ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > ツーリング

ダムカード
集めてます


「ダムカード」ってご存知でしょうか。
ダムの管理事務所などに行くと貰えるカードで、集めている人も多いです。

国交省の説明によると、ダムカードとは、

ダムカードは国土交通省と独立行政法人水資源機構の管理するダム(一部例外あり)において、「ダムのことをより知っていただこうと、平成19年より「ダムカード」を作成し、ダムを訪問した方に配布しています。


その内容は、

おもて面はダムの写真、うら面はダムの形式や貯水池の容量・ダムを建設したときの技術、といった基本的な情報からちょっとマニアックな情報までを凝縮して載せています。


というものです。


ダムカードを配布しているダムは非常に多く、全部集めるのは事実上困難。
ダムカードをもらうためには郵送は受け付けておらず、実際にダム管理事務所などへ行く必要があります。
ダム管理事務所は多くの場合、平日の日中しか営業していません。
そして、ダムは基本的に山奥にあるので、行き帰りだけで一日潰れてしまうことも。

なので私は「ダムカード集めを目的にしない」と自分ルールを決めて集めています。

今回は秋葉山にツーリングしたついでに、近くのダムを回ってきました。



【ダムその1:秋葉ダム】

秋葉山麓の天竜川沿いにあるダム。


このダムに行くにはトンネルの中にある分岐を進むのですが、これがわかりにくい。
私も最初はうっかり通り過ぎてしまいました(笑)


上流。


下流。

で、ダムカードをもらおうと管理事務所に行ったのですが無人。
よく見ると「ダムカードは佐久間電力館で配布しています。」という貼り紙が。

やられた!
複数のダムを統合管理しているところでは、一か所で複数のダムカードを配ってることがあるんです。



【ダムその2:佐久間ダム】

なので、佐久間ダム近くにある佐久間電力館へ。
到着が16時30分の閉館ギリギリになってしまいました。


佐久間電力館では佐久間ダムや電力事業について紹介しています。

何故か元GPライダーの平忠彦氏の記事が。
そう言えば平氏って浜松の人でしたっけ。
タイラレーシングも浜松にあるし。


電力館の屋上は展望台になっていて、ダムを望むことが出来ます。


上流。


下流。


そんなわけで、ようやくダムカードをゲット!

こんな感じで、ダムカード集めは結構大変なので、ツーリングなどで近くに寄ったときのみ集めることにしています。
それでも結構楽しいですけどね。


集めたダムカードを収納するのに最適なカードバインダー。

追加ポケット。
ダムカード集めには必須アイテム。




秋葉山


浜松の北のほう、秋葉山までツーリングしました。

浜松から国道152号を北上し、秋葉山を目指します。

浜北から国道473号に入り、山の中を進みます。

道の駅「いっぷく処横川」で休憩。
この日は久しぶりの晴天だったので多数のライダーが訪れていました。


冷水のサービスがありました。
暑い日に、こう言うのはうれしいですね。


この地域は椎茸が特産だそうで、こんなものが。


しいたけソフト350円。

食べた後にしいたけの風味が来ます。
どうやら、しいたけパウダーを使っているらしく、後味が粉っぽい。
リピートは…うーん、気が向いたら。


道の駅を出発し、ワインディングへ。
ウラルは峠が苦手なので、後続をかわしながら登っていきます。


秋葉神社下社(しもしゃ)に到着。
全国にある秋葉神社の総本宮で、麓の下社と山頂の上社(かみしゃ)に分かれています。


バイクは向かいの駐車場に駐めました。


参道をしばらく進むと拝殿が見えてきました。


参拝の後、御朱印を頂きました。


ここから上社までは、登山道で約600メートル、20分程度の山道なのですが、乗り物は入れません。
帰りの行程も考えて、遠回りですが林道を迂回して上社へ向かいます。


下社から、細い山道を抜けて、天竜スーパー林道を目指します。
「スーパー林道」、良い響きだ(笑)


天竜スーパー林道入り口。
上社はここからさらに7.5キロ進んだところです。


「スーパー林道」と言う名前ですが、舗装林道でした。


上社の駐車場に到着。
下社から実に20キロ、40分の道のりです。


長い参道を登っていきます。
下社とは規模が全く違いますね。


やっと山門が見えてきました。


本殿はさらに階段を上った上にあります。


金色の鳥居。


本殿。


本殿横には展望台があり、晴れていれば海まで一望することが出来るそうです。


御朱印を頂きました。


周辺には、まだ色んなスポットがありそうなので、機会が有ればまた来てみたいですね。


検索したら出て来た(笑) 
 

エアーパーク

航空自衛隊浜松基地内にある、広報館「エアーパーク」を見学しました。

浜松広報館は航空自衛隊の活動を広く国民に知ってもらうための施設で、歴代の戦闘機やヘリコプター、自衛隊の装備品などを展示する、航空自衛隊初の施設です。

決して堅苦しいものではなく、運営は民間に委託され、家族で楽しめる航空機のテーマパークとなっています。


浜松基地正門の隣が広報館の入り口です。
警備員の誘導で駐車場へ。



二輪車の駐輪場も完備。
こちらの他に、門の横にも二輪車駐輪場があります。


敷地内には各種装備が屋外展示されています。


地対空誘導弾「ナイキJ」。


C-46輸送機。
カラフルな機体は基地の外からでも視認できます。


F-86F戦闘機「ブルーインパルス仕様」
曲技飛行チーム「ブルーインパルス」の初代が使用しました。


F-104J戦闘機。



展示資料館を見ていきます。

1階は自衛隊戦闘機の歴史と技術を紹介する展示となっています。


先進技術実証機X-2「心神」の風洞実験模型。


F-2戦闘機の開発試験機「XF-2」。



展示の為、片翼が切り取られています。



F-1戦闘機は内部構造が見られるよう外装が外されています。


T-4戦闘機用ターボファンエンジンのカットモデル。
実物ですが、ずいぶん小さいです。
ジェットエンジンはエンジンサイズに比べて大きな推力が得られることが特徴とのこと。


2階は自衛隊の装備品を展示しています。


第11飛行隊「ブルーインパルス」に関する展示。
初代ブルーインパルスが浜松基地所属だったこともあり、ブルーインパルス関連の展示が多めです。


パイロットスーツなど。

2階には全天周シアターの入り口があります。


全天周シアターの入場には整理券が必要で、1階受付で受け取ります。

全天周シアターでは自衛隊の活動を紹介するミニドラマが上映されています。
戦闘機の迫力ある飛行シーンなどが有り、大変よくできた映像になっていますので、是非ご覧になることをお勧めします。
大人気で、この日は満席でした。


3階には浜松基地のミニチュアや自衛隊関連の本やビデオが閲覧できる図書館、戦闘機の簡易シミュレーターがあります。


この日はシミュレーターが故障していたため利用を断念。



続いて隣の建物、展示格納庫を見ていきます。


こちらは歴代の戦闘機などの実物を展示しています。

一部の機体にはコクピットに搭乗して記念撮影してもらうことができます。
本物のパイロットスーツやヘルメットも無料レンタルされており、希望すれば着用して搭乗することもできます。


T-2超音速高等練習機「ブルーインパルス仕様」。
実際にブルーインパルスで使われた実物です。


この機体もコクピットに搭乗することができます。


コクピット搭乗中。
コクピット内はかなり狭く、圧迫感があります。
この中で戦闘機を操るのだから、大変な任務ですね。


T-2は練習機なので後部座席があります。
練習機の為、計器類も前席と全く同じになっているそうです。


F-104J戦闘機。
こちらもコクピットに搭乗することが出来ます。


コクピット搭乗体験は、日によって対象となる機体が変更されるようです。


動揺シミュレーター。
実際に隊員が訓練するものと同じ設備で、戦闘機の操縦シミュレーションができます。
やってみたかったけど順番待ちが長く、断念。



昼時だったので、広報館3階の喫茶コーナーで昼食。


撃カレー(600円)
自衛隊オリジナルカレーだそうです。
名前から連想されるほど辛くはありませんでした。
1階の売店で買えるレトルトカレーと同じもののようです。


こうして広報館を見て回ったのですが、これ程の施設が無料で利用できることに驚きました。
駐車場も満車で、人気の高さがうかがえます。
また、入場無料の為、近隣住民らしき人たちが公園のように利用していたことも印象的でした。

自衛隊の施設には初めて訪れましたが、大変楽しめました。
機会があれば是非一度利用してみてください。


井伊氏


井伊氏の始祖、井伊共保(いい ともやす)公が生まれたとされる井戸が残っています。



大河ドラマ館にもセットが作られていた、アレです。
ドラマの中にも登場するそうです。
私は見てないけど。


場所は龍潭寺の駐車場から200mほどのところにあります。
案内看板に従って歩けばすぐ。



井戸は田んぼの真ん中にありました。


正面に石碑が立っています。


左側が井戸。



井戸は今でも水をたたえています。


龍潭寺の駐車場に戻ってきました。
観光バスがひっきりなしにやってきます。
大河ドラマの影響力はすごい。


売店で「出世だんご」(100円)を頂きました。
みたらし団子ですが、名産の浜名納豆の粒が振り掛けられています。
甘いたれに塩っぱい浜名納豆がアクセントになって独特の風味。


この日は観光客が多くて、ごった返していたけど、龍潭寺周辺は良い雰囲気のところなので、静かな時に改めて来たいと思いました。


直虎



 大河ドラマ館を見学して、せっかくなので、近くにある直虎ゆかりの龍潭寺(りょうたんじ)と井伊谷宮(いいのやぐう)へ行ってみることにしました。

バイクだと7、8分の距離です。


到着して、駐車場にバイクを置こうとしたのですが、係の人から、バイクは隣の観光バス用駐車場にある駐輪スペースに置いて欲しいと言われました。
邪魔になってはいけないと思って駐車場のほうに来たんですが、気を回しすぎました。


井伊直虎が出家時に修行したことで知られる龍潭寺は、美しい庭園を持つことでも知られています。


拝観料は500円ですが、大河ドラマ館でセット券を購入したので、これを提示して入場します。


山門。


「井伊直政公出世之地」の碑。

梵鐘。


提灯箱。
徳川家と井伊家の家紋が入っています。


井伊家のお籠。
痛みが激しい。


名勝指定されている美しい庭園。
仏教様式になっているそうです。


井伊家代々の墓。
脇に並ぶ奥から二つ目の墓石が直虎のものだそうです。



御朱印を頂きました。



続いて井伊谷宮へ。
敷地がつながっています。



山門と鳥居。


拝殿。


旧社格は官幣中社。


御朱印を頂きました。


大河ドラマの影響は大きく、どちらもたくさんの観光客が訪れていました。

↑このページのトップヘ