ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

キーワード:ウラル オイル交換を含む記事

オイル交換

ウラルのオイル交換時期が来たので交換しました。

私は安いオイルを短いサイクルで交換する主義なので大体2000キロ毎に交換してます。

FullSizeRender
トレイが黒いので分かりにくいのですが、かなり真っ黒です。
しかし、体感的には、音が大きくなったりとかの違いは出ませんでした。

FullSizeRender
ドレンプラグの磁石には金属片はほとんど付着していませんでした。

続いてミッションオイルです。

FullSizeRender
こちらは変色こそ無いものの、金属のギラギラが見られます。

FullSizeRender
ドレンプラグの磁石にも金属の付着が見られます。
付着具合は前回交換時と同じぐらいで、このぐらいで安定するのかも知れません。

FullSizeRender
ドレンプラグのアルミワッシャーは毎回交換します。
前回まで2ミリ厚のもの(画像左)を使っていたのですが(理由:安かったから)、今回から1.5ミリ厚(画像右)に変更します(理由:安かったから)。

FullSizeRender
オイルは前回から使用しているRAMCOの20W-50です。
前回交換してから特に問題が無かったので継続して使用することにしました。

FullSizeRender
今回もジョッキで測って入れました。
エンジンオイルが2.1L、ミッションオイルが0.9Lです。

このオイルは新品時から濃いめの色が付いています。
排出したオイルが黒かったのはこのせいもあるようです。











オイル交換

毎回2000km前後で交換しているウラルのオイル交換時期が来たので、オイル交換しました。
FullSizeRender
いつも使っていたシェブロンのオイル(通称:コストコオイル)が安く入手出来なくなってしまった為、別の安いオイルを探していた所、RAMCOと言うブランドのオイルを見つけました。
調べてみると、RAMCOは大阪の櫻製油所という所のオリジナルオイルだそうです。
4リッターで2000円を切る低価格ですが、SL/CF相当の鉱物油ベースオイルです。
安オイルを早いサイクルで交換するスタイルの私にはうってつけです。

早速オイル交換開始。

FullSizeRender
抜いたエンジンオイルはこんな感じ。
実質2200kmほどの走行ですが、それ程劣化している様には見えませんでした。
FullSizeRender
ドレンボルトのマグネットにも鉄粉の付着はわずか。

続いてミッションオイル。
FullSizeRender
ウラルのミッションオイルはエンジンオイルと同じ物を使用しますが、入れる所は分かれています。
FullSizeRender
こちらもオイル自体の劣化は感じられませんでしたが、鉄粉はそれなりに付着していました。

FullSizeRender
今回はオイルフィルターの交換サイクルではありませんが、オイルの銘柄を変えるのでフィルターも一緒に交換します。

FullSizeRender
フィルターに新しいオイルを満たし、ゴムパッキンにもオイルを塗ってから取り付けます。

レビューで、粘度が高くてなかなか入って行かないとあったのですが、前のオイルからの違いは特に分かりませんでした。

オイル交換の後、300kmほど走行しました。
操作感などは特に変わり無く、普通に使えそうです。
ただ、今まで以上に足元に熱気を感じる事があり、オーバーヒート気味なのかと油温を見ると、十分に低い温度でした。
これってオイルが温まりにくいって事なんですかね?

特に不具合らしき事も無いので、しばらくはこのオイルで様子を見たいと思います。









今月2回目


ウラルのオイル交換をおこないました。
前回のオイル交換から2週間しか経ってませんが既に1800キロ走行しており、この後1千キロほど走る予定があるため、早めのオイル交換となりました。


さすがに2週間前に交換したので手順とかは覚えていました(笑)


FullSizeRender
まだ2週間だけあって、エンジンオイルはオイルの色が少し残っていました。

FullSizeRender
鉄粉もほとんど見られません。


FullSizeRender
ミッションオイルは色こそ変わっていませんが、それなりにギラギラしています。

FullSizeRender
鉄粉もそれなりです。



FullSizeRender
デフオイルはかなりギラギラです。
本来デフオイルは1万キロぐらいは換えなくても良いはずなんですけどね。

FullSizeRender
鉄粉ももっさり。

FullSizeRender
今回、ドレンワッシャーは2ミリ厚のものにしてみました。
一般には1.5ミリ厚と言われてるのですが、純正で2ミリ厚が付いていたので合わせてみました。
どう違うかは分かりません(笑)

FullSizeRender
前回間に合わなかったオイルフィルターも交換しました。


リアブレーキのタッチが良くないので、ブレーキラインにエアを噛んでるのかも知れません。
エア抜きしたかったけど日没コールド。
青空駐車の悲しいところです。



FullSizeRender
ユニコンカークリームでボディを吹いて、届いたゼッケンを貼って、準備完了です。


予防保全

ウラルのオイル交換をおこないました。
前回オイル交換してから1000キロぐらいしか走ってないのですが、オイル漏れが発生したことと、この後連続で3000キロぐらい走る予定があるため、今交換しないと次の交換サイクルに間に合わないためです。

先ずはエンジンオイル交換。

IMG_0382
1000キロしか走ってないのに、ドレンを抜くと真っ黒なオイルが出てきました。
リッターあたり500円もしない安物のオイルなので劣化が早いのでしょうか。

IMG_0386
思ったより汚れていますが、金属的なギラギラはありませんでした。

IMG_0384
ドレンボルトのマグネットにも鉄粉はほとんど付着していませんでした。
まあ1000キロしか走ってないから当然です。

オイルの規定量は2.1リッターですが、今回はオイルフィルターを交換しなかったので2リッターしか入りませんでした。


続いてミッションオイル交換。

IMG_0390
エンジンオイルと同じ安物オイルを入れています。
変色こそありませんが、金属のギラギラが見られます。

IMG_0388
ドレンボルトのマグネットにはそれなりに鉄粉が付着しています。
ミッションオイルだからこんなものでしょう。

規定量0.9リッターをオイルジョッキで測って給油しました。


続いてデフオイル交換。

IMG_0391
デフオイルはこんな短い周期で交換する必要は全くないのですが、買い置きのオイルを使い切れないのであえて交換しています。

IMG_0393
ドレンボルトのマグネットはこんな感じ。

規定量は175ccですが、測れないのでデフオイルを目分量で少しずつ入れながら、レベルゲージで合わせました。


オイル交換後試走してみると、ミッションオイルについては交換後にミッションの入りが良くなってオイル交換の効果が体感出来ましたが、エンジンオイルは交換後エンジンがゴロゴロ言う感じがあります。
しばらく走って馴染んできたほうが良いフィーリングになるようです。

今使っているシェブロンのオイルが安く入手できなくなったので、次はエンジンオイルの銘柄を変えてみようかと思っています。


オイル交換

ウラルのオイル交換、今回はデファレンシャルギヤオイルを交換します。 


【準備】
取扱説明書によると、デフオイルは「必要に応じて交換」となっています。
デフオイルは1000km時にディーラーで交換しているので、交換の必要は無いかも知れませんが、デフオイルの状態確認の為交換することにします。
消耗品と工具をあらかじめ用意しておきます。

デフオイルにはGL-5グレードの80W-90 ギヤオイルが指定されています。
今回はTOTALのZZ-X TRANSMISSION MTDを選定しました。
選定理由はもちろん安いから。



しかしこのオイル、容量が1リッターもあります。
ウラルで1回の交換に必要な量はわずか135mLなんですけどね。



そして、ドレンボルトのワッシャーもエンジン、ミッション、デフと共通の14㎜ボルト用で厚みが1.5mmなので、ストレートの10個入りの残りを使用します。




工具は、ドレンボルトを外すための17mmソケットレンチ、ドレンボルトを締め付けるためのトルクレンチ、フィラーボルトを外すための19mmソケットレンチが必須です。
フィラーボルトだけ19mmなので要注意です。
あと、オイルを入れるための漏斗も有ったほうが良いと思います。
それからウエスも。




【作業】

フィラーボルトをあらかじめ緩めておいてから、ドレンボルトを取り外します。
フィラーボルトは 19mm、ドレンボルトは17㎜のレンチで取り外します。


ドレンボルト先端の磁石に鉄粉が吸着されるので、ウエスですべて拭き取っておきます。
デフも話に聞いていたよりも、ずっと鉄粉が少ないですね。



鉄粉のギラギラが見られるものの、排出されたオイルは予想よりずっとキレイでした。 

ワッシャーを新品に交換して、ドレンボルトを取り付けます。 
デフのドレンボルトのワッシャーも、2mm厚のものが付いていました。
実害が無いので今回は1.5mm厚を使用します。
どうして2mm厚のワッシャーが付いているのか、今となっては全く謎です。



指で締め付けたあと、トルクレンチで締め付けます。
締め付け指定トルクは22Nmです。

 フィラーからオイルを入れます。 
指定量は135mLですが、フィラーボルトにレベルゲージが付いているので、MAXになるまで給油しました。 

取扱説明書にはフィラーボルトの指定トルクが記載されていませんでした。     


デフオイル交換はこんな感じです。 
今後は年1回ぐらいのサイクルで換えたら良いかなと思っています。
このペースだと1リッター缶のデフオイルがどう考えても使い切れません(汗)

↑このページのトップヘ