ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > バイクグッズ

ビーノガチャ


6月から発売が予告されていたビーノのカプセルトイ。



発売開始からも探し続けていたのですが、私の近所で置いているところを見つけられずにいました。
6月も上旬を過ぎて、半ば諦めムードだったのですが。


FullSizeRender
何と、普段は利用しないドラッグストアの店先に置いてありました。
もっとメジャーどころばかり探していたのに(汗)
1回400円は結構強気なお値段。

ビーノのカプセルトイは色違いで全5種。
狙いはもちろん自らも所有しているパールシアンのみ。
コンプリートは考えていません。


FullSizeRender
回すこと6回目で、ようやく目的の品をゲット。
2400円の投資です。

FullSizeRender
帰宅してからカプセルを開けました。
内訳は本体、デカール、取説。
ちなみにカプセルの色は本体の色と合わせてある仕様。

FullSizeRender
デカールはヤマハエンブレム2枚(予備1枚)と、点灯と消灯の2種類を表現できるヘッドライト用各1枚。



FullSizeRender
スケールは1/32で、このスケールにしては、かなり精巧な作り。

FullSizeRender
パールシアンカラー専用シート後ろのカラーリングも再現されていました。

FullSizeRender
メーター部分。

FullSizeRender
前後車輪は回るようになっているのですが、後輪はマッドガードと干渉して回りにくくなっていました。

FullSizeRender
エンジンや下回りも細かく再現されています。

FullSizeRender
フロント周りも精巧に再現され、ハンドルも切れるのですが、この時何となく違和感を感じて、よく見てみると…


FullSizeRender
何と、エンブレムの印刷が上下逆でした(汗)

FullSizeRender
デカールの説明に、わざわざ「※向きに注意」と注意書きされていたのは、このせいだったのでしょうか。
それにしてもヤマハ発動機が監修しているはずなのに、こんな初歩的なミスを見逃すとは…。


FullSizeRender
以前紹介した「充電させてもらえませんか?」仕様のe-Vinoトミカと比較してみると、トミカのほうがふたまわりぐらい大きいようです。

大変よく出来ているビーノのカプセルトイですが、現行のAY02ではなく旧モデルのSA59Jを選んだのは全くの謎ですね(笑)







Gストーン
 
今こそ立ち上がれ!(何)

いや深い意味は無いのですが。

FullSizeRender
先日、9年履いたガエルネ・タフギアからGストーンに買い換えた話を書きました。

タフギアは気に入っていて特に不満もなかったので、次もタフギアにしても良かったのですが、合成皮革は3年過ぎたぐらいから劣化が目立つようになったので、長く使うなら本革のほうが良いかなと。

しかし、このGストーン、残念ながら修理サービスの対象外なので、ソールが減っても交換出来ないんですよ。
その点はちょっと残念なところ。

先日、修理完了したウラルを引き取りにディーラーに行ったので、それがGストーンの初出動となりました。

FullSizeRender
Gストーンは本革のショートブーツですが、内部にゴアテックスを採用し透湿防水機能を持たせています。

FullSizeRender
サイドファスナーにより着脱時に靴紐をほどかなくて良いので街乗りでも手軽に使用できます。

FullSizeRender
ソールはイタリアのゴンマール社製。
今のところ特に不具合は感じませんでした。
濡れたタイルの上での滑りにくさや耐久性はビブラム社製に比べてどうなのか、気になるところではあります。
その辺りのビブラム社製ソールは申し分なかったですからね。

使用してみた感想ですが。

先ず、今までガエルネを履いているので履き心地は申し分なし。
通販での購入でしたが、サイズ計測システム「G-Fit」を利用することでジャストサイズを選択できました。
足を包み込まれるような独特の感じがあります。

重さはタフギアより若干重いようですが気になるほどではありませんでした。
むしろ合成皮革のタフギアに近い重さを本革で実現していることが凄いです。
ただし、本革には違いないので、足に馴染むまでしばらくは靴下を二枚重ねで穿いておいたほうが良いと思います。
それでもフーガよりは慣らしに時間は掛からないと思います。

本革ショートブーツながら手軽に使え、街乗りからツーリングまで幅広い用途に対応出来るブーツだと思います。

長い間使えたら良いなあ。




GAERNE(ガエルネ) 防水ライディングシューズ G-STONE GORE TEX/Gストーン ゴアテックス ブラック 28.0cm 【総輸入元:ジャペックス】




タフギア

私はもう10年以上ガエルネのブーツを愛用しています。
高い品質と日本人専用木型使用によるフィット感は実に快適です。
ずっとガエルネを履いていると、買い換えるときにも試着無しでサイズを選べるので気軽です。



そんな訳で、長らくガエルネのライディングシューズ「タフギア」を愛用していました。
これは当時務めていた会社にバイク通勤するために購入したものです。
会社では内履きに履き替えていたので、脱着が容易で雨にも強く慣らしを必要としないことを重視して選定しました。
記録では2011年4月に購入しています。
何と9年も前です。

通勤でほぼ毎日履いていたこともあり、5年ぐらいで傷みが出てきました。



現在も履いている「フーガ」も、元々は「タフギア」の延命の為に購入したものです。
フーガ」は長期の慣らしが必要な本革のブーツなので、「タフギア」と交互に使うことでスムーズに慣らしが出来るのではと考えました。

そんな「タフギア」も、遂に限界が来たようでした。

FullSizeRender
一見、そんなに傷んでいないように見えますが。

FullSizeRender
この部分は本来合成皮革で、革のような質感の加工がされていたのですが、表面の加工が剥がれ落ち下の布地が出てしまった上、穴が開いてしまっています。

FullSizeRender
表面のカーボン調の生地は劣化してひび割れ、鱗のように剥がれ落ちました。

FullSizeRender
ロゴマークの部分はひび割れて中のクッション材が見えています。

FullSizeRender
ビブラム社製が奢られたソールもすり減ってしまっています。
なお、「タフギア」はソールについては張り替えが可能です。

さすがにもう限界なので、ここらで引退させることにしました。
今までよく保ってくれたと思います。
ありがとう。

新しいライディングシューズを手配することにしました。
もちろんガエルネ製です。

現在はバイク通勤もなく、近場の移動やツーリングでの使用がメインになると思います。
今回は近場の移動重視なので脱着の容易さと通気性を重視しました。

FullSizeRender
イタリア製のガエルネは新型コロナウイルスの影響でしばらく生産が止まっており、ひと月ほど品切れ状態が続いていましたが、先日ようやく入荷しました。

FullSizeRender
新しいブーツは「Gストーン」です。

FullSizeRender
現在は新型コロナウイルスの影響でツーリングにもいけないので、しばらく出番がありませんが、使えるようになったら改めてレビューしたいと思います。





GAERNE(ガエルネ) 防水ライディングシューズ G-STONE GORE TEX/Gストーン ゴアテックス ブラック 28.0cm 【総輸入元:ジャペックス】


本革ブーツながら内装にゴアテックスを採用し防水透湿を実現。
サイドファスナーで着脱も容易。

早くツーリングに行きたい…



クリスマス
 
クリスマスがやって来ました(ずいぶん前に)
昨年の12月は一日も休みが取れないほど忙しかったのでクリスマスの感傷に浸る暇は全く無かったのですが、ちょうどその頃、我らがウラルジャパンから荷物が届きました。

FullSizeRender
こちらがそのブツ。

FullSizeRender
こちらは2017年の限定車「バイカル」に装備されていたフラスコです。
前から欲しかった装備のひとつ。

FullSizeRender
本体は肉厚のアルミ製で、ウオツカなどの飲み物を10オンス(約300ml)入れて持ち運べます。
写真では見えませんが、フラスコの蓋部分には方位磁石が内蔵されています。
下部のパーティションには折りたたみ式ショットグラス2個と栓抜きが収納されています。
パーティションの蓋部分はLEDライトになっています。


もう一つはチームフーディ
Text_Badge_Green_HoodieBack_grande
【画像は公式サイトより】

長らく品切れ状態だったのがようやく入荷しました。
表記サイズはアメリカサイズなので同じ表記でも日本サイズよりひとつ大きくなります。

FullSizeRender
デザイン質感共に悪くないんだけど、何故かファスナーがレディース用になってました(汗)




Beeline Moto
 

非常にシンプルなバイク用ナビゲーションデバイス「Beeline Moto」(ビーライン・モト)を使ってみました。

Beeline Motoは、自転車用ナビゲーションデバイスの「Beeline」をバイク用にアレンジしたモデル。
昨年(2018年)の9月からクラウドファンディングの「Kibidango」で募集され、914人から1781万円もの支援を集めて商品化されました。

クラウドファンディングの常として、開発は難航し、当初今年(2019年)3月だった発送予定は遅れに遅れ、しかも当初アルミ削り出しとされていたメタルモデルのケースが無断で亜鉛合金に変更され、支援者の抗議を集めるなど混沌を極めました。

FullSizeRender
最終的には今年9月にメタル版の出荷が開始され、その一つが手元に届いたわけです。

FullSizeRender
物議をかもしたメタル版の材質変更ですが、安っぽい見た目にはなっておらず、許容できる範囲では無いでしょうか。

FullSizeRender
同梱物はユニバーサルマウント、GoProスタイルマウント、専用充電ケーブル。
ユニバーサルマウントは輪ゴムで固定する簡易的なもの。
装着は簡単ですが取り外しも簡単なので、バイクから離れるときは忘れず外して持ち歩く必要があります。
GoProスタイルマウントはアクションカメラの様に両面テープで固定したり、市販のアクションカメラ用マウントと組み合わせて使用できるもの。
充電は専用ケーブルを使ってUSB電源から充電します。
満充電で約30時間使用可能との事ですが、ケーブルが専用なので長旅の時にはケーブルを持参しなければいけません。

この時期はちょうど仕事が忙しく、簡単な動作確認だけして放置していました(汗)
今更ながら先日のワカサギ釣りツーリングに使用して、使い勝手を検証してみました。

Beeline Motoは、単独でナビゲーションする機器では無く、スマホアプリと連携して動作するデバイスです。
動作や目的地の設定はスマホアプリの「Beeline」でおこない、スマホとBeeline MotoはBluetoothで接続されます。

ナビゲーション機能はgoogle Mapの機能を使っていて、google Map同様に有料道路を使用しないなどの選択が出来ます。
ナビゲーション経路の記録も出来ます。


Beeline Motoのルート案内は簡単な記号で表示されます。
(以下、画像はBeelineアプリのチュートリアルより転載)

FullSizeRender
進行方向を示す矢印と、次に曲がるポイントまでの距離。

FullSizeRender
点(白丸印)は次に曲がる方向を示します。

FullSizeRender
上部のマーカー(目盛り)は経路の進捗を表します。
針が右に来るほどゴールが近いと言う意味。


IMG_9800
使ってみた感想ですが、シンプルかつ分かり易い表示は大変見易く、郊外の分岐が少ない道を走るのに向いているようです。
ナビゲーションがGoogle Mapの機能なので、とんでもない細街路に案内されることもしばしばですが、こればっかりはどうしようもありません。
音声案内が無いので市街地の細々した道を走る時は、常に方向と距離を気にしておく必要があります。
Beelineアプリはバックグラウンドでも稼働するので、別のナビアプリに音声案内だけさせても良いかも。
スマートフォンの画面を見なくても良いのが売りですが、狭い路地に迷い込んでしまうと現在位置の把握と脱出の為にスマホの地図画面を開いたほうが分かり易いと思います。
とは言え、常時画面を表示しておく必要が無いのでスマホのバッテリーを長持ちさせることが出来そうです。

バイクにナビゲーションを付けたいが、ハンドル回りにスマホホルダーを付けたくない、バイクのスタイルを崩したくない、と言う人には向いているデバイスではないでしょうか。
オプションで専用マウントや専用携帯ケースも用意されているので、メインのナビゲーション機器として使うことも出来そうです。

なお、Beeline Motoのクラウドファンディングは終了しましたが、製品はKibidangoのショッピングページで購入することが出来ます。


↑このページのトップヘ