ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: グルメ?

緑茶




@DIMEの記事より。

昨今、米国で緑茶を飲む習慣が広がっている。そのような中、有名企業で働く優秀な人材たちは、率先して緑茶を活用しているという。例えば、著名な大企業をはじめとして、先端技術を担うベンチャー企業が集う、サンフランシスコやシリコンバレーでは福利厚生の一環として社員に飲料や食料を無償提供しているケースが多いそうだ。

緑茶は自然抽出、ノンシュガー、低カロリーの為、社員の健康に気を遣うIT企業が社内で消費する飲料に採用して広まったと言う。
実は、シリコンバレーに緑茶の習慣が根付いたきっかけは、伊藤園による地道な売り込みだった。
その経緯は下の記事に詳しい。

シリコンバレーの「お~いお茶」ブーム、茶ッカソンーーコミュニティ形成の仕掛け人が語る、取り組み舞台裏(COMPASS)

なので、緑茶と言うより伊藤園の「おーい お茶」を飲む習慣が広まっていると言える。

記事では「ポケモンGO」の開発で知られる「ナイアンティック」の社員にインタビューして、緑茶の利用方法などを聞いている。

「いわゆるエネルギードリンクと違ってお砂糖が入っていません。エネルギードリンクは効果が切れた途端、ぐったりするのですが、お茶は無糖なので、そういったエネルギー切れを起こしません。カフェインの効果が緩やかに持続します。無糖なので健康にいいと思います。一日中飲んでも大丈夫。それに美味しいし。」

緑茶には天然由来のカフェインやカテキンなどが入っているため、エナジードリンクの代替として用いられているらしい。
これは伊藤園が仕掛けた際の、「社内で飲まれているエナジードリンクを代替できればシェアが取れる」との思惑と近い。
緑茶には糖分が無いため、エナジードリングよりも成分が緩やかに作用し、「エネルギー切れ」のような症状になりにくいという。

ゲーム開発大手のUbisoft社に努めているJosh Milligan氏は、オフィスで朝から午後2時までに『お~いお茶』の500mlのペットボトルを毎日8本飲んでいると話していました。年間約 3,000本を消費していることになります。
うーん、これはさすがに飲みすぎではないか。
WHO(世界保健機関)によると、1日のカフェイン摂取限度は300mg、緑茶のカフェイン量は100g(湯呑1杯)あたり20mgほどらしいので、500mlペットボトルなら2本程度が一日の適量だと思うけど。
それに緑茶の摂取方法はがぶ飲みよりも回数を分けて少しずつ飲むほうが良いらしい。

「味としてもナイアンティック社の方々は、社内のフリーランチで、洋食から和食、中華など世界中のさまざまなメニューを食べ慣れていますので、水よりも“ナチュラルな風味のある”緑茶が料理に合うことも感じて飲んでいる方も多いと思います」
アメリカ人が緑茶の味を気に入って飲んでいるというのは大変興味深い。
ここまで定着させた伊藤園の功績は大きい。

最近は私もコンビニで緑茶を買って毎日飲んでいる。
甘い飲料よりも、飲んでスッキリするし、低カロリーだ。
日本では緑茶の消費量は減る傾向にあるそうだが、もっと緑茶の良さを知ってほしいと思う。




前夜祭


何といいますか、ここ数年の四国ツーリングでは高知で鰹のたたきを食べるのが目的となっておりまして。


FullSizeRender
道の駅「土佐和紙工芸村」で最後の休憩をしたら、後は一気に高知市内へ突入しました。


IMG_3699
高知市内、いつもの安宿に早めのチェックイン。
雨でずぶぬれになった服を洗濯し、シャワーを浴びて旅の汗を落とします。

この日はツイッターのフォロワーさん達とひろめ市場で飲む約束。
待ち合わせ時間に合わせてひろめ市場へ向かいました。

FullSizeRender
一年ぶりのひろめ市場です。
地元の人からすれば、ひろめ市場でなくても安くて旨い店はいくらでもあるわいと叱られそうですが、周囲にはホテルも多いし、よそ者が集まってわいわい飲み食いするにはちょうど良いところなんですよね。
実際皆さん、ひろめ市場周辺のホテルにチェックインしていました。

ひろめ市場はでっかいフードコードみたいなところで、テーブルを確保したら各々食べたいものを周囲の店から購入して持ち寄るシステム。

私の目的は鰹のたたきなので、迷わず「やいろ亭」に直行して塩たたきを仕入れてきたのですが、今回は皆さん鰹が食べたかったらしく、色んな店から鰹を仕入れて来ました。

FullSizeRender
中央の皿は、この日はどろめ(生シラス)が入荷したとのことで、こちらも仕入れてきました。
まるで大護送船団です(笑)

FullSizeRender
厚切りの藁焼き鰹のたたきをあら塩で頂きます。
こんなの絶対旨いに決まってるわ。

同じ鰹のたたきでも店によって調理法や味付けが異なっていて、例えば明神丸さんの塩たたきはゆず塩だれを付けて頂きます。
これもさっぱりして美味なんですよね。

FullSizeRender
他にも宇都宮とも浜松とも違う高知の餃子とか、ウツボの天ぷらとか。
あ、飲み食いに必死で写真撮るの忘れました(笑)

あと、皆さんバイク乗りなのでバイクやツーリングで訪れた場所など、話は尽きません。

FullSizeRender
楽しく飲み食いしたところで、良い時間になったのでひろめ市場を出て、二次会にシャレオツなバーで飲み直し。
私は側車乗りなので、いつものサイドカーで。

こうして、楽しい高知の夜は更けていくのです。


時屋

いの町の山中にある「時屋」は蕎麦の名店として知られています。
四国はうどん文化圏なので旨いうどん屋はたくさんありますが、旨い蕎麦屋ってあまり聞きません。
それでも、この時屋は高知随一の名店として、その名がよく上がります。
いつかは行ってみたいと思っていたので、立ち寄ってみました。

「立ち寄ってみました」なんて書いてますが、おいそれと行けるような場所にありません。
道の駅「木の香」から高知方面に1kmほど行ったところに、店に通じる脇道があります。

FullSizeRender
一応看板が出ていますが、こんなの知ってる人でないと絶対見落とします。
スマホナビが無かったら即死だった。

FullSizeRender
分岐からさらに2kmほど進むと、駐車場が見えてきます。
駐車場と言っても路肩のようなところです。
めったに車が通るようなところではないので構わないのかもしれませんが、大型車は駐車に苦労しそうです。

FullSizeRender
店へは駐車場の脇道を降りていきます。
なお、路上も含め敷地内全面禁煙です。

IMG_3673
店の建物が見えてきました。
ここが蕎麦屋だなんて、言われなければ絶対分かりません。

FullSizeRender
入口。
こんな山奥でも昼時は混み合うそうです。
私は到着が14時前になったので幸いにもすぐに入店出来ました。


FullSizeRender
渓流が目の前に見える席に通されました。
空気はひんやりしています。
お茶はセルフサービス。
せっかくだから、ここは普通のお茶ではなく白湯か蕎麦湯を出して欲しかったな。

FullSizeRender
えさ場には野鳥もやってきます。

FullSizeRender
もりそば(800円)を注文しました。
こちらの蕎麦は十割蕎麦で、味と香りを重視して、茹で時間はわずか20秒とのことです。
伸びるのが早いので、出されたら写真もそこそこにすぐ頂きます。

FullSizeRender
蕎麦の量は少なめですが、硬めの食感なので腹持ちは良いです。
そばつゆは濃いめなので、蕎麦を少しだけ浸けてすする感じで頂きました。
薬味はネギ、おろし大根のみです。
蕎麦に天ぷらを追加することもでき、その場合は先に天ぷらを食べてから蕎麦が出されます。
メニューにはそばがきもあるので、蕎麦を待つ間に食べるのも良いかも。

次の機会にも是非訪れたいと思います。
今度はそばがきと天ぷらも食べてみたいな。







やぶ飯店


キャンプの帰りに、道の駅「但馬楽座」に立ち寄りました。
ここには日帰り温泉があるので、仕事で近くに訪れた時にはここで風呂に入り、この近くにある餃子の王将で夕食を摂るのが定番でした。

ところが、その「餃子の王将養父店」が先日閉店してしまいました。
この店はフランチャイズ店だったのですが、味が良いのと独自のメニューやサービスが豊富で人気店でした。

FullSizeRender
その店主が、何とここ道の駅「但馬楽座」の敷地内に中華料理店を出店したのです。
その名も「やぶ飯店」。
以前はうどん屋さん?だった所ですかね。
早速入店。
昼前だったので混雑してましたがギリギリ待たずに座れました。
後から来た人は空席待ちしてましたね。

セルフサービスで水とおしぼりを取って席に着きます。

FullSizeRender
メニューは色々有りますが、ここは定番の焼飯、餃子、ラーメンで行くことにしました。
普段はどれか一品を中心にサイドメニューを選ぶのですが、今回は「3大セット」と言う3つを一度に味わえるセットを注文。
人気メニューだそうです。
元餃子の王将だけあって厨房内は王将用語が飛び交います(笑)

注文してから気付いたのですが、このセット、ハーフサイズじゃなくて全品フルサイズなのです。
料理が出て来たのを見て焦りました。

FullSizeRender
先ずは焼飯、いや炒飯かな。
あっさりした味付けでモリモリ食えます。

続いてラーメンと餃子。

FullSizeRender
醤油ラーメンですが、醤油が主張し過ぎないスープが絶妙です。

FullSizeRender
餃子は安定の旨さ。
 
元餃子の王将とは言え、仕入れとかは違うでしょうから全く同じ味ではないですが、旨さは変わりません。
これを味わうと、遅くまで仕事した後で食べた飯を思い出すなあ。

ボリュームは有ったけど、旨いので問題なく完食出来ました。
カロリーは大幅にオーバーしたけど(笑)

また以前のような人気店になって欲しいです。
次は唐揚げを食べてみたいなあ。







レアハンバーグ

1年ほど前に、日本洋食協会というところが出した「レアハンバーグの危険性」という記事が話題になったことがあります。
私は当該記事の問題点を指摘する記事を書いたのですが、それが今になって急激にアクセスされるようになりました。
一体何が起こったのかと調べてみると、産経ニュースが次の記事を出していました。



どうやらこの記事を読んだ人たちが、記事の裏取りの為に検索サイトから当ブログにたどり着いたようでした。

私もこの記事を読んでみたのですが、やはりと言うか、いつもの論調で不安を煽ることに終始した内容でした。

食の安全・安心財団の唐木英明理事長は「生の牛肉は、O157など腸管出血性大腸菌に汚染されている可能性がある。O157は少量でも重篤な食中毒を引き起こすだけに、肉はしっかり加熱するのはもちろん、生肉に触れた箸や食材からの二次汚染にも注意が必要」と指摘する。
食中毒の原因となる大腸菌は生肉の表面に付着するので、ステーキなど表面を加熱する調理の場合は問題ありませんが、ハンバーグの場合は挽き肉を製造する過程で表面の肉を練り込んでしまうため、全体を完全に加熱しなければ食中毒が発生する恐れがあります。
一般論としてはその通りなので、気を付けましょうぐらいで終わっておけば何も問題ないのですが、レアハンバーグを提供する店全てに問題があるかのような表現は如何なものかと思います。

生焼けのハンバーグからの肉汁で赤く染まったフライドポテトをそのまま食べたりする人もいた。
赤い肉汁は血液ではなく、肉を焼くと出て来るミオグロビンというタンパク質の一種で、生焼けだからではありません。

そもそも、この記事はレアハンバーグの定義を間違っていて、生焼けとか生肉のハンバーグであるように書いていますが、実際のレアハンバーグはハンバーグの中心が、肉の脂が溶ける45℃ぐらいの温度になるまで火を通したもののことで、生肉ではありません。

 レアでハンバーグを提供する店の中には、ブロック肉の表面を加熱した後に挽肉にし、ハンバーグにしている店もある。この場合は、ハンバーグの内部が生焼けでも、ステーキのレアと同じで問題ない。
まともな店ではこれをやっているので、過度な心配は要りません。
有名チェーン店ではさらに大腸菌検査をおこなっているところもあります。
むしろ問題なのは、これら飲食店の見よう見まねで作られた家庭料理のハンバーグのほうです。
市販の挽き肉は完全加熱が前提なので、専門店のような衛生管理がされていません。
多額の投資をして食材の安全を担保しているチェーン店のほうがよっぽど信用できます。

企業努力によって安全で美味しい食事を提供している店舗に対して限定的な視点で危険だと騒ぎ立てる姿勢には疑問を感じます。
最終的には、レアハンバーグを食べる食べないは客の自由なので好きにしたらいいと思います。
料理人の努力と工夫で安全に美味しく食べられるようになったレアハンバーグが、過度な規制で食べられなくならないよう切に望みます。


↑このページのトップヘ