ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: ライフ

大幅増
 

当ブログの8月の月間プレビュー数は

19718PV

でした。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


何と、先月より5000PVも増加しました。

今月は初の北海道ツーリングに行くことが出来ました。
やはり北海道ツーリングに興味を持っている人が多いようで全体のアクセスが底上げされた感じです。

多くの方に読んでもらえたことは大変ありがたいです。
引き続き多くの皆さんに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。


さて、先月はこんな記事が多く読まれました。

相変わらず当ブログの約半分のプレビュー数をたたき出している人気コンテンツ、静岡の人気レストラン「さわやか」関連。

ドンキホーテで販売されていた「公道走行可能」を謳う電動キックボードが販売停止になったことを受けて、何が問題だったのかを法律面から解説した記事です。
今月は2位にランクイン。

原付で淡路島をツーリングした記事です。
3位には、この記事がランクインしました。
ここ数ヶ月安定したアクセスがあります。


ピックアップ

アクセス数が急激に伸びた記事を順位に関係なくピックアップして紹介します。
今月はこちらの記事がアクセスを集めました。

私が愛用しているブーニーハットの紹介記事です。
かなり前の記事ですが、何故か今になってアクセスを集めています。

ビーノのキーシャッターが開かなくなった原因と対処法を紹介した記事です。
こちらも何故か最近になってアクセスを集めました。
知っていれば大したことないですが、知らないと焦ってしまいますね。

早くも北海道ツーリング関連の記事がアクセスを集めました。
50年に一度と言われる稚内の暴風雨と、それに伴うバイクの故障。
文字通り試されまくりました。


相変わらず内容の乏しい当ブログですが、たくさんの方に読んで頂けたのは大変ありがたいです。

これからも可能な限り更新していきますので、良かったらお付き合い下さい。

よろしくお願いします。


純減
 

当ブログの7月の月間プレビュー数は

15502PV

でした。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


先月より1400PVほど減少しました。

新型コロナウイルス関連では、第2波とみられる感染者数増加が確認されています。
旅行やキャンプでの感染も確認されており、ツーリングやキャンプに行きづらい状況になっています。

それでも多くの方に読んでもらえたことは大変ありがたいです。
引き続き多くの皆さんに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。


さて、先月はこんな記事が多く読まれました。

相変わらず当ブログの約半分のプレビュー数をたたき出している人気コンテンツ、静岡の人気レストラン「さわやか」関連。

SENAのインカム30Kを取り付けた時のレビュー記事です。
こちらも安定したアクセスがあります。

ドンキホーテで販売されていた「公道走行可能」を謳う電動キックボードが販売停止になったことを受けて、何が問題だったのかを法律面から解説した記事です。
3位には、この記事がランクインしました。

ピックアップ

アクセス数が急激に伸びた記事を順位に関係なくピックアップして紹介します。
今月はこちらの記事がアクセスを集めました。

バイク向けに最適化されたナビゲーションデバイス「Beeline Moto」のレビュー記事です。
購入時には一悶着あった(記事参照)のですが、現在は便利に活用しています。

SNSで話題になったレンタルバイクでの立ちゴケ修理についての記事です。
やはり皆さん気になるようでアクセスを集めました。

保安基準を満たさない電動キックボードを「公道走行可能」と称して販売している業者について指摘した記事です。
上記のドンキの電動キックボード関連でアクセスを集めたようです。
電動キックボードはいよいよ実証実験が始まろうとしていますので、業界の発展の為にも軽はずみな真似は自重して欲しいと思います。


相変わらず内容の乏しい当ブログですが、たくさんの方に読んで頂けたのは大変ありがたいです。

これからも可能な限り更新していきますので、良かったらお付き合い下さい。

よろしくお願いします。


知らない
 





レスポンスの記事より。

元記事では、新型コロナウイルスの影響で自転車の人気が高まり、乗車率が増えるに従って自転車による事故も増加している、としている。

とはいえ、自転車は軽車両でありこのように道交法が適用されるというのに、乗るときのルールをきちんと教わったことがない。「小学校のときにやりましたよね?」って言われても、あなた、私をいくつだと思っているのよ。半世紀もたって覚えているわけがないでしょう=開き直り。
実際こう言う人は多い。
しかし、多くの人が普通自動車の運転免許を所持している。
道路交通法は基本的に車両全てに当てはまり、免許取得に合わせて自転車に関する法規も学んでいるはずなので、免許取得者であれば小学校以来と言う事は無いはず。
要は覚える気が無いだけなのだ。
何故、覚える気が無いかと言うと、「自転車は捕まらないから」に尽きる。
自転車の違反はよほどの重大事故や飲酒運転などで無い限り、注意だけで済まされることが多い。
免許保持者が自転車で交通違反をした場合も免許の点数が引かれるのだが、自転車の取り締まりはほぼおこなわれていない。

元記事ではここで10問の○×クイズを出している。
自転車でよくありがちなシチュエーションが道路交通法的に合法か違法かを示すものだ。
各項目は元記事を見て貰うとして、一つ気になったのが
(3)自転車は車道を走らなければならない
の項目。
答えはもちろん○だが、解説にこんなことが書いてあった。
ただし、子どもや高齢者などは歩道走行が認められています。また、大人でも走行が認められている歩道や、幹線道路など交通量が多い道も歩道走行が可。
待て待て。
自転車の歩道走行は認められていない

道路交通法第六十三条の四では
2 前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。
とあり、歩道を通行する場合は車道寄りを徐行しなければならないと定められている。
例外として、「通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行」することが出来るが、これは道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された「普通自転車通行指定部分」に限られる。
さらに、「普通自転車通行指定部分」とは道路標識および道路標示で明示された部分であって、自治体がカラー舗装などで勝手に歩道に線を引いた、いわゆる「自転車ナビマーク」については適用されない

このほかにも、飲酒運転(自転車に乗って帰ると知っている人に酒類を提供することを含む)も、交通事故の場合の救護義務も、一時停止も、徐行も、踏切の通過も、当然、信号機に従う義務もクルマと同じ対応が求められます。

免許保持者が自転車で交通違反をした場合も免許の点数が引かれるのは先述の通り。
つまらないことで免許を無くさないよう、自転車だからと気を抜かないように気をつけたい。

微減
 

当ブログの6月の月間プレビュー数は

16919PV

でした。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


先月より500PVほど減少しました。

緊急事態宣言も解除され、徐々に以前の生活に戻りつつあります。
昨年のようなキャンプやツーリングに行ける暮らしに早く戻りたいですね。

それでも多くの方に読んでもらえたことは大変ありがたいです。
引き続き多くの皆さんに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。


さて、先月はこんな記事が多く読まれました。

相変わらず当ブログの約半分のプレビュー数をたたき出している人気コンテンツ、静岡の人気レストラン「さわやか」関連。

SENAのインカム30Kを取り付けた時のレビュー記事です。
こちらも安定したアクセスがあります。


3位には、この記事がランクインしました。
ここ数ヶ月で徐々にアクセスが伸びてきています。
淡路島ツーリングの需要が回復しつつあるのでしょうか。

ピックアップ

アクセス数が急激に伸びた記事を順位に関係なくピックアップして紹介します。
今月はこちらの記事がアクセスを集めました。

私の所有するブーニーハットについて紹介した記事です。
普段はあまりアクセスのない記事ですが、何故か今月はよく読まれました。
なお、ここで紹介したクライ・プレシジョンのブーニーハットは、昨年キャンプに行ったときに無くしてしまいました。
アメリカに行かないと手に入らないのに…。


昨年のマツダ株主総会に参加した時の記事です。
総会の時期に当たり、アクセスを集めたようです。
コロナウイルスの影響で大幅に縮小された今年の総会には出席しませんでした



トライクの法定最高速度について警察に取材した記事です。
この記事の通り、警察ですら間違えることもあるので、言われたことを鵜呑みせず、情報は1次ソースをあたることを心がけましょう。



相変わらず内容の乏しい当ブログですが、たくさんの方に読んで頂けたのは大変ありがたいです。

これからも可能な限り更新していきますので、良かったらお付き合い下さい。

よろしくお願いします。


マスク

と言ってもアベノマスクではありません。

コロナウイルス騒動がピークだった4月下旬、アメリカの装備品メーカー「S.O.Tech」が米国の警察や政府機関などの前線で活動する人向けに再使用可能な布マスクを発売しました。
S.O.Techは米軍や警察などへ装備品を納入しているメーカーです。
布マスクもロサンゼルス警察へ7500枚を納入した実績があるそうです。
余談ですがS.O.Techは退役軍人の支援活動をおこなっており、退役軍人によって製作されたテディベア「Battle Bear」で知られています。

マスクは政府機関向けですが一般でも購入することが出来ます。
ただし、政府機関へ優先出荷するため、一般購入者への発送はいつになるか判らない、そうです。

興味があったのと、花粉症対策用に買い溜めしておいたマスクも残り少なくなり、必要に迫られたので取り敢えず発注しておきました。

FullSizeRender
それから一ヶ月以上経って、ようやく手元に届きました。

FullSizeRender
3枚入りで22.5$と結構なお値段。(画像は1枚)
日本からの購入には更に国際送料が加算されます。

FullSizeRender
もちろんアメリカ製。

FullSizeRender
生地は6.5oz、100%コットンのリップストップ生地が使われています。
ストラップは長時間の連続使用に対応したオーバーヘッドタイプ。
頭のサイズに合わせてストラップの長さを調整できるようになっています。
鼻当ての部分には柔らかい金属(アルミまたは真ちゅう)の芯が入っていて隙間が出来にくくなっています。

FullSizeRender
マスク1枚につき4枚の不織布インナーライナーが付属しています。
インナーライナーは洗濯して再利用可能。
インナーライナーは毎日取り替えることが推奨されています。

スペック上は必要十分なマスクなのですが、普段マスクを使用する文化が無いアメリカの製品だからなのか、あるいは急造のためなのか、実際に使用してみると色々と気になるところが出てきました。

FullSizeRender
付属のインナーライナーはマスクのポケットと微妙にサイズが異なっていて、スッキリと収めることが出来ません。
ポケットの入口がマスクの中央にあるのも使い勝手を悪くしています。
日本製の同等品ではライナーを上か横のポケットから挿入するタイプが多いようです。

マスクの生地は丈夫で繰り返しの洗濯にも耐えますが、その分厚みがあり、これから気温が高くなってくると暑苦しくなりそうです。

コロナウイルス騒動の時点では布マスクを販売していたところは少ない上に品薄で、オーバーヘッドタイプとなると非常に限られていたのですが、現在は日本国内のメーカーから優れた製品が次々と発売されていますので、特別な理由が無い限りわざわざアメリカから取り寄せるほどでは無いかも知れません。
人と違った物を使ってみたい人やミリタリーグッズに興味がある人には向いている製品かも知れません。


↑このページのトップヘ