ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > URAL SAHRA

ワカサギ釣り

昨年、初めて挑戦したワカサギ釣りでしたが、結果は予想通り(笑)ボウズでした。
今回はそのリベンジを目指して、再び篠山市の佐仲ダム釣り場を目指します。

夜明け前の道をひた走り、のはずだったのですが、この日は平日。
ちょうど通勤時間帯にぶち当たり、予定より1時間以上遅れて佐仲ダムに到着しました。
この時点で午前9時を過ぎていました。

FullSizeRender
管理棟で遊漁料2千円とレンタル竿セット1300円を支払います。

FullSizeRender
管理人さんはウラルを憶えていて、「去年も来たよね」と(笑)

FullSizeRender
今年は魚の食いが悪く、最近の釣果は今ひとつとのこと。
来ちゃった以上そんなこと気にしていられないので、初の釣果を目指してワカサギドームへ向かいました。

今年はドーム内にLED照明が設置されていました。
夜明け前の釣りがし易くなっているそうです。

FullSizeRender
釣り餌はいつもの白サシ。
サシとは蝿の幼虫、いわゆる蛆虫です。
エサは無くなると無料で補充して貰えますが、大量に入っているのでまず無くなることはありません。

昨年までは交換無料だった仕掛けは、今年から有料300円になったそうです。
仕掛けをもつれさせてしまう人が非常に多い為だとか。

FullSizeRender
さて、こうして魚探と電動リール装備の常連さんに混じって釣りを始めたのですが、常連さん達も含め一向にアタリがありません。

FullSizeRender
見かねた管理人さんが魚探を投入して湖底を探ってくれたのですが、魚群が回遊してないとの事。
常連さんも、たまにウグイは掛かるがワカサギは掛からないと言っていました。

FullSizeRender
正午を過ぎて天候も悪化し雨が降って気温も下がってきました。
一人二人と帰りはじめ、ついにはドームには私しか居なくなってしまいました。
常連さんの話では、ワカサギは照明に集まるので夜明け前から午前8時頃までがピークで、それ以降は釣れなくなるとの事でした。
しかし、2月の方が水温が下がって棚が安定するので釣れ易くなるとか、水温が上がって魚が動き出す3月下旬の方が釣れ易くなるとか、人によって言うことがまちまちで、イマイチ決定打が無いようでした。
午後3時頃まで粘りましたが結局1匹も釣れず、今回もボウズとなりました。

IMG_5011
釣りの後、いつものように近くのハイマート佐仲オートキャンプ場に設営。
ここのキャンプ場は、炊事場はお湯が出るし、風呂は無料で入れるし、トイレは暖房便座のウォシュレットと至れり尽くせりの人気キャンプ場で休日は予約必須です。

IMG_5015
この日は平日にもかかわらず大勢の利用者がありました。
ただしゴミは持ち帰りなので注意です。

FullSizeRender
ワカサギが釣れなかったので、夕食はセブンイレブンの鍋焼きうどんになりました(汗)

FullSizeRender
今回も薪ストーブを使用し、薪はキャンプ場で調達した広葉樹の薪648円と、前回のキャンプで残った針葉樹の薪の残りを投入しました。

FullSizeRender
しかし、やはり火力不足のようで、室温を5℃上げるのに6時間以上も焚き続けました。
鍋焼きうどんを2時間煮ても一向に沸騰せず、いつものアルコールストーブだと3分で沸騰しました。
これではとても実用に耐えません。
何か火力アップの方法を考えないといけないようです。

FullSizeRender
翌朝、朝食抜きで撤収して、たまごかけごはんの店「玉の助」へ。

FullSizeRender
朝食兼昼食で卵かけ定食(大)520円に、だし巻き100円を追加。

FullSizeRender
平飼い鶏から取れる希少な濃厚たまごが楽しめます。

FullSizeRender
デザートはプリン380円。

今回のワカサギ釣りキャンプはワカサギ釣りもキャンプも反省点が多いものになりました。
次回こそはリベンジしたいです。





近代化

大げさなタイトルですが、ウラルの電装で気になっていた部分を、ちょっと手直ししてみようかなと。

今回改修するのは次の2点。

  1. HELLAソケットのキー連動化。
  2. スポットライトのキー連動化と手元リモコン化。

先ずはHELLAソケット。
側車にHELLAソケットが付いているんですが、これがいわゆるバッ直というヤツでして、ヒューズは介しているもののキーの状態に関係なく常時通電される仕様です。
これですとうっかりアクセサリーを切り忘れるとバッテリーが上がってしまう恐れがあります。
そこでソケットへの通電を、キースイッチに連動するリレーを介しておこなうように変更し、キーOFFの時は通電しないようにします。

もうひとつはスポットライト。
側車のスポットライトもキーの状態に関係なく、側車のスイッチでON/OFFさせることができます。
これはこれで便利なときもあるんですが、運転中に側車のスイッチを操作するのは難しいし、側車に荷物を積んでいると、知らないうちにスイッチが入っていたことが何度かあったので、これを何とかしたい。
2017年モデルからスポットライトのスイッチは本車ハンドルバー上に移されましたが、あのスイッチ結構デカイので、せっかくならもっと目立たないスイッチにします。
そしてソケットをキー連動にするついでにスポットライトもキー連動にします。
これなら万一切り忘れてもメインキーOFFでスポットライトは消えてくれます。

と言うわけで作業開始。
先ず改造案を検討。
配線は年式やモデルによって異なるので、メーカーが出している配線系統図と実車を調査してから作業します。

ural-wiring

手書きで見にくいですが、こちらが配線図です。
赤枠で囲われたところが今回追加する配線です。
ディーラーでETCを取り付ける際に、キー連動電源の取出しをおこなっているので、これに便乗します。
CN4の配線がそれです。



FullSizeRender
ディーラーによる作業では、側車側のCN4ハーネスの真ん中当たりで保護チューブをカットし、二股ソケットを付けて電源を取り出しています。
加工部分は余ったETCの配線などを一緒に束ねてありますが、お世辞にも綺麗な仕舞いとは言えません。
バイク屋さんも電気配線は素人なのでやむを得ないところもありますが、せっかくばらすので仕舞いをやり直します。


FullSizeRender
改修前のETC電源取出部分です。
ETCの電源は一旦取り外し、新たに起こすリレーから取り直します。

FullSizeRender
スポットライト用のハンドルスイッチはデイトナのスレンダースイッチです。

FullSizeRender
スイッチからのリード線は保護されていないので5ミリの保護チューブを被せました。

FullSizeRender
フロントブレーキマスターシリンダーを中央寄りへ15mmほど動かして、そこにスイッチを取り付けました。

FullSizeRender
既存の配線に沿わせて側車まで引き回します。
既存の結束バンドを切らずに、新しい結束バンドで留めていきます。
長さが足りないので途中で延長してます。

FullSizeRender
カットした部分を15mmの保護チューブで覆い、ねじれていた取り回しを揃えました。
ETC車載器は諸事情で一時取り外しており、アンテナケーブルを仮留めしています。

FullSizeRender
側車内部です。
配線を隠すところが無いので、10mmの保護チューブに収めています。
リレー周りはビニールテープでぐるぐる巻きです。
リレーの固定は面ファスナーを使用しています。
荷物を詰め込むことを考えると、リレーの固定位置はもっと上の方が良かったかも知れません。

FullSizeRender
キースイッチをONにし、ハンドルのスイッチをON/OFFするとスポットライトが点灯/消灯します。
テスト走行してみましたが、やはり手元スイッチは便利でスポットライトをドライビングランプのように使うことができ
夜間の視認性も向上します。

側車のスイッチはまだ生きていて、これをOFFにするとハンドルのスイッチがONでもスポットライトは点灯しません。
配線は全てカプラーなので、万一リレーが故障しても容易に元に戻すことが出来ます。
将来的にはHELLAソケットをシガーソケットに交換することも考えています。





【今回の使用部品はこちら】

DAYTONA(デイトナ) スレンダースイッチ 【フラットシーソータイプ】 79339。
純正スイッチが大きいのでスリムなものにした。



DAYTONA(デイトナ) ハーネスチューブ ブラック φ5 96212。
ハンドル周りなど可動部へ取り回す配線の保護に使用。



エーモン リレー 4極 DC12V 20A 1245。
大抵のホームセンターに置いているので故障しても入手は容易。





ウラル会
キャンプ


12月15日、ウラル乗り有志が集う「ウラル会」のキャンプが今年も京都府の笠置キャンプ場でおこなわれました。

「ウラル会」と言っても、そんな組織があるわけでは無く、ウラル乗りの集まりを便宜上そう呼んでいるだけです。
現地集合、現地解散、集合時間も内容も決まっていない、極めてフリーダムなキャンプイベントです。

さて、私は参加の意思は有ったものの、年末年始にかけて仕事が立て込んでおり、前日まで何の準備も出来ない状況でした。
当日の朝、バタバタと準備して笠置に向かって出発したのですが、この準備不足が後に大変なことになりました。

京都・木津で食材を買い出しした後、キャンプで使う薪の調達のため、ホームセンターに向かいました。
先ず訪れた○ーナンでは、薪は針葉樹の3.5キロ入りのものしかありませんでした。
薪の品質も明らかに良くなく、万一に備えてひとつだけ調達し、次の店に向かいました。

次に訪れた○メリではひと束7~8キロの広葉樹の薪が売られていましたが、かなり大きな薪で、そのままでは私の薪ストーブに使えません。
隣には10キロ入りオガライトの札のみ掛かっていて、在庫ありとのことだったので購入しようとしたのですが、実際には在庫はありませんでした。
別の店ですが○メリには以前も薪の在庫を確認して買いに行ったのに実際には在庫が無かったことがあり、在庫管理に問題がある店という印象です。
仕方が無いので先の大きな薪をひと束購入しました。

FullSizeRender
昼過ぎに笠置キャンプ場に到着すると、参加者のほとんどは既に到着していました。
この日の笠置は普段に増してキャンパーが多く、とても冬のキャンプ場とは思えない混み様でした。

FullSizeRender
知り合いのキャンパーさんの隣に設営させて貰い、テントに薪ストーブをインストールし、遅い昼食を取ろうとしたところで重大なミスをしていることに気がつきました。

燃料用アルコールを忘れて来たのです。
私は諸事情でキャンプの燃料はアルコールで統一しているのですが、アルコールが入ったボトルを忘れて来てしまったのです。
一応非常用に小さなボトルのアルコール燃料は持っているのですが、せいぜい1回お湯を沸かす程度しか無く、昼、夜、翌朝の食事を調理するだけの量はありません。
薪ストーブを調理に使うことも考えましたが、暖房用として考えていたので調理に使うと薪の量が全く足りません。

IMG_4759
仕方が無いので、主催者のしーちゃんの巨大なテント(画像右側)に入れてもらい、調理させて貰うことにしました。

FullSizeRender
このテント、中で薪ストーブと石油ストーブがガンガン炊かれていて冬とは思えない暖かさでした。
何だこの快適さ(笑)

FullSizeRender
来る途中にコンビニで買った肉まんで例のアレを作りました。
今回は会心の出来。

FullSizeRender
ついでに焼きおにぎりも食って昼食終わり。
いやあ、ホットサンドメーカー大活躍でさあ。

FullSizeRender
遅い昼食後暖かいテントでまったりしていると、買い出し組が帰ってきたので、近くの温泉施設「天然わかさぎ温泉笠置いこいの館」へ行きました。
キャンプ場から徒歩で行けるし、キャンプ場の受付時に100円割引券が貰えるので利用しやすくお得な施設です。
しかし、改装がおこなわれてコーヒー牛乳の販売が無くなっていたのはちょっと残念でした。

FullSizeRender
風呂から帰って来て、またしーちゃんのテントで酒のつまみを作り始めたのですが、宴会の時間になっても誰もやって来ませんでした。
実はこの日はウラル会の他、隣で別のキャンプイベントがおこなわれており、ウラル会のメンバーの多くはそちらのイベントの参加者とも知り合いなので、会場を掛け持ちしていたのでした。
何てフリーダムなイベントなんだ(笑)

FullSizeRender
酒はビーノ・ビアンコ(白ワイン)です、ビーノ乗りだけに(笑)
結局燃料を忘れた為調理が出来ず、食材の9割を持ち帰る羽目になりました。

FullSizeRender
しーちゃんにピザをごちそうになりました。

酒のつまみだけでも結構お腹いっぱいになったので、自分のテントに戻って薪ストーブの準備に取りかかりました。
案の定、薪が大きすぎて炉に入りませんでした。


FullSizeRender
他の参加者の方に斧を借りて(と言うか薪を割ってもらい)着火する事が出来ましたが、薪をどんどんくべたものの、炉自体が小さい為なかなか暖まらず、ようやく寝られる程度に暖まった頃には深夜零時を過ぎていました。

FullSizeRender
寝る前に炉を薪で一杯にしてから寝たのですが、翌朝は寒さで目が覚めました。
炉が小さい為、朝まで温度が持続しないのです。

FullSizeRender
テントの内側にはびっしりと霜が付いていました。

IMG_4802
バイクも真っ白に凍り付いています。

自分の温度計の記録では最低気温はマイナス2度ぐらいだったのですが、マイナス5度を記録した人も居たようです。

FullSizeRender
広葉樹の薪は使い切ってしまい、針葉樹の薪に替えたのですが、これが湿気ていてなかなか燃えてくれません。

FullSizeRender
かろうじてお湯を沸かして非常食のカップ麺を作り朝食にしました。
持ってて良かったカップ麺。

FullSizeRender
今回のウラル会の参加台数は過去最多の11台。
これだけの台数のウラルが一堂に会することはメーカーのイベントでもなかなかありません。
皆さんそれぞれ個性が有り、同じ仕様の車両はひとつとして有りません。
色んなカスタムがあって非常に参考になりました。
また、車両やメンテナンスの情報を教えて貰ったりと、有用な情報がたくさん得られました。

参加者の皆さん、ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう。




\つかれた/

四国ツーリングの最終日。

FullSizeRender
宴会の余り物で肉炒飯を作ってくれたので頂きました。

FullSizeRender
朝食のあと、皆さん、それぞれ次の目的地へ出発して行きます。
道中ご安全に。またどこかでお会いしましょう。

私もこの後は帰るだけだったのですが、今までの疲れが蓄積して心が折れてしまい、楽なほうを選ぶことにしました(笑)

FullSizeRender
ジャンボフェリー!

ジャンボフェリーは高松と神戸を結んでいるフェリー。
価格も安いし所要時間も短いのですが、私は普段使っていません。
理由は、時間が合わないことで、特に深夜便は1時出発の5時着です。
睡眠時間がほとんど取れませんし、現地着も早すぎます。
朝からガッツリ仕事やツーリングするなら良いのですが、朝ぐらいはゆっくりしたいのが人情です。
これが、多少遠くても私がオレンジフェリーを使う理由です。

しかし、帰りの便は小豆島経由で5時間かかるとはいえ、神戸着のほうが私にとっては便利なので使ってみることにしました。

IMG_3770
乗船券の発売時間まで待合で待ちます。
ジャンボフェリーではサイドカー付きオートバイは軽自動車扱いとなります。

FullSizeRender
乗船。
船は「りつりん2」。

FullSizeRender
昼食がまだだったので、船内の食堂でオリーブうどん(400円)を食べました。
オリーブオイルとオリーブの実が入っています。
なお、うどんの客室内への持ち込みは禁止です。

FullSizeRender
客室。
座席のシートがうどん柄でした(笑)
高松~神戸は結構な長時間なので、椅子席より座敷席のほうが楽かもしれません。

FullSizeRender
小豆島へ向けて、小島の間を縫うように進みます。

FullSizeRender
小豆島に到着。
以前にも来ましたが、またツーリングしたいところです。

IMG_3791
明石海峡大橋が見えてきました。

IMG_3800
明石海峡大橋をくぐります。
いつもながら壮大な眺めです。

神戸の夜景を撮影したかったのですが、夜間はカーテンが閉まるので叶わず。

初めて乗ったジャンボフェリーはアクセスも良く、快適な船旅が出来ました。
次に小豆島へ行くときはジャンボフェリーで行ってみようかな。


こうして、四国ツーリングを無事終えましたが、最初の準備不足が行程に様々な影響を及ぼしました。
やっぱり準備は大切ですね。
今更ながら痛感しました。



ライダーズイン

ライダーズインとは、高知県が県内5箇所に設置しているライダー向け簡易宿泊施設です。
最小限の設備で安価に泊まれることからツーリングライダーには知られていますが、近年はバイク人口の減少と共に利用者も減り、ライダーズインのひとつ「ライダーズイン室戸」は現在営業休止となっています。

この日はインターネットラジオ「楽園会」のイベントがライダーズイン奥物部であるため、奥物部へ向かいます。
楽園会ではライダーズインの認知度アップと利用者増につなげようと、ライダーズイン奥物部で毎年イベントを開催しています。

ホテルを遅くチェックアウトし、まず向かったのは中万々のインド料理店「リタ」です。
こちらは高知で一番と名高いインド料理店で、私は毎年ここで昼食をとることにしています。

FullSizeRender
今回は楽園会のKさんが合流することになり、Kさんが到着するまでの間に、向かいのサニーマートで食材を調達しました。

FullSizeRender
アイスクリームの売り場にあった「ミレービスケットアイス」。
高知のソウルフード、「ミレービスケット」が入っていることは分かるのですが、どんなアイスなのでしょうか。

FullSizeRender
期待と共に蓋を開けてみたところ…


FullSizeRender
ちょっと、想像の斜め上を行くビジュアルが現れました(笑)


FullSizeRender
ごっくん馬路村。
サニーマートは高知発祥のスーパーなので、高知県内でしか売られていない商品も多数扱っています。

IMG_3725
そうしているうちにKさんが到着。
インド料理「リタ」へ向かいました。
昼時には混雑することもあるんですが、この日は他のお客も無く、すんなり入店出来ました。

居抜き物件ならではの、座敷の有るインド料理店に、ちょっと驚くKさん。

FullSizeRender
この日はチーズナンランチ(990円)にしてみました。
リーズナブルで旨い料理は健在。

Kさんにも気に入ってもらえたようで良かったです。

昼食のあと、今回の目的地「ライダーズイン奥物部」へ向かいます。


IMG_3731
下道をのんびり走って1時間程度でライダーズイン奥物部に到着。
既に他のリスナーさん達も到着していました。


IMG_3728
ここをキャンプ地とする!
ライダーズインには布団などが無いので自前のエアベッドとシュラフを使います。
それでもテントを用意しなくて良いので荷物は大幅に減らせます。

ウラルの積載力を買われて食材の買い出しに同行したのち、夕方から宴会。

IMG_3737
これでもかと言うぐらいの肉、肉、肉。

FullSizeRender
馬刺しまであります。
旨い!

FullSizeRender
謎の器具を使ってソーセージ的なものを作り始める人たち。

FullSizeRender
大盛況のうちに夜が更けていきました。

宴会の後、「楽園会」の公開収録もおこなわれ、楽しい一日を過ごすことが出来ました。
「楽園会」の皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。

公開収録の内容は楽園会さんのサイトで聴くことができます。






↑このページのトップヘ