender
本栖湖公衆トイレ!

全てはここから始まった!

FullSizeRender
そう、「ゆるキャン△」第1話で各務原なでしこが寝ていた場所のモデルがここです。
ここはゆるキャン△の聖地の中でも代表的なところとなっていて、駐車場は車で一杯。

FullSizeRender
奥には浩庵キャンプ場。

IMG_8757
この場所は千円札の絵の富士山で知られるところですが、残念ながら雲に隠れていました。


どうにも山梨方面に来ると「ゆるキャン△」の聖地巡りになっちゃうのはどうにかしないといけないな(笑)
さあ、旅バイク祭りの会場に向かいましょう。


矢田川
キャンプ



道の駅「あゆの里 矢田川」に整備されたRVパークのオープンセレモニー出席のため、道の駅を訪れたので、そのままキャンプすることにしました 。

IMG_3465
道の駅「あゆの里 矢田川」はキャンプ場として利用することができます。

【2021.11.12追記、ここから】
現在、サイト内への車両の乗り入れは禁止されています。
車両は駐車場かRVパークをご利用ください。
【追記、ここまで】




セレモニー終了後、地元関係者の皆さんが打ち上げパーティーをやっている横を通ってサイトへイン(笑)


RVパーク横の高台に設営しました。

今回使用する幕は、旅バイク祭りに引き続きメガホーン3です。
旅バイク祭りでは強風で倒壊してしまったので、今回は念入りにペグ打ちと張り綱をおこないました(笑)

FullSizeRender
9月に入ったとはいえ暑いので、インナーテントは使用せず、エアーマットとシュラフだけにしました。

FullSizeRender
設営したら香住に食材の買い出しに行こうと思ってたのですが、雨が降って来たのと、セレモニー出席者への焼きそばとあゆの塩焼きの振る舞いを頂いたのでおなかが減っておらず、買い出しに行くのをやめました。

そして何かおやつ的なものを探しに売店へ。

FullSizeRender
香美ジェラート350円。
地元産イチゴを使用した甘酸っぱいジェラート。
見ての通り氷がびっしり着いていかにも売れて無さそうでした。
旨いのに。

そして見つけてしまったのです。

「生ビール500円」

うわー、これ飲んじゃったら買い出しも風呂も行けなくなるぞ。
でも売店は18時までだし。

しばし心の葛藤があって…


FullSizeRender
ハイ、乾杯(完敗)
仕方無かったんやー!(意訳:旨い)


FullSizeRender
おつまみは売店で売ってる「焼きねぎしじみ」540円で、食堂では出していませんが特別に皿に盛ってもらいました。

雨は夕方から翌朝まで降り続きました。






翌朝。


多少小降りにはなりましたが、やはり雨は降っており、テント内で朝食の準備。
参天はこんな時便利です。

FullSizeRender
今回は道の駅でも売られている香美町のブランド米「とろかわの恋」を炊きます。

FullSizeRender
スティンに米1合入れて研いだら水300mlを入れて浸け置きます。
30分後に火にかけ20分炊きます。
香ばしい匂いがしてきたら火から下ろし10分蒸らして完成。

FullSizeRender
バッチリの炊け具合です。

FullSizeRender
百均のおにぎりの型を使いおにぎりにしました。
余ったら移動中に食べるつもりでしたが、余りませんでした(笑)

FullSizeRender
インスタント味噌汁とともにいただきました。

雨が小降りなうちに撤収し、出発しました。
お世話になりました。
静かで本当に良い環境です。
またの機会にも是非訪れたいと思います。




旅バイク祭り

9月8日に行われた「旅バイク祭り」に参加しました。
昨年に続いての参加です。

「旅バイク祭り」はインターネットラジオ「旅バイク」のratさんが主催するキャンプイベント。
毎年全国から100台以上のバイクが、開催地のハートランド・朝霧に集結します。

ここ数年、開催日が悪天候に当たることが多く、毎年延期されていたのですが、今年は雨予報にも関わらず予定通り開催されました。

会場のある富士山に向かうにあたって、高速道路の深夜割引を使うため、前日の23時頃に出発を予定していたのですが、この日の関西地方は大荒れ。
大雨と強風の警報が発令されており、とても出発できる状況ではありませんでした。
天候が収まるのを待っていたところ、3時頃になってようやく風雨が弱まったので出発。
途中、何度も雨に降られながらも無事掛川までやって来ました。

何故掛川?
それは葛川のスーパーでキャンプ食材の買い出しをするためです。

IMG_3278
春にも訪れたスーパーサンゼン。
こちらには、あの「さ〇やか」と同じ味と言われている「満点ハンバーグ」が売られているのです。
どうして「さ〇やか」と同じ味なのかは、こちらの記事をご覧ください。

IMG_3289
開店と同時に入店し、満点ハンバーグをゲット。
その他食材も調達し、会場へ向かいました。

FullSizeRender
ハートランド・朝霧に到着。
会場入りする前に、入り口の売店でソフトクリームとチーズ、ステッカーを購入しました。

FullSizeRender
【写真を撮り忘れたので、画像は春に来た時のものです】

この時対応してくれたのがオーナーの通称・監督さん。

「この変態バイク、ロシアのだろ。去年も来たよな。」

変態て(汗)
まあ、あまり見かけないのは間違いないので、記憶に残っていたようです(笑)

入口で受付をして、物販でタオルとステッカーを購入。

受付付近には何人か知り合いが居たのですが、

「あれ?ビーノは?」
「今日はビーノじゃないの?」
「ビーノ見たかったな」


と、何故かビーノ大人気(笑)
ビーノで来なかったことで、ずいぶんがっかりされました(汗)
と言うか、家からここまでビーノで来ようとすると不眠不休で走り続けても24時間かかる計算です。
ル・マンかよ!


今年は雨でサイトがぬかるんでおり、北側のサイトを利用するよう勧められたので、そちらに移動しました。
そう言えば昨年は、ここでスタックする車両が続出したんだよな…。

北側に移動してみたものの、南側よりは少しはマシという程度で、サイトは水たまりになっていました。
ここは本来牧草地であり、これ以上の回復は望めないので、ここにテントを設営することにしました。

FullSizeRender
今回の幕は先日届いたメガホーン3。
実戦投入は初めてです。
事前に試し張りはしていたので、簡単に立ち上がりました。
やっぱりワンポールは楽だ。

FullSizeRender
この日は晴れていれば様々なイベントが準備されていたのですが、雨天のため中止に。
画像はお馬さん。

集合写真を撮った後、知り合いの大きなタープに入れてもらい、夕食の準備を始めました。

FullSizeRender
参加者のみなさんで食材を持ち寄り、おすそ分け大会に。
私もここで満を持して満点ハンバーグを投入です。
前回調理したときには説明書通り作ってみたところ、火の通りが悪く生焼けになったことがあったので、今回は予めハンバーグを3等分して焼くことにしました。

FullSizeRender
これが大成功で、肉汁のジューシーさを残したまましっかり火を通すことで美味しいハンバーグに仕上がりました。
参加者の皆さんにも好評をいただきました。

食事の間も天候は回復せず、降ったりやんだりのコンディション。

夜になるとratさんのトークライブがあったり、参加者さんのテントを回って談笑したりと楽しかったのですが、朝3時出発の疲れが出てきたので先に休ませてもらうことにしました。

深夜、テントが煽られる音で目を覚ましました。
起きると、テントは跡形も無く、空が見えていました。
寝ている間にテントが吹き飛んで倒壊していました。
どうやら突風が吹いたようでした。
ぬかるんだサイトではペグも役に立たなかったようでした。
遠くのほうではペグを打ち直すハンマーの音が聞こえてきました。
周りが真っ暗なので、どうすることも出来ず、幸い遠くに飛ばされた機材はなさそうので、そのまま寝て朝を待つことにしました。


FullSizeRender
朝、テントを調べて異常が無いようだったので、吹き飛んだペグを回収し、そのまま撤収しました。
昨日食事するのに入れてもらった大型タープはポールが折れていました。
天候が回復傾向だったので油断しました。
9月の朝霧高原は、カップスープが美味しい程度に朝は冷え込んでいました。

FullSizeRender
こんな感じで天候がらみでは酷い目に遭ったわけですが、キャンプ自体は楽しく過ごすことが出来ました。
雨だと分かってて参加したわけですから、これぐらいは想定内です。
それでも、次回は晴れて欲しいなあ。

ratさん、参加者のみなさん、ありがとうございました。
また来年もお会いしましょう。



↑このページのトップヘ