ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > ツーリング

立石公園
 
旅バイク祭り」からの山梨~長野ツーリングの最終日は諏訪湖方面へ向かうことにしました。

ナビへ適当に目的地を設定し、示されたルートを何も考えずに走り続けてやって来たのは何故か霧ヶ峰でした。

IMG_8821
標高1700メートル!

IMG_8820
待て待て!誰がこんなところを通れと言いましたか。
確かに出来るだけ広い一本道を通るようなルートを設定しましたが、まさか霧ヶ峰越える道とは思わないじゃん普通。
長野って2千メートル級の山々がそこいら中にあるので、下手するとこんなことになっちゃうんですね。

来ちゃったものは仕方が無いので、そのまま下山ルートを通り、諏訪湖方面へ。
そうしてやって来たのはこちらです。


IMG_8825
立石公園です。

FullSizeRender
立石公園は諏訪市が管理する公園で、国蝶オオムラサキの棲息地としても知られます。

そして近年、こちらの風景が話題になりました。

IMG_8830

立石公園から望む諏訪湖の姿が、映画「君の名は」に登場する糸守町(架空)の景色にそっくりだと言うのです。

訪れたのが夏なので諏訪湖の水位が下がり、景色が変わってしまってますが、それでも映画を彷彿させる風景ですね。

ただし、公式にここがロケ地と認めたわけではなく、あくまでファンがそう言っているだけなので注意が必要です。

1_020180130130839_UulF7[1]
諏訪市観光ガイドでも「あの景色が見える!」と曖昧な表現になってます(笑)
皆んな空気読んでるな!

FullSizeRender
立石公園は意外と広大な施設で、オオムラサキが棲息する森林の他、遊具や野外ステージもあるんですね。







こうして「旅バイク祭り」からの山梨~長野ツーリングを終えたのですが、回りたかったけれど時間の関係で断念したスポットも多く、又の機会に回収できたら良いなと思いました。
また来るぜ!


冒険者ギルド
 
この日は軽井沢の隣、御代田町に宿を取っていました。
軽井沢の宿は高いから(身も蓋もない)
夕方近くになると空気がひんやりしていて、さすがは避暑地の軽井沢(の隣)だなあと思うことしきり。

ここに宿を取ったのは、どうしても行きたかったところがあったからです。
それがこちら。


FullSizeRender
「冒険者ギルド Y.barn(ワイバーン)」さん!
その外観からもう異世界。
モルタル装飾で作られた外観は本当に中世の建物のよう。
元ガソリンスタンドの居抜き物件らしく特徴的な大屋根があるのですが、それすら良い感じに朽ちていて、そう言うデザインと言われれば納得しそうです。

この建物は店のコンセプトに合わせて装飾したのではなく、元々あったお店の外観をそのまま利用しているそう。
つまり居抜き物件。
よくこんなにイメージぴったりの建物が見つかったものだと思います。

FullSizeRender
当然お店の中も本格的。

アンティーク調な家具が置かれていたり。

FullSizeRender
壁には剣が飾られていたり。

IMG_8797
二階へ続く怪しげな階段の先には……

IMG_8796
トイレがありました。
牢獄のような重厚な扉。
入ったら出て来られなさそう(笑)

IMG_8794
アクセサリーなどと共に、冒険者ギルドなので武器弾薬も売られています。
購入可能。

FullSizeRender
棍棒(2000円)を購入しました。
メープル材?で作られた、しっかりした作りの棍棒です。
実用性も高そう(笑)

コンセプトに合わせた食事も個性的。

FullSizeRender
板と革で作られた重厚なメニューの表紙。

異世界ファンタジーと言えば、酒場で荒くれ者がデカイ肉を食ってるイメージがあるので、私も肉料理を注文しました。

IMG_8800
やくそう(薬草)……ではなくサラダ。
メインディッシュにプラス300円でサラダとパン又はライスを付けることが出来ます。

IMG_8802
ジンジャーエール大(500円)。
ドリンクは大(プラス100円)を注文すると樽ジョッキで提供されます。
樽ジョッキは男のロマン。
本当はビールが飲みたいところですが、運転するので飲めませんでした。
しっかりとショウガの味がするジンジャーエールで美味しかったです。
これはこれで全然オッケー。

FullSizeRender
厚切りハムステーキ(500円)。

IMG_8806
こう言うの昔から憧れなんですよ田中浩さんのCMで(笑)




FullSizeRender
そしてお待ちかねのメインディッシュ、フィレステーキ(2500円)。

FullSizeRender
ボリュームは大満足の300グラム。
やはり肉はこうでなくっちゃ。

他にもデザートとかもあって、本格的な料理がお手頃価格で堪能できます。

FullSizeRender
お会計時にギルドカードを作りました。
スタートはGランクから。
次回はFランクになれたら良いなあ(笑)


昨今の異世界ブームで「冒険者ギルド」を名乗るコンセプトレストランはいくつも出来ていますが、ここほど本格的なのはなかなか無いんじゃないでしょうか。

残念なのは宿屋が隣接していないので酒が飲めないこと。
冒険者ギルトに酒場、武器屋、宿屋は欠かせませんよ。
だけどまた必ず行きます。
遠いけど。






さらば
 
フェリーの運休の影響で一日余分に滞在することになり、この日一日余ってしまいました。
そこで、暇つぶしを兼ねて札幌へ出掛けました、電車で。

札幌まで走っても良いのだけど、市街地は道が混んでいるし駐車場もどこにあるか分からないので電車のほうが気が楽です。
勝手知ったる手稲駅近くのコインパーキングにウラルを駐め、電車で札幌を目指します。

IMG_8432
札幌に来たと言っても、そもそも予定してなかったのでする事がありません。
周辺の地図を見ながら行き先を考えていると、回転寿司の「トリトン」が徒歩圏内にあるのを発見。
昨日、小樽で寿司を食べなかった事と、前から気になっていた事もあり、行ってみることにしました。

IMG_8450
回転寿司トリトン
北海道の新鮮で美味しいネタを使ったお寿司がお手軽に食べられる事で知られます。

店に着くと既に10人ほどが列を作っており、番号票を手に待ちます。
30分ほどで順番が回ってきて、カウンター席に通されました。
レーンの中央で職人さんが握るスタイル。
均一価格では無く、皿の色で価格が異なる方式。

IMG_8446

IMG_8447

IMG_8448

IMG_8449

確かにどれも新鮮で美味しいです。
美味しいんですが、私はつい先日、稚内でうに丼を食べてしまってます。
以前、私は超コスパで知られる京都の弁慶寿司にも行きました。

何が言いたいかというと、価格相応に美味しいと言う事です。
札幌だけに滞在するならトリトンは立ち寄る価値ありですが、他の魚貝が美味しい地域を回る予定であれば無理にルートに組み込むほどでは無いかなと思いました。
ただ、札幌でこれが食べられるのは嬉しいので、次に札幌に来た時にも利用するかも知れません。





札幌から戻ってみると、ウラルに何やら異変が。

FullSizeRender
地面に滴るぐらいオイルが漏れていました。
マジすか。

取り敢えずコインパーキングを出て、近くのホームセンターに緊急ピットイン。

FullSizeRender
レベルゲージを突っ込んでみると、何と一滴も着いてきません。

FullSizeRender
ウラルではオイル漏れは珍しくないので、万一を考えて予備のオイルを携帯しています。
容器は古いですが、中身は以前入れたモチュール300V2の残りです。

FullSizeRender
予備オイルを500ml追加したところ、ゲージの8分目ぐらいまでレベルが回復しました。
つまり1000km走行で500ml無くなったと言う事です。
普段よりちょっと多い気がします。

ウラル北海道の開店時刻が近かったので、しばらく待ってから念のため見て貰うことにしました。
それまでに夕食を済ませておきます。

IMG_8470
「みよしの」さん。
カレーライスと餃子が売りの札幌のローカルレストランチェーン。

IMG_8464
その餃子とカレーライスが一度に楽しめる「みよしのセット」(640円)
さらにトッピングのチーズ(130円)
半熟たまご(80円)も追加しました。
北海道最後の夜は豪遊です。




FullSizeRender
食後にセイコーマートの北海道メロンモナカ。
最後までセイコーマートにはお世話になりっぱなしでした。


IMG_8560
ウラル北海道へ到着。
Kさんに見て貰ったのですが、漏れているのはヘッドカバーからで、恐らくガスケットを交換すれば直るだろうとの事。
それなら慌ててどうこうする事は無いので、車載工具でヘッドの増し締めだけおこないました。
まあ、オイル漏れ自体は珍しくないのでオイルを足した時点で心配はしてなかったんですが。

その後出発時間まで店内で過ごし、20時半頃出発しました。
ウラル北海道の皆さん、ありがとうございました。


IMG_8489
小樽フェリーターミナルへ到着。

IMG_8488
今回乗船する「はまなす」です。
定期点検から戻っていました。

FullSizeRender
来た時と同じように窓口で体温計測して乗船時間まで待機します。
今回もサイドカーは最後の乗船です。

FullSizeRender
今回のベッドも「ツーリストS」を取りました。

本日の走行距離       92km
積算距離(道内)  1218km



【総括】
今回の北海道ツーリングは前回まわり損ねたところを拾う事が目的だったので、その点では無事に完了する事ができました。
日程的にも一週間だったのでポイントのみを駆け足で回る感じになってしまいました。
今回は宗谷岬と言う、小樽から最も遠いところが目的地だったので仕方有りませんが、今後は地域を区切ってスポットを拾うほうが時間が無駄にならずに良いかも知れません。
地域的にも小樽や函館と言った所もいつかちゃんと回りたいと思います。

心配されたウラルの故障については、購入から5年が経ち、あらかたの不具合は出尽くしている事と、懸案事項だったインジェクションの改修が済んだので安心して走ることが出来ました。
ウラル北海道のサポートがあるのも心強いです。

フェリーの往復だけで4日掛かるので日程的には制限を受けますが、何とか一週間都合が付けば、今後も北海道ツーリングを楽しめそうです。

出来れば来年も行きたいですね。

小樽へ
 
本来であれば、この日は小樽へ移動し、舞鶴行きのフェリーで帰る予定でした。
ところがフェリーの定期点検の為、二日に一便の運航に減便していました。
その為この日は小樽へ行っても船に乗れません。
やむを得ず小樽で一泊する事にしました。

びふか温泉を出発したところで、給油をしていない事に気が付きました。
ウラルのツーリング燃費だと満タンで300kmは走れる計算です。
しかし、ここは北海道。
山中に入ると給油もままならない事から150kmを目安に給油していました。
前回の給油から既に120km走っており、そろそろ給油をと考えていたのですが、既に幌加内に向けて山中を走っており、付近にガソリンスタンドはありません。

国道275号を幌加内まで南下。
国道239号を霧立方面へ。
霧立から道道742号を小平方面へ南下。
その間、ガソリンスタンド無し。
留萌のホクレンSSで給油したのは前回の給油から250km走行後でした。
山道で燃費が悪化したのか、リザーブランプがチカチカしていて本当に生きた心地がしませんでした。
やはり北海道では早めの給油が肝心です。


給油して気持ちが楽になったので、ちょっと寄り道します。

IMG_8387
旧・増毛駅です。

IMG_8400
高倉健さん主演の映画「駅 STATION」の舞台となったことで一躍有名になりました。
また「増毛」が頭髪の増毛をイメージさせることから切符は縁起物とされました。
2016年廃線と共に営業終了し、現在は観光地となっています。

FullSizeRender
駅舎内には廃線当時の写真パネルが展示されていました。


IMG_8402
ホームの駅名板も残されています。

IMG_8394
線路跡。

FullSizeRender
「駅 STATION」で登場人物が働いていた食堂。

FullSizeRender
旧・富田屋旅館の建物は外壁工事中でした。





夕方頃、小樽に帰ってきました。
ホテルにチェックインし、装備を解いたら夕食に出掛けました。

小樽では寿司やスープカレーが有名です。
寿司はちょっと高そうなので、スープカレーを食べることにしました。
昨日美深でレトルトカレーを食べ損ねたのも一因。
ホテル近くのスープカレーの店が定休日だったので、少し歩いて、別の店に行ってみました。

IMG_8425
「クレイジースパイス」さん。
本格的なインドカレーを出すお店ですが、スープカレーも提供しています。

FullSizeRender
幾つかある種類の中から店員さんお勧めのポークカレー、鶏ガラベースのMMBスープを選びました。

IMG_8421
ポークカレー(1230円)
MMBスープ、雑穀米ライス。
店名通りの豊かな香辛料の香りが食欲をそそります。

IMG_8423
ビールはインドネシアのビンタンビール(500円)
この為に暑い中歩いてきたのです(笑)

IMG_8424
食後にホットチャイ(370円)

流石は小樽の人気店。
美味しいスープカレーでした。




FullSizeRender
ホテルに帰ってセイコーマートの北海道メロンアイスクリームを。
定番の旨さ。

本日の走行距離    277km
積算距離(道内)  1126km

(次回に続きます…)

宗谷岬
 
幌延を出発して、稚内へ向かいます。
この日は日本最北端の宗谷岬へ向かう予定。


出発前に幌延のホクレンSSで給油した際、フラッグとステッカーについて尋ねた所、幌延ではフラッグのみの販売との事。
ホクレンSSのキャンペーンサイトにはそんな事書いてなかったので、これから北海道を回る人は気をつけたほうが良いです。


さて、稚内で朝食を食べる予定なので、ホテルでは朝食を摂らずに出発しました。
時折小雨が降る中を走ること約一時間。

到着したのはこちらのお店です。

IMG_8558
樺太食堂さん。
ノシャップ岬にある、ウニや海鮮の丼で知られるお店。

FullSizeRender
メニューは丼が大きい物と小さい物があり、今回は大きい丼をガッツリと頂きます。
その為に朝食を抜いて来たのですから。

FullSizeRender
うにだけうに丼(4950円)
前回、別の店で食べた生ホタテが美味しかったので、トッピングのいくらを生ホタテに変更して貰ってます。
「無敵の生うに丼」ステッカー付き。
FullSizeRender
さすがにお値段は張りますが、その価値は十分にあると思います。
何よりここでしか食べられないのだから、旅の記念に是非。

大きい丼はご飯の量も多いので、私には多すぎました。
注文時にご飯を減らして貰うことも出来るそうなので、次の機会はそうすると思います。





ノシャップ岬に到着。
樺太食堂さんからバイクで1分。
無料駐車場完備。

IMG_8336
折からの曇天で、眺望は期待できず。

FullSizeRender
岬には自衛隊の駐屯地があります。
昨今の社会情勢もあり、本当にお疲れ様です。




稚内へ戻ってきました。
この日は地元の北門神社の例大祭がおこなわれており、神輿など神事のため駅周辺の道路が通行止めに。
前回来た時は水害で駅周辺の道路が通行止めになっており、何故か私が稚内に来ると通行止めになるようです(汗)
ちなみに北門神社は御朱印が貰える神社としては日本最北端だそうで、出来れば立ち寄って御朱印を貰おうと思っていたのですが、そんな状況ではありませんでした。


FullSizeRender
稚内港北防波堤ドーム
北埠頭が旧樺太航路の発着場として使われていた当時、道路や鉄道へ波の飛沫がかかるのを防ぐ目的で、昭和6年(1931)から昭和11年(1936)にかけ建設された防波堤だそうです。
実は前回泊まった宿の近くにあり、その存在は知っていましたが、そんな有名な建物とは全く知らず気にも留めていませんでした。
と言うか、暴風雨だったのでそれどころでは無かったのですが。





食後のコーヒータイムにマクドナルドへ。
「マクドナルド40号稚内店」さんは日本最北端のマクドナルド店舗として知られます。
来訪を記念して「ドナルド」と写真を撮れるベンチが用意されているのですが……

FullSizeRender
まさかの不在。



後で分かったのですが補修のため一時撤去されており、現在は復旧しているそうです。


FullSizeRender
失意のコーヒータイム。

このお店にも忘れられない思い出があります。
このお店の向かいが前回故障したウラルが運び込まれた整備工場で、札幌からディーラーが引き揚げに来るまで8時間以上もここで食事とコーヒーを飲みながら待ち続けていました。
その時は、ここが日本最北端のマクドナルドだとは全く気付いてなかったのです。
と言うか、それどころでは無かったので。





一息ついたら、いよいよ宗谷を目指して出発します。
最北端マクドナルドから30分ぐらいの距離なんですが、この日は風が強く小雨交じりで、7月とは思えない寒さでした。

そしてようやく。


IMG_8559
宗谷岬へ到着!
いやー長かった。
稚内を出発してから2年も掛かっちゃいました(笑)

FullSizeRender
まあ、この人(間宮林蔵)の苦労に比べたら2年ぐらい大したことは無いんでしょうけどね。

IMG_8354
この碑に惹かれて最北端を目指すライダーの何と多いことか。
この日もたくさんのバイクが訪れていました。
あ、変なポーズして写真を撮るのを忘れた(笑)





宗谷岬を出発して紋別を目指します。
この、稚内〜宗谷〜紋別のルートが、前回災害のため通れなかったルートで、今回拾っておきたかったところ。


FullSizeRender
途中興部(おこっぺ)のホクレンSSでフラッグ&ステッカーをゲット。

FullSizeRender
紋別エリアのデザインはアキアジ(鮭)がモチーフの緑色の物。
これで3種類のフラッグとステッカーをコンプリート。


宗谷岬から実に6時間、ようやく紋別に到着。

IMG_8361
紋別のシンボル「カニの爪」。

IMG_8365
道の駅「オホーツク紋別」の近くにあるオブジェです。

IMG_8368
思ったよりデカイ。

FullSizeRender
高さ12メートルってVF-1バトロイドバルキリーと変わらんやん!(比較対象誤り)




これで前回回り損ねたところを拾い終えたので、今日の宿泊地、美深へ向かいました。

FullSizeRender
本日の宿、びふか温泉で風呂上がりの一杯。

FullSizeRender
宿を夕食付きで予約したことをすっかり忘れて、レトルトカレーを食べる気満々でした(笑)


本日の走行距離   391km
積算距離(道内)  849km

(次回に続きます…)

↑このページのトップヘ