ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > ツーリング

北海道へ

バイク乗りの中には、この時期、夏休みやお盆休みを利用して北海道へツーリングに行く人がたくさん居ます。
理由は様々ですが、北海道以外ではなかなか体験できない、どこまでも続く道や風景、土地の美味しい物など独自の魅力に溢れています。

私は仕事では何度か訪れたことがありますが、バイクで走ったことはありませんでした。
と言うのも、毎年この時期は仕事が入っている事が多く、まとまって休めることが無かったためです。

しかし、昨今の新型コロナウイルスの影響により、予定していた仕事がキャンセルや延期になったため、久々にまとまった休みが取れることになりました。
そこで、初の北海道ツーリングを計画したのです。

ところが、計画段階において、今年は東京オリンピック開催のため、8月の祝日が移動していることをすっかり忘れていたのです。
8月8日〜10日の宿が全く確保できませんでした。
仕方なく、今回の北海道ツーリングは上陸してから行程を考えるノープラン作戦で行くことにしました。

乗船予定日である8月3日の前日にフェリーを予約しました。
フェリーの予約までギリギリになってしまったのは、前日まで仕事の予定があったためです。
万一仕事が延長する事になればフェリーや宿をキャンセルせねばならず、キャンセル料を回避するためギリギリの選択を迫られました。

関西から北海道へ向かうには舞鶴から新日本海フェリーで小樽へ上陸するルートを選びました。
乗船日を8月3日にしたのも、8月4日から繁忙期の「C期間」となり運賃が上がってしまうからです。

FullSizeRender
新日本海フェリーはネット予約に対応しており空席照会と予約が出来るので便利です。

IMG_2835
会員登録をしてネット予約をおこないます。

今回のツーリングではウラルを使用しますが、サイドカーは二輪枠ではあるものの、別区分の料金になっています。

FullSizeRender
乗船する車両を登録しますが、この時ちょっと手間取りました。
と言うのも、ナンバープレートを登録するとき、「神戸」など運輸支局名の文字を入力するのですが、近年登録された小型自動二輪車は「神戸C」などとなっています。
この「C」は入力例には示されておらず、どこに入力するのか分かりませんでした。
試行錯誤の結果、「神戸C」と全角で入力すれば受け付けられました。

予約手続き後、クレジットカードで料金を精算して予約完了。

次に、到着日のホテルを予約しました。
フェリーは23時50分に舞鶴を出港、翌日の20時45分に小樽に到着します。
当然、到着日はどこかで一泊する必要があるわけです。
この日のホテルも小樽港に近いところは空いておらず、少し離れたところを予約しました。

出発前日なので、なかなか上手く行きませんでしたが、取り敢えず準備は出来ました。
明日はいよいよフェリーに乗船です。

(次回に続きます)

野間の大ケヤキ

大阪のツーリングスポットとして知られる野間の大ケヤキ。
実は今まで行ったことが無かったのですが、京都からの帰りに立ち寄りました。

京都縦貫道・亀岡ICからバイクで20分ほどのところにあります。

IMG_2045
樹齢1000年と言われる国の天然記念物に指定されています。
高さは27メートル、幹周り13メートルにもなる巨木で、ケヤキとしては西日本最大だそうです。

IMG_2046
由緒書きによると、この場所は元は「蟻無宮」(ありなしのみや)と言う神社の境内で、この木は神木だったと言われています。


周辺は公園として整備されています。

FullSizeRender
バイク駐車場完備。

IMG_2050
近くには「ありなし珈琲」と言うコーヒーの屋台が営業しています。
自家焙煎のコーヒー豆を使用したコーヒーで、コーヒー豆やドリップバッグも販売されています。

FullSizeRender
コーヒーを買おうとしたところ、先に資料館で会計するように言われました。
会計時に渡される札と引き換えに屋台で商品を受け取ります。
聞くところでは今年からこのシステムになったそうで、初見は大変判りにくいです。

FullSizeRender
アイスコーヒー(450円)

FullSizeRender
コーヒーを買うとビスケットを貰えます。

さっぱりした味わいのコーヒーと、甘いビスケットが疲れを癒します。

IMG_2043

地元の人々の憩いの場となっているようで、入れ替わりに人が訪れていました。




何があるという訳でもないですが、人が集まる不思議な空間です。





ウラル
林道会


ウラルは軍用車譲りのオフロード走破性能を持っているのですが、一般道路ではその恩恵を感じることは希です。
ウラル初心者にも優しく林道走行が楽しめるとの触れ込みで「第2回ウラル林道会」(ゆうさん主催)が開催されたので参加しました。

折しもここ数日、梅雨前線の影響により各地で大雨の被害が出ており、会場となる岐阜県関市も例外ではありません。
前日昼までに降水確率60%以上であれば中止になるはずだったのですが。




FullSizeRender
すぐに天気予報をチェックしたのですが、「15時まではもつ」とは一体。

IMG_2101
【この時の心境(イメージ)】

そんなわけで、当日、待ち合わせ場所へ向けて岐阜駅前のホテルを出発しました。

IMG_1984
途中、買い出しの為、コンビニへ。
雨脚はますます強くなってきます。
前の道が川に。

IMG_1986
厄災級(専門用語)じゃねーか!
どうすんだよこれ…。

FullSizeRender
何とか待ち合わせ場所の道の駅「ラステンほらど」に到着。

FullSizeRender
この日集まったウラルは7台。
全員が揃うのを待って、林道へ出発しました。

FullSizeRender
豪雨の中、林道へ入ります。
(車載カメラより)

FullSizeRender
林道は所々ガレているものの、概ねフラット。
心配していた豪雨による崩落なども無く、ウラルの走破性能であれば問題なく進めます。
(車載カメラより)

IMG_1998

IMG_1996
低速走行が続き、油温が上がり気味となり、冷却のため小休止。
これが晴天だったらどんなものだったのか。

IMG_1999
お昼休憩。
山頂付近の広場で昼食…の予定だったのですが、この雨のため、簡単な携帯食で済ませます。

IMG_2006
雨脚が弱まっているうちに記念撮影。
相変わらず個性的な車両ばかりです。

FullSizeRender
本当はこの後、郡上八幡方面に抜けるはずだったのですが、途中の道が通行止めとなっており、やむを得ず折り返す事になりました。
(車載カメラより)


天候には恵まれなかったものの、事故もなく、ウラルの楽しさを堪能できました。
ゆうさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう。

囲炉裏会
 

関西でお世話になっている「黒HIGE団」の皆さんの集まり「囲炉裏会」に今年も参加させて貰いました。
京都・和知(わち)にあるキャンプ場「ウッディパルわち」のコテージには囲炉裏を備えたものがあり、そこに有志で集まって鍋を囲んでわいわいやろうと言う集まりです。

昨年は諸事情によりビーノで参加したのですが、今年はウラルで行くことにしました。
京都は意外と遠いですからねえ。

昨年と同じく正午に道の駅「丹波マーケス」で待ち合わせ。
到着すると既に知った顔の人が何人か待っていました。

しばし談笑していると面子が揃ったので、マーケスのフードコートで昼食を取ります。

FullSizeRender
丹波黒ラーメン(600円)。
「丹波黒」と言えば枝豆で有名な黒大豆の品種ですが、こちらは黒ごま、黒豆きな粉、黒酢の豚骨スープに黒大豆を練り込んだ麺のラーメンです。
画像のすりごま、紅ショウガ、高菜、揚げニンニクはカウンターでお好み量を追加します。
美味しかったのですが私にはボリュームが足りず、炒飯セットにしなかったことが悔やまれました(笑)

食事を終えてマーケスで今晩の食材を調達。
丹波マーケスはその名の通りスーパーマーケットが母体なのです。
今日の参加者は総勢十数人の予定で、それらの腹を満たす鍋となると具材の量も半端ではありません。
皆さんそれぞれ目に付いた食材をかごに放り込んでいきます。

続いて近くのホームセンターに行き、薪を調達します。
しかし薪は2束しか調達できず、足りない分はキャンプ場で販売しているもので補うことになりました。

丹波マーケスからウッディパルわちまでは約20キロあり、30分ほどの道のりをプチツーリングしました。

FullSizeRender
ウッディパルわちに到着。
キャンプ場で薪を調達しようとしたところ2束しかないとのことで、結局ありったけ確保しました。

FullSizeRender
紅葉が綺麗。

FullSizeRender
この日のコテージは一番奥にあるコテージ「もみ」。

FullSizeRender
冷暖房、風呂完備。

FullSizeRender
トイレはウォシュレットではないものの暖房便座でした。

FullSizeRender
実は昨年利用した囲炉裏付きのコテージが手違いで予約が取れず、このコテージには囲炉裏が無いのです。

そこで、コテージの前の広場で焚き火を焚いて、鍋はコテージで作ったものを運ぶことになりました。

FullSizeRender
頼んでも居ないのに次々と焚き火台が出てくる不思議(笑)
何故かみんな焚き火台を持ってるんですよね。

日が落ちて、焚き火が良い感じになったところで宴会開始。

IMG_0015
かんぱーい!
お疲れ様でした。

FullSizeRender
鍋その1は豚キムチ鍋。
ピリ辛で冷えた身体が温まります。

FullSizeRender
十数名で食べるキムチ鍋は一瞬でそれぞれの胃袋に消えました。

FullSizeRender
続いて手羽元の塩豚骨鍋。
塩豚骨スープは私のリクエストです(笑)

FullSizeRender
じっくり煮込まれた手羽元は身が骨からほろりと外れる柔らかさ。
これは旨い。

塩豚骨鍋も一瞬でなくなりました。
やはりというか、十数名で鍋二つでは少なすぎたのです。

そこで急遽、塩豚骨鍋の残りスープを使ってもう一つ鍋を作ることになりました。

IMG_9861
今度は餃子鍋です。
むさぼり食う参加者諸氏(笑)

FullSizeRender
餃子とソーセージから出る旨みはなかなかのものなのですが、残り物の塩豚骨スープを薄めて使っているので出汁が足りません。
実は私個人で鶏鍋の素を持っていて、持っていることを何人かに伝えていたのですが、今回の料理番には届いていなかったようです。
残りスープを使ってしまったので、シメのうどんやご飯が残ってしまいました。


FullSizeRender
食後に別のキャンプグループさんからアイスクリームの差し入れを頂きました。
寒いけど旨かった。

今回囲炉裏のコテージが取れなかったことで、外で宴会となったのですが、よく考えたら、コテージで鍋を作って運んでくるなら、いっそコテージの部屋で食えば良かったんじゃないかと思うんですが後の祭り。
狭いと聞いていたコテージも意外とキャパがあったので全員入れたんじゃないかと思います。
この辺りは次回以降の課題ですね。

FullSizeRender
結局コテージに入れない人はキャンプかもと言われていたんですが、全員の寝るスペースが確保できたのでコテージ泊になりました。

FullSizeRender
ちなみに私はこんな感じ。
ロフトスペースにコットと寝袋を設置しました。
一応布団が用意されているので、寝袋は無くても大丈夫でした。
一部の物好きは「野宿気分を味わう」と言ってコテージのテラスで寝てました(笑)



翌朝。
ここでは朝食を取らず、おなじみ美山のゼロベースへ移動して朝食を取ることになりました。
そのほうが撤収が楽ですからね。

FullSizeRender
周囲はちょっとガスってます。
盆地の京都ではよくあることです。

FullSizeRender
参加者のバイク。
途中で帰ったりした人もいるので全員ではありません。
毎度ながらバラエティに富んでいますね。
それぞれの趣味が反映されています。

写真撮影などした後、出発。

峠道を30分ほど走り、ゼロベースに到着しました。

FullSizeRender
事前に旨いと聞いていた「ZEROトースト」(500円)を頂きました。
コーヒー(350円)はトーストとセットで50円引きになります。

FullSizeRender
外はカリッと、中はフワッとしたトーストはサラダや目玉焼きとの相性抜群ですね。
最近トーストを食ってなかったので余計に美味しく感じました。
ゼロベースさんではいつもパスタを食べているけど、トーストもイケます。

何か今回食ってばかりでしたが、それで良いんです楽しいんだから。
参加者さんたちとの会話の中から、毎回キャンプやツーリングで楽しむヒントを頂いています。
皆さん私なんかよりずっと走り込んでる人達ばかりなのです。
いつも参考にさせて貰っています。

主催者、参加者の皆さん、ありがとうございました。
次回も是非誘って下さいね。


シーズン到来

昨年より始めたワカサギ釣り。
当初はキャンプのついでだったのですが、今や冬のメインコンテンツに昇格(笑)


周辺でワカサギ釣りが出来るところは幾つもありますが、私のホームプール(笑)は佐仲ダムと決めています。
理由はもちろん、釣ったワカサギを無料で天ぷらにしてくれるサービスがあるためです(笑)

佐仲ダムでのワカサギ釣りは10月から解禁らしいのですが、10月は予定が詰まっていて行くことが出来ませんでした。
今シーズン初のワカサギ釣りに行って来ました。

夜明け前の到着を目指して深夜に自宅を出発し、丹波篠山市に入ったのですが、周辺は濃い霧に包まれており、5メートル先も見えない状況。
このまま進むのは危険と判断し、時間にも余裕があったので、コンビニの駐車場に入って朝食の調達がてら様子をうかがいました。

すこし晴れてきたので出発することにしましたが、前が見えないのは変わらず、徐行を余儀なくされました。
しかし、地元民と思われる車は普段と変わらないスピードでバンバン追い越していきます。
何か飛び出してきたらひとたまりも無いんですけど、よく突っ込めるもんです(汗)

FullSizeRender
そんな訳で佐仲ダム釣り場に到着。
既に何名かの釣り人が釣り場が開くのを待っていましたが、何か様子がおかしい。
6時になっても管理人が来ないし釣り場が開く気配が無いのです。

定休日では無いはずなんだけど…と書かれていた注意事項を読んで愕然。

IMG_9761
今年から7時オープンに変更されていました。
何と一時間待ちぼうけです。

FullSizeRender
この時間変更は今年の釣りの方針にも影響を与えそうです。
と言うのも、夜明け前は魚が照明の明かりに寄ってくるので最も釣れる時間帯なのです。
なので頑張って早起きしてやって来たんですけど、今年からこの方法は使えません。
昨年設置されたソーラー発電によるLED照明が撤去されており、営業時間の変更はこのことが関係しているのかも知れません。

7時になって管理人が到着し、受付を開始。
料金は昨年と変わらず、入漁料2千円とレンタルセット1300円。

FullSizeRender
いつものAドームへ行き、早速釣り開始。

受付で聞いた事前情報では、前日に冷え込んだため魚の活性が落ちて釣果が上がっていないとの事。
何か来る度にこんな話だな。

それでも辛抱して釣り糸を垂れていましたが、情報通り全くアタリがありません。
これは久し振りにボウズではないかと思っていると、周りの釣り人が釣れ始めました。

魚探を持っている常連さんの話だと、10メートルぐらいに濃い魚影があるとの事で、皆一斉に棚を10メートルに合わせます。

すると周りはどんどん釣れ始め、私以外は全員入れ食い状態に。
どうして私だけアタリが無いのか全くわからないまま、ピークは去ってしまいました。

仕方なく竿を上げ、エサを交換していてふとリールを見ると、カウンターがマイナスになってる!
巻き上げたときにカウンターがマイナス、と言うことは、実際の棚より深いところに落としていたのです。
いつのまにかカウンターと実際の繰り出し量がズレてしまっていたのです。
そりゃ釣れないわけだ。

気を取り直してカウンターをリセットして、もう一度10メートルの棚に糸を垂らします。

すると、しばらくしてアタリが。

FullSizeRender
今期初釣果キター!
これでボウズにならずに済みました。

その後もポロリポロリと釣れて行きますが、大当たりはありませんでした。
常連さんの話では、ワカサギは直射日光を嫌うので、筏が陰に入る14時以降が釣れ時ではないかとの話でしたが、残念ながらそこまで滞在は出来ないのです。

FullSizeRender
14時終了。
この日の釣果は4匹でした。
まあ、健闘しました。


FullSizeRender
レンタルセットを返却して、下流にあるハイマート佐仲オートキャンプ場に向かいます。
釣ったワカサギはこちらで天ぷらにしてくれる無料サービスがあります。

IMG_9792
日曜日のこの日はデイキャンプの車で溢れていました。
キャンプブーム恐るべし。

FullSizeRender
遅い昼食は名物の佐仲そば。
FullSizeRender
売り切れてる時が多いのですが、この日はありました。

FullSizeRender
そして、釣ったワカサギは美味しく頂きました。

今シーズンはちょっとばかしワカサギ釣りを探求してみようと思っているので乞うご期待(笑)








↑このページのトップヘ