ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: キャンプ

富士山LEDランタン
 
アウトドア雑誌「BE-PAL」は毎号キャンプ用品が付録に付くのですが、2021年3月号の付録は「富士山LEDランタン」でした。

FullSizeRender

私は普段「BE-PAL」を購読していないのですが、購入した人の話では「意外と良かった」との意見をよく見かけたので、話のタネに買ってみました。

「BE-PAL」は通販サイトだとすぐに売り切れてしまい、プレミア価格だったり注文不可だったりする事が多いのですが、何故か書店に行くと普通に山積みしてあったりしますので、気になる人は書店を覗いてみることをお勧めします。
私も発売後ずいぶん経ってから書店で普通に購入しました。

照明の類は複数あったほうが何かと便利だし、万一の故障や電池切れに備えて、キャンプにはいつも複数個の照明を持って行きます。
これが使い物になるなら照明の選択肢が増えます。

FullSizeRender
外観。
ステレオタイプな富士山をデフォルメした姿を模した外観は安直と言うか、安っぽさ満点。
富士山と言うより、よく応接室に置いてある将棋の駒の置物のような形状(笑)
百均の商品のほうがよっぽど高品質な印象を受けます。
中央の丸い部分は人感センサーで、前方2メートル以内に近づいた人や動物を感知して点灯する仕組み。
これがこのアイテムの最大の特徴あり、これが無ければ絶対に買っていない自信があります(笑)

FullSizeRender
裏面。
スライドスイッチと電池を入れる部分があります。
スライドスイッチはON−AUTO−OFFの切替になっており、ONで連続点灯、AUTOで人感センサーが有効、OFFで消灯になります。

FullSizeRender
電池は単四乾電池3本を使用する仕様。
なお、充電池は使用が禁止されています。

FullSizeRender
側面。
厚みは30ミリ弱で、自立はするものの、ちょっと安定性に欠けます。
衝撃にも強くないらしいので、ひもやフックを用意して吊すほうが良いかも。

FullSizeRender
点灯させてみました。
”5合目”あたりに4個の白色LEDが仕込まれており、上半分が発光します。
明るさはそこそこありますが、白色LEDと筐体の青によって青白い光になっており、食事の照明には向かない感じ。
人感センサー付きなので、テントの入口に吊して常夜灯として使うのに向いているかも知れません。

FullSizeRender
人感センサーに反応が無くなってから30秒で消灯するとの事で、実際に計測してみると32秒ほどで消灯しました。
人感センサーの特性として、範囲内に人が居ても動かなければ反応しません。

防水ではない、衝撃にも強くないと、キャンプで使うには適しているとは言えませんが、人感センサーがあるので工夫次第では便利に使えるのではないかと思います。
取り敢えずキャンプの荷物に入れておくことにします。



BE-PAL(ビ-パル) 2021年 03 月号 [雑誌] 雑誌 – 2021/2/9


通販で買うのはお勧めしません。




一万個
 
アニメ「ゆるキャン△」のコラボ商品を企画・発売しているスロウカーブは「ゆるキャン△ケロリン桶」の累計販売数が発売から2カ月で1万個を突破したと発表しました。



ケロリン桶というのはもちろん、鎮痛薬のケロリンの広告が入っている桶のことです。
銭湯などに宣伝目的で置かれることが多いのだけど、時々一般向けにコラボもやっていて、今回は「ゆるキャン△」とのコラボ商品が今年10月に販売開始されました。
この桶は専門家の間では「しまりん桶」と呼称されています。

FullSizeRender
当然ながら私も買いました。

これ、ちょうど私が10月に四国ツーリングに行っている時にSNSで見かけて、すぐに発注しようとしたのだけど、既に初回ロットは売り切れて入荷待ちになっていました。

ところでケロリン桶には関東向けのA型と関西向けのB型があることはあまり知られていません。
B型はA型より小さく、掛かり湯を風呂桶から汲み出す関西の習慣に合わせたサイズになっています。

FullSizeRender
しまりん桶はA型をベースに作られています。
私の持っているA型およびB型と比べてみました。
上段:しまりん桶
下段左:A型
下段右:B型



ケロリン桶の販売元である内外薬品(現・富山めぐみ製薬)によると、ケロリン桶の生産能力は1週間に最大1020個だそうです。
2ヶ月で1万個と言う事は、実に2ヶ月もの間、ケロリン桶生産ラインの全生産能力をしまりん桶に投入したと言うことになります。
文字通りのフル生産です。

以前、「日本一鉈を売った女」の称号を得たしまりんですが、今回新たに「日本一桶を売った女」の称号を授与したいと思います。



富士山
 
ここ数年、年に何度かは富士山へキャンプツーリングに行くことが自分の中で定番になっていたのですが、今年は新型コロナウイルスの影響で一度も行けていません。

毎年、この時期は「旅バイク祭り」がおこなわれますが、今年は感染症予防の観点から中止になりました。
しかし、私は参加する予定でホテルなどを予約していたこともあり、予定通り出掛けることにしました。

いつものように、高速道路の深夜割引を利用するため、午前3時に出発。
この日は天気が安定せず、時折雨に降られたので雨具が脱げない行程となりました。
途中、サービスエリアで朝食を摂ったり休憩したりしながら、午前9時頃に浜松に着きました。

image
浜松での目的は、「バイク神社」こと天王宮大歳神社への参拝です。

image
感染症対策で、手水は止められていました。

image
本殿には疫病終息の願掛けが。

image
アマビエの巨大絵馬。

image
感染症対策で鈴の使用が停止されていました。

こちらの神社ではバイクに付ける安全祈願の「道楽御守り」(初穂料千円)を授かることが出来ます。

image
昨年の御守り。
一年間怪我も無くバイクライフを過ごすことが出来ました。
ありがとうございます。

image
昨年の御守りをお返しして、新しい御守りを授かりました。
色は昨年と同じ迷彩色のものにしました。

浜松を出発して、掛川でキャンプの食材を買った後、朝霧高原へ向かいました。

この日のキャンプ地、ハートランド・朝霧に到着。

image
名物の「日本一のソフトクリーム」(350円)を頂きます。

image
ここはドラマ「ゆるキャン△」のオープニングが撮影された「聖地」。

image
まさにここです。
ハートランド・朝霧は原作には登場しませんが、富士山が見える絶好のロケーションと貸し切り可能なスケール感からロケ地として採用されたようです。
ドラマ効果で、今後人が増えるんじゃないかなと思います。
この日は曇っていて富士山は見えませんでした。


image
設営完了。
ここをキャンプ地とする。

本来ならここは「旅バイク祭り」の会場だったわけですが、今年は中止なので個人で勝手に来たわけです。
何故か今日はそんな人達が大勢居ました(笑)

image
キャンパーさんからヨーグルトのお酒「信乃大地」(しなのだいち)を分けて頂きました。
口当たりが良くて飲み過ぎてしまいそう(笑)

image
ご夫婦で来られていたキャンパーさんからダッチオーブンで作った鶏肉のお粥を分けて頂きました。
粗塩で食べると鶏の出汁が際立ちます。

私は「ゆるキャン△」にも登場した例のハンバーグをもやしや野菜と焼いた「静岡風ジンギスカン」(仮称)を作りました。
image
ハンバーグから出た肉汁は漏れなく野菜に吸収される仕組みで、キャンパーさんからも大好評。
思いつきで作りましたが大成功でした。

例年の「旅バイク祭り」と比べるとキャンパーさんの数は1/3以下ですが、それでも楽しい一日を過ごせました。

お世話になった皆さん、ありがとうございました。


(次回に続きます…)




ドラマ「ゆるキャン△」。
原作のエピソードをロケ地やアイテムまで丁寧に再現、役者も好演し完成度は高い。
原作ファンはもちろん、アウトドア好きな人も是非。
Amazon Prime会員なら無料で視聴できます。





買っちった
 
アウトドアブランド「モンベル」の通販サイトを見ていたところ、アウトレットでこれを発見しました。

image
これは専門家の間で「しまりんニットキャップ」と呼ばれている物で、「ゆるキャン△」の登場人物「志摩リン」が着用していることであまりにも有名です。

image
「ゆるキャン△」3巻の表紙にも登場しています。

正式名称は「ケーブルニット ワッチキャップ #2」と言います。
このモデルはカラーコード「BTSI」と言うものなのですが、確かこのモデルは昨シーズン限りで製造終了のアナウンスがあったと記憶しています。
このデザインを真似て、その名も 「志摩リンのニットキャップ」 と言う商品が別のメーカーから発売されていたりします。

モンベルのアウトレットはカタログ落ちした商品を割引価格で販売するもので、商品に傷などがあるわけではありませんから、もう手に入らないと思っていた商品が、まさかこの時期に安価で手に入るなんて願ったり叶ったり。

と言うわけで無意識にポチった気がしたところ、数日後速攻で送られてきました。
モンベル仕事早えぇ。

image
中身を確認してみましたが、どう見てもしまりんです。
本当にありがとうございました。
いや、こう言う物はシーズンに入ってから買おうとしたのでは手遅れになりがちですので、見つけたら速攻行っとくのがポイントです。

image
ところで、昨シーズンで無くなったはずの「しまりんニットキャップ」、何とカラーコード「DGN」として復活していました。
商品画像を見ても全く同じ物です。

調べて見たところBTSIは「バーントシェンナ」と言う意味で、本来は明るい茶色を表す言葉だそうです。
つまり、商品とカラーコードがマッチしてなかったので、一旦終売にしてカラーコードを変えて再発売した、らしいです。
ちなみにDGNは「ダークグリーン」です。

と言っても商品に違いは無いし安く買えたし文句はありません。
と言うわけで欲しい人はモンベルのアウトレットへ急げー!(笑)


湖岸緑地
中主吉川公園
 
湖岸緑地・中主吉川公園(ちゅうずよしかわこうえん)は滋賀県野洲市吉川にある都市公園です。
正式名称を「滋賀県営都市公園・湖岸緑地中主吉川」と言います。
その名の通り都市公園ですが、一部区画でキャンプでの利用が可能です。

県道559号「さざなみ街道」から脇道に入ったところに入口があり、初見では大変分かりにくい場所にあります。

FullSizeRender
南北に長い公園で、駐車場は2箇所ありますが、キャンプの出来るエリアが北側に限定されているので、キャンプ利用の際は北側の駐車場の利用をお勧めします。


FullSizeRender
駐車場のそばの芝生に設営している人が居ましたが、ここはエリア外なので設営できません。
キャンプエリアはトイレ棟より南側の区画です。
ここでも無料キャンプ場という事で利用者のマナーの低下が問題になっているそうです。
今後の継続的な利用のため、お互い気を付けたいものです。


FullSizeRender
北側のバーベキューエリアと呼ばれる区画でキャンプが可能です。
公園内にはキャンプ可能の貼り紙がありましたが公式サイトには書かれておらず、黙認されている感じです。
なお、24時間以上の利用が不可の為、連泊は出来ません。

IMG_0723
サイトは芝で綺麗に整備されており、土は軟らかくペグ打ちは容易でした。
当然直火は禁止です。

FullSizeRender
トイレ棟。
綺麗に管理された洋式水洗トイレです。
暖房や温水洗浄はありません。
トイレ棟の入口に「キャンプできます」「連泊禁止」の貼り紙がありました。
トイレの横には飲料とアイスクリームの自販機が稼働しています。

FullSizeRender
水場。
トイレ棟の裏手に水道があります。
シンクなどは無いので洗い物は出来ません。
水道は押している間だけ水が出る水栓になっています。

ごみ捨て場なども無く、出たごみは消し炭も含めて全て持ち帰りとなります。

FullSizeRender
風呂、シャワーの設備は無く、守山市方面へ車で10分ほどのところにある「天然温泉みずほの湯」か、ピエリ守山内の「守山湯元水春」が最寄りとなります。

【2月4日追記】読者の方より「守山湯元水春」の情報を頂いたので追記しました。ありがとうございます。

買い物は野洲方面へ車で10分ほどのところにある「イオンタウン野洲」か、上記「天然温泉みずほの湯」の近くにあるスーパー「スター守山水保店」が最寄りとなります。

予約不要で無料で利用できるため、朝から大変混雑していました。
利用される場合は早めの場所取りが必要になります。

キャンプ利用は出来るものの、ごみは全て持ち帰り、洗い物も出来ないので事前の準備が重要になります。





↑このページのトップヘ