ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > URAL SAHRA

復活
 
先日、不幸にも出先で動かなくなってしまったウラル。

ディーラーで色々調べて貰った結果、原因が判明しました。

結論から言いますと、バッテリーの不具合。

バッテリーの保持力が弱まっており、充電してもすぐに電圧が10V程度にまで下がってしまう状態だったとの事。
車両診断機でも電圧低下によりエンジンを止めたことがログに残っていたそうです。

このバッテリーは新車納入時に付いていたもので、この時点で3年5ヶ月使用していました。
バッテリーの寿命は通常3年程度との事なので、少なくともメーカーの期待値はクリアしていますから不良品というわけではないようです。
しかし、私の経験としては短く感じました。
私はバッテリーを定期的には交換しておらず、ライトが暗い、セルモーターの回転が遅いなどの症状が出始めたら交換するようにしています。
この方法で、少なくとも4年は使用できていました。
キック始動のTZRのバッテリーは今年で7年目だったと思います。
バッテリーの管理はそれなりに気を遣っていて、二週間に一度は補充電をおこない、バッテリー診断機によるチェックもおこなっています。

今回も出発時にエンジンはすんなり始動し、動かなくなるまで30分程度は普通に走行していました。
電圧は残っていたものの、どちらかと言うとバッテリー突然死に近い状況だったようです。
バッテリー突然死というのは、普通に動作していたバッテリーが突然電圧が下がり使えなくなってしまう現象で、私も過去に一度経験しました。
突然死したバッテリーは電圧が出なくなってしまうので、ライトやインジケーターは全て消え燃料ポンプなどは全て動作しなくなります。
原因はバッテリーの劣化による内部短絡と言われています。

FullSizeRender
ディーラーでバッテリーを新品に換えてもらい、試運転でも異常が無かったので直ったようです。
当初疑っていたレギュレーターの故障ではなかったので助かりました。
レギュレーターの故障であれば、部品代が高価な上に、故障の状況次第では異常電圧により電装品が全滅してしまうこともあります。
今回はETCやインジェクションも無事だったので問題無さそうです。

台湾ユアサのバッテリーはあまり高い物ではないので、バッテリーを車検ごとに換えるのが良いのかも知れません。






まさかの
 
緊急事態宣言が解除され、ようやくコロナウイルスによる騒動も落ち着きつつあります。
この日は、先日調整したウラルの試運転を兼ねて、ツーリングに出掛ける事にしました。
ツーリングは実に50日ぶりの事です。
と言っても、まだコロナウイルスの脅威が去ったわけではなく、営業自粛を続けている施設も多い中、県境を越えてのツーリングの態勢は整っているとは言いがたいので、近場に買い物に行く程度にしておきます。

軽く暖機の後、目的地へ向けて走り始めました。
ところが、30分ほど走ったところで、信号待ちの最中に突然エンジンが停止。
車両を交差点外に押し出して、安全なところで再始動を試みましたがスターターリレーがカチカチ言うだけでセルが回りません。
それならとキックスタートを試みましたが一向にエンジンが掛かる気配はありませんでした。

これはバッテリー周辺のトラブルと直感した私はロードサービスを手配。
レッカーが到着するまでの間に原因を調べてみることにしました。

スターターリレーは動作するがセルが回らないのは典型的なバッテリー上がりの症状ですが、ここで疑問が。
私はバッテリーのメンテナンスにはそれなりに気を遣っていて、乗らない時でも二週間に一度は補充電をおこなっています。
この日も5日前に補充電をおこなっていました。
現に出発時もセルは快調に回り、エンジンもすんなり始動し、ここまで走ってきました。

セルは回らないものの、ライトなどの電装品は動作するので、断線などでも無さそうです。

そうなると疑わしいのはレギュレーターの故障です。
レギュレーターはジェネレータが発電した電気をバイクで使えるように整える機器で、これが正常に作動しないとバッテリーが充電されず、バッテリー上がりや電気機器の故障の原因となります。

ウラルではありませんが、私は過去にレギュレーターの故障を二度経験しています。
一度はTZRで、前日まで快調に走っていて、次の日乗ろうとしたらバッテリーの電圧が6Vぐらいまで下がってしまっていました。

もう一度は以前乗っていたトリッカーで起こりました。
バイパス走行中に突然エンジンが停止し、スタートスイッチを押してもセルが回りませんでした。
今回のウラルの故障はこれに似ています。

どちらにせよ、ここではどうしようもないので、ロードサービスでディーラーに運び、調べて貰うことにしました。

FullSizeRender
やって来たロードサービスの人は以前にもウラルを運んだことがあるそうで、慣れた手つきで積載をおこなっていました。
ディーラーの場所も知っているそうです。
大変心強い。

この場所は山の中で、最寄り駅から離れているためバスで帰ることにしました。



IMG_1601
バス最高!(白目)




 

準備
 
新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言が発出されて、自宅にこもる生活が長く続きましたが、いよいよ解除となりました。

外出自粛の影響で、しばらく動かすことが出来なかったウラルですが、再始動に備えて準備をしておくことにします。

最後に動かしたのはワカサギ釣りの時なので、50日ほど動かしていません。
しかしバッテリーの補充電は二週間おきにおこなっていたので、バッテリーについては問題ないはず。

FullSizeRender
タイヤの空気圧がずいぶん減っていたので規定値まで補充しました。

整備記録を見直していると、タペット調整をしていない事が分かったので、やっておくことにしました。
私の場合、タペット調整は2500〜3000km走行の間隔でおこないますが、気になることがなければ各部の増し締めだけで済ませています。
今回は期間が開いていたので計測もやっておきます。

FullSizeRender
シリンダーヘッドカバーを外します。
外すときに少量のオイルが漏れてくるので廃油受けを置いておきます。


FullSizeRender
タペット調整前に、シリンダーヘッドナットを規定値で増し締めします。
規定値は50N.m。
ここが適切に締まっていないと、タペットの間隔が変わってしまうので調整の意味がなくなってしまいます。


FullSizeRender
エンジン右側のゴムキャップを外します。
クランクを回すと、ここに上死点を示す矢印マークが現れるので、キックペダルを何度か押し下げてクランクを回し、矢印をクランクケースの合いマークに合わせます。
この時、スパークプラグを外しておくと圧縮が抜けて軽く回せると聞きますが、私の場合は外さなくても問題なく回せるので外していません。


IMG_1567
矢印を合わせただけでは左右どちらのシリンダーが上死点なのかは分かりません。
上死点では吸排気ともバルブは閉じているのでプッシュロッドには押す力が掛かっていないはずです。
ロッカーアームを指で引っ張って吸排気側ともカタカタ動けば、そのシリンダーは上死点だと分かります。
あるいはプッシュロッド自体を指で回してみて、吸排気側とも軽く回れば上死点だと分かります。


バルブとロッカーアームの間に隙間ゲージを差し込んで間隔を見るのですが、規定値0.10mmに対して吸気側が0.09、排気側は0.08でした。
現状でも特に不具合は感じず、元々狭いセッティングだったのかも知れませんが、規定値に合わせておくことにしました。


FullSizeRender
手前側13mmのロックナットを緩め、0.10mmの隙間ゲージが入る様に奥側の10mmのナットを手で回して調整します。
隙間ゲージには廃油受けのオイルを塗ってから隙間に差し込みます。

FullSizeRender
手を放しても隙間ゲージが落ちてこない程度に調整します。
上手く調整できていれば0.09mmでは緩すぎ、0.11mmでは入らないはずです。
調整ナットが動かないように注意しつつロックナットを締め付けます。
ロックナットを締めたときに隙間が変わってしまうことがよくあり、締めた後でもう一度隙間ゲージで確認しておきます。
私も何度もやり直しました。

これを吸排気ともおこないます。

FullSizeRender
反対側のシリンダーも同様におこないますが、右側にはサイドカーがあるので工具が入りにくくて手間取りました。

エンジンを始動してみましたが問題は無さそうです。
これで不安の種がなくなったので、いつでも走り出すことが出来ます。



車台番号
 
秘密と言うほどでもないんですが(笑)

先日、オンライン・ウラル会(ゆうさん主催)に参加したときに年式の話題になり、参加者のしーちゃんからウラルの車台番号の読み方を教えて貰いました。

ウラルの車台番号はVIN(Vehicle Identification Number)と言う書式で書かれています。
VINは1981年にアメリカで採用され、その後ISO3833で定義されました。
日本ではVINは採用されていませんが、アメリカ市場で販売される日本車にはVINが付与されています。
もちろん、アメリカが主要市場であるウラルも例外ではありません。

VINは17桁の英数字で構成されていて、各桁で用途が決められています。
ざっくり言うと、

  • 製造国
  • メーカー
  • 車両の仕様
  • 年式
  • 製造工場
  • シリアル番号

となっています。
各項目の中身は製造メーカーがある程度自由に決める事ができるので、同じ記号でもメーカー間で意味合いが異なっていることもあります。

ここではウラルのVINの内容について見ていきたいと思います。

例:X8J MH037 * G U 2*****

これは私のウラルのVINです。
途中の空白は説明のためで実際にはありません。
また、*は伏せ字で、実際には英数字が入ります。
以下の説明では英数字の位置は左から数えています。


1〜3桁目・製造国、メーカー

国際製造者識別子(World Manufacturer Identifier)と呼ばれる3桁の記号で製造国とメーカーを識別しています。
1〜2桁目が製造国、3桁目がその国におけるメーカー識別子となります。
上記の例だとX8がロシア、Jがウラルを表しますが、2002年までは旧ソビエト時代のVINが使われていて、XTBとなっています。
この場合だとXTはソ連、Bがウラルを表します。

4〜8桁目・車両属性

4〜8桁目は、9桁目のチェックデジットと合わせて車両記述区分(Vehicle Descriptor Section)となっています。
車両の仕様を識別するものです。
この意味合いはメーカーが自由に付けることが出来るようで、車だとクーペやセダンと言ったボディスタイルやエンジンの排気量などを紐づけているようです。
2003年式以降のウラルではギアアップやCT、パトロールなどの仕様や1WDと2WDの区別はなく、全て「MH037」が振られています。
また、フレーム形状が異なるレトロには「MH036」が振られています。
2002年以前の車両には「3764A」が振られています。

9桁目・チェックデジット

9桁目は17桁のVINが正しいことを示すチェックデジットです。
詳細は省きますが、英字を数字に置き換えた上で所定の計算方法で算出した結果が9桁目と一致していれば、そのVINは正しいと判断されます。

10桁目・年式

10桁目は車両の年式を表す記号です。
VINの義務化は1981年からなので、その前年の1980年を「A」とし、以後「B」「C」「D」と振っています。
ただし、I、O、Q、U、Zと数字の0は使用されませんので、「Y」(2000年)の次は「1」(2001年)です。
記号は「9」(2009年)までで一周し2010年からまた「A」に戻っています。

上記の例では「G」なので2016年式となります。


11桁目・工場記号

11桁目は車両が製造された工場を示す記号です。
これもメーカーによって異なり、工場所在地のイニシャルを入れることが多いようですが、工場が一つしか無いメーカーでは「0」や「1」が使われることもあります。

上記の例では「U」となっています。
ウラルの工場はロシアのイルビトにあるので普通なら「I」(アイ)になりそうですが、VINでは「I」が使用できないのでウラルの「U」になったのだと思います。
2002年以前の車両には「1」が振られています。

12〜17桁目・シリアル番号

12桁目以降はいわゆるシリアル番号です。
ウラルの場合は「2」から始まる6桁の番号が振られています。

VINから分かるウラルのひみつ

VINの読み方が分かったので、ちょっと興味本位で海外の中古車オークションサイトなどから各年式のウラルのVINを集めてみたところ、興味深いことが分かりました。

URAL_VIN
【ウラルのVINリスト(一部)】


謎の車両を発見

データは主にアメリカ市場のものなのですが、フランスで販売されたと思われる2004年式Ranger(ギアアップに相当)のVINは属性コードが「M8103」となっていました。
また工場記号も「0」になっていました。
製造者識別子は「X8J」なのでウラルの車両のはずなんですが、2011年以前の車両はウラルUSAのデータベースで仕様を調べることが出来ないので詳細が分かりませんでした。

ウラルの生産台数は年間千台?

シリアル番号については、1990年代の旧ソビエト時代のVINから連番で振られているようです。
年式とシリアル番号の増加を比較してみると、ウラルの生産台数は年間千台程度ではないかと推測します。
ただし2002年から2003年にかけては一気に2000番の差があり、2003年にVINが変更されていることも考えると、一旦シリアル番号がリセットされた可能性があります。
また、2016年式は少なくとも1100台は生産された、大ヒットの年だったようです。

思いつきで調べ始めたのですが、興味は尽きません。

ワカサギ釣り
  
今シーズンは本腰を入れようと意気込んだワカサギ釣りでしたが、2月〜3月が多忙を極めたため一度も行けないままシーズン最終月に突入してしまいました。

何とか出張の合間を縫って、恐らく今シーズン最後のワカサギ釣りに行って来ました。

IMG_1254
この日は度重なる出張疲れが影響して朝寝坊してしまい、開場時刻の7時を15分ほど過ぎた頃に佐仲ダムに到着。

FullSizeRender
ところがどうにも様子がおかしい。
普段なら釣り客の車が並んでいるところには一台も駐まっていません。
折しも新型コロナウイルス騒ぎの中、もしかして営業自粛しているのかと思いながら管理棟に入ると、いつもの管理人さんが居ました。

訊けば、今日のワカサギ釣りの客は私一人だけとのこと。
最初はコロナウイルスの影響かと思ったのですが、そう言う訳でもなく、単にシーズン終わりだから客が少ないとの事でした。
昨年の今頃はもっと客が居たんですけどね。

FullSizeRender
いつものレンタルセットと、今回は魚探もレンタルしました。

FullSizeRender
ドームは既にビニールの覆いが撤去されていました。

FullSizeRender
気温は10℃。

FullSizeRender
水温は9℃。
魚の活性が期待できます。

FullSizeRender
今回はドームではなく、北の桟橋に陣取りました。

FullSizeRender
しばらくして1匹目をゲット。
幸先良いスタートです。

ところで、今回から新装備「活かしバッカン」を導入しました。
レンタルセットのバケツだと、環境が変わりすぎる為か釣ったワカサギがすぐ死んでしまうので、少しでも元気な状態を保つ為の装備です。
これは市販の釣り用品ではなく、百均のミニ米びつに水抜き穴を開けたもの。
透明な入れ物に入れると魚が落ち着くようで、最後まで元気な状態を保っていました。

魚探には時折濃い魚影が映ります。
これは期待できるかも、と思ったのですが…

その後全く反応無し。

時折当たりがあるものの、一向に釣れる気配がありません。
着けたエサがそのまま上がってきます。

昼近くに数組の家族連れがやって来ましたが、あまりに釣れないので早々に引き揚げていきました。

FullSizeRender
正午までに何とかもう1匹釣り上げたものの、結局この2匹だけでした。

例によって、釣ったワカサギを天ぷらにして貰うため、ハイマート佐仲へ向かいました。

FullSizeRender
最近お気に入りの「ぼたんうどん」(1210円)と、この日は鶏めし(250円)も付けてみました。

IMG_1258
猪肉たっぷり、赤味噌仕立てでぼたん鍋の雰囲気が味わえます。

FullSizeRender
鶏めしは薄味で鶏の旨みが出て好みの味でした。

FullSizeRender
釣ったワカサギは美味しくいただきました。

FullSizeRender
桜の季節だけあって、キャンプ場は激混み。

今シーズンも良い成果を残せませんでしたが、来シーズンまでに研究しておきたいと思います。



↑このページのトップヘ