ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: ライフ

マスク

と言ってもアベノマスクではありません。

コロナウイルス騒動がピークだった4月下旬、アメリカの装備品メーカー「S.O.Tech」が米国の警察や政府機関などの前線で活動する人向けに再使用可能な布マスクを発売しました。
S.O.Techは米軍や警察などへ装備品を納入しているメーカーです。
布マスクもロサンゼルス警察へ7500枚を納入した実績があるそうです。
余談ですがS.O.Techは退役軍人の支援活動をおこなっており、退役軍人によって製作されたテディベア「Battle Bear」で知られています。

マスクは政府機関向けですが一般でも購入することが出来ます。
ただし、政府機関へ優先出荷するため、一般購入者への発送はいつになるか判らない、そうです。

興味があったのと、花粉症対策用に買い溜めしておいたマスクも残り少なくなり、必要に迫られたので取り敢えず発注しておきました。

FullSizeRender
それから一ヶ月以上経って、ようやく手元に届きました。

FullSizeRender
3枚入りで22.5$と結構なお値段。(画像は1枚)
日本からの購入には更に国際送料が加算されます。

FullSizeRender
もちろんアメリカ製。

FullSizeRender
生地は6.5oz、100%コットンのリップストップ生地が使われています。
ストラップは長時間の連続使用に対応したオーバーヘッドタイプ。
頭のサイズに合わせてストラップの長さを調整できるようになっています。
鼻当ての部分には柔らかい金属(アルミまたは真ちゅう)の芯が入っていて隙間が出来にくくなっています。

FullSizeRender
マスク1枚につき4枚の不織布インナーライナーが付属しています。
インナーライナーは洗濯して再利用可能。
インナーライナーは毎日取り替えることが推奨されています。

スペック上は必要十分なマスクなのですが、普段マスクを使用する文化が無いアメリカの製品だからなのか、あるいは急造のためなのか、実際に使用してみると色々と気になるところが出てきました。

FullSizeRender
付属のインナーライナーはマスクのポケットと微妙にサイズが異なっていて、スッキリと収めることが出来ません。
ポケットの入口がマスクの中央にあるのも使い勝手を悪くしています。
日本製の同等品ではライナーを上か横のポケットから挿入するタイプが多いようです。

マスクの生地は丈夫で繰り返しの洗濯にも耐えますが、その分厚みがあり、これから気温が高くなってくると暑苦しくなりそうです。

コロナウイルス騒動の時点では布マスクを販売していたところは少ない上に品薄で、オーバーヘッドタイプとなると非常に限られていたのですが、現在は日本国内のメーカーから優れた製品が次々と発売されていますので、特別な理由が無い限りわざわざアメリカから取り寄せるほどでは無いかも知れません。
人と違った物を使ってみたい人やミリタリーグッズに興味がある人には向いている製品かも知れません。


マツダ

株主です。

IMG_1773
「第154回 定時株主総会」の招集通知が届きました。
株主総会のレポートは当ブログの人気コンテンツなので(笑)、出来れば出席したかったのですが、今年は状況を鑑みて出席を取りやめることにしました。

新型コロナウイルス拡大防止の観点から長らく移動自粛などの要請がおこなわれていました。
要請は6月19日に全面解除となりましたが、当株主総会においては極力、当日の来場を控えるように通知が出ています。

IMG_1774
招集通知なのに来場するなと言う、何とも矛盾した表現ですが、この様な状況下でのギリギリの選択だったのでしょう。

新型コロナウイルスによる移動制限が世界中でおこなわれる中で、海外の企業では株主総会をオンラインで開催するところも多く見られました。

日本では会社法の定めにより、日時及び場所を「定めなければならない」(第298条)となっており、オンラインのみでの株主総会は認められていません。
ただし、経済産業省によると、

株主総会を開催するリアルの「場所」を設けつつ、オンライン等での参加/出席を認める株主総会を実施することは、現行法上可能です。

としており、併用することは可能です。
この様な状況ですから、会社側も「来るな」と言うばかりではなく、オンライン参加を可能にし、株主に広く開かれた総会にして欲しかったと思います。



今年は創立100年の節目であると共に、9年ぶりの最終赤字との事で訊きたいことが色々あったのですが、大人しく報告を待ちたいと思います。

今年は株主総会後のマツダミュージアム見学も中止になるそうで、来場自粛と相まって静かな総会になりそうな気がします。

【ここから、6月25日追記】
24日付、中国新聞デジタルによりますと、
 総会は新型コロナ対策で大幅に縮小した。午前10時に始め、株主80人が出席し27分で終わった。昨年は387人の出席で1時間53分だった。
とのことです。

また、広島ホームテレビによりますと、

総会では減収減益となった通期決算などが報告されましたが株主からの質問はわずか3人と少なく、約30分という異例の早さで終わりました。

とのことで、予想通り静かな総会だったようです。
【ここまで、6月25日追記】

純増
 

当ブログの5月の月間プレビュー数は

17579PV

でした。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


先月より5000PVほど増加したのですが、実は4月のまとめを書くのをすっかり忘れていました

先月に引き続き、コロナウイルス騒動の最中、出張に行きまくっていたわけです(ドクロ)
当然ながら更新も滞り、読者の皆様には大変申し訳ないことになってしまいました。

それでも多くの方に読んでもらえたことは大変ありがたいです。
引き続き多くの皆さんに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。


さて、先月はこんな記事が多く読まれました。

相変わらず当ブログの約半分のプレビュー数をたたき出している人気コンテンツ、静岡の人気レストラン「さわやか」関連。

コロナウイルスの影響で休業していましたが、5月21日より順次再開との事です。

SENAのインカム30Kを取り付けた時のレビュー記事です。
こちらも安定したアクセスがあります。


同じくSENAのインカム30Kのファームウェアをアップデートした時の記事です。
ファームウェアのアップデートに関しては「SENA 30KがMESH 2.0に対応」のほうが新しい記事なので、こちらも是非ご覧下さい。

ピックアップ

アクセス数が急激に伸びた記事を順位に関係なくピックアップして紹介します。
今月はこちらの記事がアクセスを集めました。

公開直後大きな反響があった記事です。
現在も多くのアクセスがあります。
この記事は主にアメリカ市場向けの車両について書かれており、日本仕様では異なる場合があるようですからご注意下さい。


一部業者が販売している公道走行可能を謳う電動キックボードの問題点を法律面から解説した記事です。
近年は公道走行可能を謳う電動キックボードが各社から発売されているので、その関連でアクセスが増えたのでしょうか。


日本の法規における4輪バイクの扱いについて解説した記事です。
新しいカテゴリーの車両が次々と発表されており、法律面の整備が急がれます。



相変わらず内容の乏しい当ブログですが、たくさんの方に読んで頂けたのは大変ありがたいです。

これからも可能な限り更新していきますので、良かったらお付き合い下さい。

よろしくお願いします。


RED EDITION
 

話は3月に遡ります。
客先に入り込んでの仕事が決まったのですが、その会社はセキュリティに厳しく、スマホや通信機器を現場に持ち込むことが出来ません。
スマホは控え室に置いておけば良いのですが、問題はパソコンです。
私が業務で使用しているVAIO A12は、タブレットとしても運用できる2in1PCです。
その特徴として、画面部分を分離させてタブレットとし、取り外したキーボード部分はそのまま無線キーボードとして使うことが出来るのです。
レイアウトフリーで使うことが出来るので重宝しているのですが、これがここに来て問題となりました。
その会社の規定では無線機器も通信機器とみなされるため、キーボードやマウスは有線のものしか持ち込めないのです。
すなわち使用不可。
現在、手元には上記の条件を満たすパソコンは古いLet's note CF-B10しかありません。
SSDに換装して何とか実用的に運用できるようにはしていますが、32bitOSなのでメモリは4GBしか認識されないし、何よりバッテリーが1時間弱しか保ちません。
さすがにこれでは心許ないので、急遽現場用のパソコンを購入することにしました。
私はいつも業務用PCはBTOで組むのですが、新型コロナウイルスの影響により、PCのパーツが入手困難になっているらしく、納期が掛かったり、受注を停止していたりと思うように行きません。
しかたなく3月の仕事はLet's noteで乗り切りましたが、この先については先手を打っておくことにしました。

様々な候補の中からVAIO SX14を選定しました。
14インチながら12インチのA12とほぼ変わらない大きさで、重さも1kg程度。
以前、VAIO A12を購入して品質も良かったので、その点も安心です。
しかし価格が高い。
欲しいスペックを組むと予算を軽くオーバーしてしまいます。
丁度「新生活応援セール」をやっていて割引があるものの、それでも足りませんでした。
仕方が無いのでスペックを落とすことにし、何とか予算内に収めました。

購入するに当たって、楽天リーベイツを経由することを忘れていたので、楽天リーベイツのサイトからVAIOの紹介ページへ移動しました。

FullSizeRender
当時のポイントバックは4%。
パソコンの様な高額商品だとかなりの還元です。

FullSizeRender
そして、うっかり見落としそうなところにクーポン提供中との記載が。
※現在クーポンの配布は終了しています。

最初は4%バックのクーポンかと思ったのですが。

楽天リーベイツのボタンからVAIOストアに行き、商品を選んでクーポンコードを入力したところ、
「クーポン値引き −30000円」の文字が。
何と、このクーポンは4%バックとは別の、3万円引きのクーポンだったのです。
そんな事、どこにも書いてなかったのに。
3万円も値引いてくれるなら何も無理にスペックを下げなくても良くなります。
そこで購入を一旦キャンセルし、再び選定をやり直しました。

それから3週間後。
やはり新型コロナウイルスの影響なのか、A12の時よりは多少時間が掛かりましたが、遂にやって来ました!

IMG_1389
VAIO SX14 RED EDITIONです。

限定モデルの赤は本当に綺麗で、ちょっと使うのが気恥ずかしいですが(笑)

FullSizeRender
14インチながら4K解像度のディスプレイを搭載しています。
Windows10により文字サイズやウインドウサイズは自動調整されるのですが、古いアプリケーションではこれに対応していないものも有るみたいで、たまに文字が小さく表示されたりレイアウトが崩れたりするものがありました。
そんな場合はその時だけHD解像度に設定を変更すれば問題なく使用することが出来ました。

キーボードはALL BLACK EDITIONと同様の隠し刻印キーボードを選定しました。
隠し刻印を選定するとキーボードバックライトが使えなくなるので、暗いところで使用する可能性のある場合は注意が必要ですが、実際使ってみると画面の明るさだけでも結構使えます。

こんなに綺麗なパソコンを現場ぶん投げ用PCにするのは釈然としないのですが、これもストレスのない生活を送る為には仕方有りません。
お仕事頑張ろう(笑)


無料
 
新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言を受けて、不要不急の外出を避けるため、多くの施設や店舗が休業しています。
我々のようにバイクを趣味としている者としては、ツーリングシーズン真っ只中の今、休日なのにどこにも出掛けられない状況に日々悶々としているわけですが。

ところで私は通販ジャンキーなのでAmazonの有料会員「Prime」(プライム)に登録しています。
Amazon発送商品の送料が無料になったり、会員だけの先行販売や割引があったりと、様々な特典が受けられるので、年額4900円(月額500円)の料金も十分に元が取れています。

今回はそんな特典の中から、Amazon Musicを紹介します。
Amazon MusicはAmazonの音楽配信サービスで、6500万曲が聴き放題になるAmazon Music Unlimitedもありますが、今回取り上げるのはプライム会員特典として追加費用無しで200万曲が聴き放題になるPrime Musicです。
Prime Musicで聴けるのは古めの洋楽が多く、最新の曲は少ないのですが、探してみると「これも聴けるの」と思うようなものが結構見つかります。

そんなPrime Musicで聴ける曲の中から、「旅行に行った気になる曲」6つを選んでみました。
どれもどこかで聴いた覚えのある名曲ばかりです。
※リンクをクリックすると音が出ますので音量にご注意下さい。

1.Around the World(80日間世界一周)




同名映画のテーマ曲ですが、ある年代以上の方には別の意味で大変思い入れのある曲ではないでしょうか。
海外旅行に行くこと自体が珍しかった時代、人々はパンナムに乗って海外へ行くのが夢だったのです。
そうなんですのよ。


2.Trummps Disco Theme(トランプス・ディスコのテーマ)




1970年代のディスコ・ミュージックなんですが、多くの日本人には違うイメージが刷り込まれています。
タイトルを知らなくても、聴けば「なるほど!」と納得するはずです。


3.S.W.A.T. (特別狙撃隊S.W.A.T.のテーマ)




1975年にアメリカで放映されたアクションドラマのテーマ曲。
しかし、この曲も長年の刷り込みによって、多くの日本人はこの曲を聴くと、訳もなくジャングルの奥地や洞窟を探検した気分になるのです。

4.The Bridge At Remagen(レマゲン鉄橋のテーマ)




1969年公開のアメリカの戦争映画のメインテーマ。
一見旅行とは関係なさそうですが、やはり多くの日本人はこの曲を聴くと何故か無人島に行った気になってしまうのです。
獲ったどー!

5.やってみよう(WANIMA)




時代はぐっと新しくなって、最近よく聞く曲です。
何事も始めなければ始まらない。
充電切れにはご注意下さい。

6.ふゆびより(佐々木惠梨)




トリは言わずと知れた(笑)この曲です。
実は、私は発売直後に有料配信で買ったので、この曲がPrime Musicにあることを最近まで知りませんでした。
良い時代になったものです(ちょっと悔しい)

皆さんも様々なサービスを上手く使って、この苦難の時期を頑張って乗り切りましょう。


↑このページのトップヘ