ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > ツーリング

蛇口

岩屋へ戻る前に、ちょっと寄り道して淡路ハイウェイオアシスに向かいました。

FullSizeRender
淡路ハイウェイオアシスは神戸淡路鳴門道の淡路SAと一体となったレジャー施設で、一般道からも利用することができます。

FullSizeRender
このトンネルを抜けるとハイウェイオアシスに出られます。
車、バイク、自転車は乗り入れできません。

FullSizeRender
ずらりと並ぶ観光バス。
土曜日だったのですごい人でした。

ここへ来た目的は何かと申しますと。

FullSizeRender
こちらです。
世界初「たまねぎスープが出る蛇口」!

蛇口と言えば愛媛県のポンジュースが出る蛇口が有名ですね。
元々は愛媛県民のポンジュース推しが高じて「愛媛県の家庭にはポンジュースが流れる『ポン道』が整備されていて、蛇口をひねるとポンジュースが出る」と言う笑い話を、実際にポンジュースが出る蛇口を作ってイベントで公開したのが始まりです。
この「ポンジュースが出る蛇口」が大きな話題になったため、その後「ひねるとご当地名産の飲み物が出る蛇口」が日本各地に誕生しました。

淡路名産のたまねぎを使った「たまねぎスープ」は味の良さとお手軽な価格が受けて、淡路土産の定番となっています。
この蛇口は、そのたまねぎスープを無料で試飲できるというものです。

FullSizeRender
たまねぎスープは大変熱いので、ハンドル部分には断熱カバーが掛けられています。

FullSizeRender
用意してある紙コップにたまねぎスープを汲んで試飲します。
たまねぎスープが蛇口から出ているところの写真を撮りたかったのですが、長蛇の列だったので断念しました。

なかなかの人気で、ほとんど人が絶えることが無いほどです。
試飲は何度でも出来るので何回も並ぶ人も居ました。
まあ、蛇口から出るたまねぎスープは珍しいので興味本位で並ぶのは解らなくもないですが、たまねぎスープの試飲自体は以前からおこなわれていて、試飲用ポットに入ったたまねぎスープも従来通り置かれているので、試飲目的なら、わざわざ並ぶ必要は全くないです(笑)

FullSizeRender
そんなたまねぎスープを横目に、私は淡路島とは関係のないハタダの栗タルトを買いました(笑)
ここ淡路ハイウェイオアシスには何故か四国銘菓コーナーがあり、ハタダや一六の「タルト」や、こんぴら詣での時におなじみの「灸まん」なんかが売られています。
一六のタルトは割と入手しやすいのですが、ハタダのタルトは近所で売ってないので、これ幸いと買い求めたのでした。


FullSizeRender
岩屋港のフェリー乗り場に着くころには夕方になっていました。
帰りの便の「まりん・あわじ」が入港して来ました。
今回の淡路島プチツーはこれにて終了です。
原付を使うと、以前よりもずっと気軽に淡路島に渡れることが分かったので、ちょくちょく遊びに行きたいですね。






ハタダの栗タルト。
愛媛土産の定番商品ですが、一六に比べて他県では入手しにくい?
まあ、通販で買えるんですけどね。







どうなる?

道の駅あわじで昼食の後、北淡方面へ向かいました。
私が島をツーリングする際は、冬場は常に日向となる時計回り、夏場は常に日陰となる反時計回りに回ることが多いのですが、今回の淡路島ツーリングでは、交通量の多い東側を避けるため、敢えて反時計回りのルートを選びました。

と言っても、今回は時間的な制約もあり、島一周ではなく、途中の津名でショートカットするルートとしました。

FullSizeRender
たこせんべいの里」に到着。
こちらはおせんべいなどを工場直売しているところ。
無料のコーヒーサービスやきれいなトイレがあり、ツーリングでの立ち寄りスポットや観光バスの休憩スポットとして知られています。
製造風景をガラス越しに見られる工場見学があり、ほとんどの製品が無料で試食できます。

最近では各地でよく見かけるようになった、無料でサービスを提供する代わりに商品を買ってもらうことで採算を取るビジネスモデルの走りの施設です。

FullSizeRender
トイレ休憩と無料のコーヒーを頂き、お土産にせんべいを買って、島を横断して東側へ出ました。

FullSizeRender
淡路市から岩屋方面に向かっていると、東浦の手前あたりで巨大な白い像が見えてきます。
淡路では有名なランドマーク「世界平和大観音」です。

FullSizeRender
こちらは元は「平和観音寺」と言う、財を成した地元出身のオーナー氏が私財を投じて作った施設です。
宗教法人ではなく、観光用の寺院とのことです。

中にはオーナー氏が収集した美術品などのコレクションを展示したりしていたそうですが、オーナー氏や親族が亡くなると所有者不在となり、荒れ果ててしまったそうです。


FullSizeRender
十重の塔は頭頂部の屋根や壁が抜け、骨組みが露出していました。
掛けられているネットは、部材が飛散して周辺に被害を及ぼさないように、淡路市によって設置されたものだそうです。

FullSizeRender
世界平和大観音の基部も、ガラスが割れ、落書きが多数見られます。

IMG_4593
観音像本体も外壁の剥落が見られました。
中に入ることは出来ませんが、過去の報道によると倒壊の恐れがある、かなり危険な状態だそうです。
撤去するにも多額の費用が掛かるとの事で、当面はこのままの状態で放置されるようです。

一体この先どうなってしまうんでしょうね。


生しらす丼

淡路島・岩屋港に着いたのは昼頃でした。

かつて「たこフェリー」乗り場だったところは駐車場になっていました。

FullSizeRender
乗船ゲート跡にて。

何かご飯を食べようと思ったのですが、岩屋港には目ぼしいものが無く。

FullSizeRender
道の駅「あわじ」に到着。
以前、ここで「生しらす丼」を食べて美味しかったのですが、肝心の生しらすが思ったより少なく、物足りなさを感じました。

FullSizeRender
トイレ休憩に寄ったときに、ここにはもう一つレストランがあったことを思い出しました。

FullSizeRender
ここなら美味しい生シラスをたっぷり食べられるかも知れないと、2階にあるレストラン「海峡楼」へ。

こちらのレストランは入り口カウンターで注文する先払い方式。
注文を終えると店員さんが席を示されるので、そこへ着席します。
お茶と紙おしぼりはセルフサービス。

FullSizeRender
しばらくすると注文の品が運ばれてきました。
生しらす丼(1380円、汁物、香の物付き)。

FullSizeRender
こちらの生しらす丼は生しらすと海鮮が乗ったもので、ウニ醤油のたれを掛けていただきます。
また、お好みで生卵を掛けて、宇和島の鯛めしみたいな食べ方も出来ます。

最初、やはり生しらすが少なめかと思いましたが、食べ進めると下のほうまで生しらすの層が続いていました(笑)
生しらすの風味がしっかり味わえる量が入っており、満足感がありました。
また、溶き卵を掛けて味変も出来、最後まで美味しく食べられました。

淡路に原付で渡れるようになったので、生しらす丼も身近になりました。
いつか淡路の生しらす丼巡りでもしてみたいなあ。


淡路島

久々に淡路島をツーリングしてきました。
私は強風のトラウマから明石海峡大橋が苦手なので、以前はもっぱらフェリーで渡っていたのですが、その「たこフェリー」が廃止になって以来、淡路島から遠ざかっていました。

フェリーが廃止になって、明石海峡大橋が渡れない125cc以下のバイクは淡路島に渡る手段が失われました。
しかし、明石と岩屋を結んでいる淡路ジェノバラインが小型バイクを運べる新造船を就航させたことで、再び淡路に渡れるようになりました。

そんなわけで、原付で淡路島に渡ってみることにしました。


FullSizeRender
明石港にある淡路ジェノバラインの乗り場に到着。

FullSizeRender
バイクで乗船する場合は出港の30分前までに乗り場に来ていないといけないようです。

FullSizeRender
自動販売機で乗船券を買います。
大人500円、バイク450円。

FullSizeRender
改札のあと、桟橋へ移動しました。
この便のバイク利用は3台。
船はバイクを一度に8台まで運ぶことができます。

FullSizeRender
乗り場の隣は魚市場で、明石では「昼網」と言って昼にセリがおこなわれるので、とても賑やかでした。

FullSizeRender
船がやってきました。
今回乗船する「まりん・あわじ」です。
双胴型のスタイリッシュな船です。
ジェノバラインには4隻の船が就航していますが、バイクが乗れるのは、この「まりん・あわじ」だけです。
どの船を使うかは時刻表に明記されていますので、事前に調べておく必要があります。

FullSizeRender
バイクの固定は前輪を器具で固定する方式です。
この為、前2輪型のヤマハ・トリシティ125は乗船することが出来ません。
(3輪バイクはホンダ・ジャイロ以外全て不可)

FullSizeRender
客室は広くきれいです。
船内に売店はありません。

FullSizeRender
明石海峡大橋をくぐります。
向こうに見える陸地は淡路島です。

FullSizeRender
岩屋港に到着しました。
所要時間は13分と速く、揺れも少なく快適です。


「まりん・あわじ」の就航により、明石から淡路島へ原付で気軽に渡れるようになりました。
但し、淡路には渡れるようになったものの、小型バイクで淡路から四国に渡る手段がないため、直接四国に渡ることはできないままです。


囲炉裏

ツイッターフォロワーのhigeさんからお誘いをいただき、京都の和知(わち)へ行って来ました。
先週に引き続き晩秋の京都をビーノでトコトコ走りました。

早朝出発し、途中で朝食を取る予定だったのですが、立ち寄るはずだった喫茶店が廃業しており、結局朝食抜きになりました。

IMG_4268
道の駅「瑞穂の里さらびき」で休憩。
この辺りはツーリングスポットとなっており、広大なバイク専用駐車スペースがあります。

IMG_4272
道の駅「スプリングスひよし」にもあった「バイクぶった切り看板」がここにもありました。
スプリングスひよしのものより構図が雑なのでバイクが折れているように見えます(汗)

バイクに戻ると、隣のライダーさんから「リンちゃん(仕様)ですか?」と声を掛けられました。
その方も「ゆるキャン」が好きで、この日も仲間とキャンプに行く途中とのこと。
しかも、私と同じ和知のキャンプ場だそうで、すごい偶然に驚きました。
ビーノをこの仕様にして半年以上経ちますが、話しかけられたのは今回が初めてです。
まあ、乗ってる奴がイカツイおっさんですから、なかなか話しかけにくいですよねえ(汗)

山道をトコトコ走って、待ち合わせ場所の道の駅「丹波マーケス」に到着。
朝食を取れなかったこともあって、予定より一時間も早く着いてしまいました。

IMG_4278
フードコートで朝食兼昼食「丹波牛茸丼」(780円)をいただきました。
丹波町産のきのこを使った牛丼です。
何やらイベントでグランプリを受賞したそうです。

FullSizeRender
丹波マーケスはその名の通りスーパーマーケットが道の駅になっており、スーパーやフードコートの他、マクドナルドもあります。
マックカフェのコーヒーを2年ぶりぐらいに飲みました。

そんなことをしているうちに、主催者のhigeさん始め参加者の皆さんが到着されたので、皆でスーパーへ今晩の食材を買い出しに。
道の駅がスーパーだとこんな時に便利です。

買い出しを終えて目的地の和知まで行くのですが、皆さん大型バイクなんですよね。
原付は私だけだったので、大変申し訳ないことになってしまいました。

FullSizeRender
何とか無事に今日の宿泊地「ウッディパルわち」に到着。

先程道の駅でお会いしたキャンプのライダーさんと再会して談笑したり。

FullSizeRender
今回の私たちはコテージ泊です。

FullSizeRender
このコテージ、2階建てで風呂、トイレ、台所と囲炉裏を完備。

FullSizeRender
2階は寝室で布団も完備と至れり尽くせり。
これはもう実質グランピング!(グランピングがどんなのか知らないけど)

FullSizeRender
囲炉裏に火を入れて夕食に備えます。
なお燃料の炭は持ち込みです。

FullSizeRender
夕食が出来るまで時間があるので先に酒を開けます。
かんぱーい。

IMG_4323
参加者さんところの自家製だという枝豆と茹で落花生のおすそ分けをいただきました。
旨し。

FullSizeRender
もう2本目だよ。
夕食が出来るまでに酒がなくなっちゃう(笑)

FullSizeRender
夕食は塩とんこつ鍋です。
市販の豚骨スープに、白菜、舞茸、豚肉、鶏団子、豆腐などの食材を適当にぶち込んでるだけなのにめっちゃ旨い。
今度キャンプでもやろうかな。

キャンプ好きバイク乗りの集まりなので、話は自然とバイクや旅の話になります。
今回も楽しい話や貴重な体験談を聞くことが出来ました。

宴は夜遅くまで盛り上がりました。


翌朝。
宴会が夜遅かったので、皆さん起きてくるのが遅かったようです。
朝食抜きで撤収準備。

FullSizeRender
この日は朝から雨が降っていましたが、出発までには何とか持ち直しました。


IMG_4348
和知を出発します。
バラエティ豊かなマシンたちの集まりです。
これからみんなで美山に向かうのですが、私はペースが合わないので別行動。


IMG_4384
夏にも来た美山のZERO-BASEに到着。


IMG_4353
この日はイベントがおこなわれていて、往年の名車が勢ぞろいしていました。


FullSizeRender
朝食兼昼食は、前にウラルジャパンのイベントでも食べた「ドカルボナーラ」。
前に食べたときとビジュアルが変わっていました。


FullSizeRender
イベント限定販売のフランクフルトも。


IMG_4363
悪天候だったにもかかわらず、駐車場はバイクでいっぱい。
この後からもバイクがどんどんやって来ました。
みんな好きねえ。


囲炉裏会はここで解散となり、皆さんそれぞれ次の目的地へ向かって出発して行きました。
主催のhigeさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。
楽しかったです。また呼んでくださいね。



↑このページのトップヘ