ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:キャンプ > キャンプ用品

俺のかまど


来るべき冬キャンプシーズンに備えて、念願の薪ストーブを導入することにしました。
昨シーズンの冬キャンプでは湯たんぽと使い捨てカイロで何とか乗り切りましたが、さすがに氷点下になると厳しいものがありました。
今シーズンは薪ストーブ導入を前提に、ストーブのインストールに対応しているメガホーン3シェルターを新たに導入し、既に運用を開始しています。

候補は色々迷ったのですが、メガホーン3との親和性が良い「俺のかまど」に決めました。

FullSizeRender
発注後、一週間程度で到着。
思ったよりも小さな梱包で驚きましたが、重量はそれなりにあります。

FullSizeRender
開梱。
本体、煙突、羽釜、説明書が入っています。

FullSizeRender
羽釜は1合炊きで、ソロ~2人向きです。
私はソロキャンプが多いこともあって1合炊きの鍋釜は色々持っているので、この羽釜がすぐに必要になることはなさそうです。
薪ストーブの運用に慣れてきたら試してみたいと思います。

FullSizeRender
煙突は100mm径の半直筒と呼ばれる50センチサイズのもの。
100mm径はホームセンターなどでも売られている一般的なサイズなので延長も容易です。

FullSizeRender
本体の梱包はさらに小型です。

FullSizeRender
箱の中にはストーブが分解した状態で収められています。

FullSizeRender
中身を広げてみました。

早速組み立てていきます。

FullSizeRender
本体に茂木プレートという部品を取り付けます。
燃焼効率を上げるための部品で国際特許が取られています。
取り付け方向はこう。

FullSizeRender
付属のボルトで取り付けます。
ボルトは全て同じサイズで間違いが起きにくいです。
茂木プレートのほうにネジ溝が切られていて、工具なしでここまでねじ込むことが出来ます。
もし途中で止まるようならボルトが斜めになっている可能性があるので、一度外してやり直すほうが良いかも。
4本とも手で奥までねじ込んだ後、付属のスパナで交互に増し締めして固定します。

FullSizeRender
茂木プレートの位置関係はこのようになります。

FullSizeRender
焚口枠を取り付けます。
説明書には大、小と書かれていますが違いが分かりにくいです。
厚みがあり、幅が狭いほうが小、厚みが薄く幅が広いほうが大です。
小の上に大を重ねて、ボルトとナットで固定します。
組み立て用にスパナが付属しますが、ナットを裏から掛ける必要があるので8mmのスパナをもう一つ用意したほうが良いです。

FullSizeRender
色々端折って(笑)仮組みが完成。
もちろんこのままでも使えるのですが、ひと手間掛けてみたいと思います。

俺のかまどは鉄の地肌がそのままなので、放っておくと、どんどん錆びていきます。
それはそれで味になるのですが、毎回手入れが大変です。
錆び止めに耐熱塗料を塗ることも考えたのですが、もっと鉄の質感を残すことにしました。

FullSizeRender
全体を台所用洗剤で洗って、表面の錆び止め油を落とします。
そのまま使用すると油が燃えて煙が出るので、使用前に濡れ雑巾で拭くように指示があります。
今回は別の理由があって洗っています。

FullSizeRender
その理由がこれ。
ガンブルー液という、鉄に黒染めをおこなう薬品です。
鉄の表面に黒錆びを発生させることで腐食の原因となる赤錆びの発生を抑える処理をおこないます。
もともとは銃火器の銃身に施工するための薬品だそうです。

FullSizeRender
小さく切ったスポンジに薬品を染み込ませて、鉄板の表面に薄く塗っていきます。
塗るとすぐに変色が始まります。

乾いたら水洗いして、乾かして、また薬品を塗ります。
この工程を3回繰り返しました。

FullSizeRender
こんな感じに染まりました。
画像では綺麗なんですが、実際はムラだらけになっています。
本来は下地処理をしっかりおこなった後で施工しないといけないのですが、今回は錆止めが目的なので、見た目は諦めました。

黒染めをしても赤錆びの発生を完全に抑えることは出来ず、メンテナンスは必要です。
また、火を入れたら見た目がどう変化するのかも不明です。
この辺りは使いながら確かめてみたいと思います。




煙まで燃焼させる「無煙かまど」。
メガホーン3の販売元が使用を推奨していることも選択の理由。
もちろんテント内での使用は自己責任の元、十分な安全対策が必要。



鉄の表面に酸化被膜を作る「黒染め」を施工する薬品。
紅茶と酢でやってた工程をお手軽に施工できる。





買っちった

(随分前に)



と言うわけで、予約即完売と言う大人気の「ゆるキャン△ホットサンドメーカー」なんですが、当然ながら私は入手しておりますよ。基本!

何故かウラル乗りの所有率が異常に高いらしい(ソース不明)このアイテム、当面使う予定は無いんですが、いつでも使えるように準備だけはしておこうと思います。

FullSizeRender
外箱です。
シンプルながら凝ったデザインですね。
イラストは作中に登場した「焼き豚まん」をイメージしているようです。

FullSizeRender
箱裏にもイラストが。

FullSizeRender
タブの部分にも遊び心が。

FullSizeRender
好感の持てる仕掛けですね。
箱捨てられないじゃん(笑)

FullSizeRender
中身を出してみました。
本体と説明書が入っています。

FullSizeRender
本体です。
外観はシンプルなホットサンドメーカーです。

FullSizeRender
上下は分離することができ、それぞれフライパンとしても使用できる構造です。
洗う時にも便利です。

FullSizeRender
上側には作中でおなじみ「しまりんアイコン」がデザインされています。
これでホットサンドを作るとしまりんの焼き目が付くようになっています。
そして輝く「MADE IN JAPAN」の文字。

FullSizeRender
下側は無地で、フライパンとして使いやすいんじゃないでしょうか。

材質はアルミ合金フッ素樹脂塗膜加工で、錆びにくく手入れの手間は減らせる反面、熱伝導が良すぎて火加減が難しいのと、IHヒーターで使えない欠点があります。

製品自体の作りはしっかりしていて、上下もしっかり密着するので使いやすそうです。

既存品にロゴを入れただけの安易なコラボ商品ではなく、ちゃんと作り込まれた実用的な製品です。
使うのが楽しみです。






アルティメット
ハンマー

テントのペグ打ちにショックレスハンマーを使っていたのですが、樹脂製のヘッドが経年でひび割れてきました。
そこで新しいハンマーを探していたのですが、ちょうどその時このツイートが。



私は村の鍛冶屋の鍛造ペグ「エリッゼステーク」を使っているので、このハンマーのことは知っていましたが、色々あって静観していました。
これも何かの縁と思い、発売時刻にポチっと。

前回発売時には数時間で売り切れたそうですが、

今回も3日ほどで完売とのことです。
凄まじい。

FullSizeRender
と言うわけで、私のところにも届きました。

FullSizeRender
さて、このアルティメットハンマー、市販品にロゴマークを入れただけのお手軽コラボ商品とは違います。
FullSizeRender
白樫製の柄の部分が、通常の白いものではなく、木目が強く出る部分を使用しているそうです。
仕上げもニス塗りからオイル仕上げに変更されています。
アウトドア用品なので、木目が出ているほうが良いと私は勝手に思ってるのですが、メーカー側も同じ考えだったのでしょうか。
まあ、言われなければ分からない違いですが。

FullSizeRender
ハンマー部分は通常のアルティメットハンマーと同じ部品が使われています。
カラーはクロームメッキと黒塗装が選べ、クロームメッキが人気があるそうですが、私は黒塗装にしました。
またヘッドは真鍮とステンレスが選べ、ステンレスが人気だそうですが、私は真鍮にしました。
本当は銅ヘッドがあれば良かったのですが、残念ながらラインナップにありません。
ヘッドは交換できる構造ですが、他社のヘッドは寸法違いで取り付け不可とのことです。
私は金属ペグを打つ時にカンカン音が響くのが嫌なので、ステンレスよりは軟らかい真鍮ヘッドにしてみたのですが、あまり変わり映えしませんでした。
それに真鍮ヘッドであっても若干ながらペグを傷めるようで、打撃した部分の塗装が剥がれてしまいました。
ショックレスハンマーでは打撃音も静かでペグの塗装も剥がれません。
この点はショックレスハンマーの優れている点です。
銅ヘッドだとゴツゴツという感じの音になり音が緩和されます。
ペグのダメージも軽減されるようです。

アルティメットハンマーはオプションで自分の名前やイラストなどをレーザー刻印してくれるので、自分だけのオリジナルハンマーを作ることが出来ます。
キャンプ場では同じハンマーを使っている人も居るので、紛れ込み防止にもなりますね。

早速キャンプで使用しましたが初使用から雨続きの上、私は使ったらその辺にぶん投げるので、ピカピカだったコラボハンマーも一日でドロドロのボッコボコになりました。
柄の部分はオイルを塗っておくと良さそうです。




こちらは通常モデルのアルティメットハンマー。
ペグハンマーとしては非常に使いやすい。



こちらは鍛造ペグ。
自然に無い色にしておくと回収忘れしにくい。



木製品の保護艶出し。
人体に無害なので食器にも使える。



ふむ






BE-PALの記事より。

ファミリーキャンプな我が家では、ガソリンランタン(もしくはガスランタン)、LEDランタン、懐中電灯としてのマグライトを準備します。

これは概ね同意する。
私はソロキャンがほとんどなので、どちらかと言うと少し薄暗い明かりのほうが好みなのだけど、ファミキャンだとテントの周りは明るいほうが良いと思う。
やはり子供が居るところは周囲をできるだけ明るくして、物につまづいたりガイロープに引っ掛けたりしないようにしたいし、姿が見えるほうが安心だろう。

理由その1:ガソリンランタンはメイン灯として必要不可欠
この記事ではメイン灯としてガソリンランタンもしくはガスランタンを勧めているが、最近の大型LEDランタンはかなり明るいので、新たに調達するならLEDランタンでも良いと思う。
LEDランタンを使う時の注意点はただひとつ、電池をケチらない事だ。
キャンプの前日に電池を必ず新品に交換しておく。
まだ使えるからとか勿体ないとか思ってはいけない。
LEDランタンは電池が消耗すると一気に暗くなるからだ。
また、LED照明はメインで使う大型のもの以外にも、小型のものもいくつか持っておくと良い。
特に、超小型のものをガイロープやペグ付近に付けておくと、つまづき防止の目印になる。
釣り用の「ケミホタル」を付けておくのも良い。

理由その2:LEDランタンはルームライトとして使います
LEDランタンをルームライトとして使う場合は暖色のものをお勧めする。
白色LEDは明るいが眩しいので、テントの中では目障りだからだ。
無段階調光でなくても、光量を落とした「常夜灯機能」の有るものが便利だ。
私はUSB電源のLED電球ドッペルギャンガーのLEDランタンを併用している。
LED電球はとにかく明るいし、モバイルバッテリーで長時間点灯できる。
テントの高い位置に取り付けても手元スイッチで入り切り出来るので便利だ。
ドッペルのLEDランタンはホヤが蓄光仕様なので常夜灯代わりにしている。

理由その3:マグライトは夜間のトイレ用に使います
マグライトは昔のクリプトン球の頃は明るくて重宝したが、現在はLEDライトが充実したので当時の優位性はあまり無くなった。
夜のトイレや洗い物の為に個人用のライトは必要だが、手持ちタイプではなくヘッドランプや首から掛けるタイプの照明をお勧めする。
やはり両手が使えたほうが何かと安心だ。




USB電源のLED電球。この明るさは画期的。


エネループを入れておくとUSB充電にも対応する。


首から掛ける照明。キャンプシーズンだからか品薄。


そうなんだー




BE-PALの記事より。

記事では、夏に子供たちと行くキャンプでの、子供に適したシュラフについて考察している。
我が家でも大人だけのキャンプのときは、ペラッペラな3シーズン用シュラフを使っていました。ところが、子どもが生まれ、いざ幼児連れの家族キャンプになると、改めてシュラフの重要性に気づき、新しいシュラフを買い足した経験があります。子どもたちにとって、はじめてのキャンプで安眠できなかった……というのはあまりにも可哀そう。

と言うわけで、幼児が使うシュラフの選択基準として次を挙げている。
・子どもは寝相が悪いので掛け布団的に使えるもの
・肌触りがよいもの
・洗いやすく、メンテナンスが楽なもの。

これらの要件を満たすものとして、封筒型シュラフを選択している。
広げると幅広く使える「封筒型(エンベロープ型)」で、肌触りが良い「フリース生地」。丸洗いできる「化繊」を選びました。

封筒型シュラフは2セット有ればファスナーで連結でき、ふとんの様な使い方が出来るので便利だ。
欠点は嵩張るのである程度大きな車でないと積載に困るところ。
記事では車のルーフキャリアに積載しているらしい。

ここまで記事を読んで、この記事の考えには概ね同意なのだけれど、強いて言うなら、この状況ならシュラフにこだわる必要はないんじゃないかと思う。
場所にもよるが、夏のキャンプ場でシュラフが必須な状況になることは少ないのではないか。
ソロキャンプでも夏はシュラフを使わず、ブランケットだけで寝ることも多い。
逆にシュラフがあると暑くて寝られないこともある。
むしろハイシーズンではなく、夏前や夏の終わりといった時期に、快適使用温度 15℃ぐらいの夏用シュラフがあれば快適かも知れない。


↑このページのトップヘ