ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: グルメ?

弁慶寿司


ウラル林道会の後一泊したので、次の朝に移動しました。
昼食のため京都に寄り道しました。

FullSizeRender
弁慶寿司チェーン大宮店は山陰近畿道・京都大宮ICからバイクで5分ほどのところにある回転寿司のチェーン店です。
この店は北近畿一円でスーパーマーケットを展開している「にしがき」グループの店で、チェーン店を名乗っていますが現在ここ1軒しかありません。
スーパーマーケットが母体である故のネタの良さと低価格には定評があります。

実はインターネットラジオ・楽園会が、ここで寿司を食べるツーリングを企画しており、当初は参加するつもりだったのですが、悪天候の為順延されてウラル林道会と被ってしまったため断念した経緯があります。
ツーリングには参加できませんでしたが、せっかくなので寿司だけは食べてみようと思い立ちました。

FullSizeRender
と言うわけで到着。

IMG_2024
11時30分頃の到着でしたが、既に駐車場は満車。
たまたま一台出たところに滑り込みました。

順番待ちリストに名前を書いて待ちます。
10組ほどの名前がありました。
店内の他、入口前にも待合用の椅子が置かれています。
この日は久し振りの晴天でしたが、入口前にもエアコンが設置されていて快適に待つことが出来ました。
それでも入りきれない人は車に戻って待っているようです。

結局40分ほど待って、カウンター席に通されました。

FullSizeRender
最近はあまり見かけなくなった、レーンの中央で職人が握るスタイルです。
注文する場合は用紙に品名と数量、わさびの有無、席番号を記入し職人に渡します。
また、均一価格ではなく皿の色で価格が異なる方式を採用しています。

食べたいものを単品で注文するのも良いのですが、時間が押していたこともあり、ここは手っ取り早く期間限定キャンペーンの五貫盛りを注文することにしました。

FullSizeRender
先ずは、おすすめ五貫盛り(819円+税)
中トロ、地物いか、サーモン、ほたて貝柱、シマアジ。

FullSizeRender
続いて、まぐろ五貫盛り(819円+税)
大トロ、中トロ、赤身、きはだ、ねぎとろ軍艦のセットです。

この価格でこれだけのものが食べられるのはさすが人気店です。
五貫盛りは限定20食とどこかに書いてあった気がしましたが、一人で二皿も頼んで良かったのだろうか(笑)

お会計はホール係の人に声を掛けて集計してもらいます。

FullSizeRender
支払いはクレジットカードや各種電子マネーに対応しており便利です。
さすがスーパーマーケットのグループ店。
私も使い途のなかった楽天の期間限定ポイントが支払いに使えて大変助かりました。

安くて美味しくて便利と、回転寿司の鑑みたいな店でした。



丹後半島の根元にあり、天橋立や夕日ヶ浦温泉にも近い。



二十麺創

ウラル林道会の前乗りで岐阜に泊まったので、夕食は前から行ってみたかった二十麺創(にじゅうめんそう)に行きました。
この店はバイク乗りが集まる中華料理店として知られ、いわゆるライダーズカフェの中華料理店版と言うような店です。
この日は雨天だったのとビールを飲みたかったので、バイクではなくタクシーで向かいました。
岐阜駅からタクシーで10分ぐらいの場所にあります。
この店はタクシーの運転手さんには知られていないらしく、住所を説明して向かって貰いました。

IMG_1970
さすがにこの天気なのでバイクで来ている人は居ませんでした。


FullSizeRender
やはりバイクでの来店者が多いらしく、入口にはバイクを駐めるときの注意事項が掲出されています。


IMG_1972
店内にはバイクに関連したポスターなどが貼られていました。

IMG_1983
お店オリジナルのヤエーステッカーが配布されています。

FullSizeRender
取り敢えずビールで乾杯。
お疲れ様でした。

FullSizeRender
おろし唐揚げ。

FullSizeRender
塩ラーメン。

FullSizeRender
ラーメンセットの半チャーハン。

FullSizeRender
餃子。
にんにくがめっちゃ入っていました。


ラーメンが主体ですが、どれもお手頃価格でボリュームがあり、メニューも豊富です。
機会があればまた利用してみたいと思います。



最寄り駅から離れていて、バイクか車が無いと、ちょっと大変かも。


自由軒

コロナウイルスの影響で休業していた大阪難波の「自由軒」難波本店が5月23日から営業を再開したので行って来ました。

FullSizeRender
場所は難波センター街商店街の中、ビックカメラの向かいにあります。
店先ではお土産用のレトルトカレーも販売されています。

店内は昔ながらの大衆食堂の雰囲気。
もちろん名物カレーを注文しました。
自由軒は本来洋食店なので、カレー以外にも様々なメニューがあります。


FullSizeRender
名物カレー(税込み750円)。
混ぜカレーの中央に生玉子を落としたスタイルは全国的に有名です。

FullSizeRender
玉子とカレーをよく混ぜてからいただきます。
カレーは野菜の甘みがしっかり感じられる昔ながらの味わい。

FullSizeRender
お好みでテーブルのソースを掛けていただきます。
味変にも最適。
このソースはお店のオリジナルとの事です。


休業していた店が多かった難波もだんだん活気が戻ってきました。



この近辺には551蓬莱戎橋本店、北極のアイスキャンデー難波本店、りくろーおじさんの店なんば本店と、そうそうたる名店が集まってます。
お土産にもお勧め。


裏側
 
もうご覧になった方も多いと思いますが、日清「カレーメシ」の新しいCMが公開されています。


CMは往年の刑事ドラマを彷彿とさせるものとなっています。
刑事ドラマの「お約束」が随所にちりばめられています。


公開に併せて製作に関わった方々からCM撮影の裏側について語られました。



撮影は筑豊アクションプロジェクトさんの協力で福岡県内で撮影されたそうです。


ずらりと並ぶ撮影車両。
いかにもなチョイスです。


さすが! よく分かってらっしゃる(笑)
一応説明しますと、ドラマ「西部警察」で舘ひろしさん演じる鳩村刑事が劇中でGSX1100X KATANA(GSX1100Sのカスタム車)に乗っていたことにちなむチョイスです。
残念ながらCMでは使用されませんでした。


撮影の裏側が期間限定でYouTubeに公開されています。


また、冒頭、ナダルさん演じる「汁無野郎」が乗るサイドカーはもちろん!



このウラルCTは福岡県のウラル正規代理店「スピードモーターガレージ」さんの協力によるものです。

サイドカー側のウインカーがカスタムされているのが特徴のこの車両はYouTubeで試乗動画が紹介されています。




このCMを受けてウラル界隈ではカレーメシを常備することが流行ってるとか何とか???

FullSizeRender
と言うわけで、私も買ってきました(笑)


FullSizeRender
味付けが思ったより辛くて、もう少しご飯が欲しいと思いましたが、お手軽にカレーを食べられるのは嬉しいです。
温泉玉子を入れたりしてアレンジすると良さそうだと思いました。

今後ウラルキャンプの定番メニューになるかも知れませんね。



グラクロ
 

年末の仕事の追い込みでツーリングに行く暇が取れず、ネタがありません(身も蓋もない)
最近、食レポが多いのもその為です。
出張やら打ち合わせやらで外食が多いのです。
そう言えば、12月4日に発売になったコメダ珈琲店の「グラクロ」を食ってきました。

5de6254cbdcd3[1]
【コメダ珈琲店公式サイトより】

「グラクロ」なんて名前からしてモロ某ハンバーガー屋の商品のパクリじゃね?と誰もが思うところですが(笑)
コロッケじゃなくクロケットだからグラクロなんです、と苦しい言い訳をしていますが、グラタン入りのコロッケをバーガーにする発想自体がもうパクリなので、妙な意地を張らずに認めれば良いのにね。
パクったところで法に触れるわけじゃ無いのに。

さて、私はコメダをあまり利用しないので知らなかったのですが、このメニューは昨年の冬に限定発売されたものの第二弾だそうです。
今年のグラクロは、
北海道産生クリームとゴーダ・モッツァレラの2種のチーズを合わせたホワイトソースのグラタンに、今年はさらにチェダーとパルメザンの4種のチーズを加え、よりクリーミーな味わいのクロケット(コロッケ)をバーガーにして仕上げました。
と言うことなので、チーズ大好きな私としては是非一度試しておきたかったのです。

FullSizeRender
席について店員さんに「グラクロひとつください」と注文すると、
店員さん「グラコロ…グラクロをお一つですね」
ほら、店員さんだって間違えてるじゃないの、もう素直にグラコロを名乗ったらどうですかコメダさん(笑)

しばらくしてグラクロが運ばれてきたわけですが、これを見て「ああ、やっぱりコメダだった」と思いました。

FullSizeRender
デケェ!

横の豆皿と比較しても分かるとおり、体積比で本家グラコロの2倍ぐらい有りそうですよ。
さすがは逆詐欺のコメダ。

FullSizeRender
デカすぎて食いにくいためか、ナイフとフォークが付いてきました。
あと何故かタバスコも。

FullSizeRender
中身はクロケット(コメダ呼称)と千切りキャベツ。
ドミグラスソースと、バンズにはマヨネーズも塗られています。

FullSizeRender
クロケット(コメダ呼称)を切ってみると、グラタンソースが見えます。
クロケットは「チーズの風味がしっかり感じられる」と豪語するだけあってチーズの風味がしっかり感じられて旨かったです(小並感)

グラコロと言えばカロリーですが、グラクロのカロリーについては掲載されていません。
しかし、本家グラコロが410kcalコメダのコロッケバーガーが730kcalなので800kcalぐらいは行ってそうな感じです。
多いと言えば多いですが、カツパンやエッグサンドに比べたらまだマシな部類ですね。
昼食には丁度良いんじゃ無いでしょうか。

美味しくてお腹も膨れるので機会があればリピートしたいですね。





↑このページのトップヘ