ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: キャンプ

旅バイク祭り

9月14日に行われた「旅バイク祭り」に参加しました。
昨年に続いての参加です。

「旅バイク祭り」はインターネットラジオ「旅バイク」のratさんが主催するキャンプイベント。
毎年全国から100台以上のバイクが、開催地のハートランド・朝霧に集結します。



主催者発表では今年の参加者は281名。
これ、どこぞの団体では無くratさん個人で主催してるイベントですからね。

今年は好天に恵まれ、一日楽しく過ごすことが出来ました。

ゆるキャン△聖地巡り山梨ツーリングから、会場となっているハートランド・朝霧へ到着…したのですが、何か様子がおかしい。

この日は貸し切りと聞いていたのですが、明らかにイベントとは関係なさそうな子供連れが多数居て、入口通路を占拠していました。

後で聞いた話では、会場側の手違いで、他にも団体客を入れてしまったとのこと。
ここの監督さん(=管理者)は結構大雑把な人なので、この手のトラブルは珍しくありません(笑)
まあ、特に迷惑では無かったし良いんですけどね。

受付して、物販で今年の新作「旅バイク」タオルと、夏のコミックマーケット(C96)で頒布された、「女子バイク」ようこさんの同人誌をゲット。
今年はこの為に来たようなもんだぜぇ(ratさんごめんw)

00000
0000
【ようこさんの薄い本】

せっかくなのでここで感想を書いておくと、「しこくバイクへんろ」はお遍路についての作法や、実際に回ってみての注意点や感想などが分かり易く書かれていて、実用書としてもかなり高い完成度を持っています。
四国を走るのは好きなので、そのうちお遍路もやってみたいです。

「いずぼん」は伊豆半島のツーリングスポットなどを紹介したフルカラー本。
伊豆半島もいつかは本格的に行ってみたいところです、ゆるキャン△聖地巡りを兼ねて(そっちか)

FullSizeRender
さて、会場となるハートランド・朝霧は本来広大な牧草地なのでテントの設営場所には困らないんですが、今年はダブルブッキングと昨年を上回る参加人数とで、かなり窮屈な印象でした。
そうでなくても良い場所を取ろうとすると早めに到着することが求められるんですが、せっかく富士山まで来るんだからゆるキャン△聖地巡り他にも色々回りたいのが人情というものです。

この日は関西でお世話になっている「黒ひげ団」のメンバー諸氏にお願いして設営場所を確保して貰いました。
見た感じ結構へんぴな所しか空いてなかったんで助かりましたよ。
ありがとうございました、このお返しは、いずれ精神的に。

設営後は挨拶回り(笑)
同じ趣味を持つ人たちの集まりなので、面識のある方の参加も多いのですが、何せ広大な敷地に好き勝手に設営しているので、どこに誰が居るのかもよく分かりません。
適当にうろついて、知ってる人を見かけたら声を掛ける、みたいな感じです。
そんな訳で参加されていたのにご挨拶出来なかった方も居られるかと思います。申し訳ありません。
ご挨拶と言えば、今回初めてポッドキャスト「ZUKKOKEラジオ」を配信されている「くろきん」さんにご挨拶させていただき、欲しかったZUKKOKEキャップも購入することが出来ました。
またどこかでお会いできたら良いですね。

さて、テントに戻ると、やることは飯の準備です。
私は昼食を食べておらず、身延のスーパーで買った「ばくだんおむすび」で簡単に済ませようとしたのですが、団員の皆さんも昼食を食べていないと言うことで午後4時からの昼食タイムとなりました(笑)

FullSizeRender
【ばくだんおむすび】


FullSizeRender
ばくだんおむすびを食べながら、夕食の準備をしていると、団員の皆さんからお裾分けをもらったり。

FullSizeRender
いつものアルコールストーブとダイソーの炊飯マグで自動炊飯。
カニ穴まで出来る改心の炊き上がりです。

この日の夕食は身延のスーパーで買い込んだほうとうを作ることにしました。
スープの素付きのほうとうセットにかぼちゃと舞茸をぶち込んで煮るだけです。

FullSizeRender

旨そうなほうとうだろ…めっちゃ不味いんだぜ!(汗)
一人用鍋では鍋が小さすぎたみたいで、麺とカボチャと舞茸を入れてしまうと汁がほとんど入らず、さらに煮込んだほうとうが汁を吸ってしまい、醤油辛くて食えたものではありません。
仕方が無いので近寄ってきた人に片っ端からお裾分けしました。
ありがとう、君たちのことは忘れないよ。

FullSizeRender
一方で、旨いと評判のハートランド・朝霧名物のナチュラルチーズをお裾分け頂きありがたく頂戴しました。
御礼にほうとうはいかがですか?

こうして実に4時間にもおよんで飯を食い続けると言う、テレビ番組のロケみたいな食事タイムがようやく終わったのでした。

まあ、この間にも旅バイク祭りの催しは続いていて、集合写真撮ったり、マイムマイムを踊ってるのを後からこっそり見てたり、トークライブがあったりと楽しく過ごしましたよ、飯食いながら。

IMG_8791
【主催者提供】


21時を過ぎた辺りから、徹夜で移動してきた疲れが一気に出てきて、変な寒気を感じるようになり、さすがにこれはヤバイと感じたので宴もたけなわですが先に休ませて貰いました。

FullSizeRender
葛根湯飲んで寝たおかげか翌日には体調も回復しましたが、富士山からの日の出を見ることはできませんでした。

こうして色々有りつつも一晩を楽しく過ごすことが出来ました。
ratさん、参加者のみなさん、ありがとうございました。
また来年もお会いしましょう。

ウラル会

ウラルユーザー有志の集まり、通称「ウラル会」。
そのキャンプイベントに参加しました。

場所は以前にも訪れたことのある、京都府南丹市美山の「ZERO-BASE」(ゼロベース)。

しかし、私のウラルは入渠中。
TZRも色々不具合があって、まだ手つかず。

そこで今回もあのマシンの出番です。

IMG_8088
しまりんビーノ!


恐らく周りが思っているほど原付スクーターでのツーリングは苦ではありません。
意外に積載できるし乗車姿勢も楽です。
移動速度が遅いので、移動に時間が掛かる以外は、風圧や風切り音による疲労も抑えられます。
年式が一番新しいので、最も信頼性のある車両とも言えます。
ウラル会にウラル以外のバイクで参加するのは少し気が引けましたが、こればかりは仕方有りません。
まあ、ウラルで来なかったウラル乗りは私だけじゃ無かったし(笑)

今回の参加者は6名。しかし諸事情で2名はウラル以外のバイクで参加です。
情報交換と参加者の親睦を深めるのが目的ですから、これはこれで良いんです(多分)。

IMG_8178
この日は小雨交じりの曇り空で天候が安定しなかったこともあり、我々以外のキャンプ利用者はいませんでした。
ゼロベースは一人500円でキャンプ利用出来ることもあって、本来のこの時期なら予約無しでは利用できないほどの利用者があるんですけどね。

皆さん顔見知りなので、挨拶もそこそこに設営開始。

FullSizeRender
何だか会う度に人権が無くなっていく参加者諸氏のテント(笑)
昼間っから酒が開いちゃってる人も居て、何ともフリーダムな集まりです。

夕方になって、風呂へ向かいました。

IMG_8180
【撮影:Higeさん】


ゼロベースには風呂やシャワーの設備は無いので、最寄りの美山町自然文化村 河鹿荘へウラルに分乗して出発。

FullSizeRender
しかし、河鹿荘は先日の台風により水源が破損し日帰り入浴は休止していました。
そこで、河鹿荘の職員の方に教えて貰った、最寄りの入浴施設「ひよし山の家」へ向かうことに。
最寄りと言ってもここから30分。

IMG_8098
ひよし山の家に到着。
ちょうど団体客が着いたところで非常に混雑していましたが、何とか入浴できました。
入湯料なんと200円。

ちなみに今年からここにもキャンプ場が出来たそうで、オープン記念で利用料無料でキャンプ出来たそうです(現在は終了)。
バーベキューで盛り上がるキャンパーを横目に、ウラルに乗って美山に戻ります。

想定外に風呂に時間が掛かってしまい、留守番の皆さんを待たせてしまいましたが、こちらも宴会開始。

FullSizeRender
私はビーノでの参加と言うこともあり、お手軽にカルビ。

IMG_8179
【撮影:Higeさん】

焚き火の明かりの中、談笑する参加者諸氏。
いつもながら楽しいひとときを過ごしました。


翌朝。

天気予報では晴れになっているにも関わらず、周辺には厚い雲が。
小雨もぱらついています。

FullSizeRender
朝はいつものお手軽朝食。

早めに撤収したものの、雨が上がるのを待ってから出発しました。
皆さんそれぞれ次の目的地へ出発していきました。

参加者の皆さんありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう。


おまけ。

IMG_8111
帰りに休憩で立ち寄った道の駅「瑞穂の里・さらびき」。
広いバイク駐車場があり、ライダーの利用が多い道の駅です。

FullSizeRender
丁度昼時だったのでざるそば(850円)をいただきました。

FullSizeRender
地元産そば粉を使った十割蕎麦です。
ここにはよく来るのに、普段はソフトクリームしか食べないから、こんなメニューがあることを知りませんでした。
いつもの場所にも探せば新しい発見があるものですね。







ホタル
 
6月中旬ごろはホタルが発生する時期です。
今年もホタル鑑賞キャンプに行って来ました。

IMG_7872
訪れたのは、もはや定宿とも言えるハイマート佐仲。
通年営業で、冬はワカサギ釣り、夏はホタルと、楽しみが尽きません。
ホタルの時期には土日は予約が取れなくなるほどの人気。
なので、今回は日月でキャンプしました。
ちなみにハイマート佐仲は火曜日が定休日のため、火曜日を含む日程のキャンプはできません。

IMG_7876
やはり夏期はファミリーキャンプが多いです。

IMG_7874
定位置にさくっと設営。

FullSizeRender
ホタル撮影に向かう前に風呂に入りました。
ハイマート佐仲では、土日など利用者が多い日には丹波焼タイルを敷き詰めた「陶板風呂」が稼働します。
いつもは小さな「家族風呂」を使用しているので、大きなお風呂は新鮮でした。


ホタル鑑賞キャンプは数年前からおこなっていますが、私が今まで使っていたコンデジではホタルが上手く写らず、物足りなさを感じていました。
そこで、今回は新兵器を導入。

FullSizeRender
キヤノンEOS8000Dです。
遂に一眼レフ導入。
とある方に安価で譲っていただきました。


FullSizeRender
毎年ホタルが発生する橋の上にカメラをセッティングしました。

FullSizeRender
周囲が暗くなるまでビールを片手に待ちます。

この日は一日中曇り空で、時折風も吹いており、ホタル発生のコンディションとしては微妙な感じでした。

IMG_7900
夜8時を過ぎると、ひとつ、ふたつと光点が現れ始めました。


FullSizeRender
小川を埋め尽くすようなホタルの群れ。
まるで天の川のようです。
もちろんこれは写真のマジックなのですが、こんな写真を一度撮ってみたかったんですよね。

この付近で発生するホタルはヒメボタルだそうで、ゲンジボタルなどより光が弱いのだそうです。
私にとって一眼レフは手に余るのですが、ホタルの写真を綺麗に撮ろうとすると、長時間露出が必須になります。
私のコンデジのシャッターは開放が出来ず、最長15秒しか開くことが出来ません。
写真にも辛うじてホタルの光点が写る程度でした。

今回一眼レフになり、シャッターを解放できるようになりました。
今回色々試した結果、60秒以上解放しないとホタルを捉えることは難しいようです。
ただ、カメラに付いてきたレンズでは暗く、もっと明るく撮れるレンズが欲しくなりました(沼)


IMG_7905
翌朝は朝食無しで撤収。

IMG_7916
今田町の「玉の助」へ。

FullSizeRender
卵かけご飯定食(420円+税)をいただきます。

FullSizeRender
朝食にぴったり。

来年のホタルの季節までにカメラの腕を磨いておきます(笑)



朝霧高原
もちやキャンプ場
 
朝霧高原もちやキャンプ場は静岡県富士宮市猪之頭にあるキャンプ場です。
こちらはドライブインや遊園地、レストランなどを備えた総合レジャー施設の一角にあります。

IMG_7595
キャンプ場の入口はドライブインのある国道139号線側ではなく、裏側の県道75号線側にあります。
入口には小屋がありますが無人で、普段は施錠されており、ドライブインでキャンプ受付をおこなうと解錠の暗証番号を教えてもらえます。
なお、暗証番号は毎日朝9時に変更されるため、それ以降に出入りする場合は注意が必要です。

IMG_7843
先述の通り、キャンプ場の受付はドライブインでおこないます。
料金は大人1500円。
テントやタープの使用料や駐車料金などは不要です。
チェックインは9時~17時の間、チェックアウトは翌日の17時までと、かなりの余裕があります。
受付時にバイク(車)の車種と車番を聞かれますので憶えてない人はご注意下さい。

FullSizeRender
サイトは芝の所であれば基本的にどこに張っても良いそうですが、バイクや車の乗り入れについては定められた一部の区画のみとなっています。

IMG_7590
IMG_7591
洗い場。

IMG_7587
FullSizeRender
シャワー室。
キャンプ利用者であればシャワー室を無料で使用できます。
シャワー利用可能時間は18時から翌9時まで。

FullSizeRender
トイレ。
トイレは和式と洋式の水洗で、洋式は温水洗浄便座付き。
車両乗り入れ可能な区画からは100メートルほど離れており、サイトの位置によっては不便を感じるかも知れません。

買い出しは国道の反対側にコンビニがありますが、フェンスがあるため大きく迂回する必要があります。
近くにスーパーマーケットなどは無いので、事前の買い出しは必須です。

FullSizeRender
道路に挟まれた敷地ですが、夜間の交通量は多くないので就寝には気になりませんでした。
気になる方は耳栓などを持参しましょう。

チェックアウト時間が遅く、アスレチックやドッグランなどもあり、一日遊べるのでファミリーキャンプで利用するのも良いかも知れません。



朝霧高原へ
 
浜松を出発し、掛川へ向かいました。
この日はネットラジオ「Vトークradio」のクロガクさんの主催するキャンプに参加するため朝霧高原へ向かうのですが、その前に掛川で食材の買い出しをおこなう為です。

掛川に寄り道する理由は、


FullSizeRender
スーパーサンゼンに寄るためでした。
目的はもちろん、満点ハンバーグ

こちらは満点ハンバーグ以外にもあまり見かけない食材や酒類を扱っているので、機会があれば立ち寄ることにしています。

スーパーサンゼンで買い出しを終えて、昼食を取ろうと思っていたところ、同じキャンプ参加者の桃色翁さんから連絡をもらいました。
昼食のお誘いにも快く応じて下さり、掛川で合流することに。

昼食はもちろん、「さわやか」です。
掛川インターのさわやかは、以前は長時間待つことも多かったですが、最近は順番待ちシステム導入で各店舗の待ち時間が分かるので分散が進み、それほど混まなくなりました。
それでも30分待ち。
桃色翁さんと、同じく参加者のすずまささんも合流。

FullSizeRender
昨年のヤマハ発動機株主総会以来、約一年ぶりのさわやかのハンバーグを味わいました。
桃色翁さんと、すずまささんも静岡の人なのですが、さわやかはあまり行かないのだそうで、やはり久し振りに食べたそうです。

FullSizeRender
食後、駐車場で談笑していたときに気付いた、すずまささんのPCXの積載。
バッグをトップケースにネットで巻き付けて固定しています。
この発想は無かったので驚き。
ビーノの積載に応用できそうな気がします。

下道で向かうお二人と別れて、私は先に東名高速で朝霧高原へ向かいました。

IMG_7595
この日のキャンプ地は初めて利用する「朝霧高原もちやキャンプ場」なのですが、入口に鍵が掛かっていて入れません。
後で知ったのですが、こちらは隣接のドライブインもちやで受付をすると、入口の暗証番号を教えてもらえるシステムだそうです。

FullSizeRender
受付を済ませ、バイク乗り入れが可能な「オートサイト」へ。
既にクロガクさんや参加者のみなさんは到着して設営も終えた状態でした。

FullSizeRender
私も大慌てで空いているところに設営したのですが、斜面に張ったため、ちょっと居心地が悪くなってしまいました。

FullSizeRender
桃色翁さんとすずまささんの到着を待って、宴会の始まり。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
いつもながら、皆さんから続々とお裾分けをたくさん頂きました。

FullSizeRender
まさかの馬刺しまで。
ありがとうございます。

FullSizeRender
私も満点ハンバーグを振る舞いました。

FullSizeRender
FullSizeRender
スーパーサンゼンに寄ったので、ビールも色々楽しめました。

FullSizeRender
埼玉銘菓「十万石幔頭」を差し入れてくれたクロガクさん。

この後も「Vトークradio」の公開録音があったり、参加者の皆さんと談笑したりと、遅くまで楽しく過ごしました。
しかし、昨晩から徹夜で走ってきた疲れがピークに達し、やむなく先に休ませて貰いました。
クロガクさん、皆さん、ありがとうございました。







↑このページのトップヘ