ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: 旅行

135周年
 
今年は日本標準時が制定されてから135周年との事で、子午線が通る兵庫県明石市では135°E×135thスタンプラリーが開催されています。

スタンプラリーと言っても台紙にスタンプを押すのではなく、感染症対策によりスマートフォンとQRコードで記録していくものになっていますので、参加するにはカメラ付きスマホが必須。

FullSizeRender
スマホの標準ブラウザ(Safari、Chrome)で専用サイトを開きます。
スタンプラリーはブラウザベースなのでアプリのインストールやユーザー登録は不要で、手軽に参加出来ます。
標準ブラウザしか動作保証しておらず、ブラウザの履歴を消去したりシークレットモードを使用すると訪問履歴が正常に記録されませんので注意が必要です。

FullSizeRender
FullSizeRender
指定された7つのポイントを訪問し、設置されているQRコードを読み込んで訪問記録を取ることで完走となります。

FullSizeRender
ポイントは全て子午線に関するものが選ばれており、ほぼ一直線上に並んでいるので、予め場所を調べておけば、ものの30分もあれば回れてしまいますが、期間も長いので一度に全部回らなくても大丈夫です。
少しの時間で気軽に楽しむことが出来ます。

ポイント周辺には駐車場が無いので、明石市役所か明石市立天文科学館の駐車場に車を置いて、徒歩で回るのが便利です。

天文科学館がゴールとなるので、ゴールから最も離れたポイントから回っていきます。

トンボの標識(レプリカ)

IMG_5932
先ず向かったのは最も南にある「トンボの標識(レプリカ)」。
中崎遊園地と言う公園の中にあります。



1984(昭和59)年に明石市青年会議所によって市役所玄関前に建てられたもので、オリジナルは天文科学館の北側に立っています。
1990年に市役所前の駐車場建設にともない現在の位置に移動したそうです。
子午線標示柱としては本州最南端。

FullSizeRender
ポイント付近に設置されているQRコードをスマートフォンのカメラで読み込み、表示されたURLにアクセスすると、スタンプをGET出来ます。

モニュメント「刻(とき)」

FullSizeRender
続いて、同じ中崎遊園地の入口にあるモニュメント「刻」。



1989(平成元)年に、明石子午線クラブが結成25周年と市制70周年を記念して建てたものだそうです。

大日本中央標準時子午線通過地識標

FullSizeRender
子午線上に建つ明石警察署大蔵交番、通称「子午線交番」の隣にある石碑。



FullSizeRender
1910(明治43)年に、当時の明石群小学校教員らによって建てられたものだそうです。

日本標準時東経百三十五度子午線通過標

FullSizeRender
子午線上に建つ明石子午線郵便局の前にある石碑で、天文科学館の案内板で覆われています。



FullSizeRender
1933(昭和8)年建立。当時としては斬新な鉄筋コンクリート石張造だそうです。


山陽電車 人丸前駅

FullSizeRender
1991(平成3)年に、山陽電鉄の高架化に伴い移転改築されました。
プラットホームに子午線が通過している日本唯一の駅だそうです。



FullSizeRender
QRコードもプラットホームにあるのかと思ったのですが、見つかりませんでした。

FullSizeRender
探してみると駅入り口の時刻表の下に貼り付けてありました。これは分かりにくい。


明石市立天文科学館

FullSizeRender
1960(昭和35)年6月10日「時の記念日」に開館した、東経135度日本標準時子午線の標識を兼ねた地上54mの展望塔と、当時最新の大型プラネタリウムを備えた「時」と「宇宙」を展示する科学館。
旧東ドイツ、カールツァイス・イエナ社製プラネタリウムは稼働中のものでは日本一古いそうです。



FullSizeRender
震災を機にリニューアルされ、1998(平成10)年に震災復旧工事にともなう周辺整備の際に子午線の表示が引かれたそうです。


日本標準時子午線標示柱(トンボの標識)

FullSizeRender
1930(昭和5)年に月照寺山門前に建立され、1951(昭和26)年の再計測で現在の位置に移設されたそうです。



FullSizeRender
通称「トンボの標識」。
中崎遊園地にあるトンボの標識のオリジナルがこれです。



スタンプラリーを完走すると、記念品が貰えます。

FullSizeRender
記念品の受け取りのため、再び天文科学館へ。

入館受付でスマートフォンの特典情報画面を開いて係員に提示すると、記念品が貰えます。
天文科学館へ入館しなくても記念品は貰えますが、ついでに見学(入館料大人700円)されるのも一考かと思います。

FullSizeRender
こちらが記念品の缶バッジ。

FullSizeRender
色と柄の違うものが4種類ありますが、選ぶことは出来ません。
まあ、簡単に回れるスタンプラリーなので、贅沢言うのはヤボと言うものです。

スタンプラリーは2021年7月3日(土曜日)から9月30日(木曜日)までおこなわれていますが、記念品の引き換えは天文科学館の開館時間である必要があるのでご注意。

お手軽に参加出来るスタンプラリー、お立ち寄りの際には是非挑戦してみて下さい。

Aシート
 
大阪に出張してました。
新快速電車の混雑ぶりはよく知られていますが、今回、大阪に出張するに当たって、大きな荷物を持って満員電車に乗りたくなかったので、初めて新快速のAシートを利用しました。

AシートはJR西日本が2019年3月から導入している新快速電車の有料シートです。
12両編成の9号車のみに設定されており、車内で係員から利用券(一律500円)を購入して利用します。
支払いには現金の他、交通系ICカードも利用可能。
この時、空席が無ければAシートを利用することが出来ません。
また、グリーン車同様、Aシートが設定されている9号車はAシート利用者以外は立ち入ることも出来ません。

Aシートは従来、座席の予約が出来なかったので、利用は早い者勝ちとなり、混雑時にはほとんど利用することが出来なかったのですが、2020年12月から12席に限り指定席が導入されました。

Aシート指定席はJR西日本の予約サイト「e5489」の専用ページからも予約することが出来ます。
指定席を利用する場合は指定料金100円が上乗せされ、合計600円必要になります。
決済は事前のカード決済です。

FullSizeRender
と言うわけで、座席を予約しました。
乗車時にはこの画面を係員に提示することになっていますが、当日の検札はありませんでした。

FullSizeRender
指定席は通常のAシートとは異なる緑色のヘッドレストカバーが掛けられています。

IMG_4955
Aシートにはテーブル、ポケット付きの専用シートが導入されています。

FullSizeRender
AシートにはACコンセントとシートリクライニングがあります。
また今回利用しませんでしたが、9号車内では無料Wi-Fiが利用できます。

短い時間でしたが、快適な移動が出来ました。
600円を支払う価値は十分にあると思います。
今後も機会があれば利用したいです。


みどりの窓口
  

J-CASTニュースの記事より。



   12月16日、JR西日本は「みどりの窓口」の大幅な削減を発表した。JR西日本管区内において「みどりの窓口」設置駅は約340駅(2020年度初)である。2022年度末には約180駅、2030年度末には約100駅まで削減する。

この内容は2020年12月16日にJR西日本がリリースした社長会見において発表されたものだ。
(下表参照)
201216_05_kaiken
【JR西日本ニュースリリースより】

目的はもちろん人件費削減で、廃止した窓口に代えて高機能券売機や「緑の券売機プラス」で対応すると言う。

元記事では機械の苦手な高齢者などへの対応が課題になるとし、当面は券売機脇に説明のための職員を配置することになるのではないかとしている。

出張が多い私は基本的にはWEBから乗車券を購入しているが、同行者のきっぷを一度に購入する場合などがあり、みどりの窓口もよく利用していた。
同行者は当然自宅最寄り駅から乗車するため、個々人で乗車区間が異なるので、予め乗車区間のリストを出してもらっておいて、それを窓口に提示してきっぷを購入していた。
これなら間違いも無いし手間も掛からない。
私の最寄り駅のみどりの窓口は、ずいぶん前に廃止され、きっぷを買うために大きな駅へ行かなければならないが、普段から出張が多いので、移動のついでに立ち寄ればそれ程手間では無かった。
同じ事を考えている人が多いのか、みどりの窓口はいつも混雑している。

考えてみると私はみどりの券売機をほとんど利用したことが無い。
以前、予約したきっぷの受取をするためみどりの券売機を使ったところ、決済用のJ-WESTカードを何故か認識しなかった。
クレジットカード決済で予約したきっぷは同じカードで認証しないと受け取れない仕組みで、乗車時間が迫っているし仕方なくみどりの窓口に駆け込んだことを覚えている。
機械に苦手意識が無い人でもトラブルの対処までは気が回らないので、これが機械が苦手な人だったらパニックになってしまうのではないか。
みどりの窓口が廃止されても当面は駅員のサポートが不可欠になりそうだ。


無料
 
新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言を受けて、不要不急の外出を避けるため、多くの施設や店舗が休業しています。
我々のようにバイクを趣味としている者としては、ツーリングシーズン真っ只中の今、休日なのにどこにも出掛けられない状況に日々悶々としているわけですが。

ところで私は通販ジャンキーなのでAmazonの有料会員「Prime」(プライム)に登録しています。
Amazon発送商品の送料が無料になったり、会員だけの先行販売や割引があったりと、様々な特典が受けられるので、年額4900円(月額500円)の料金も十分に元が取れています。

今回はそんな特典の中から、Amazon Musicを紹介します。
Amazon MusicはAmazonの音楽配信サービスで、6500万曲が聴き放題になるAmazon Music Unlimitedもありますが、今回取り上げるのはプライム会員特典として追加費用無しで200万曲が聴き放題になるPrime Musicです。
Prime Musicで聴けるのは古めの洋楽が多く、最新の曲は少ないのですが、探してみると「これも聴けるの」と思うようなものが結構見つかります。

そんなPrime Musicで聴ける曲の中から、「旅行に行った気になる曲」6つを選んでみました。
どれもどこかで聴いた覚えのある名曲ばかりです。
※リンクをクリックすると音が出ますので音量にご注意下さい。

1.Around the World(80日間世界一周)




同名映画のテーマ曲ですが、ある年代以上の方には別の意味で大変思い入れのある曲ではないでしょうか。
海外旅行に行くこと自体が珍しかった時代、人々はパンナムに乗って海外へ行くのが夢だったのです。
そうなんですのよ。


2.Trummps Disco Theme(トランプス・ディスコのテーマ)




1970年代のディスコ・ミュージックなんですが、多くの日本人には違うイメージが刷り込まれています。
タイトルを知らなくても、聴けば「なるほど!」と納得するはずです。


3.S.W.A.T. (特別狙撃隊S.W.A.T.のテーマ)




1975年にアメリカで放映されたアクションドラマのテーマ曲。
しかし、この曲も長年の刷り込みによって、多くの日本人はこの曲を聴くと、訳もなくジャングルの奥地や洞窟を探検した気分になるのです。

4.The Bridge At Remagen(レマゲン鉄橋のテーマ)




1969年公開のアメリカの戦争映画のメインテーマ。
一見旅行とは関係なさそうですが、やはり多くの日本人はこの曲を聴くと何故か無人島に行った気になってしまうのです。
獲ったどー!

5.やってみよう(WANIMA)




時代はぐっと新しくなって、最近よく聞く曲です。
何事も始めなければ始まらない。
充電切れにはご注意下さい。

6.ふゆびより(佐々木惠梨)




トリは言わずと知れた(笑)この曲です。
実は、私は発売直後に有料配信で買ったので、この曲がPrime Musicにあることを最近まで知りませんでした。
良い時代になったものです(ちょっと悔しい)

皆さんも様々なサービスを上手く使って、この苦難の時期を頑張って乗り切りましょう。


ライダーズイン室戸
 
長らく休業中だった高知県の「ライダーズイン室戸」がグランピング施設に業態変更して2月27日から再開された。



「ライダーズイン」とは高知県に5箇所ある、ライダー向け簡易宿泊施設だ。
低価格で宿泊出来るため、四国ツーリングでの宿泊地や高知観光の拠点としてツーリングライダーに重宝された。
ライダー向け施設だが、ライダーでなくても利用は可能で、徒歩や自転車、車での旅で利用する人も多い。

開設された頃は世の中はバイクブームであり、利用者も多かったが、バイク人口の減少と共に利用者数も減少し、ライダーズイン室戸は管理事業者の撤退により長らく休業状態だった。
他のライダーズインも例外では無く、中土佐も奥物部も以前の管理者が撤退し、現在は新しい管理者の元で再出発を図っている。

そんな中にあって、ライダーズイン室戸の動向は注目されていたが、遂に業態変更への決断に至ったようだ。

murotobase55
ライダーズイン室戸は新たに「MUROTO base55」(室戸ベース55)と言うグランピング施設となった。
業態変更により「ライダーズイン」としては閉業となる。





↑このページのトップヘ