ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: 旅行

食材広州
 
昔からこの様に言われ、広州には旨いものが集まるとされています。
せっかく広州に来たのだから、こちらでしか食べられないような旨いものをと思ったのですが。

FullSizeRender
初日からコンビニでカップ麺買って食ってました。
しかも日清ラ王です。価格は失念(たぶん5元=約75円ぐらい?)
FullSizeRender
こちらのラ王(拉王)はカップヌードルのような容器に入っています。
しかも何故か日本のゲーム「サムライスピリッツ」の「ナコルル」が描かれています(笑)

FullSizeRender
蓋を開けると内部に折りたたみ式のフォークが入っていました。
FullSizeRender
伸ばして突起を嵌めると固定されるようですが、嵌め合いの位置が微妙にズレていて嵌まりませんでした。
FullSizeRender
仕方が無いので自前のフォークで食べました。
味は薄い豚骨味。
台湾でも思ったけど、こちらの人の好みなんでしょうか。
日本人には少し物足りなさがあります。


続いて麦当労(マイダンラオ)。
はい、マクドナルドですね。
FullSizeRender
注文したのはもちろんビッグマックセット。
メニューを指さすだけで簡単ですからね。

FullSizeRender
ビッグマックの価格は国際的な物価水準を測る手段「ビッグマック指数」として知られていますので、海外に行くと一度は食べることにしています。
こちらでのビッグマックは単品で25元(約375円)と、日本と比べても結構なお値段ですが、セットになると、マックフライポテトとコーラ(どちらもM相当)が付いて31元(約465円)と、かなりお得になります。
要は、ポテトとコーラが異様に安いんじゃないかと想像しています。

肯塔基(ケンタァジィ)にも行きました。
ケンタッキーフライドチキンです。
こちらでは何と、オリジナルチキンは単品以外売っていないと言う不思議な品揃えでした。
こちらも注文の仕方が分からなかったのでセットメニューを適当に指さして注文しました。

FullSizeRender
それがこちら。価格は31元(約465円)
セット内容は老北京鶏肉巻、クリスピーチキン的なもの、ペプシコーラ。
老北京鶏肉巻と言うのはいわゆる北京ダックのアレンジで、本来はアヒル肉やらネギやキュウリを甘辛いタレと共に薄く伸ばした小麦粉を焼いた皮で巻いて食べるものを、アヒル肉を鶏肉にアレンジしています。
まあ、早い話が中華味のツイスターなんですが、ピリ辛で、なかなかの美味でございました。

日本との違いが一番大きかったのは必勝客(ビィションクゥ)ですかね。
ピザハットです。
FullSizeRender
日本では宅配ピザチェーンとして知られるピザハットですが、こちらではカジュアルなレストランと言った感じで、イートインが出来るだけで無く、ピザ以外にもステーキなどの洋食メニューが豊富で、ピザはむしろおまけ的扱いです。

で、私が注文したのは蛋包飯(オムライス)(46元=約690円)なのですが、これが何とタンポポオムライスなのです。
あの伊丹十三監督が発案し、たいめいけんが商品化した、ライスの上に半熟のオムレツを載せてナイフで切ると、ライスの上に卵がとろ~りと広がるアレです。
まさに目の前で、服務員(フウヤン=店員)さんがあのパフォーマンスをやってくれるんですよ。

FullSizeRender
ちなみに掛かっているのはデミグラスソースでは無くビーフカレーでした。何故なのか。
いや旨かったけど。

FullSizeRender
もちろんピザも食べました。
日本でもおなじみのスーパーシュープリームです。
普通装(Mサイズ)で76元(約1140円)。
味は日本のものよりもチーズ感が少なかったです。
どうもこちらのチーズは味が薄い気がします。
こちらの人の好みなのでしょうか。

さっきからファストフードばかりなんですが、一応中国料理も食べました。

FullSizeRender
何か広州は川エビが名物っぽくて、エビの入った水餃子(28元=約420円)とかがよく売られていました。
こちらは香港料理らしいです。

FullSizeRender
ショッピングモールのフードコートで食べたワンタンスープ(10元=約150円)。
作ってるのを見たらめっちゃインスタントでしたが意外に旨かったです。
ワンタンは代表的な広東料理の一つですよね。

FullSizeRender
蘭州ラーメンです。
これは鶏蛋拉麺(11元=約165円)。
普通のラーメン(10元=約150円)よりも高く、日本の月見うどん的なものを想像してたんですが、まさかの目玉焼きトッピングでした。
胡椒の利いたスープで、麺は細めのストレート麺。
場末の店なのに行列してたので入ってみたら当たりでした。

一応は他にも色々食べたんですけど、印象に残ったものを並べてみました。
食材広州とは広州の食べ物が旨いんじゃなくて、広州に旨い食べ物が集まるって意味らしいです。
確かに色んな地域の色んな料理が揃っていて飽きることがありませんでした。



広州
 
帰国しました(ずいぶん前に)

と言うわけで、仕事でしばらく中国・広州市に行ってました。
広州市は北京、上海に次ぐ中国で3番目の大都市なのですが、私が居たところは中心部からかなり離れた小さな町でした。
それなりに賑やかではあったのですが、どっちかと言うと下町的な雰囲気の強いところでした。

せっかく広州に行けたので、現地で見聞きした事をブログに書こうと思ったのですが、滞在期間が短く休みも少なかったので、あまり書くことがありません。
そこで今回は、私が滞在中に見かけた広州のバイク事情について書いてみます。

電動バイク天国

FullSizeRender
中国では排気ガスによる公害が社会問題になっており、国を挙げて自動車の電動化を進めています。
中でも小排気量バイクは早くから電動化が進められており、見た限りでは、50ccクラスのスクーターはほぼ100%が電動車です。

FullSizeRender
写真を見ての通り、マフラーがありません。
無段変速機に見える物はスイングアームを隠すための樹脂製カバーです。

電動車の性能は見たところエンジン車と遜色は無く、車の流れにも十分乗って走っています。
走行音はほぼ無音で、風切り音とタイヤノイズが多少聞こえる程度で、環境負荷の面では圧倒的に有利です。
反面、交通マナーの良くない中国では平気で逆走や歩道を走るバイクが居るので、気を付けていないと歩道に居ながら無音のバイクに跳ねられそうになります(汗)

ビーノ天国

FullSizeRender
広州ではビーノのコピー車両を多数見かけました。
上記はaima(爱玛)と言うメーカーのもので、もちろん電動車です。
メーカーサイトによると現在は製造されていないようですが、海外サイトで画像を見ることが出来ます。

FullSizeRender
他にも多数のメーカーがコピービーノを発売しているようです。
中には前半分がビーノで、後ろ半分がジョルノと言う、新型ビーノを先取りしたようなキメラ車両も見かけました。

謎バイク天国


広州で見かけた、さすが中国らしいと言うか、謎のバイク達です。

FullSizeRender
DUCATIではなくDUKATIです(笑)
しかもタンクにはNinjaステッカーが!

FullSizeRender
よく見てください。
Kawasaki(カワサキ)ではありません。

FullSizeRender
Keweseki(ケウェセキ)
です(笑)
Kewesekiは広州の黄川摩托车と言うメーカーのブランドで、アフリカなどの新興国で安価な「日本の」バイクとして人気だそうです。
車両自体はスズキのGN125のコピーのようです。

その他

FullSizeRender
台湾ではヤマハのバイクをよく見かけましたが、こちらではホンダをよく見かけました。
これはCB190R。

FullSizeRender
こちらはアドベンチャーモデルのCB190X。
パニアケースがイカしてます。

FullSizeRender
こちらは台湾のSYMのスクーターです。
大排気量車はまだエンジンが主流のようです。

FullSizeRender
こちらは中国のCF MOTOと言うメーカーの400NK。
品質は分かりませんが、見た目はよく頑張っています。


パクリはともかく、中国産バイクの品質も現在ではかなり向上しているようです。
特に電動車の普及度に関してはかなり先を行っている印象でした。
群雄割拠する電動車メーカーの中から次代を担うところが出てくるかも知れません。



いくら風
タピオカ漬け丼
 
日本では今、空前のタピオカブームだそうで。
タピオカミルクティーに始まり、タピオカを使った様々なスイーツや食べ物が開発されて話題になっています。

そんな中、名代富士そばが店舗、期間限定で始めた「いくら風タピオカ漬け丼」が大きな話題になりました。
東京方面に出張する予定があったので、富士そばに立ち寄って食べてみることにしました。

FullSizeRender
「いくら風タピオカ漬け丼」が販売されている「名代富士そば 三光町店」にやって来ました。
この店だけの限定発売。

FullSizeRender
「いくら風タピオカ漬け丼」は麺とのセットメニューしか無いようでした。
券売機で「ミニいくら風タピオカ漬け丼セット」(560円)の食券を購入。

FullSizeRender
カウンターに食券を出し、少し待って品物を受け取りました。
セットの麺はもりそばにしました。

FullSizeRender
一見いくらに見えますが、よく見ると紛れもなくタピオカです。
粒が小さいためか、タピオカのもちもち感はかなり抑えられています。
しかし、タピオカには変わりないので、食べてもいくらのようなプチプチとした食感はありません。
いくらのように出汁醤油に漬けられていますが、いくら本来の味はせず、タピオカの食感以外はご飯に出汁醤油を掛けて食べているのと大差がありません。
この出汁醤油にいくらのフレーバーでも入っていれば大化けしたかも知れないのに惜しい。

FullSizeRender
実は富士そばには初めて入ったのですが、もりそばが思っていたより旨かったです。

FullSizeRender
いかにも関東風の醤油味の強いタレもなかなかイケます。

私が食べている後ろで店長らしき人が何かの取材を受けていました。
このメニューを注文するお客も多く、人気の程がうかがえます。
「いくら風タピオカ漬け丼」は仕込みに時間が掛かるため、売り切れになってしまうことも有るそうです。

「いくら風タピオカ漬け丼」は9月14日までの期間限定だそうです。

サザエさん展
THE REAL
 
今年でテレビアニメの放送50周年を迎えるサザエさん。
それを記念して開催された特別巡回展「サザエさん展 THE REAL」を見てきました。

FullSizeRender
場所は東京お台場のフジテレビ。
お台場に来るのは実に1年ぶりですが、フジテレビに来たのは初めてです。

IMG_8647
チケットブース。
有料エリアに入るためのチケットを購入します。
チケットは一般1200円で、当日なら何度でも出入り可能。

FullSizeRender
フジテレビ入口の階段に乗り上げたスバルの車。
ペダルの踏み間違いで突っ込んでしまった…訳では無く(笑)、もちろんこれも展示の一環。
昨今の暴走事故が話題になる中、こんな展示方法はイメージダウンになるんじゃ無いかと思うのですが…。

FullSizeRender
FullSizeRender
この時期、毎年フジテレビ前ではイベントがおこなわれていて、今年もアトラクションが多数出展されていたのですが、時間の関係で華麗にスルー(汗)

IMG_8648
専用エレベーターで、会場となる25階の球体展望室、通称「はちたま」へ向かいます。

FullSizeRender
エレベーターを降りると、見覚えのある門構えが。

FullSizeRender
サザエさん一家のパネルが出迎えてくれます。

IMG_8649
通路の両側には年表のパネル展示。

FullSizeRender
1970年、礒野一家、大阪万博へ行く。
サザエさんの暮らしには時代の世相が常に反映されています。

IMG_8650
本展の目玉、リアルサザエさん一家。
「アニメのサザエさん一家が実在したら」をコンセプトに、特殊メークの技術を用いて等身大で再現されています。


サザエさんはマスオさんが忘れた弁当を届けに行くシーンが再現されていますが…。

IMG_8651
いや巨乳過ぎる(笑)

FullSizeRender
ちなみにアニメのサザエさんはこんな感じ。
どう見ても盛り過ぎ(笑)

FullSizeRender
こちらはマスオさんと波平さん。
マスオさんは営業のくせに靴が綺麗すぎる(間違った見方)

表現としては面白いのですが、果たしてこれをリアルを言えるのかどうか。
これは想像ですが、人間に似過ぎると、あるところから嫌悪感を催す、いわゆる「不気味の谷」を回避するため、わざとこんな造形になってるんじゃないかと考えています。

IMG_8603
礒野家の間取りを再現したジオラマ。
東京の住宅地に、こんな大きい平屋の建物、一体いくらになるんだろう(笑)

IMG_8652
声優気分でサザエさんのアフレコが出来るアフレコ体験コーナーは長蛇の列。

IMG_8653
パンケーキを作っていたマスオさんが、裏返そうとしたパンケーキを天井に張り付けてしまう話を元にした「パンケーキダーツ」。


IMG_8654
「カツオのえんがわボーリング」。
ビール瓶のピンを倒すのに成功すると…

IMG_8655
「バッカモーン!」の声と共に波平さんが登場します。

FullSizeRender
おなじみオープニングのアレに入って記念撮影が出来ます。

FullSizeRender
ここでしか手に入らないお土産も充実。

お台場での展示は9月1日までですが、9月4日からの大阪を皮切りに全国で巡回展示されます。
気になる方は是非。





オンリーギュー

岡山県倉敷市に出張してました。
期間が短かったので、有名な美観地区とかは華麗にスルー(笑)
ホテルが駅前だったこともあり、仕事終わりには駅前で飲んでました。

この日も肉が無性に食べたくなったので、ホテル近くの焼肉店を探し、ホテル近くの商店街に一軒見つけました。
そして商店街へ向かったのですが、何故か焼肉店が見当たりません。
商店街を何度往復しても、店が無いのです。
これは閉店してしまったのかも…と帰りかけた時、

FullSizeRender
??

FullSizeRender
FullSizeRender
え?ここ入るの?

FullSizeRender
ダンジョンのような路地を進んでいくと、ありました。

店内は綺麗で、既に仕事帰りと思われる客で賑わっていました。
こんな場所でも知っている人はいるものですね。

よく分からないので取り敢えず生ビール。
キリンの一番搾りが何と290円(税別)。

FullSizeRender
セットメニューのAセット(2980円+税)を注文しました。
FullSizeRender
内容はロース、カルビ、バラ、ご飯、スープ、サラダ、キムチ、デザート、と、結構なボリューム。

FullSizeRender
野菜が欲しかったので野菜盛り合わせ(490円+税)を追加。

FullSizeRender
ちょっと欲張りすぎたようで、後半はお腹いっぱいになってしまい、何とか完食した感じになりました。

「オンリーギュー」と言う名前ですが、牛以外にも豚や鶏も置いているので、一人で利用するなら肉を1、2品と野菜、ご飯ぐらいでリーズナブルに美味しくいただけるかと思いました。

ホテルからも駅からも近いので、次に来たときも利用したいと思いました。


↑このページのトップヘ