ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: 旅行

オンリーギュー

岡山県倉敷市に出張してました。
期間が短かったので、有名な美観地区とかは華麗にスルー(笑)
ホテルが駅前だったこともあり、仕事終わりには駅前で飲んでました。

この日も肉が無性に食べたくなったので、ホテル近くの焼肉店を探し、ホテル近くの商店街に一軒見つけました。
そして商店街へ向かったのですが、何故か焼肉店が見当たりません。
商店街を何度往復しても、店が無いのです。
これは閉店してしまったのかも…と帰りかけた時、

FullSizeRender
??

FullSizeRender
FullSizeRender
え?ここ入るの?

FullSizeRender
ダンジョンのような路地を進んでいくと、ありました。

店内は綺麗で、既に仕事帰りと思われる客で賑わっていました。
こんな場所でも知っている人はいるものですね。

よく分からないので取り敢えず生ビール。
キリンの一番搾りが何と290円(税別)。

FullSizeRender
セットメニューのAセット(2980円+税)を注文しました。
FullSizeRender
内容はロース、カルビ、バラ、ご飯、スープ、サラダ、キムチ、デザート、と、結構なボリューム。

FullSizeRender
野菜が欲しかったので野菜盛り合わせ(490円+税)を追加。

FullSizeRender
ちょっと欲張りすぎたようで、後半はお腹いっぱいになってしまい、何とか完食した感じになりました。

「オンリーギュー」と言う名前ですが、牛以外にも豚や鶏も置いているので、一人で利用するなら肉を1、2品と野菜、ご飯ぐらいでリーズナブルに美味しくいただけるかと思いました。

ホテルからも駅からも近いので、次に来たときも利用したいと思いました。


50円焼き鳥
 

出張予定が1日早く終わってしまい、この日が最終日となりました。
業務終了後に一人打ち上げ。

FullSizeRender
「50えん焼きとり」の看板の居酒屋を見つけて入ってみました。

ここ、「きんちゃん家」(きんちゃんち)千葉店は、船橋に本店がある居酒屋の支店なのですが、何故か公式サイトには記載がありません。

FullSizeRender
生ビール(480円+税)と、サービスのキャベツ。
生ビールは私の好きなサッポロ。
キャベツはおかわり自由。

FullSizeRender
何と10円(+税)、限定30食の「激安日本一」と言う日替わりメニュー。
この日は「とろたく」(たたいたトロに刻んだたくあんを混ぜたもの)。

FullSizeRender
刺身3種盛り(790円+税)。
まぐろは生で、とても美味しかったです。

FullSizeRender
焼き鳥6本盛り(300円+税)。
1本50円でも味は遜色ありません。
勝利の予感(笑)

FullSizeRender
最近見かけるようになったガリチュウ(450円+税)。
もうちょっとガリが多いほうが好み。

FullSizeRender
フレンチトースト(380円+税)があったので食べてみました。
ちょっと卵液への漬け込み時間が足らないかなー。

総じてリーズナブルで、仕事帰りにちょっと立ち寄るには良いところだと思います。
メニューは豊富ですが、食事よりは50円焼き鳥を食べながら酒を飲むスタイルが合ってると思いました。

ゆで太郎
 
仕事仲間が行きたいというので同行しました。
先日の一蘭に続いて、またもや千葉とはあんまり関係ないチェーン店(笑)
しかし、全国に店がある一蘭と違って、ゆで太郎は関西にはありません。
名古屋以東に来なければ食べられない(注:福岡にもあります)ので、関西にも隠れゆで太郎ファンは多いのです。
とは言え、私もゆで太郎を利用するのは今回が初めてなので、一体どんな店なのか、ちょっと興味あり。

FullSizeRender
この店はベイフロント蘇我というショッピングモールの敷地内にあります。

FullSizeRender
食券制で、定食メニューとかも豊富なのだけど、私は完全に蕎麦を食う気になっていたので蕎麦2枚盛りと単品で天ぷらを。
よく蕎麦屋にある天ざるとかがメニューに無いのが意外でした。

FullSizeRender
2枚盛り(470円)と海老天(150円)、舞茸天(100円)。
2枚盛りにはそばつゆが2つ着いてくるようです。

そばつゆは関東風の黒いつゆ。
よく、関東風と関西風のつゆの違いみたいなのが言われるけど、関西人の私ですが関東風のつゆはアリだと思っています。
蕎麦はちょっと細めの二八蕎麦っぽい見た目で、毎日店内で製麺しているそうです。
蕎麦の香りが薄いのは製麺から時間が経っているからでしょうか。
チェーン店のこの値段の蕎麦に対して言うことでは無いのかもですが。
あと、そば湯はカウンター前にポットに入って置かれており、自由に注いで飲むことが出来ます。
そば湯はちょっと薄めだったのですが、そば湯の濃さについては来店時間や客数によっても変わる場合があるので、今回はそうだったのだろうと思うことにします(汗)

色々気になるところはあったけど、手軽に蕎麦を食べられるのは良いですね。

異論は認めます
  
滞在している千葉駅周辺は、歓楽街に近いこともあって食べ物の店がめちゃくちゃ多いのです。
普段なら肉優先なのですが、昼食が弁当で肉類が多く、肉ばかり食べていては飽きるし胃にもたれるので必然的に麺類などの消化の良いものを選んでしまいます。

この日も夕食に何を食べるか決めかねて駅周辺をうろつくこと十数分、あー確かこの辺りにマクドナルドがあった気がするなあ今日はこれで良いか、と向かいかけたところ、ガード下に見覚え有る看板を発見。

FullSizeRender
あー、一蘭あるじゃん。
以前一緒に仕事した人が一蘭フリークで、暇さえ有れば一蘭食ってるし、宿泊先にお土産用一蘭を届けさせるし、どんだけ一蘭好きなんだよと。


【お土産用一蘭】

実は私はこれまで一蘭を食べたことが無くて、そんなに旨いものなら一度食べてみようと、この千葉の地で突然思い立ったのでした。

そんな訳で人生初一蘭は、この千葉店に決定。
夕食時には少し早いけど、既に空席待ちの人が3人ほど並んでいました。

FullSizeRender
並んでいた人たちはみんな「ラーメン+替え玉」(980円)を購入していたんだけど、私は初めてなので無難に「ラーメン」(790円)と生ビール(580円)を購入。

しばらく待って着席。
「ラーメンを食べるのに集中するため」一人ずつ衝立で仕切られた独特の席。
女性客は人目を気にせず食べられるし、客が長居しないので店も回転率が上がる。
上手いこと考えたもんですね。

店員さんが食券を回収し、引き換えにオーダー表を渡されます。

FullSizeRender
私のオーダーはこんな風にしました。

味の濃さはハッキリと「こい味」
こってり度は抑えめに「あっさり」
にんにくは大好きなので追加費用なしでの最大量「1片分」
ねぎは好みで「青ねぎ」
チャーシューはもちろん「あり」
秘伝のたれは店のおすすめ通り「1/2倍」
麺のかたさはよく分からないので「基本」

FullSizeRender
生ビールを飲みながら待つことしばし。

FullSizeRender
ラーメン登場。
おお、これが一蘭か。

味の濃さとこってり度は好み通りだったけど、最大量入れたはずのにんにくの味が全くしないんですけど。
まさか入れ忘れたりしてないよね?
チャーシューは薄めのものが2枚入っていて不味くは無いけど特徴的なものでも無かったです。
先日行った万龍軒のチャーシューのほうが好み。
秘伝のたれは多くすると辛くなるので1/2倍で丁度良かった感じ。
麺のかたさは「やわめ」のほうが良かったかも。
あと、個人的に替え玉は必要だと思いました(笑)
美味しかったけど、自分で決めた味とは言え、色々と不満の残る結果になりました。
何度か通わないと一発でベストマッチを見つけるのは難しそう。
一蘭のレビューとか見てると「自分には合わなかった」的なものが結構見つかるのだけれど、そんな人たちはオーダー時の選択が上手く行かなかったのかも知れませんね。

FullSizeRender
今回の結果を教訓に、次回訪問時にはベストマッチを目指します。


万龍軒
 
千葉に出張しています。
宿泊しているのが千葉駅の近くなので、夕食は千葉駅周辺で探すことになります。

この日は同じ仕事のグループで千葉駅近くの「万龍軒」に行きました。
場所はビルの2階なのですが、看板が判りにくくて、うっかり通り過ぎてしまいました。

入口に食券機があり、食券を購入してから席に着きます。
私は初見なので無難に「長州ラーメン」(660円)を。

ビールを飲みながら待つことしばし、注文の品が運ばれてきました。

FullSizeRender
長州ラーメン。
とろみのある豚骨醤油スープですが嫌な匂いは無く、とても美味しい。
少しアクセントを付けたくて、テーブルに置いてあるおろしニンニクと紅ショウガを入れました。
麺はスープに合わせた中太のストレート麺。
チャーシューは肉の食感を残しながらも、ほろりと崩れる煮込みチャーシュー。
スープまで飲み干して完食しました。
ひとつ、後悔があるとすれば、炒飯セットにしておくんだったと思いました(笑)

例によって予備知識も入れず、適当に検索しただけの店でしたが、後で調べたら結構な人気店だったみたいです。
機会があればまた行きたいと思いました。



↑このページのトップヘ