ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > バイクニュース

凍結






ヤマハ発動機は12月11日、2030年を見据えた長期ビジョンならびに2019年からの3ヵ年における新中期経営計画を策定し発表した。





この中で、ヤマハは2013年に四輪自動車への参入を発表し研究開発を続けてきたが、採算が見込めないとして今回の参入を凍結すると日高祥博社長が発表した。
英国を拠点とする開発チームも解散したという。

日高社長は「他社と差別化した技術で参入することを検討してきた。普通乗用車の領域に事業として進んでいくことは、いったん凍結するという判断になったが、新しいモビリティの開発は引き続き行っていきたい」と述べました。

NHKニュースを始め報道各社は今回の参入を「断念」と表現しているが、日高社長の発言は「凍結」であることに留意されたい。

今回の参入凍結は新しい構造の車体の量産に対する技術的な課題が解決できない事と、販売先の検討などをおこなった結果、採算を取るのが難しいとの結論になったらしい。
今後はパーソナルモビリティやロボティクス分野に注力していくとしている。

そもそもヤマハ発動機はトヨタ自動車と共同で四輪自動車を開発した実績があるし、RV車は既に市場投入している。

今回の参入凍結は新構造の車体の市場投入が出来なかった為であり、四輪事業からの撤退を意味するものではないと思う。
技術的課題が解決されるか、新たなアプローチが見つかれば、また乗用車への参入の話が出てくるかも知れない。

一方で、ガソリンエンジン車は2040年頃には世界的に販売禁止となる見込みで、今から新規参入してもあまりメリットは無さそうに思う。
それならば、「ラストワンマイル」のパーソナルモビリティや、自動運転や「倒れないバイク」のようなロボティクス分野に注力するほうが将来的に有利になるのではないか。

上記の発表を受けて、ヤマハ発動機の株価は連日大幅上昇しており、株主にも評価されいるようだ。


電動化





レスポンスの記事より。

2040年頃とされるガソリンエンジン車の販売禁止を踏まえて、車やバイクの電動化の話がよく聞かれるようになってきた。

先日記事にした、ハーレーダビッドソンの電動バイク「ライブワイヤー」は2020年発売予定だし、ウラルの電動サイドカーのコンセプトモデルにも大きな反響があったらしい。
これらは新型として開発されるものだが、現在のオーナーに向けた取り組みもおこなわれいてる。

アストンマーティンは、「カセット方式」と呼ぶEVパワートレインを開発した。これは、ラピードEのノウハウを応用したもので、オリジナルのエンジンやトランスミッションの場所に、モーターやバッテリーなどのEVパワートレインを搭載する。オーナーが希望すれば、元のパワートレインに戻すことができるという。
元記事によると、既存のエンジンやトランスミッションをそっくりEVシステムに置き換えることで、従来の愛車をそのまま乗り続けることが出来るソリューションだ。
旧車に高い税金を掛けて乗り換えを促すような自動車後進国の島国とは違い、車文化を大切にする自動車先進国のヨーロッパらしい考え方だ。

実はバイクにも同様のソリューションがある。
こちらはまだ参考出品だが、50ccエンジンを後付けで電動化するキットをミツバサンコーワがモーターサイクルショーに出展していた。

image

【ミツバサンコーワのバイク電動化キット】

やはり愛車に長く乗りたいと思う人は多いし、このようなソリューションは色んな形で数多く出てくるのでは無いだろうか。



リコール





川崎重工業は12月6日、カワサキ・Z900RSのリヤブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。
対象となるのは2017年10月19日~11月9日に製造された395台。
picture01[1]
リヤブレーキホース及びリヤホイール回転センサリード線の配策作業指示が不適切なため、リヤブレーキホース及びリヤホイール回転センサリード線がリヤタイヤと接触することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、リヤブレーキホース及びリヤホイール回転センサリード線が損傷し、最悪の場合、ブレーキ液が漏れて制動力が低下するおそれがある、または、速度計が正しく表示されず、ABSインジケータライトが点灯するとともに、ABSが作動しなくなるおそれがある。
非常に珍しいタイプのリコールだ。
部品の不具合ではなく「配策作業指示が不適切」とある。
工場で作業者に指示する組立指示書が間違っていたということなのだろう。
この為配管やリード線が本来の組み付けられ方をされず、指示書通りだから出荷検査でも分からなかったのだろう。
Z900RSはバックオーダーが続く人気モデルで、2018年モデルは早々に完売し、現在は全く同じ仕様のものを2019年モデルとして販売している。
事実上の増産だ。
仕様が変わったわけではないので作業指示書が変わることは無いと思うのだが、2017年10月~11月と言えば、まだ発売前のZ900RSがメディア発表されたぐらいの時期だから、ごく初期のみ組立指示書に問題があったのかも知れない。

ところで、カワサキモータースジャパンの公式ツイッターアカウントはこのリコール情報を発表していない。


調べてみると2013年7月のNinja 250ABSのリコール情報以降、ツイッターではリコール情報を発信していないようだ。
何か理由があってツイッターでリコール情報を流すのをやめてしまったらしい。
私はリコールとはメーカーの誠実な対応の現れだと思っているので、規模が小さいとは言え、公式アカウントがリコール情報を流さないのは如何なものかと思う。



二輪車用
LEDバルブ





レスポンスの記事より。

PIAAは12月4日、二輪ヘッドライト用LEDバルブを発売した。

新製品はルーメン(lm・全光束)をロスなく路面へ照射する本質にこだわり、純正配光の再現を徹底的に追求した「カンデラ(光度)」重視の最新モデル。0.9mmの極薄基板により、ハロゲン比230%のカンデラ値を実現した。

私もTZRに中華のファンレスLEDバルブを装着しているが、確かに明るいものの配光の面では満足できるものではなかった。
右側上方に光が漏れてしまうので光軸を左寄りにずらしている。
もし車検のあるバイクだと、車検通過は難しいのではないか。
これは車検対応を謳っている物でも起こることがあり、メリットが分かっていてもLED化に踏み切れない理由でもある。
PIAAの新製品が本当に純正の配光が再現できるなら導入しやすいだろう。

また、私が装着しているものは点灯直後は明るいが、温まってくると焼損を防ぐ制御が働くのか光量が落ちてしまう。

また、耐振性能は20G、ヘッドライト装着時の防水性は耐水基準JIS S2をそれぞれクリア。点灯動作範囲は9V~瞬間最大24Vまで対応しており、二輪車特有のアイドリングが不安定な車両にも対応する。

TZRはアイドリング時の発電量が少ないので、アイドリング時に光量が変化してしまうが、このような電圧変化にも対応しているらしい。

惜しむらくはファンレスではないことで、二輪の場合、ファンがあると取付に制限が出ることがある。

LEDバルブの進化は日進月歩だが、二輪車用として見た場合、決定打と思われるものはまだ無い。
PIAAの新製品には期待している。






リコール





ホンダは11月29日、原付スクーター『タクト』および『ジョルノ』のブレーキレバーブラケットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

rc4388[1]

ブレーキレバーブラケットのストップスイッチ位置決め溝の寸法が不適切なため、ストップスイッチが雨水等の被水による膨潤と収縮を繰り返して変形すると、当該ブラケットの位置決め溝端部まで押し込まれるものがあります。そのため、ブレーキレバーを放した状態でも、制動灯が点灯したままになるおそれがあります。

対象となるのは平成27年9月18日~平成30年4月27日に製造された11万4602台で、ブレーキレバーブラケットを対策品に交換する。


製造時期的にヤマハにOEMしているジョグ/ビーノにも該当するのかと思ったけど、ヤマハからの発表は出ていないので該当しないようだ。


↑このページのトップヘ