ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: キャンプ

湖岸緑地
中主吉川公園
 
湖岸緑地・中主吉川公園(ちゅうずよしかわこうえん)は滋賀県野洲市吉川にある都市公園です。
正式名称を「滋賀県営都市公園・湖岸緑地中主吉川」と言います。
その名の通り都市公園ですが、一部区画でキャンプでの利用が可能です。

県道559号「さざなみ街道」から脇道に入ったところに入口があり、初見では大変分かりにくい場所にあります。

FullSizeRender
南北に長い公園で、駐車場は2箇所ありますが、キャンプの出来るエリアが北側に限定されているので、キャンプ利用の際は北側の駐車場の利用をお勧めします。


FullSizeRender
駐車場のそばの芝生に設営している人が居ましたが、ここはエリア外なので設営できません。
キャンプエリアはトイレ棟より南側の区画です。
ここでも無料キャンプ場という事で利用者のマナーの低下が問題になっているそうです。
今後の継続的な利用のため、お互い気を付けたいものです。


FullSizeRender
北側のバーベキューエリアと呼ばれる区画でキャンプが可能です。
公園内にはキャンプ可能の貼り紙がありましたが公式サイトには書かれておらず、黙認されている感じです。
なお、24時間以上の利用が不可の為、連泊は出来ません。

IMG_0723
サイトは芝で綺麗に整備されており、土は軟らかくペグ打ちは容易でした。
当然直火は禁止です。

FullSizeRender
トイレ棟。
綺麗に管理された洋式水洗トイレです。
暖房や温水洗浄はありません。
トイレ棟の入口に「キャンプできます」「連泊禁止」の貼り紙がありました。
トイレの横には飲料とアイスクリームの自販機が稼働しています。

FullSizeRender
水場。
トイレ棟の裏手に水道があります。
シンクなどは無いので洗い物は出来ません。
水道は押している間だけ水が出る水栓になっています。

ごみ捨て場なども無く、出たごみは消し炭も含めて全て持ち帰りとなります。

FullSizeRender
風呂、シャワーの設備は無く、守山市方面へ車で10分ほどのところにある「天然温泉みずほの湯」か、ピエリ守山内の「守山湯元水春」が最寄りとなります。

【2月4日追記】読者の方より「守山湯元水春」の情報を頂いたので追記しました。ありがとうございます。

買い物は野洲方面へ車で10分ほどのところにある「イオンタウン野洲」か、上記「天然温泉みずほの湯」の近くにあるスーパー「スター守山水保店」が最寄りとなります。

予約不要で無料で利用できるため、朝から大変混雑していました。
利用される場合は早めの場所取りが必要になります。

キャンプ利用は出来るものの、ごみは全て持ち帰り、洗い物も出来ないので事前の準備が重要になります。





刀の錆にしてやるぜ
 
280645
発売直後、用意された95本が1分で完売し、しまりんに日本一鉈を売った女の新たな称号を(勝手に)与えることになった「リンちゃんのナタ」。
次回の入荷は来年5月との発表を受けて、界隈では阿鼻叫喚の声が聞かれました。

その2日後、我が家に届いたものがありました。

FullSizeRender
プチプチに無造作に包まれたブツ。
その中身とはもちろん、

IMG_9925
1分の攻防を制して手に入れた「リンちゃんのナタ」がやって来たのですよ。早い。

FullSizeRender
梱包がプチプチとビニール袋という、実用品としてこれ以上無い簡易包装でやって来た「リンちゃんのナタ」。
転売ヤーやコレクターにケンカ売る気満々で大変好感が持てますね(笑)

FullSizeRender
内容物も鉈と鞘と取説のみ。
このシンプルさが中身は本物であることを物語っています。

FullSizeRender
刀身は思っていたよりずっと高い質感を持っていました。
コラボの刻印もしっかりしています。

FullSizeRender
革製の鞘も上質な作りです。
後で馬油を塗っておこうと思います。

FullSizeRender
柄は白樫の木目が強く出る部位との事でしたが、私のものはあまり木目が目立ちませんでした。
後で蜜蝋でも塗って仕上げてみようかと思います。

FullSizeRender
味方屋さんの通常ラインナップには無い五寸五分の両刃鉈です。
つまりこのコラボのために作られた専用品と言うことです。


それじゃ早速ぶった斬ってみましょう。

FullSizeRender
どこのご家庭にも普通にある薪を用意しました。

FullSizeRender
セオリー通り、薪に刃を軽く打ち込み、

FullSizeRender
別の薪で刀身をぶっ叩いて薪に食い込ませます。
オタクの悲鳴が聞こえてきた気がしましたがコレクションする気なんてさらさらありません。
実用品は使ってナンボです。

FullSizeRender
みごと一刀両断されました。
ついでに台座にしていたSSTRのスタンドプレート(風間深志さんサイン入り)も真っ二つに。
風間さんごめんよ。

FullSizeRender
想像以上の素晴らしい切れ味です。
これはキャンプでの薪割りが捗りますね。
味方屋さんでは研ぎ直しなどの修理も有償で受けてくれるみたいなので、長く使うことが出来そうですね。






完売

 
「しまりん」とは漫画「ゆるキャン△」に登場するキャンプ好きの少女「志摩リン」のことですが、昨今のキャンプブームと漫画、アニメのヒットの相乗効果で市場がえらいことになっております。

何せ、この娘が使っているグッズがことごとく完売してしまうんですよ。
例えば…

モンベル・ムーンライト3

1515076651865
しまりんが祖父から譲り受けたと言う愛用テント。
月明かりの下でも可能と言う設営の簡易さと軽量、高温多湿の日本に合わせた通気性、防水性などで以前から人気のモデルでした。

FullSizeRender
作中に登場するアイボリーのモデルは、モンベル公式サイトによると完売、今期の入荷予定無し、との事。


ヤマハ・ビーノXC50D

8d8da29c[1]
言わずと知れた最強アドベンチャーバイク(笑)
アニメのキービジュアルでもおなじみの、しまりんがキャンプの相棒として使用している原付バイクのモデル。
DWnA-lJVQAA92T-.jfif
作中に登場する仕様に近いパールシアンカラーのモデルは2月の発売直後完売し、再入荷は4月末まで待たねばなりませんでした。
折しもヤマハとホンダの原付協業開始と時期が被り、4ヶ月間しか販売されなかった短命モデルとなり、ますます入手困難となっています。


笑's・B-6君 リンちゃんのYAKINIKUセット

FullSizeRender
作中にも登場した「コンパクト焚き火グリル 『B-6君』」とのコラボ商品。

t640_749539[1]
発売直後に即完売で、何度も再販を繰り返したものの品薄状態は全く解消されず、最終的に受注生産に移行も現在は販売終了しています。
また、厳格な転売対策でも知られ、転売目的の購入者に損害賠償請求をおこなったことも。




そして新たな伝説が加わる…

280645



先日お伝えした「リンちゃんのナタ」が予定通り11月26日20時から村の鍛冶屋ECサイトで発売されたのですが…



何と95本が1分で完売!

ここに新たな伝説が誕生しました!
日本一鉈を売った女しまりん、恐るべし。



刀の錆にしてやるぜ
 
280645
【参考画像】

「ゆるキャン△」で志摩リンが使用した鉈(なた)をイメージしたコラボグッズ「リンちゃんのナタ」が本日11月26日から発売される。




TVアニメ『ゆるキャン△』と新潟県三条市の日野浦刃物工房「味方屋作」ブランドがコラボした商品で、アニメグッズ史上初、レプリカでは無い本物の鉈だ。

EJsn2HjUUAANfxe.jfif
刃にはコラボの証、リンちゃんの顔(お団子頭Ver.)が刻印される。

EJsn2HtU4AAuEiG.jfif
柄は白樫で、木目が強く出る「牡丹」と言う中心部分の部位を使用し経年による変化が楽しめる。
鞘は厚みのある栃木レザーを使用し、革ひもで包んで収納するロールタイプの専用品。
鞘にもリンちゃんの顔(ニットキャップVer.)が型押しされていて、鞘を取るとリンちゃんの顔がニットキャップからお団子頭に変わる遊び心が加えられている。

ycnata-03
使用上の注意として、本物の鉈なのでむやみに持ち歩くと銃刀法違反となる旨の警告が販売者から出されている。
また、記載は無いが、鉈の誤った使用により手や足に大けがを負う事故が頻繁に起こっており、普段使い慣れていない人は特に注意が必要だ。

これからの冬キャンプで焚き火をする事が増え、鉈の出番は増えてくる。
今シーズンの冬キャンプは各地でリンちゃんのナタが活躍するに違いない。

「リンちゃんのナタ」は税込み1万7千50円。
11月26日20時より村の鍛冶屋にて販売開始。

頼むから俺の分を置いといて(笑)


アルペン
アウトドアーズ
 
関西で2店目となる、アルペンのアウトドア用品専門店「アルペンアウトドアーズ明石大蔵海岸店11月1日に開店したので行って来ました。

FullSizeRender
元々ゴルフ用品店の「ゴルフ5」が有ったところがアルペンアウトドアーズになったようです。

FullSizeRender
開店時刻の30分前に到着すると、既に長蛇の列が出来ていました。

FullSizeRender
通常の入店待ちの列と、数量限定品を買うための列に分かれて開店を待ちます。

店内の写真撮影が可能かどうかが分からなかったので写真はないのですが、とにかく尋常ではない広さでした。

スノーピーク、コールマン、ロゴスなどの有名ブランドはそれぞれ独立したブースがあり、お目当ての品を探しやすくなっています。
これらのブースにはメーカーの社員が常駐していて、商品に関する質問にも答えてくれるとの事。
また中央には広大なウッドデッキが用意されており、スタッフのレクチャーを受けてテントの試し張りも出来るそうです。

品揃えも豊富で、バイオライトキャンプストーブソロストーブなど、いわゆるアウトドアコーナーではあまり見かけないような製品も置いてありました。
反面、ユニフレームのケトルトランギアのメスティンなど、他の店でも品薄の商品はやはり置いていませんでした。
有るものは有る、無いものは無い、みたいな感じです。

その他、おしゃれキャンパーが好みそうな装飾的なグッズも多数揃えていて、やっぱり昨今のキャンプブームに迎合した品揃えなんだなと感じました。

実用重視のガチキャンパーや、とにかく安い物を買って知恵と工夫で何とかする中華グッズ愛好家のような人達とはベクトルが違う感じです(笑)
バイクキャンパーの私としても、一つのグッズで何役もこなし、積載は極力小さくすることに特化してしまっているので、デカいミニバンに積めるだけ積み込むようなスタイルのキャンプ道具には残念ながら興味がありません。

しかし、これほどの規模の店なので、ちょっとした小物や急に必要となったものを買いそろえるのは簡単にできそうです。

今のところ人も多く駐車場も満車が続いていますが、少し落ち着いたら店内をじっくり見て回ってみたいと思いました。





↑このページのトップヘ