ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > ツーリング

試されまくり

「試される大地」とは、以前「北海道イメージアップ・キャンペーン」という北海道庁が展開しているキャンペーンで使用されていたキャッチフレーズです。
北海道の自然や気候の厳しさを表現したり、北海道で何か新しいことに挑戦するような意味合いで、今でも使われることが多い言葉ですね。

FullSizeRender
前日の暴風雨で稚内のホテルに避難しました。
天気予報では翌日から徐々に雨脚が弱くなるとのことだったので、それを見計らって宗谷から紋別に抜け、北見で宿泊するルートを考えていました。

ところが朝起きて状況は一変します。

FullSizeRender
稚内から宗谷を抜けて猿払へ至る道が災害で通行止めだというのです。

FullSizeRender
これで宗谷へ行く手段が絶たれてしまい、行程の変更を余儀なくされました。
天気予報では紋別まで行けば風雨は収まっているとのことだったので、一旦南下し、名寄経由で紋別へ抜けるルートを取ることにしました。

更に、フロント係の人の話では、ホテル周辺の道路が冠水しており、駅前の国道40号は通行止めとの事。
もしかしたら山側の道道106号なら通れるかも知れない、とのアドバイスを受けました。

FullSizeRender
ぎりぎりまで出発を遅らせ、雨脚が弱くなったことを見計らってホテルを出発。
フロント係の人の話の通り、道道106号は交互通行になっているものの通行可能で、何とか稚内を脱出することが出来たのです。

名寄に向かって国道40号を南下していたところ、それは突然やって来ました。
走行中にエンジンが失火し、減速。
IMG_2319
取り敢えず路肩に駐めて再始動を試みましたが、セルは回るもののエンジンが掛かる様子はありません。
私はこの症状に覚えがありました。
インジェクションの故障です。
以前、四国で体験したインジェクションの故障の時の症状と全く同じだったのです。


FullSizeRender
この時点で自力修復を諦め、ロードサービスを呼ぶため保険会社に電話。
ところが、ここでも悲劇が。
保険会社によると、稚内全域に非常事態宣言が出ており、ロードサービスが出られないと言うのです。
更に、新型コロナウイルス対策で積車への同乗が出来ないので、自力で移動手段を確保して欲しい、とのこと。
そんな無茶苦茶な!
タクシーはおろか車すら通らない原野の真ん中から、どうやって帰れと言うのでしょう。
事実上救援を拒否されてしまい、途方に暮れてしまいました。

そんな時、幸いにもウラル北海道のK氏と連絡が付きました。
K氏によると、JAFのロードサービスなら来てくれるかも知れない、とのこと。
取り敢えず人の居るところまで移動出来れば、そこまでK氏が引き揚げに来てくれると言うのです。
早速JAFに電話してみると、1時間ほどでロードサービスを手配できるとの事でした。

IMG_2322
しばらく待ってJAFから依頼を受けたロードサービスが到着。
南稚内の整備工場まで運んで貰えることになりました。

K氏に連絡して場所を伝えると、準備でき次第向かうとの心強い返事が。
しかし札幌からここまでどう考えても6時間は掛かるはず。
到着は深夜との事です。

IMG_2328
失意の資本主義飯。

悪いことは続くもので、車両を預かって貰っている整備工場の方から「ガソリンが漏れている」との連絡を貰いました。

FullSizeRender
確かに大量のガソリンが漏れ、辺りにはガソリン臭が立ちこめ、路面が虹色になっています。
整備工場の整備士さんと共に漏れている箇所を探したのですが、既に漏れは止まっていて、どこから漏れたのかも分かりませんでした。

FullSizeRender
さらに、ガソリン漏れの箇所を探している途中、イグニッションコイルが焼損して融けているのを発見しました。
これも全く原因が分からず、もはや何が起こっているのか見当も付きません。

こうなってしまうとどうしようもありません。
今回の北海道ツーリングは諦めるしかありません。

FullSizeRender
【この時の心境(イメージ)】



そして、23時頃、K氏が到着。
まさに拾う神登場。
ウラルを積み込んで札幌のウラル北海道へ向かいました。
札幌に到着したのは4時半でした。

本日の走行距離  9km
積算距離(道内) 691km

(次回に続きます…)


羆嵐

何だか胡散臭い事になって参りました。

夜明け前に起床し、朝食は摂らず撤収作業に入りました。
夜通し雨が降っていたようでテントは濡れていました。
この日は朝から雨予報だったので、雨具を着込んで7時過ぎに星に手のとどく丘キャンプ場を出発しました。

先ず向かったのは、昨日訪れることが出来なかったところです。
一旦留萌まで戻り、海岸線を北上しました。
小平から苫前へ抜けます。

走り続けて、周囲には民家も無くなり、うっそうとした森が続いています。

時刻は11時になろうとするころ、やっと到着しました。
IMG_2257
こちらが三毛別羆事件の復元現地です。

IMG_2262
三毛別羆事件は日本最悪の熊害(ゆうがい=熊に襲われること)事件として多くの人に知られています。
大正4年に巨大な羆が開拓地を襲い、7名の死者を出した事件です。
この復元現地は当時の状況を再現したものです。

IMG_2260
周辺はうっそうとした森で携帯の電波も通じません。
現在でも羆が棲息しており注意を呼びかける看板が設置されていました。

IMG_2265
当時の開拓小屋が再現されています。

IMG_2269
開拓小屋に襲いかかる羆の模型。
人物(モデル身長180センチメートル)と比べても、その巨大さが分かります。
大げさにも思えますが、記録によると羆は体長2.7メートル、体重340キログラムとの事で、誇張ではありません。
こんなのに襲われたらひとたまりもありません。

IMG_2273
羆の爪痕が付いた木。

IMG_2271
羆の巣穴との説明でしたが、再現だからでしょうか入口は50センチぐらいの大きさしかありません。

実際の現地は更に数百メートル下流との事ですが、既に自然に還っているらしく、通じる道路も封鎖されていました。
三毛別の地名も現在は山渓と改められています。



羆嵐(新潮文庫) Kindle版

三毛別羆事件を題材にしたドキュメンタリー小説。

慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件 (文春文庫) (日本語) 文庫 – 2015/4/10

事件の生存者に取材したノンフィクション。
これらを読んでから訪れると印象は変わるかも。
そうで無くとも異様な雰囲気に包まれた現場でした。

復元現地を後にして、更に北を目指します。

FullSizeRender
セイコーマートで軽食を買って食べました。
朝食兼昼食です。

FullSizeRender
北海道限定「いろはす」ハスカップ味。
ハスカップを食べたことが無いので再現度は不明です(笑)

午後から雨脚が強くなってきました。
海岸線を走り続けていますが、最早周囲は灰色一色で景色も何もあったもんじゃ有りません。

IMG_2292
オトンルイ風力発電所に着きました。

IMG_2290
28基もの巨大風車が立ち並ぶ姿は圧巻ですが、いかんせん天気が悪すぎます。
晴天時は素晴らしい風景なのでしょうね。

この日は宗谷岬まで走る予定だったのですが、暴風雨だったので宗谷は明日に回し、早めに稚内のホテルに入ることにしました。
この判断が悲劇を生むことになるのです。

IMG_2300
ホテル周辺には飲食店が無かったので、駅前のセイコーマートで夕食を買い出し。
まさか三食セイコーマートになるとは(笑)

本日の走行距離  326km
積算距離(道内) 682km

(次回に続きます…)


旨いもん

早朝、ホテルを出発しました。

今回の北海道ツーリングで絶対外せないものがウニ丼とジンギスカンでした。
どちらも北海道出張時に食べたことがありますが、せっかくここまで来たのだからやはり外せません。
この日は先ず、それらを美味しく頂くことを主眼としました。

先ずは留萌を目指して北上します。

IMG_2205
朝食抜きで出発したため、途中で見つけたセイコーマートで休憩がてら軽食を摂ります。
北海道でコンビニと言えばセイコーマート。
この先何度もお世話になると見込んで、電子マネーのペコマも作りました。
そして北海道の飲み物と言えばソフトカツゲン。
まあ飲むよね(笑)

IMG_2206
北海道には、こんな地の果てまで真っ直ぐな道を何度も見かけました。
最初は物珍しくて写真を撮っていたのですが、すぐに撮らなくなりました(笑)

海沿いを走り続けること約3時間。

IMG_2845
「すみれ」に到着。
こちらはウニ丼が有名なところだそうで、是非立ち寄ろうと思ってました。

実はここに来るまで一悶着ありまして。
当初Yahoo!カーナビで目的地をここに設定して走ってきたのですが、到着してみると全然違うローソンの前でした。
Yahoo!カーナビに限らずナビアプリはたまに全然違う所に誘導することがあるので要注意ですね。
IMG_2220
改めてGoogleマップで確認すると信号一つ先だという事が分かり、事なきを得ました。

さて、到着したのが12時半頃だったので、店内はほぼ満席で、運良く並ばずに入れましたが後から来た人は待っていたようです。

FullSizeRender
店内は大衆食堂と言った感じで、客層も地元客と観光客に二分されているようです。
地元客は普通に定食とかを食べていて、観光客はウニ丼を食べている感じですね。
私はウニ丼が目的なので、躊躇無く「うにうに丼」(3300円)を注文しました。
そして店員さんに勧められるままにトッピングのホタテ(200円)とイクラ(500円)を追加。
セットの味噌汁をエビ汁に変更(200円)。
上客ですね(笑)

FullSizeRender
見るからに豪勢なセットが登場しましたよ。
ご飯とウニやトッピングは別盛りで出てきます。

FullSizeRender
やはりこのビジュアルは最凶です(笑)
ウニはもちろんですが、イクラは粒が大きいし、ホタテも食べ応えがあります。
ウニは甘くて普段食べるようなものとは比べものになりません。
これだけでも来て良かったと思いました。

ウニ丼を堪能して、ちょっと早いのですが今日のキャンプ地に向かうことにしました。
と言うのも、ここまで来るのに思ったより遅れており、この先の到着時刻の予想が出来ない為です。
今日立ち寄るつもりだった他の場所は後日に回すことにしました。

ここからさらに走ること3時間、富良野からベベルイを目指します。

FullSizeRender
星に手のとどく丘キャンプ場に到着。
こちらは出発前に唯一予約が取れた宿泊地でした。
私が予約した時には何とか空きがあった程度なのですが、到着してみると今晩からの悪天候の予報で大量キャンセルが入ったとの事で、かなり空いていました。

ここはその名の通り美しい星空が売りのキャンプ場だそうですが、ここにはもう一つの名物があります。
それが敷地内のレストラン「ひつじの丘」で提供されるジンギスカンです。
レストランは通常昼のみの営業で、夕食のジンギスカンは16時30分までにチェックインしたキャンパーのみが注文できる特別メニュー。
チェックイン時に予約しておきます。

IMG_2225
夕食までにテントを設営。
今回は自炊が無いので楽です。

17時からジンギスカンがスタート。
FullSizeRender
臭みが無く柔らかいと言うサフォーク(税別990円)と焼き野菜(同400円)、中ライス(同200円)と生ビール(同550円)を注文。
注文はテーブルに用意されたタッチパネルタブレットからおこないます。

IMG_2229
ジンギスカンセットと生ビールが到着。
炭火コンロが使用されます。

IMG_2230
肉と野菜を鍋に載せたらスタート。
キャンプ地をここにしたのはジンギスカンでビールが飲めるから。
ジンギスカンは他でも食べられるかも知れないけど、移動が必要なら飲めませんので。

IMG_2232
肉のエキスが野菜に染みて最高の旨みが味わえます。
ビールにもよく合います。
ジンギスカンは良いぞ!

あいにくの空模様で星空を見ることは出来なかったけど、北海道の旨いものを堪能できた一日でした。


本日の走行距離  300km
積算距離(道内) 356km

(次回に続きます…)

船旅

IMG_2192
出港が23時50分と遅いので、缶ビールを飲んだらすぐに寝てしまいました。
8時になって船内放送で起きるまで熟睡しておりました。
いつもはオレンジフェリーやジャンボフェリーで早朝にたたき起こされる船旅ばかりしているので、起床時間が8時と言うのは新鮮な体験です(笑)

FullSizeRender
レストランで朝食。
洋盛りセット(920円)。
現在は感染症対策で、料理は全てラッピングされた状態で提供されます。
食パンはお好みで、備え付けのオーブントースターで焼いて頂きます。
レストランの利用者が意外と少なかったのが気になりました。
感染症への警戒かも知れませんが、リーズナブルな価格で和洋取り揃えられており、せっかくの船旅なので利用しない手は無いと思います。

FullSizeRender
ツーリストSにはテレビがあります。
テレビ番組を見ることはありませんでしたが、航路情報のチャンネルがあり、それをずっと流していました。
ちなみにテレビ番組を見るには専用のイヤホンの無料貸し出しを受ける必要があります。

FullSizeRender
10時ごろ、僚船の「あかしあ」とのすれ違いがありました。
本船と入れ替わりに小樽から舞鶴へ向かう船です。

FullSizeRender
そんなことをしていると、意外と早くお昼になりました。
昼食は豚丼(1020円)。


約21時間の船旅は、正直時間を持て余します。
本来なら映画上映などもおこなわれるようですが、現在は感染症対策で中止されています。
本やビデオなど、何か時間を潰すものがあったほうが良いかも知れません。

一方、私はと言うと、

FullSizeRender
仕事してました(ギャフン)
いわゆる「ワーケーション」です。
個人事業主はつらい(汗)

FullSizeRender
気晴らしにカフェなど。
アイスコーヒー(210円)。

船内ではクロスワードパズルが開催されていました。
正解者の中から抽選で記念品が当たります。

FullSizeRender
何と、「就航50周年記念賞」に当たってしまいました。
景品はトートバッグです。
ここだけの話ですが、後で問題を確認したら正解していませんでした。
参加者が少なかったのでしょうか(汗)


FullSizeRender
夕食はビーフシチュー定食(1130円)。
フェリーのビーフシチューと言えばオレンジフェリーを思い出します。
流行りなんでしょうか。

小樽入港が近づき、下船の準備をしていると、携帯電話の電波が復活しました。
ウラル北海道のK氏と連絡が付き、「今から来ませんか?」と。
ウラル北海道には旅の後半で立ち寄るつもりでしたが、遅くなっても構わないとの事だったので、下船後、ウラル北海道のある手稲まで向かうことにしました。

FullSizeRender
慣れない道に迷いながらも何とかウラル北海道に到着。
K氏、K氏の奥様、O氏が迎えて下さいました。


IMG_2201

店内はまさに大人の秘密基地と言った感じ。
純正、社外を問わずウラルのパーツやアウトドア用品で溢れています。

IMG_2202

うへぇ、これは伝説の「リンちゃんのYAKINIKUセット」の初版品ではないか!
マジかよ。


IMG_2203
隣にあるのは焚き火で発電するバイオライト・キャンプストーブの初期モデル。
品揃えがマニアックすぎる。
なお、これらはK氏の私物で売り物ではありません(笑)

店内では深夜であることも忘れてウラル談義で盛り上がりました。
良いことも悪いことも情報交換は大事です。
ここにはとても書けないような情報まで教えて貰いました(笑)

翌朝の出発に備えて早々に切り上げましたが、この時コミュニケーションを持ったことが後に窮地を救われる切っ掛けとなるのです。

IMG_2204
小樽へ戻ってホテルへイン。
翌朝の出発に備えます。

本日の走行距離  56km
積算距離(道内) 56km

(次回に続きます…)

舞鶴へ

出発当日は朝から装備の選定と積載をおこないました。

今回の北海道ツーリングでは悪天候が予想されていたため、ホテル泊と決めていました。
しかし、ホテルの予約が取れなかったため、万一を考えてキャンプ装備も持って行きます。
ただしキャンプ装備は最低限寝るだけの物に限定し、自炊道具も降ろしました。

また、フェリーでの滞在時間が長いことと、洋上では携帯の電波が受信できないことを考慮し、着替えや船内で過ごすための装備をリュックに詰めて、荷物とは別に取り出せるようにしました。

フェリー乗船には出港の90分前までに乗船手続きをする必要があるため、22時20分までに舞鶴港に到着すれば良いのですが、私は暗くなってから走るのは苦手なので夕方までに舞鶴に到着するように出発しました。

FullSizeRender
舞鶴での夕食は「タージマハルエベレスト」でカレー。
注文したのは「ハッピーセット」で、これにサラダとドリンクが付いて1600円。
迷ったらカレーが私の信条です(笑)




IMG_2146
舞鶴港に到着。

本来であれば、ネット予約時に発行される「e乗船券」を印刷して持っていれば、乗船手続き無しで乗船出来るのですが、新型コロナウイルス対策で窓口での本人確認と体温測定が必須となっていました。

IMG_2152
今回乗船する「はまなす」です。
さすがにデカイです。

IMG_2158
乗船。
サイドカー、トライクは二輪車とは別に乗用車の後から乗り込みます。
係員の誘導に従い駐車した後、ローギヤとサイドブレーキを引いて固定します。
二輪車にあるような左ハンドルロックは指示されませんでした。

IMG_2159
客室甲板である4甲板へは階段かエレベーターで向かいます。
新型コロナウイルス対策で、船内での移動時にはマスク着用が義務づけられています。

IMG_2160
今回のベッドは簡易個室の「ツーリストS」にしました。

乗船時にはレストランやカフェは営業しておらず、風呂と売店は出港後1時間で営業終了とのことでした。

IMG_2163
風呂に入って汗を流した後、売店でよく冷えた「サッポロクラシック」(260円)を購入。
フェリーの売店は良心的な価格設定なので、航路維持のためにもどんどん利用したいと思います。
ビールを飲みながら、小樽への船旅が始まりました。

(次回へ続きます…)


↑このページのトップヘ