ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > バイクニュース

ライダーズイン室戸
 
長らく休業中だった高知県の「ライダーズイン室戸」がグランピング施設に業態変更して2月27日から再開された。



「ライダーズイン」とは高知県に5箇所ある、ライダー向け簡易宿泊施設だ。
低価格で宿泊出来るため、四国ツーリングでの宿泊地や高知観光の拠点としてツーリングライダーに重宝された。
ライダー向け施設だが、ライダーでなくても利用は可能で、徒歩や自転車、車での旅で利用する人も多い。

開設された頃は世の中はバイクブームであり、利用者も多かったが、バイク人口の減少と共に利用者数も減少し、ライダーズイン室戸は管理事業者の撤退により長らく休業状態だった。
他のライダーズインも例外では無く、中土佐も奥物部も以前の管理者が撤退し、現在は新しい管理者の元で再出発を図っている。

そんな中にあって、ライダーズイン室戸の動向は注目されていたが、遂に業態変更への決断に至ったようだ。

murotobase55
ライダーズイン室戸は新たに「MUROTO base55」(室戸ベース55)と言うグランピング施設となった。
業態変更により「ライダーズイン」としては閉業となる。





四輪バイク




バイクのニュースの記事より。

フランスのメーカー「LAZARETH(ラザレス)」は、合計4本のタイヤを備えた大型バイク「LM410」を発表しました。

今回発表されたLM410は、ヤマハ「YZF-R1」用エンジンを搭載した、フロント2輪、リア2輪の「四輪バイク」。リンケージ機構が前後についており二輪車と同様に車体を傾けて旋回する。

また、駐車時に車体を直立のまま固定できるパーキングロックを備えている。
LM410の価格は、10万ユーロ(約1189万円)で、10台のみが製造されるとのこと。

この様な四輪バイクは、過去にもコンセプトモデルが世界中で発表されている。

tesseract
日本ではヤマハ発動機のテッセラクトが記憶に新しい。
海外ではスイスの「Quadro Vehicles」がスクータータイプの四輪バイクを発売している。
また、海外ではワンオフの四輪バイクを製作した例もある。

さて、この「四輪バイク」、日本には無いカテゴリの乗り物なので、発表されると同時に車なのかバイクなのかと言う議論が巻き起こった。

FullSizeRender

車両区分と言えば当ブログではおなじみの道路運送車両法と道路交通法の話だ。

結論から先に言ってしまうと、道路運送車両法では小型自動車、道路交通法では普通自動車となる。
じゃあ、普通自動車免許を持っていれば小型自動車として登録し公道を走れるかと言うと、話はそんな簡単では無い。

と言うのも、道路運送車両の保安基準第18条の規定により、前面衝突安全基準に適合しなければならないからだ。
この基準は一般的な四輪自動車を想定して作られているので、オートバイと同様の構造を持つこの車両で基準に適合することは難しい。
トライクはこの基準を回避するため「三輪自動車」から「側車付二輪車」に区分が変更されたほどだ。
(参考:「二輪自動車の基本構造を有する三輪自動車の分類の法令による明確化」(内閣府)

では、トライク扱いにすれば良いのでは、と思う人もいるだろうが、これにも制限があって、トライク(側車付二輪自動車)になるには「三輪のもの」との条件があるので四輪の乗り物は対象外なのだ。

車体を傾けて旋回するから「特定二輪車」に指定すれば良いのでは、と思うかも知れない。
特定二輪車は道路交通法における「三輪の自動車」のうち次の条件に全て当てはまる車両を自動二輪車として扱うと言うものだ。
  • 三個の車輪が左右対称に配置されている。
  • 左右の車輪の間隔が460mm未満。
  • 車体を傾けて旋回する。
これにも「三個の車輪」とあるので四輪の乗り物は対象外。
そもそも、特定二輪車は免許など道路交通法上の区分を定めるもので、道路運送車両法の保安基準を免れることは出来ない。

と言うわけで、現行法では、この車両の公道走行自体が難しいと言う結論になってしまった。
四輪バイクはスリップに強く悪路走破性が高いなどの利点があり、世界中のメーカーが研究開発をおこなっている。
今後四輪バイクが増えて、新しいカテゴリの乗り物として世界に認知されれば、法改正などを経て合法的に乗れるようになるかも知れない。



トライク
 
以前、「トライクと言う不思議な乗り物」と言う記事を書きました。
普通自動車免許で運転できるトライクについての規制やトラブルの事例について法律面から解説した記事です。
先日から、この記事へのアクセスが急増しました。
初めは理由が分からなかったのですが…



どうやら、この記事を読んだ人が、この記事のウラを取ろうとトライクの法規制について検索したためアクセスが増えたらしいことが分かりました。

私もこの記事を読んでみました。
トライクに関する法規制について簡潔にまとめられていましたが、いくつか気になるところが有ったので、勝手ながら少し補足してみたいと思います。


トライクは三輪自動車ではない

 運転免許を所持する全ての人が一度は覚えたはずなのに、牛馬や荷車と同様に現代の一般公道で見る機会が全くと言っていいほどないことから、記憶の彼方にある人がほとんどであろう三輪自動車。日本でオート三輪が最盛期を迎えたのは1950年代で、1965年まで三輪車の運転免許が存在したほどだから、70年以上も前には大きな需要があったのだ。
記事は冒頭からオート三輪の話で始まっています。
過去にはハーレーダビッドソンが貨物用の三輪バイクを製造していた時期もあるためか、オート三輪を引き合いに出していますが、現在の道路運送車両法ではトライクは三輪自動車では無く側車付二輪自動車に区分されています。
この事は記事でも触れられていますが誤解を生みやすい表現です。
当ブログではおなじみの「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示第2条第1項」の規定により、トライク又はサイドカー、三輪自動車は次の通り区分されています。

トライク又はサイドカー(次のいずれかに当てはまるもの)
  • 直進状態において、同一直線上にある2個の車輪及びその側方に配置された1個(複輪を含む。)又は2個(二輪自動車の片側の側方に備えたものに限る。)の車輪(以下「側車輪」という。)を備えた自動車(四号イ)
  • またがり式の座席、ハンドルバー方式のかじ取装置及び3個の車輪を備え、運転者席の側方が開放された自動車(四号ロ)
三輪自動車(三号)
  • 上記(四号)以外の三輪の自動車
上記の通りトライク又はサイドカーと三輪自動車は法的に別の区分となっています。

道路交通法では普通自動車

まず、道路交通法では「自動車」に分類されるため、普通自動車以上の運転免許を取得していれば一般公道で運転することが可能だ。
記事では「自動二輪車ではない」というニュアンスで「自動車」と書かれていますが、これも誤解を生みやすい表現です。

道路交通法における「自動車」とは第二条九号に次のように定義されています。
九 自動車 原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車であつて、原動機付自転車、軽車両及び身体障害者用の車椅子並びに歩行補助車、小児用の車その他の小型の車で政令で定めるもの(以下「歩行補助車等」という。)以外のものをいう。
なので、「道路交通法では自動車」と言ってしまうと原付などを除く自動車全般の事になってしまい意味が分からなくなってしまいます。
ここでは「道路交通法では普通自動車」と言うほうが適切な表現です。

高速道路での法定最高速度は80km/h

今からおよそ20年前の2000年10月、軽自動車および自動二輪の高速道路での法定最高速度が80km/hから100km/hに引き上げられたのだが、ここに三輪自動車が含まれていなかった。
これは記事の通りなのですが、Twitterではトライクの法定最高速度が80km/hであることを初めて知った人や、道路運送車両法での区分が「側車付二輪自動車」であるため、自動二輪車の速度が適用されると思っている人も見受けられました。
道路交通法と道路運送車両法は別の法律であり、自動車の区分もそれぞれで定義されています。
1999年7月に道路運送車両法が改正され、トライクは三輪自動車から側車付二輪自動車に区分が変更されましたが、道路交通法での区分は従来の「三輪の普通自動車」のままである為、従来通り80km/hの規制が適用されます。
この事は、警察庁の通達からもあきらかです。
運輸省においては側車付二輪自動車として取り扱われることとなったが、運輸省における道路運送車両法上の取扱いの変更は道路交通法の解釈に変更を及ぼすものではないことを念のため申し添える。
これらの内容は取り締まる側の警察官も知らない場合があり、過去にはトラブルも起こっています。
無用なトラブルを避けるため、トライクに乗る方はこれら条文や通達をコピーして持っておくことをお勧めします。


再編

 


少し前の話題だが、カワサキの販売網が再編され、400cc超のバイクは1月からカワサキプラザでしか取り扱わなくなった。

川崎重工業のプレスリリースによると、

■400cc以下の新車の販売
2020年1月より400cc以下のカワサキモーターサイクルのモデルにつきましては、全てのカワサキ正規取扱店で販売し、地域に密着した高い利便性と信頼を提供します。

■401cc以上の新車の販売
同じく2020年1月より401cc以上のモデルは、カワサキ正規取扱店のうちカワサキプラザネットワークでの取り扱いとし、「おもてなし」と「ことつくり」活動を通してお客様の期待を超えるサービスを提供し生涯に渡る安心・安全のモーターサイクルライフの提供を目指します。

■保証・アフターサービス、部品・用品、KAZEの取り扱い
全てのモデルの保証・修理等のアフターサービス、部品・用品の取り扱い、またKAZE入会については、従来通り全てのカワサキ正規取扱店でご利用いただけます。なおカワサキプラザ専用の用品や、アフターサービスの特典は、カワサキプラザのみでの取扱いになります。

この変更によって、1月から400cc超のバイクについてはカワサキプラザでしか買えなくなる。
なお、3月末までは移行期間として全モデルを正規取扱店で買うことが出来、4月以降は在庫車のみの販売となるらしい。

これだけ見ると、個人店が多い正規取扱店の締め出しのようにも見えるのだけど(実際SNSでそんな意見を見た)、そんな簡単な話でもなさそうだ。
と言うのは、上記のプレスリリースの最後に書いてあった注釈の部分にヒントがありそう。
※KX、KLX、Ninja ZX-6R(レースベース車)などナンバープレートの取得ができないコンペティションモデルについては、すべてのカワサキ正規取扱店にて販売いたします。

※Ninja H2Rは別途、取扱い指定店での販売になります。
コンペティションモデルについては正規取扱店での販売だという。
一見こちらのほうが販売条件が厳しそうに思うんだけど実際は逆。
自己責任のコンペティションモデルより一般公道を走る車両のメンテナンスを重視した結果だろうか。
最近のバイクは高度に電子化されていて、故障診断も診断機が必要だ。
当然、揃えると結構な費用が掛かる。
取扱車種を絞ることで、費用負担を減らす施策なのだろう。
400cc以下のバイクなら販売数も多いから店の売り上げにも大きな影響はないのかも。
大型車を得意にしている個人店には厳しそうだけど。
逆にそれだけの費用を負担できるだけの販売数が出せるところはプラザ店に昇格(と言って良いのか)するのだろう。
1車種で1万台売れた昔とは違い、今は年間1千台とかなので、どこも生き残りに必死だ。



改良インジェクション

 
ウラル・ジャパンは12月27日にニュースレターを更新し、2014~2018年モデルに対応した改良インジェクションキットを発売すると発表した。

ウラル・モーターサイクルでは、ElectroJet EFIシステムを最初に装備していたすべての2014-2018モデルにインストールできる新しいGen 2 EFIキットを開発しました!
2019年以降のモデルにはスロットルポジションセンサーを備えたケイヒン製インジェクションが採用されているが、このキットを導入すると2018年以前のモデルにも同様のコンポーネントが提供されると言う。

改良インジェクションキットを導入することでスロットルレスポンスや冷間時始動性、燃費などが改善されると言う。

改良インジェクションキットは年初に発売予定で、予定価格は27万6千円(税別)。

旧インジェクションについては、レスポンスや始動性の他、ECUが浸水して故障する不具合などの問題が出ていた。

私も以前、出先でインジェクションが故障したことがある。


また、インジェクションボディの取付位置の関係でブーツの爪先が傷つく事があった。

改良インジェクションキットの導入で、これら様々な不具合が解消できる他、旧モデルにも新型同様の機構が導入出来ることは旧モデルユーザーにはありがたい対応だ。



↑このページのトップヘ