ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: グルメ?

バインミー
 
この日は仕事で外出しており、たまたま通りかかった店に入りました。
移動途中だったのでテイクアウトするつもりだったのですが、時間が早く席も空いていたので店内で食事することに。

FullSizeRender
こちらのお店、「JALAN JALAN」(ジャラン ジャラン)はいわゆるエスニック料理を出している店なのですが、後で知ったところではオーナーが元バックパッカーで、東南アジアを放浪していた経験があるそうです。

なのでメニューもタイやインドネシア、ベトナムと言ったアジア各国の料理からパスタやオムライスと言った洋食まで幅広い品揃えです。
しかし現在は新型コロナウイルス感染症の影響でオーナーがワンオペで回している為、料理の提供に時間が掛かってしまうとのこと。

私が頼んだのはバインミー。
バインミーはベトナムの軽食で、フランスパンに野菜の酢漬けや生ハムなどを挟んだサンドイッチのような料理。
パンがフランスパンなのは、ベトナムが一時期フランスの統治下にあった為、フランス文化が根付いているからです。
現地ではよく食べていましたが、帰国してからは自宅近隣では提供する店も無く、久し振りに見かけたので注文してみました。

昼時だったこともあってか、注文から30分ほど待って料理が出されました。

FullSizeRender
バインミー(530円)。
現地では屋台で売られており、毎朝現場に移動する途中で朝食として買って食べていたので、お皿に上品に盛り付けられたバインミーを見ると、
「お前、出世したなー」
と言う気分になりました(笑)

FullSizeRender
ベトナムコーヒー(430円)。
ベトナムコーヒーは「カ・フェ・フィン」と言うステンレス製のフィルターで淹れます。
この淹れ方もフランス式だそうです。

FullSizeRender
底に練乳を沈めてあり、飲む前にかき混ぜます。
これは「カ・フェ・スア」と言う飲み方で、私が居たホーチミンではもっぱらこれでした。
ハノイのほうでは卵黄を入れた「カ・フェ・チュン」と言う飲み方もあるそうです。

どちらも本場の味を思い起こさせ、懐かしくなりました。
今度は時間を取って他の料理も食べてみたいです。










クイーン
いちご
パフェ
 
1月15日は「いちごの日」なんだそうで、この日の近辺にいちごにちなんだスイーツなどが各社から発売されています。




その中でも、ココスで「ストロベリー&ピスタチオフェア」の一環として1月14日から販売が始まった、「クイーンいちごパフェ 〜ピスタチオソースとともに〜」を食べてみました。

折しも新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の真っ只中、店内に客は数えるほどしか居ませんでした。
飲食店はどちらも感染症対策に腐心しているのに、気の毒なことです。

注文してから15分ほど待って、クイーンいちごパフェ(1190円+税)が到着。

FullSizeRender
全高は公称26センチ。
12個のいちごが使用されており、噂通りの大迫力です。

しかし盛り付けが難しいらしく、到着時には既に倒壊しかかっており、店員さんから「気をつけてお召し上がりください」とのお声掛けが(笑)

既に傾いてしまっている「塔」のてっぺんから攻略していきます。

FullSizeRender
頂上にはいちごがまるごと一粒。
倒壊寸前のいちごを撤去すると、その直下にはいちごを安定させるためであろう、いちご味のメレンゲ菓子が配置されていました。

FullSizeRender
2段目、3段目のいちごは半分に切ったものが、ホイップクリーム上にうろこのように貼り付けられています。

FullSizeRender
メレンゲ菓子の下にはいちごシャーベット。

FullSizeRender
さらにその下にはバニラアイスクリームが配置されています。

FullSizeRender
ここまで食べ進めて、倒壊の危険が無くなったので、添付の「ピスタチオソース」を掛けてみました。
ピスタチオは好きですが、このような使い方はどうなのか気になっていましたが、ピスタチオのグリーンな風味といちごやバニラアイスとの相性は良く、さっぱりと美味しくいただけます。

FullSizeRender
バニラアイスの下にはいちごシャーベットといちごゼリー、いちごメレンゲ菓子。
メレンゲ菓子は「塔」の構造材として要所に配置されているようです。

FullSizeRender
さらに「地下」を掘り進むと、まるで古代遺跡の遺物のようにマシュマロが発掘されました。

FullSizeRender
その下はいちごスライスといちごゼリーの「地層」になっています。

FullSizeRender
最下層のいちごシロップの「地底湖」の中には海底遺跡のように、いちごスライスが沈んでいました。
最後まで手を抜かない配置になっており、大変好感が持てます。

最後まで美味しくいただけましたが、私には量が多すぎました。
まあ分かってはいたけど。
ちなみに総カロリーは公称608キロカロリー。

ストロベリー&ピスタチオフェアは2月下旬まで開催予定ですが、販売状況により早期終了する場合があるそうなので、気になる方はお早めに。



がいな製麺所
 
加西市に、本格的な讃岐式うどんの店として知られる「がいな製麺所」と言う店があります。
10時30分から15時までの営業で、昼食時には行列が出来る店です。
その「がいな製麺所」が、9月に2号店「ぽかぽ店」をオープンしていました。
C400GTの慣らし運転を兼ねて、2号店へ行って来ました。

FullSizeRender
場所は兵庫県加東市滝野にある日帰り温泉「滝野温泉ぽかぽ」内にあります。

FullSizeRender
温浴施設ですが、食事だけの利用も可能です。

IMG_4542
「ぽかぽ店」では温浴施設の利用者向けに夜間営業(16時30分〜20時)もおこなわれており、定休日も施設に合わせて水曜日になっています。
この為、本店が定休日の火曜日にも「がいなの讃岐うどん」を味わえるようになりました。

FullSizeRender
価格表示も本店が税別なのに対して「ぽかぽ店」は税込みとなっています。
また、「ぽかぽ店」ではドリンクメニューがあり、アルコールも提供しています。

FullSizeRender
人気メニューの「バター釜たま」(780円)をいただきました。
トッピングの生卵はプラス50円で半熟卵に変更しています。

FullSizeRender
かき混ぜると熱いうどんに絡まる玉子とバターの風味が良く合って、美味しく食べられました。
短冊状の天ぷらの中身はハムでした。

店舗限定のメニューもあり、お互いに食べ比べてみるのも良いかも知れませんね。



炎旨大鶏排
 
10月に大阪・心斎橋のアメリカ村にオープンした炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)。
オープン直後からSNSで話題になっていました。



仕事で大阪に行く機会があったので、お店に立ち寄ってみました。


IMG_4537
店に着いたときには、周辺では大鶏排を食べている人達が大勢居ました。

カウンターで店員さんに注文し、代金を支払います。
今回は大鶏排とソフトドリンクがセットになった「ノンアルセット」(950円)にしました。
ちなみに大鶏排単品は630円です。
大鶏排は6種類のスパイスから味を選べるシステムで、今回はオーソドックスに台湾風味の「椒鹽粉」(ジャオヤンフェン)にしてみました。

インターネット上のレビューでは「店員の愛想が悪い」と言ったものを見たのですが、あの可愛い女性店員さんに一体何を求めているんでしょうかね(汗)

大鶏排は注文を受けてから作り始めるので、出来上がりまでしばらく待ってから商品を受け取ります。


FullSizeRender
大鶏排は目測で縦30センチ横20センチぐらいのサイズ感。
揚げたてでとても熱いのでハンカチなどで包んで持たないと熱くて持てません。

FullSizeRender
ドリンクはアップルサイダーを選択。
ソフトドリンクは烏龍茶やコーラ、ジンジャーエールなども選べますが、台湾の定番「くろまつコーラ」として知られる「黒松沙士」(ヘイソンサースー)は残念ながら有りませんでした。
出来れば今後ラインナップに追加して欲しいですね。
アルコールでは台湾啤酒(台湾ビール)が有りましたが、仕事中だったので見送りました。

鶏排(ジーパイ)とは鶏の唐揚げのことで、日本では台湾唐揚げと呼ばれています。
鶏胸肉を叩いて薄く伸ばしたものを揚げたものです。
主に屋台で売られる料理で、夜市などで売られていますが、私は屋台で鶏を食べると負けた気がして(笑)、もっぱら牛排(ニュウパイ=ビーフステーキ)ばかり食べていました。

見た目のボリュームに反して食べ易いので、若い女の子もペロリと平らげていました。
私も最後まで美味しく食べられましたが、何せ揚げ物なので後で胃もたれしてしまいました。
若いって良いなあ(笑)

お手軽で美味しい台湾風味の大鶏排、機会があれば又食べてみたいです。




おむすびケーキ
 
見た目がおむすびソックリのケーキ、その名も「OMUSUBI Cake」(おむすびケーキ)
最近SNSなどでよく目にするようになり、気になったので出張の帰りに大阪で買ってきました。

「OMUSUBI Cake」は、大丸梅田店の地下1階「ごちそうパラダイス」の西側、洋菓子・和菓子売り場に出店しています。

FullSizeRender
全9種類の通常ラインナップと、期間限定商品があるそうです。
今回はそのうち4種類を買いました。


FullSizeRender

ティラミス、抹茶、苺と、期間限定のりんごです。

FullSizeRender
苺を開けてみます。
開け方もコンビニのおにぎりと同じでラッピング中央のタブを引く方式。

FullSizeRender
中身はスポンジケーキと苺味のホイップクリーム、いちごの果肉。

FullSizeRender
表面は着色されたクレープ生地で覆われていて、海苔で包まれているように見えます。

味はもちろんケーキで、おにぎり感は全くありません。
見た目と味のギャップが大変面白い商品ですね。
大阪に来られた時のお土産にいかがでしょうか。


↑このページのトップヘ