ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: 旅行

スマート駅リン君
 
神戸新聞NEXTの記事より。



 JR西明石駅(兵庫県明石市小久保2)でこのほど、スマホのアプリを使ってレンタサイクルを予約、決済ができるサービス「スマート駅リンくん」の実証実験が始まった。同駅東口の駐輪場で、全国で初めてとなるアプリで鍵を開けられる自転車10台を用意している。11月末まで。
実際に利用して、使い勝手を確かめてみました。




「スマート駅リン君」とは

JR西日本レンタカー&リースのプレスリリースによると、「ドコモ・バイクシェアのシステムを利用することで、アプリから自転 車の予約や決済をワンストップで行えるようになり、より便利に自転車をご利用」できるシステムだそうです。利用するには事前にドコモバイクシェアへの会員登録と、アプリを入れたスマートフォンが必要です。
FullSizeRender


会員登録

アプリから、利用エリアと会員情報、決済用クレジットカードを登録します。
利用エリアによっては複数の料金プランが選べるようですが、西明石の場合はひとつのプランしかありません。
詳細はこちらをご覧下さい。


予約

会員登録を完了し、アプリを起動すると、次のようなマップが表示されます。

FullSizeRender
これは利用エリアにあるレンタル可能な自転車の台数を表しています。


FullSizeRender
ピンの立っている所をタップすると詳細画面が表示されます。

FullSizeRender
予約可能な自転車が表示されるので「予約する」をタップします。

FullSizeRender
予約が完了しました。

FullSizeRender
予約後20分以内にポート=駐輪場へ行き、利用開始しなければ予約はキャンセルされます。
「予約取り消し」をタップして取り消すことも可能。

FullSizeRender
「ポートへ行く」をタップすると、ポートまでのルートをナビアプリなどで表示することが出来ます。



利用開始

IMG_6151
JR西明石駅にやって来ました。
ポートの最寄りは東口の西出口。ややこしい(笑)

IMG_6152
出てすぐ、タクシー乗り場前の駐輪場が駅リン君のポートです。

IMG_6153
中に入るとスマート駅リン君用の自転車が並んでいます。

IMG_6154
予約した車両を発見。

FullSizeRender
スマホアプリの「鍵を開ける」をタップするとQRコード読取画面になるので、車両の操作端末の「開始」ボタンを押してからQRコードを読み取ります。

FullSizeRender
認識されると自動的に解錠され、利用可能になります。

FullSizeRender
利用中は利用表示が点滅します。


車両の詳細

FullSizeRender
貸し出された車両です。
いわゆるママチャリがベースになっています。
電動アシストはありません。
なお、ドコモバイクシェアの車両で電動アシストが無いのは西明石駅が初との事。
あんまり嬉しくない(笑)

IMG_6170
ハブダイナモ式のライトを装備しています。

FullSizeRender
後輪にはロック機構があります。
解錠は自動ですが、施錠は手動です。
散策などで一時的に施錠する場合は、このロックを掛けておき、利用開始と同様にスマホアプリで解錠します。
利用開始後はロックしていても課金が継続されます。

FullSizeRender
前かごには制御装置が搭載されています。

FullSizeRender
前かごの最大積載量は3kgとの事ですが、制御装置を含む重量なのかは不明です。

利用開始後の使い勝手は通常の自転車と変わりません。

ただし、施錠、解錠のたびに大音量で警告音と音声による警告が流れるので、人通りの多いところで操作すると、ちょっと恥ずかしいです。
まるで昨今の仮面ライダー変身ベルトのようです(笑)


返却

FullSizeRender
車両がポートまで帰還すると「返却可」ランプが点灯します。
車両を施錠して、操作端末の「返却」ボタンを押すと返却処理がおこなわれます。

FullSizeRender
スマホアプリで利用明細を確認できる他、メールでも通知がおこなわれます。


総括

一度、会員登録してしまえば、貸し出しから返却までの処理はスムーズで、必要に応じて短時間利用するような使い方に向いていると思います。

ちょっと気になったのは、予約が20分以内なので、前日などに事前予約しておくなどの使い方は出来ません。
今後、利用者が増えてくると、最悪、現地に行ってみたら車両が空いてなかったみたいな事が起こるかも知れません。
また、携帯電話の電波を使ったシステムなので、電波が届かない所では解錠操作が出来ないようです。
西明石駅周辺で、そんな場所は無いとは思いますが、知らずに施錠してしまうと解除出来なくなりそうです。



実証期間は11月までとの事で、今後どうなるのか気になります。

淡路屋
 
神戸経済新聞の記事より。

 駅弁グッズ販売店「駅弁市場」が7月29日、JR三ノ宮駅改札区画(神戸市中央区布引町4)のフラワーロード沿いガード下に期間限定オープンした。

 同店では同社の駅弁をはじめ、「ひっぱりだこの蓋」やこれまでオンライン限定商品であった「ひっぱりだこのお猪口」も販売。このほか、全国の駅弁店が販売する土産のほか、「駅弁Tシャツ」「駅弁フィギュア」などのグッズも取りそろえる。

と言う訳で、「駅弁市場」へ行って来ました。

FullSizeRender
場所はJR三ノ宮駅中央口を出た西側の高架下です。

このお店は「駅弁グッズ」の店である事にご注意。

淡路屋のお店なので淡路屋が製造販売する駅弁は取り扱っていますが、基本は「駅弁グッズ」の店です。

FullSizeRender
全国各地の有名駅弁に関連するTシャツなどのグッズを販売しています。

FullSizeRender
ネット通販で販売開始直後即完売した「ひっぱりだこの蓋」や「ひっぱりだこのお猪口」も買えます。

秋には各地の駅弁を販売するイベントを計画しているそうで、こちらも楽しみですね。
「駅弁市場」は2022年3月31日までの期間限定出店だそうです。





135周年
 
今年は日本標準時が制定されてから135周年との事で、子午線が通る兵庫県明石市では135°E×135thスタンプラリーが開催されています。

スタンプラリーと言っても台紙にスタンプを押すのではなく、感染症対策によりスマートフォンとQRコードで記録していくものになっていますので、参加するにはカメラ付きスマホが必須。

FullSizeRender
スマホの標準ブラウザ(Safari、Chrome)で専用サイトを開きます。
スタンプラリーはブラウザベースなのでアプリのインストールやユーザー登録は不要で、手軽に参加出来ます。
標準ブラウザしか動作保証しておらず、ブラウザの履歴を消去したりシークレットモードを使用すると訪問履歴が正常に記録されませんので注意が必要です。

FullSizeRender
FullSizeRender
指定された7つのポイントを訪問し、設置されているQRコードを読み込んで訪問記録を取ることで完走となります。

FullSizeRender
ポイントは全て子午線に関するものが選ばれており、ほぼ一直線上に並んでいるので、予め場所を調べておけば、ものの30分もあれば回れてしまいますが、期間も長いので一度に全部回らなくても大丈夫です。
少しの時間で気軽に楽しむことが出来ます。

ポイント周辺には駐車場が無いので、明石市役所か明石市立天文科学館の駐車場に車を置いて、徒歩で回るのが便利です。

天文科学館がゴールとなるので、ゴールから最も離れたポイントから回っていきます。

トンボの標識(レプリカ)

IMG_5932
先ず向かったのは最も南にある「トンボの標識(レプリカ)」。
中崎遊園地と言う公園の中にあります。



1984(昭和59)年に明石市青年会議所によって市役所玄関前に建てられたもので、オリジナルは天文科学館の北側に立っています。
1990年に市役所前の駐車場建設にともない現在の位置に移動したそうです。
子午線標示柱としては本州最南端。

FullSizeRender
ポイント付近に設置されているQRコードをスマートフォンのカメラで読み込み、表示されたURLにアクセスすると、スタンプをGET出来ます。

モニュメント「刻(とき)」

FullSizeRender
続いて、同じ中崎遊園地の入口にあるモニュメント「刻」。



1989(平成元)年に、明石子午線クラブが結成25周年と市制70周年を記念して建てたものだそうです。

大日本中央標準時子午線通過地識標

FullSizeRender
子午線上に建つ明石警察署大蔵交番、通称「子午線交番」の隣にある石碑。



FullSizeRender
1910(明治43)年に、当時の明石群小学校教員らによって建てられたものだそうです。

日本標準時東経百三十五度子午線通過標

FullSizeRender
子午線上に建つ明石子午線郵便局の前にある石碑で、天文科学館の案内板で覆われています。



FullSizeRender
1933(昭和8)年建立。当時としては斬新な鉄筋コンクリート石張造だそうです。


山陽電車 人丸前駅

FullSizeRender
1991(平成3)年に、山陽電鉄の高架化に伴い移転改築されました。
プラットホームに子午線が通過している日本唯一の駅だそうです。



FullSizeRender
QRコードもプラットホームにあるのかと思ったのですが、見つかりませんでした。

FullSizeRender
探してみると駅入り口の時刻表の下に貼り付けてありました。これは分かりにくい。


明石市立天文科学館

FullSizeRender
1960(昭和35)年6月10日「時の記念日」に開館した、東経135度日本標準時子午線の標識を兼ねた地上54mの展望塔と、当時最新の大型プラネタリウムを備えた「時」と「宇宙」を展示する科学館。
旧東ドイツ、カールツァイス・イエナ社製プラネタリウムは稼働中のものでは日本一古いそうです。



FullSizeRender
震災を機にリニューアルされ、1998(平成10)年に震災復旧工事にともなう周辺整備の際に子午線の表示が引かれたそうです。


日本標準時子午線標示柱(トンボの標識)

FullSizeRender
1930(昭和5)年に月照寺山門前に建立され、1951(昭和26)年の再計測で現在の位置に移設されたそうです。



FullSizeRender
通称「トンボの標識」。
中崎遊園地にあるトンボの標識のオリジナルがこれです。



スタンプラリーを完走すると、記念品が貰えます。

FullSizeRender
記念品の受け取りのため、再び天文科学館へ。

入館受付でスマートフォンの特典情報画面を開いて係員に提示すると、記念品が貰えます。
天文科学館へ入館しなくても記念品は貰えますが、ついでに見学(入館料大人700円)されるのも一考かと思います。

FullSizeRender
こちらが記念品の缶バッジ。

FullSizeRender
色と柄の違うものが4種類ありますが、選ぶことは出来ません。
まあ、簡単に回れるスタンプラリーなので、贅沢言うのはヤボと言うものです。

スタンプラリーは2021年7月3日(土曜日)から9月30日(木曜日)までおこなわれていますが、記念品の引き換えは天文科学館の開館時間である必要があるのでご注意。

お手軽に参加出来るスタンプラリー、お立ち寄りの際には是非挑戦してみて下さい。

Aシート
 
大阪に出張してました。
新快速電車の混雑ぶりはよく知られていますが、今回、大阪に出張するに当たって、大きな荷物を持って満員電車に乗りたくなかったので、初めて新快速のAシートを利用しました。

AシートはJR西日本が2019年3月から導入している新快速電車の有料シートです。
12両編成の9号車のみに設定されており、車内で係員から利用券(一律500円)を購入して利用します。
支払いには現金の他、交通系ICカードも利用可能。
この時、空席が無ければAシートを利用することが出来ません。
また、グリーン車同様、Aシートが設定されている9号車はAシート利用者以外は立ち入ることも出来ません。

Aシートは従来、座席の予約が出来なかったので、利用は早い者勝ちとなり、混雑時にはほとんど利用することが出来なかったのですが、2020年12月から12席に限り指定席が導入されました。

Aシート指定席はJR西日本の予約サイト「e5489」の専用ページからも予約することが出来ます。
指定席を利用する場合は指定料金100円が上乗せされ、合計600円必要になります。
決済は事前のカード決済です。

FullSizeRender
と言うわけで、座席を予約しました。
乗車時にはこの画面を係員に提示することになっていますが、当日の検札はありませんでした。

FullSizeRender
指定席は通常のAシートとは異なる緑色のヘッドレストカバーが掛けられています。

IMG_4955
Aシートにはテーブル、ポケット付きの専用シートが導入されています。

FullSizeRender
AシートにはACコンセントとシートリクライニングがあります。
また今回利用しませんでしたが、9号車内では無料Wi-Fiが利用できます。

短い時間でしたが、快適な移動が出来ました。
600円を支払う価値は十分にあると思います。
今後も機会があれば利用したいです。


みどりの窓口
  

J-CASTニュースの記事より。



   12月16日、JR西日本は「みどりの窓口」の大幅な削減を発表した。JR西日本管区内において「みどりの窓口」設置駅は約340駅(2020年度初)である。2022年度末には約180駅、2030年度末には約100駅まで削減する。

この内容は2020年12月16日にJR西日本がリリースした社長会見において発表されたものだ。
(下表参照)
201216_05_kaiken
【JR西日本ニュースリリースより】

目的はもちろん人件費削減で、廃止した窓口に代えて高機能券売機や「緑の券売機プラス」で対応すると言う。

元記事では機械の苦手な高齢者などへの対応が課題になるとし、当面は券売機脇に説明のための職員を配置することになるのではないかとしている。

出張が多い私は基本的にはWEBから乗車券を購入しているが、同行者のきっぷを一度に購入する場合などがあり、みどりの窓口もよく利用していた。
同行者は当然自宅最寄り駅から乗車するため、個々人で乗車区間が異なるので、予め乗車区間のリストを出してもらっておいて、それを窓口に提示してきっぷを購入していた。
これなら間違いも無いし手間も掛からない。
私の最寄り駅のみどりの窓口は、ずいぶん前に廃止され、きっぷを買うために大きな駅へ行かなければならないが、普段から出張が多いので、移動のついでに立ち寄ればそれ程手間では無かった。
同じ事を考えている人が多いのか、みどりの窓口はいつも混雑している。

考えてみると私はみどりの券売機をほとんど利用したことが無い。
以前、予約したきっぷの受取をするためみどりの券売機を使ったところ、決済用のJ-WESTカードを何故か認識しなかった。
クレジットカード決済で予約したきっぷは同じカードで認証しないと受け取れない仕組みで、乗車時間が迫っているし仕方なくみどりの窓口に駆け込んだことを覚えている。
機械に苦手意識が無い人でもトラブルの対処までは気が回らないので、これが機械が苦手な人だったらパニックになってしまうのではないか。
みどりの窓口が廃止されても当面は駅員のサポートが不可欠になりそうだ。


↑このページのトップヘ