ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > URAL SAHRA

人柱
 
前回お伝えした通り、私のウラルはクラッチスプラインの摩耗が発覚し、部品の入荷待ちです。
ディーラーの話では現在日本には部品在庫が無く、修理の目処が立たない状況。

しかし、仮に部品があったとしても、前と同じ部品を使うなら、また前と同じ結果になるんじゃないの?と疑問が。

クラッチスプラインの摩耗はウラルでは割とメジャーなトラブルで、知り合いのウラルにも時々発生しているし、海外のコミュニティにも事例を見つけることが出来ます。
ウラルは毎年のモデル更新毎に改良を繰り返していますが、クラッチスプラインについては改良された記録が見つけられません。
ディーラーの見解では、クラッチスプラインの摩耗は走行距離や使用状況に相関関係が無いそうで、部品の品質にムラがあるのではないか、とのことです。

しかし、メジャーなトラブルなら、メーカーが対処しなくてもサードパーティやユーザーレベルで対処しようとする人が必ず出て来るはず、とウラルのクラッチ関連で検索してみると、ありました。


FullSizeRender
みんな大好きAliExpressに、対策品と思われるクラッチプレートを発見。
本来は長江サイドカー用のようですが、ウラルも長江もBMWのパクリなので、この辺りはBMWも含めて共通で使えるようです。パクリ最高!(錯乱)
しかもお値段、何と6千円台、しかもクラッチスプリング付き、海外送料込み。
恐るべし中華。

この対策品クラッチプレートの最大の特徴はダンパーを搭載していること。
トラックなど、自動車のクラッチによく見られる構造です。
クラッチが繋がった時に、ダンパーが吸収することでクラッチへの衝撃を緩和します。

FullSizeRender
ウラルの純正部品では、2枚のプレートで1枚の中間プレートを挟んだ構造になっており、中間プレートの分だけスプラインとの接触面積が少なくなり負荷が集中し易いのではないかと考えます。

対策品では中間プレートが省略された一体構造で、スプラインの接触面積が広いので、負荷が分散されると思われます。
中間プレートが無い分、クラッチの軽量化にもなりそうです。
ダンパー搭載によりスプラインへの攻撃もいくらか緩和されるでしょう。

と言う訳で、早速ポチっと。
何せ6千円なので、最悪捨てちゃっても惜しくないので、ここはチャレンジです。
到着まで二週間程度という話だったんですが、何と8日で到着しました。

IMG_6390
中華製品にありがちな小汚い梱包で届きました。
中身さえ無事ならどうでも良い。

IMG_6368
意外と丁寧な作りで、心配していた錆や汚れ、変形はありませんでした。

FullSizeRender
直径は18センチ。

FullSizeRender
厚みは14ミリ。

FullSizeRender
ライニングの溝の深さは1ミリ。
溝が無くなったら交換時期だと思うんですが、1ミリで何キロ走れるんでしょうか。

このクラッチプレートを早速ディーラーに持ち込みました。

FullSizeRender
私のウラルはこの状態。

FullSizeRender
ギヤボックスに取り付けてみたところ、スプラインの精度は良さそうでした。

FullSizeRender
フライホイールに仮組みしてみました。
寸法上も問題は無さそうでした。

目視では特に問題は見つからなかったので、発注しているメインシャフトが到着次第、このクラッチプレートを組み付けて貰うことにしました。

耐久性とか走行可能距離とか気になることは多いですが、もし使用に耐えるなら儲けもんです。
全国のウラル乗りの皆さん、続報にご期待下さい(笑)


クラッチか
 
さて皆さんお待ちかね、ウラルの修理進捗のご報告です。

sate
【参考画像】


FullSizeRender
前回、交換したばかりの側車ホイール(中古流用)が、一週間置いといただけでバキバキに割れてしまう不具合が発生したところまで報告しました。

先日、ホイール(今度は新品)の交換と、保留になっていたドライブシャフトからのオイル漏れ修理をおこなうため、ウラルは入渠しました。

そこまでは良かったのですが。

ある日の夜、ディーラーからメールがありました。
クラッチのスプラインが摩耗しており、交換をお勧めするとの事でした。

こちらが添付されていた画像です。

IMG_3462
【画像提供:ウラル関西】

クラッチプレートとメインシャフトを繋ぐスプラインが摩耗してしまっています。

IMG_3460
【画像提供:ウラル関西】

クラッチプレートのスプラインが摩耗すると言う事は、当然メインシャフトも同様なわけで。

実は不動になる少し前から、クラッチミートすると高頻度で「ガコン」と言う異音が発生するようになり、ディーラーにも症状を伝えていました。
ディーラーはドライブシャフトのダンパーのヘタリを疑っていたらしいのですが、そこは常々目視確認していて問題ない事が解っており、異音の原因は不明のままだったのです。
今回、スプラインの摩耗が発覚した事で、異音の原因はこれではないかと思われます。

クラッチスプラインの摩耗はウラルでは割とメジャーなトラブルで、知り合いのウラル乗りにも発生した事があります。
私は、このトラブルは過走行過積載に起因すると思っていたので、まさか走行2万5千キロの自分のウラルに発生するとは考えていませんでした。

スプラインの摩耗を放置して、完全に削れてしまうと走行不能になってしまいますから、早急に対策しなければいけません。
同じトラブルの人の話をまとめると、このトラブルは大体2万〜3万キロ走行で発生するようで、走行距離に達した人やクラッチミート時に異音がする人は要注意です。
メインシャフトを交換しますから、エンジンの積み降ろしと分解が伴うので相応の費用を覚悟しなければいけません。

クラッチプレートは現在ウラルジャパンに在庫が無く、再入荷は10月以降との事で、またまた復帰が遅れそうです。

まさかの
 
IMG_6099
先日、大改修を終えて帰宅途中に再び動かなくなってしまった私のウラル。
修理を終えて自宅へ納車されました。

ディーラーから原因と修理内容の説明がありました。
  • 前回の改修の際、ガソリンタンクを外すためガソリンを抜いたのを戻し忘れた。
  • 前回の改修でメインハーネスをケーヒンインジェクションに対応した物に入れ替えたが、その際、燃料警告灯が接触不良により不点灯の状態だった。
つまり、ガス欠!

実は、停まった時に、ガス欠を真っ先に疑ったのですが、ディーラーに車両を渡す前に満タンにしていた事と、燃料警告灯が点灯しなかった事、インジェクターからガソリンの噴出を確認していた事から原因では無いと判断していました。

インジェクターからガソリンが吹いていたのは目視で確認しましたが、どうやら適正量では無かったようです。

タンクを取り外す前にガソリンを抜くのは整備上、分からなくは無いのですが、ディーラーから説明が無かったのと、引き渡す前に満タンにしていたので、その発想が頭から全く抜け落ちていました。
警告灯が点かなかったのは全く想定外でした。

FullSizeRender
なお、ドライブシャフトからのオイル漏れについては、前回の改修時にディーラーの試走で再現しなかったため保留になっていたのですが、今回の問題発生時に再発が確認されたため、部品が入荷次第対応することになりました。

これで取り敢えずウラルが動かせるようになりました。
めでたしめでたし。







と言ったな。








arehausoda
【イメージ】

週末にウラルを使う予定で前日に整備していたところ、

FullSizeRender
交換したばかりの側車ホイールがバキバキにひび割れているのを発見。
早速ディーラーに交換を依頼しました。


最終回じゃないぞよ
【続くな】

復活…?
 
当ブログ読者ならご存じの通り、私のウラルは深刻な故障を多数抱えて走れない状況になっていました。
昨今のコロナ禍で生産と物流が滞り、修理するにも部品が入荷しないのです。
折しもウラルは世界中で販売好調の為、部品は新車の製造に優先して回されていると言う噂で、修理用の部品は発注しても全く入荷しないのです。
最後に走行してから、実に7ヶ月が経過していました。

そんなある日、突然ディーラーから電話がありました。
「入ったで」
遂に部品が入荷したのです。
早速車両引き揚げの手配をし、車両はディーラーへと運ばれて行きました。

そして1ヶ月後、修理が完了したとの連絡があり、車両を引き取りに行きました。

IMG_5989
いつも通りの見た目ですが、今回は過去最大規模の大改修をおこなっています。

FullSizeRender
最大の変更点はこれ。
ケーヒンアップグレードインジェクション!
現行ウラルに採用されている最新システムが我が手に。
今まで再三にわたり私を苦しめてきたエレクトロジェット製インジェクションと、遂に決別しました。
これでもう、山の中で立ち往生する事は無くなるのです。
お赤飯炊かなきゃ!

FullSizeRender
そして、リムに亀裂が見つかった側車輪は、事故車から取り外したホイールを格安で譲って貰い取り付けました。モノがモノなんで嫌な予感がしますが、新品ホイールは高い上に入荷しないので、背に腹は代えられません。

FullSizeRender
あと、2万キロ点検において、バルブからの圧縮漏れとプッシュロッドの傷が発見されたので、バルブのすり合わせとプッシュロッドの交換をおこないました。
バルブのすり合わせはこれで3回目で、過去には新車時と1万キロ時におこなっています。
1万キロに一回のバルブすり合わせは、ウラルでは「よくある事」だそうです。
それだけカーボンが溜まりやすいって事なんでしょうかね。
プッシュロッドの傷はロッドが回転した際に付くそうです。
これが原因でプッシュロッドが折れた事例がアメリカであったそうで、予防的に交換したそうです。

これで不安要素は全て解消され、楽しいウラルライフが再開できますよ。
ウラルライフ
【イメージ】


FullSizeRender
ディーラーを出て、テスト走行を兼ね山道を走っていたところ、突然エンジンが停止。
再始動を試みますが、セルは回るものの始動しません。
またなの?

FullSizeRender
ディーラーに電話して来て貰い、診断機を繋いで調べて貰いましたが原因不明との事。

IMG_6099
再びウラルはディーラーに逆戻りする事になりました。

復活したと言ったな…


arehausoda

【イメージ】


うわああああああああああああああああ……!!!

(次回に続く)

2WD
 
FullSizeRender

もう消されちゃったのでアレなんですが、Webオートバイにウラル・ギアアップのインプレッション記事が載りまして。
記事自体は、よくある紹介記事だったんですが、この記事の内容を巡って、ウラル乗り界隈でちょっとした騒ぎになったのです。

それがこちら。

FullSizeRender


悪路を走行する際は迷わず2輪駆動での走行をオススメするが、高速道路での巡航時においてもサイドカーとは思えぬ落ち着いた走行を実現してくれる。ただひたすら直線を一定の速度で走行する場合は、2輪駆動だと振られが極端に少なく、目的地に辿り着いた時の疲労感が格段に少なくて済むし、安全であるといえよう。通常の1輪駆動のサイドカーならではの振られをコントロールする、「乗りこなしている」という醍醐味はかなりスポイルされるが、時と場合により選択できる幅があるのもギアアップならではだろう。
えっ?
2WD入れたまま高速道路を走ったんですか?(白目)
ウラルの2WDは本車と側車の車輪をドライブシャフトで直結するもので、オフロード四輪駆動車に装備されている「デフロック」機構に相当する物です。
本車と側車が直結しているため、未舗装路での走破性は各段に向上しますが、カーブでの内輪差を吸収できないので、舗装路で使用すると駆動系に深刻なダメージを与えます。
何より舗装路では直進性が強すぎてまともにカーブを曲がることすら出来ません。

この記事を受けて、当然ながらユーザーやディーラーなどから反論が相次ぎました。






IMG_5630
と言うわけで、記事はあえなく削除。

言うまでもなく、この記事は実際に試乗せずに書かれた、いわゆる「コタツ記事」なわけですが、何でこんな勘違いをしちゃったんだろう。
上記でデフロック機構を「オフロード四輪駆動車に装備されている」と書いたけど、最近のオフロード四輪駆動車は、デフロック機構は搭載せずに電子制御でデフロックに似た状態を作るものが多いので、この記事を書いた人はデフロックがどんなものなのか知らなかったのかも知れません。

ウラルの2WDモードでの舗装路走行は本当に危ないので絶対にやってはいけません。

【2021.06.03追記】
5月31日に、問題箇所を訂正した上で記事が再掲載されました。
【追記、ここまで】

↑このページのトップヘ