ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: キャンプ

俺のかまど


来るべき冬キャンプシーズンに備えて、念願の薪ストーブを導入することにしました。
昨シーズンの冬キャンプでは湯たんぽと使い捨てカイロで何とか乗り切りましたが、さすがに氷点下になると厳しいものがありました。
今シーズンは薪ストーブ導入を前提に、ストーブのインストールに対応しているメガホーン3シェルターを新たに導入し、既に運用を開始しています。

候補は色々迷ったのですが、メガホーン3との親和性が良い「俺のかまど」に決めました。

FullSizeRender
発注後、一週間程度で到着。
思ったよりも小さな梱包で驚きましたが、重量はそれなりにあります。

FullSizeRender
開梱。
本体、煙突、羽釜、説明書が入っています。

FullSizeRender
羽釜は1合炊きで、ソロ~2人向きです。
私はソロキャンプが多いこともあって1合炊きの鍋釜は色々持っているので、この羽釜がすぐに必要になることはなさそうです。
薪ストーブの運用に慣れてきたら試してみたいと思います。

FullSizeRender
煙突は100mm径の半直筒と呼ばれる50センチサイズのもの。
100mm径はホームセンターなどでも売られている一般的なサイズなので延長も容易です。

FullSizeRender
本体の梱包はさらに小型です。

FullSizeRender
箱の中にはストーブが分解した状態で収められています。

FullSizeRender
中身を広げてみました。

早速組み立てていきます。

FullSizeRender
本体に茂木プレートという部品を取り付けます。
燃焼効率を上げるための部品で国際特許が取られています。
取り付け方向はこう。

FullSizeRender
付属のボルトで取り付けます。
ボルトは全て同じサイズで間違いが起きにくいです。
茂木プレートのほうにネジ溝が切られていて、工具なしでここまでねじ込むことが出来ます。
もし途中で止まるようならボルトが斜めになっている可能性があるので、一度外してやり直すほうが良いかも。
4本とも手で奥までねじ込んだ後、付属のスパナで交互に増し締めして固定します。

FullSizeRender
茂木プレートの位置関係はこのようになります。

FullSizeRender
焚口枠を取り付けます。
説明書には大、小と書かれていますが違いが分かりにくいです。
厚みがあり、幅が狭いほうが小、厚みが薄く幅が広いほうが大です。
小の上に大を重ねて、ボルトとナットで固定します。
組み立て用にスパナが付属しますが、ナットを裏から掛ける必要があるので8mmのスパナをもう一つ用意したほうが良いです。

FullSizeRender
色々端折って(笑)仮組みが完成。
もちろんこのままでも使えるのですが、ひと手間掛けてみたいと思います。

俺のかまどは鉄の地肌がそのままなので、放っておくと、どんどん錆びていきます。
それはそれで味になるのですが、毎回手入れが大変です。
錆び止めに耐熱塗料を塗ることも考えたのですが、もっと鉄の質感を残すことにしました。

FullSizeRender
全体を台所用洗剤で洗って、表面の錆び止め油を落とします。
そのまま使用すると油が燃えて煙が出るので、使用前に濡れ雑巾で拭くように指示があります。
今回は別の理由があって洗っています。

FullSizeRender
その理由がこれ。
ガンブルー液という、鉄に黒染めをおこなう薬品です。
鉄の表面に黒錆びを発生させることで腐食の原因となる赤錆びの発生を抑える処理をおこないます。
もともとは銃火器の銃身に施工するための薬品だそうです。

FullSizeRender
小さく切ったスポンジに薬品を染み込ませて、鉄板の表面に薄く塗っていきます。
塗るとすぐに変色が始まります。

乾いたら水洗いして、乾かして、また薬品を塗ります。
この工程を3回繰り返しました。

FullSizeRender
こんな感じに染まりました。
画像では綺麗なんですが、実際はムラだらけになっています。
本来は下地処理をしっかりおこなった後で施工しないといけないのですが、今回は錆止めが目的なので、見た目は諦めました。

黒染めをしても赤錆びの発生を完全に抑えることは出来ず、メンテナンスは必要です。
また、火を入れたら見た目がどう変化するのかも不明です。
この辺りは使いながら確かめてみたいと思います。




煙まで燃焼させる「無煙かまど」。
メガホーン3の販売元が使用を推奨していることも選択の理由。
もちろんテント内での使用は自己責任の元、十分な安全対策が必要。



鉄の表面に酸化被膜を作る「黒染め」を施工する薬品。
紅茶と酢でやってた工程をお手軽に施工できる。





買っちった

(随分前に)



と言うわけで、予約即完売と言う大人気の「ゆるキャン△ホットサンドメーカー」なんですが、当然ながら私は入手しておりますよ。基本!

何故かウラル乗りの所有率が異常に高いらしい(ソース不明)このアイテム、当面使う予定は無いんですが、いつでも使えるように準備だけはしておこうと思います。

FullSizeRender
外箱です。
シンプルながら凝ったデザインですね。
イラストは作中に登場した「焼き豚まん」をイメージしているようです。

FullSizeRender
箱裏にもイラストが。

FullSizeRender
タブの部分にも遊び心が。

FullSizeRender
好感の持てる仕掛けですね。
箱捨てられないじゃん(笑)

FullSizeRender
中身を出してみました。
本体と説明書が入っています。

FullSizeRender
本体です。
外観はシンプルなホットサンドメーカーです。

FullSizeRender
上下は分離することができ、それぞれフライパンとしても使用できる構造です。
洗う時にも便利です。

FullSizeRender
上側には作中でおなじみ「しまりんアイコン」がデザインされています。
これでホットサンドを作るとしまりんの焼き目が付くようになっています。
そして輝く「MADE IN JAPAN」の文字。

FullSizeRender
下側は無地で、フライパンとして使いやすいんじゃないでしょうか。

材質はアルミ合金フッ素樹脂塗膜加工で、錆びにくく手入れの手間は減らせる反面、熱伝導が良すぎて火加減が難しいのと、IHヒーターで使えない欠点があります。

製品自体の作りはしっかりしていて、上下もしっかり密着するので使いやすそうです。

既存品にロゴを入れただけの安易なコラボ商品ではなく、ちゃんと作り込まれた実用的な製品です。
使うのが楽しみです。






ゆっくり走るよ
×
ブーバイク




参加する前に言っておくッ!
おれは今 ブーバイクの放送を ほんのちょっぴりだが聴いた
い…いや… 聴いたというよりは まったく理解を超えていたのだが……



あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!

「おれはブーバイクのキャンプに参加申し込みしたと思ったら いつのまにか共同開催になっていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが おれも 何をされたのか わからなかった… 

当ブログ管理人のたど☆あいです。
私もブーバイクさんのイベントには何度か参加させてもらっていて、今回も軽い気持ちで申し込んだのですが、ブーバイクのさぼてんさんは当ブログを読んでくれていたそうで、何か思うところがあったらしく、今回の共同キャンプのご提案をいただきました。
せっかくのご提案なので、私に出来る協力はさせていただこうと、この度の共同開催となりました。

そう言うわけで、本当に頭がどうにかなりそうですが…催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃ断じてない、本当の共同開催なのです。


【告知】

ゆっくり走るよ×ブーバイク矢田川キャンプ

日時:2018年10月20日(土曜日) ~ 21日(日曜日)
雨天の場合は中止。前日の22時頃に開催の可否を当ブログにて告知します。

場所:道の駅「あゆの里 矢田川」(兵庫県香美町村岡区長瀬)

当日は現地集合、自由解散となります。

参加費:無料。ただし一人500円のキャンプ利用料が別途必要です。

申し込み:不要。当日各自道の駅でキャンプ利用申請してください。
道の駅の営業時間は18時までですので、それまでに必ず受付してください。

内容について:
特に変わったことはしません。
矢田川の素晴らしい環境の中、楽しくキャンプしようという企画です。
道の駅では地元の特産品や料理もありますので、買い物や食事も是非ご利用ください。
生ビール500円←悪魔のささやき

エマージェンシーカード:
当日はエマージェンシーカード(緊急連絡カード)を配布しますので、必要事項をご記入の上、運転免許証と共に携帯してください。
既にお持ちの方は忘れずご持参ください。

道の駅「あゆの里矢田川」について:
道の駅のキャンプ場は現在整備中の為、水場が有りません。
水はホースで引いてもらえますが、洗い物が極力出ないようにご配慮ください。
道の駅のトイレでの炊事はできません。
サイトへのバイクの乗り入れが可能ですが、サイト自体が狭いので、参加人数によっては駐車場への車両移動をお願いする場合があります。
道の駅の食堂はランチタイム以外は軽食のみの提供となりますので、利用される場合はご注意ください。

風呂について:
道の駅には風呂、シャワーの設備は有りません。
道の駅から香住方面へ約10kmのところにある「かすみ矢田川温泉」が最寄りとなります。
道の駅で100円割引券がもらえますのでご利用ください。

買い出しについて:
道の駅周辺にはコンビニ等はありません。
道の駅から香美町和田のローソンまで9km、香美町香住区のスーパーまで14kmが最寄りとなります。
また、スーパーの近くにはホームセンターコメリがありますが、時期的に薪を売っているかは微妙です。

ごみの処分について:
キャンプで出たごみは道の駅で引き取ってもらえます。
分別して道の駅まで持参して下さい。
消し炭については道の駅の方の指示に従ってください。

その他:
当日は貸し切りではありません。一般の利用者に配慮して下さい。
21時以降はサイレントタイムです。お静かにお願いします。
山間なので冷え込むことが予想されます。十分な防寒対策をお願いします。

御接待禁止!
食材は各自が食べられる分だけ用意してください。
おすそ分けまで用意していたら必ず余ります。
おもて無し!の精神で(笑)

皆様の参加をお待ちしております…。
管理人敬白

矢田川
キャンプ



道の駅「あゆの里 矢田川」に整備されたRVパークのオープンセレモニー出席のため、道の駅を訪れたので、そのままキャンプすることにしました 。

IMG_3465
道の駅「あゆの里 矢田川」はキャンプ場として利用することができます。

セレモニー終了後、地元関係者の皆さんが打ち上げパーティーをやっている横を通ってサイトへイン(笑)

IMG_3534
RVパーク横の高台に設営しました。

今回使用する幕は、旅バイク祭りに引き続きメガホーン3です。
旅バイク祭りでは強風で倒壊してしまったので、今回は念入りにペグ打ちと張り綱をおこないました(笑)

FullSizeRender
9月に入ったとはいえ暑いので、インナーテントは使用せず、エアーマットとシュラフだけにしました。

FullSizeRender
設営したら香住に食材の買い出しに行こうと思ってたのですが、雨が降って来たのと、セレモニー出席者への焼きそばとあゆの塩焼きの振る舞いを頂いたのでおなかが減っておらず、買い出しに行くのをやめました。

そして何かおやつ的なものを探しに売店へ。

FullSizeRender
香美ジェラート350円。
地元産イチゴを使用した甘酸っぱいジェラート。
見ての通り氷がびっしり着いていかにも売れて無さそうでした。
旨いのに。

そして見つけてしまったのです。

「生ビール500円」

うわー、これ飲んじゃったら買い出しも風呂も行けなくなるぞ。
でも売店は18時までだし。

しばし心の葛藤があって…


FullSizeRender
ハイ、乾杯(完敗)
仕方無かったんやー!(意訳:旨い)


FullSizeRender
おつまみは売店で売ってる「焼きねぎしじみ」540円で、食堂では出していませんが特別に皿に盛ってもらいました。

雨は夕方から翌朝まで降り続きました。






翌朝。


IMG_3547
多少小降りにはなりましたが、やはり雨は降っており、テント内で朝食の準備。
参天はこんな時便利です。

FullSizeRender
今回は道の駅でも売られている香美町のブランド米「とろかわの恋」を炊きます。

FullSizeRender
スティンに米1合入れて研いだら水300mlを入れて浸け置きます。
30分後に火にかけ20分炊きます。
香ばしい匂いがしてきたら火から下ろし10分蒸らして完成。

FullSizeRender
バッチリの炊け具合です。

FullSizeRender
百均のおにぎりの型を使いおにぎりにしました。
余ったら移動中に食べるつもりでしたが、余りませんでした(笑)

FullSizeRender
インスタント味噌汁とともにいただきました。

雨が小降りなうちに撤収し、出発しました。
お世話になりました。
静かで本当に良い環境です。
またの機会にも是非訪れたいと思います。



矢田川
ヴィレッジ


FullSizeRender
兵庫県で初のRVパークとして道の駅「あゆの里 矢田川」内に整備中だったRVパーク「香美の隠れ家矢田川ヴィレッジ」が9月16日に正式オープンしたので、オープニングセレモニーに行ってきました。


IMG_3463
昼前に道の駅「あゆの里 矢田川」に到着。
いつもは閑散としていますが(失礼)、この日は駐車場が満車で駐車マス外に停める車までありました。
こんなの初めて見ました(笑)

式典は13時からなので、食堂で腹ごしらえをします。

IMG_3469
矢田川定食1500円。
矢田川の天然アユの塩焼きが付きます。
天ぷらも旨し。

この日は普段より客が多かったせいか食堂も混乱しており、私の注文は順番を飛ばされた上30分以上待たされることになってしまいました。
この食堂は食券なしの代金前払いというシステムなんですが、これは客が少ないから成立するシステムだと思います。

ありゃりゃ。現場はもっと大変だったようです。

時間になったので受付をしてセレモニー会場へ。

FullSizeRender
RVパークに通じる階段が新設されていました。
この階段は地元有志の方の手作りとのことです。

FullSizeRender
会場は道の駅裏手のRVパーク用サイトです。
大型のキャンピングカーが来場し雰囲気を盛り上げます。

FullSizeRender
セレモニーは30名ほどの関係者らが出席して始まりました。

FullSizeRender
主催者挨拶では、道の駅の阿瀬大典駅長が釣りキチ三平のコスプレをしてキャンピングカーから登場。
しかし、あまりの急展開に出席者らは唖然とし、誰もツッコミがありませんでした。
ここまでスベると、ある意味清々しい。

FullSizeRender
阿瀬氏「地域の方々の協力やクラウドファンディングの支援でRVパークの整備が出来たことに感謝します。」

FullSizeRender

香住青年会議所理事長・上田真之介氏「この施設を活かして町に新しい人の流れが出来るようにしたい。」

FullSizeRender
香美町長・浜上勇人氏「香美町がキャンピングカーの聖地となることは町の観光振興と共に我々の目指す方向。」

FullSizeRender
日本青年会議所近畿地区協議会会長・神澤正太郎氏「青年会議所のネットワークを活用してRVパークを全国に広めてほしい。」

FullSizeRender
日本RV協会理事・青木孝正氏よりRVパーク認定証が阿瀬駅長に授与されました。

FullSizeRender
テープカットでRVパークが正式オープンです。

様々な取り組みをされている道の駅「あゆの里 矢田川」。
RVパークやキャンプ場の整備を機に、もっと利用者が増えると良いですね。




【おまけ】

FullSizeRender
FullSizeRender
セレモニー出席者には焼きそばとアユの塩焼きが振る舞われました(笑)

旨し!


↑このページのトップヘ