ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > ツーリング

試運転

 
弟子屈での一日目は、ウラルの再調整から始まりました。
札幌から弟子屈まで走ってきたとき、高速道路は良いのですが、一般道では低速トルクが弱く感じられ発進しにくい症状が出ていました。

IMG_2865
そこでアイドリングを下げて同調を取り直す作業をしたのですが。

FullSizeRender
どうやら昨日取り付けたインジェクションはアイドリング調整が出来ないものだったらしく、インジェクションごと予備に取り替えることにしました。
まあ、ジャンク品だから仕方がありません。

IMG_2421
牧場なので馬が居ます。
放し飼いにされており、気が向いたらどっかに行って草を食ったりしてました。
何てフリーダムなんだ。

FullSizeRender
牧場に遊びに来ていたウラルオーナーS氏の650。
不動車を自分で起こしたものだそうです。
すげえ。

FullSizeRender
S氏の愛犬。
側車に乗って遊びに行くのが大好きだそうで、暇さえ有れば側車に乗っていました。

FullSizeRender
昼食は簡単にセイコーマートのHOT CHEFFおにぎり。

FullSizeRender
同じくのむヨーグルト。
セイコーマートの北海道とよとみヨーグルトシリーズはお気に入りで何度もリピートしました。

午後から試運転を兼ねてツーリングへ。
今日は屈斜路湖岸から津別、チミケップ湖岸を通り陸別へ向かうルートを取ります。
チミケップではフラットな未舗装林道を堪能。
残念ながら車載カメラが故障したので画像はありません。

IMG_2864
と言うわけで陸別に到着(笑)

旧陸別駅周辺が道の駅として整備されており、動態保存されている車両の運転体験も出来るんだとか。

FullSizeRender
松本零士先生デザインの車両で話題になった旧・北海道ちほく高原鉄道CR75形気動車CR75-2(通称「黄メーテル」)が置かれていました。

FullSizeRender
道の駅で販売されている「鹿ジンギスカン」が今回来訪の目的。
十勝ワインや陸別産ブルーベリーを使った特製タレに漬け込み、鹿肉特有の臭みを抑えているそうです。

FullSizeRender
暑かったのでK氏が「りくべつ牛乳」をごちそうしてくれました。
私、普段牛乳は飲まないので、実に20年ぶりぐらいに飲みました。

FullSizeRender
帰りに弟子屈のペンションビラオにある「ビラオの湯」で汗を流してから帰還。
こちらは宿泊者向けの天然温泉を日帰り客にも開放しています。
大人400円。

ここまでの試運転結果は上々で、低速トルクも復活し、壊れる前の状態に戻った感じです。
今度はアイドリングが低すぎるのですが、上げると昨日の状態になってしまうので、どちらを取るか難しいところ。
それもケイヒンのインジェクションが来れば全て解決です。

FullSizeRender
弟子屈に帰還したら、早速ジンギスカンを始めます。
ジンギスカン用のもやしが手に入らなくてスーパーをハシゴしたのは内緒です。

FullSizeRender
本当に鹿肉の獣臭さが無く、美味しく頂けました。
鹿肉の食感はしっかり感じられます。

FullSizeRender
食が進み、鹿肉はあっという間に無くなったので、予備として買っておいた「長沼じんぎすかん」を投入。

FullSizeRender
たれはベルの成吉思汗たれ。
私はよく知りませんが、ジンギスカンはこれじゃないとダメだそうです。

思いも寄らぬところでジンギスカンを堪能することが出来ました。
旨かったー!

本日の走行距離  203km
積算距離(道内) 1287km

(次回に続きます…)


復活

昨日修理をおこない、大まかな調整は終わっているウラル。
午前中はウラル北海道で診断機の到着を待っていました。


FullSizeRender
朝ごパンはセイコーマートの新商品「冷やしクリームパン」です。
北海道限定発売商品。
生クリームの「ミルク」とカスタードクリームの「カスタード」があり、せっかくなので両方食べたのですが、甘いクリームパンを二つは結構お腹に来ました。
味は冷たいクリームパンの味です(小並感)

診断機の到着を待つ間、K氏とウラル談義をしていたところ、「本車リアサスのプリロードを2段上げると、カーブが各段に乗り易くなる」との助言を頂きました。
右側車のギアアップの場合、対面通行の道路などで逆バンクになっている右カーブで効果を発揮するらしいです。
右カーブで本車が踏ん張ることで、側車の浮き上がりを抑える効果もあるとの事で、早速やってみることにしました。
何せタダですからね。

IMG_2382
車載工具のフックレンチでプリロードを回すだけですが、これが結構大変で、工具が合っていないのか、すぐに外れてしまい、手を負傷しながらも、ようやく調整完了。
プリロード調整は二輪でも経験がありますが、こんな苦労はしなかったけど…。
ちなみにプリロードをかけ過ぎると逆効果らしいので、2段までにしておくほうが良いそうです。
それ以上の効果を狙うにはナイトロンにするしか…(笑)

そんな事をしていると、宅配便が到着。
待ちに待った診断機です。

FullSizeRender
同調を取って作業完了。
午後からツーリングを再開することが出来そうです。

しかしウラルの故障で丸二日飛んでしまったので、当初の予定(ノープランですが)通りのルートは巡れそうにありません。
どうしたものかと考えているとK氏より提案が。
Y社長が持っている弟子屈の牧場へ行き、そこを基点に各地を巡るのはどうか、との事。
弟子屈の牧場へは旅の後半で挨拶しに立ち寄ることにしていたのですが、K氏も弟子屈へ行くとのことなので、それならと同行させて貰うことにしました。
万一ウラルが不調になっても助けて貰えるし(汗)

FullSizeRender
昼食代わりにセイコーマートの北海道メロンソフトを食べてから出発。

札幌から弟子屈へはほとんど高速道路なのですが、私のリクエストで夕張へ寄り道しました。
夕張へは旅の後半に立ち寄る予定でした。
丁度行程を逆に回っている感じです。

夕張へ立ち寄った目的は、


IMG_2863
快速旅団!
ユニークなアウトドアグッズを販売されていることで知られています。
ここも一度訪れてみたかったんですよね。





IMG_2397
高速道路に戻る途中、「夕張メロンドーム」で夕張メロンをお土産購入。
この付近には夕張メロンを売るお店がたくさん並んでいます。

高速道路に戻って、次の給油地点までウラルを走らせていたところ、予定より50kmも早く給油サインが点灯。
稚内でのガソリン流出の影響です。
走行距離から換算すると、実に2リッター以上も流出していたようです。

IMG_2403
十勝平原PAに緊急ピットインし、念のため、K氏の増槽からガソリンを分けて貰いました。

帯広で高速を降りて夕食&給油へ。
北海道の高速道路にはガソリンスタンドのあるSAが少ないのです。
てかツーリング中に見たことがありませんでした。

IMG_2405
K氏お勧めの「カレーショップインデアン」へ。
帯広でチェーン展開しているカレー専門店。
大阪にある「インデアンカレー」とは別系列のようです。

FullSizeRender
メニューは豊富なのですが、この日は到着が遅かったためか、エビとシーフード以外売り切れていました。

FullSizeRender
エビカレー(649円)にチーズ(88円)をトッピング。

人間もウラルも満タンにして、最後のひとっ走りです。

高速を阿寒まで走り、後は山道を進んでいきます。
と言っても夜、雨、霧のコンボで気力は限界。

IMG_2413
弟子屈にたどり着いたときは、既に日付が変わっていました。

IMG_2414
この時間にもかかわらず、Y社長や先着組の皆さんが出迎えてくれ、温かいシチューを振る舞ってくれました。
冷えた身体に染みます。


本日の走行距離  393km
積算距離(道内) 1084km

(次回に続きます…)

修理

未明にウラル北海道へ戻ってきたウラル。
大阪からウラル関西のY社長も到着し、K氏と二人で朝から故障原因の究明が始まりました。

先ず故障箇所を特定し、可能であれば修理してツーリングが続行出来るように取り計らってくれるそうです。
この対応には頭が下がります。

朝の段階でざっくり分かったことは、
  • インジェクションの故障
  • イグニッションコイルの焼損
  • バッテリー上がり
の3点。
バッテリー上がりについては、故障で止まるまで普通に使えていたし、ロードサービスからは動かしてもいないので、言われるまで全く気付いていませんでした。

修理まではしばらく時間が掛かるとの事で、この時間を利用して札幌へ遊びに行くことにしました。
ここに居ても足手まといにしかなりませんからね。

ウラル北海道のある手稲から札幌までは列車で20分ぐらいなので割と便利です。

札幌から地下鉄に乗り換えて、すすきのへ。

IMG_2339
市電の路面電車にも乗りました。
200円の一律料金。

IMG_2341
市電の東本願寺駅から歩くこと5分。

FullSizeRender
看板と行列が見えてきました。

IMG_2345
えびそば一幻総本店です。
一度来たかったんですよね。

えびそば一幻は新千歳空港や東京八重洲にも店があるので、割とアクセスし易いのですが、せっかく札幌に来たのだから総本店で食べてみようかなと。

行列している間に予め注文しておきます。

FullSizeRender
スープはえびスープと豚骨スープの割合の違いで3種類あるんですね。
ここでは「そのまま」を選択。

味付けは「えびみそ」「えびしお」「えびしょうゆ」から選びます。
ここでは「えびみそ」を選択。
メニューには無いですが、店員さんに麺の太さを訊かれて細麺を選びました。

FullSizeRender
ご飯やサイドメニューもあるようです。

IMG_2348
壁にずらりと並ぶ著名人の色紙。
「えびしお」を絶賛している著名人が多くて、「えびみそ」を選んだ私は一瞬考え込みました(笑)

IMG_2349
10分ほど待ってカウンター席に通されました。
席は感染症対策でアクリルの仕切りが設けられています。

IMG_2350
調味料などの備え付けは無く、希望すれば提供して貰える方式。
割り箸もラーメンと一緒に提供されます。
昨今、飲食店はどこも感染症対策で大変です。

IMG_2351
ラーメン(830円)。
この時点でえびの強い香りがします。
トッピングはえびそぼろ、チャーシュー、煮卵。
麺は細麺を頼んだのだけど、太麺に見えるんですが(笑)

スープは思ったよりエビが主張して無くて飲み易いです。
このスープならやっぱり細麺のほうが良かったかな。

IMG_2354
ごちそうさまでした。
次は「えびしお」を食べてみたいな。

えびそば一幻を出て街をぶらついていると、K氏から修理完了の連絡が入ったので手稲に戻ることにしました。

ウラル北海道に戻ってY社長とK氏から状況報告を受け、様々な事実が分かりました。

先ず、立ち往生の原因はやはりインジェクション。

IMG_2861
【画像提供:ウラル北海道】

制御基板が見事に水没していました。
インジェクション本体に多量の水滴が付いているのがご覧頂けますでしょうか。

インジェクション制御基板はプラスチックカバーで覆われていますが、カバーの固定は3箇所のクランプで留まっているだけです。
このクランプが経年で開いて弛み、密閉性が失われたところに雨水が流れ込んだ模様。
経年と言っても、この車両は2017年10月に、やはり故障のためインジェクションを保証交換しており、3年弱しか経っていないんですが。

さらに、原因調査のため、Y社長がバッテリーを新品に交換したところ、イグニッションキーを抜いているにも関わらず燃料ポンプが動き出したそうです。
インジェクションに繋がるコネクタを抜くと燃料ポンプが止まったので、これもインジェクションが原因。
制御基板が故障して、燃料ポンプへの電流が流れっぱなしになってしまっているようです。
これで稚内でのガソリン流出とバッテリー上がりの理由が分かりました。
エンジンが作動していないにもかかわらず燃料ポンプが動き続け、溢れたガソリンがドレンから排出されたのです。
そしてバッテリーの電気が無くなるまでガソリンを流出させたのでした。
そうなるとイグニッションコイルの焼損も、制御基板からの異常電圧によるものと考えられます。

全部エレクトロジェットのインジェクションが原因じゃねーか!

IMG_1710
【イメージ】


私はその場でケイヒンのアップグレードインジェクションキットを発注したのは言うまでもありません。

私が故障の一報を入れた直後に、K氏は大阪から交換用の部品と診断機を取り寄せていました。
IMG_2360
幸いなことにイグニッションコイルはウラル北海道に在庫があり、インジェクションは店に転がっていたジャンク品を急場しのぎに取り付けました。
診断機は航空便で明日届くので、細かい調整は明日おこなうことになりました。

FullSizeRender
夕食はK氏お勧めの焼き鳥屋へ。

FullSizeRender
ちゃんと豚じゃない焼き鳥です(笑)

FullSizeRender
でも、ちゃんと豚の焼き鳥もあるよ(笑)

Y社長、K氏の尽力のおかげで、ツーリングを再開できる目処が立ちました。
本当にありがとうございます。

本日の走行距離  0km
積算距離(道内) 691km

(次回に続きます…)

試されまくり

「試される大地」とは、以前「北海道イメージアップ・キャンペーン」という北海道庁が展開しているキャンペーンで使用されていたキャッチフレーズです。
北海道の自然や気候の厳しさを表現したり、北海道で何か新しいことに挑戦するような意味合いで、今でも使われることが多い言葉ですね。

FullSizeRender
前日の暴風雨で稚内のホテルに避難しました。
天気予報では翌日から徐々に雨脚が弱くなるとのことだったので、それを見計らって宗谷から紋別に抜け、北見で宿泊するルートを考えていました。

ところが朝起きて状況は一変します。

FullSizeRender
稚内から宗谷を抜けて猿払へ至る道が災害で通行止めだというのです。

FullSizeRender
これで宗谷へ行く手段が絶たれてしまい、行程の変更を余儀なくされました。
天気予報では紋別まで行けば風雨は収まっているとのことだったので、一旦南下し、名寄経由で紋別へ抜けるルートを取ることにしました。

更に、フロント係の人の話では、ホテル周辺の道路が冠水しており、駅前の国道40号は通行止めとの事。
もしかしたら山側の道道106号なら通れるかも知れない、とのアドバイスを受けました。

FullSizeRender
ぎりぎりまで出発を遅らせ、雨脚が弱くなったことを見計らってホテルを出発。
フロント係の人の話の通り、道道106号は交互通行になっているものの通行可能で、何とか稚内を脱出することが出来たのです。

名寄に向かって国道40号を南下していたところ、それは突然やって来ました。
走行中にエンジンが失火し、減速。
IMG_2319
取り敢えず路肩に駐めて再始動を試みましたが、セルは回るもののエンジンが掛かる様子はありません。
私はこの症状に覚えがありました。
インジェクションの故障です。
以前、四国で体験したインジェクションの故障の時の症状と全く同じだったのです。


FullSizeRender
この時点で自力修復を諦め、ロードサービスを呼ぶため保険会社に電話。
ところが、ここでも悲劇が。
保険会社によると、稚内全域に非常事態宣言が出ており、ロードサービスが出られないと言うのです。
更に、新型コロナウイルス対策で積車への同乗が出来ないので、自力で移動手段を確保して欲しい、とのこと。
そんな無茶苦茶な!
タクシーはおろか車すら通らない原野の真ん中から、どうやって帰れと言うのでしょう。
事実上救援を拒否されてしまい、途方に暮れてしまいました。

そんな時、幸いにもウラル北海道のK氏と連絡が付きました。
K氏によると、JAFのロードサービスなら来てくれるかも知れない、とのこと。
取り敢えず人の居るところまで移動出来れば、そこまでK氏が引き揚げに来てくれると言うのです。
早速JAFに電話してみると、1時間ほどでロードサービスを手配できるとの事でした。

IMG_2322
しばらく待ってJAFから依頼を受けたロードサービスが到着。
南稚内の整備工場まで運んで貰えることになりました。

K氏に連絡して場所を伝えると、準備でき次第向かうとの心強い返事が。
しかし札幌からここまでどう考えても6時間は掛かるはず。
到着は深夜との事です。

IMG_2328
失意の資本主義飯。

悪いことは続くもので、車両を預かって貰っている整備工場の方から「ガソリンが漏れている」との連絡を貰いました。

FullSizeRender
確かに大量のガソリンが漏れ、辺りにはガソリン臭が立ちこめ、路面が虹色になっています。
整備工場の整備士さんと共に漏れている箇所を探したのですが、既に漏れは止まっていて、どこから漏れたのかも分かりませんでした。

FullSizeRender
さらに、ガソリン漏れの箇所を探している途中、イグニッションコイルが焼損して融けているのを発見しました。
これも全く原因が分からず、もはや何が起こっているのか見当も付きません。

こうなってしまうとどうしようもありません。
今回の北海道ツーリングは諦めるしかありません。

FullSizeRender
【この時の心境(イメージ)】



そして、23時頃、K氏が到着。
まさに拾う神登場。
ウラルを積み込んで札幌のウラル北海道へ向かいました。
札幌に到着したのは4時半でした。

本日の走行距離  9km
積算距離(道内) 691km

(次回に続きます…)


羆嵐

何だか胡散臭い事になって参りました。

夜明け前に起床し、朝食は摂らず撤収作業に入りました。
夜通し雨が降っていたようでテントは濡れていました。
この日は朝から雨予報だったので、雨具を着込んで7時過ぎに星に手のとどく丘キャンプ場を出発しました。

先ず向かったのは、昨日訪れることが出来なかったところです。
一旦留萌まで戻り、海岸線を北上しました。
小平から苫前へ抜けます。

走り続けて、周囲には民家も無くなり、うっそうとした森が続いています。

時刻は11時になろうとするころ、やっと到着しました。
IMG_2257
こちらが三毛別羆事件の復元現地です。

IMG_2262
三毛別羆事件は日本最悪の熊害(ゆうがい=熊に襲われること)事件として多くの人に知られています。
大正4年に巨大な羆が開拓地を襲い、7名の死者を出した事件です。
この復元現地は当時の状況を再現したものです。

IMG_2260
周辺はうっそうとした森で携帯の電波も通じません。
現在でも羆が棲息しており注意を呼びかける看板が設置されていました。

IMG_2265
当時の開拓小屋が再現されています。

IMG_2269
開拓小屋に襲いかかる羆の模型。
人物(モデル身長180センチメートル)と比べても、その巨大さが分かります。
大げさにも思えますが、記録によると羆は体長2.7メートル、体重340キログラムとの事で、誇張ではありません。
こんなのに襲われたらひとたまりもありません。

IMG_2273
羆の爪痕が付いた木。

IMG_2271
羆の巣穴との説明でしたが、再現だからでしょうか入口は50センチぐらいの大きさしかありません。

実際の現地は更に数百メートル下流との事ですが、既に自然に還っているらしく、通じる道路も封鎖されていました。
三毛別の地名も現在は山渓と改められています。



羆嵐(新潮文庫) Kindle版

三毛別羆事件を題材にしたドキュメンタリー小説。

慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件 (文春文庫) (日本語) 文庫 – 2015/4/10

事件の生存者に取材したノンフィクション。
これらを読んでから訪れると印象は変わるかも。
そうで無くとも異様な雰囲気に包まれた現場でした。

復元現地を後にして、更に北を目指します。

FullSizeRender
セイコーマートで軽食を買って食べました。
朝食兼昼食です。

FullSizeRender
北海道限定「いろはす」ハスカップ味。
ハスカップを食べたことが無いので再現度は不明です(笑)

午後から雨脚が強くなってきました。
海岸線を走り続けていますが、最早周囲は灰色一色で景色も何もあったもんじゃ有りません。

IMG_2292
オトンルイ風力発電所に着きました。

IMG_2290
28基もの巨大風車が立ち並ぶ姿は圧巻ですが、いかんせん天気が悪すぎます。
晴天時は素晴らしい風景なのでしょうね。

この日は宗谷岬まで走る予定だったのですが、暴風雨だったので宗谷は明日に回し、早めに稚内のホテルに入ることにしました。
この判断が悲劇を生むことになるのです。

IMG_2300
ホテル周辺には飲食店が無かったので、駅前のセイコーマートで夕食を買い出し。
まさか三食セイコーマートになるとは(笑)

本日の走行距離  326km
積算距離(道内) 682km

(次回に続きます…)


↑このページのトップヘ