ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:バイク > URAL SAHRA

2WD
 
FullSizeRender

もう消されちゃったのでアレなんですが、Webオートバイにウラル・ギアアップのインプレッション記事が載りまして。
記事自体は、よくある紹介記事だったんですが、この記事の内容を巡って、ウラル乗り界隈でちょっとした騒ぎになったのです。

それがこちら。

FullSizeRender


悪路を走行する際は迷わず2輪駆動での走行をオススメするが、高速道路での巡航時においてもサイドカーとは思えぬ落ち着いた走行を実現してくれる。ただひたすら直線を一定の速度で走行する場合は、2輪駆動だと振られが極端に少なく、目的地に辿り着いた時の疲労感が格段に少なくて済むし、安全であるといえよう。通常の1輪駆動のサイドカーならではの振られをコントロールする、「乗りこなしている」という醍醐味はかなりスポイルされるが、時と場合により選択できる幅があるのもギアアップならではだろう。
えっ?
2WD入れたまま高速道路を走ったんですか?(白目)
ウラルの2WDは本車と側車の車輪をドライブシャフトで直結するもので、オフロード四輪駆動車に装備されている「デフロック」機構に相当する物です。
本車と側車が直結しているため、未舗装路での走破性は各段に向上しますが、カーブでの内輪差を吸収できないので、舗装路で使用すると駆動系に深刻なダメージを与えます。
何より舗装路では直進性が強すぎてまともにカーブを曲がることすら出来ません。

この記事を受けて、当然ながらユーザーやディーラーなどから反論が相次ぎました。






IMG_5630
と言うわけで、記事はあえなく削除。

言うまでもなく、この記事は実際に試乗せずに書かれた、いわゆる「コタツ記事」なわけですが、何でこんな勘違いをしちゃったんだろう。
上記でデフロック機構を「オフロード四輪駆動車に装備されている」と書いたけど、最近のオフロード四輪駆動車は、デフロック機構は搭載せずに電子制御でデフロックに似た状態を作るものが多いので、この記事を書いた人はデフロックがどんなものなのか知らなかったのかも知れません。

ウラルの2WDモードでの舗装路走行は本当に危ないので絶対にやってはいけません。

【2021.06.03追記】
5月31日に、問題箇所を訂正した上で記事が再掲載されました。
【追記、ここまで】

側車輪
 
最近、ウラル界隈で側車輪のメンテナンスについての話をよく見かけたので、私もやってみました。
車輪のメンテナンスはウラルでは必須と言って良く、マニュアルでは1万キロに一度のサイクルでおこなうよう指示されています。
具体的にはベアリングの清掃とグリスアップです。

FullSizeRender
私の場合、タイヤ寿命が後輪で9千キロなので、車輪のメンテナンスはタイヤ交換サイクルでやれば良いやと考えていました。
ところが、側車輪のタイヤは一向に減る気配がありません。
2万5千キロ走っても未だ5分山。
つまり、私の側車は2万5千キロ、4年6ヶ月(不動期間6ヶ月)もの間、ノーメンテなのです。
私のウラルは当面動かせる状況には無いと思いますが、さすがにこれではまずいと考え、現状確認を兼ねて側車輪をメンテナンスしました。

FullSizeRender
センターキャップを外します。
当て木をしてタイヤレバーでこじると簡単に外れます。
当て木に使っているツーバイフォー木材はウラルに乗っていると何かと出番があるので、一本持っておくと便利です。
ホームセンターで数百円で買えます。

FullSizeRender
ホイールナットの回り止めにに使われている割ピンを、ペンチで真っ直ぐに伸ばし、引き抜きます。

FullSizeRender
割ピンは再利用しますので無くさないように保管しておきます。

FullSizeRender
ホイールナットを緩めます。レンチのサイズは27ミリ。
レンチを掛けていますが、実はこの時点で指で軽く回るほど緩んでいました。

FullSizeRender
ナットを緩めたらジャッキアップしてホイールを浮かせます。
ナットを緩め易くするため、ナットを緩めてからジャッキアップがセオリーですが、私の場合は無意味でした。
馬を掛けるのをお忘れ無く。

FullSizeRender
ブレーキキャリパーのボルトを緩めて、キャリパーを取り外します。

FullSizeRender
本当はブレーキホースを留めている結束バンドを切ってキャリパーを移動させるのですが、面倒なので荷造り紐で吊しました。
荷造り紐も何かと出番があるのでウラルのトランクに常備しています。

FullSizeRender
ナットを取り外して、ホイールを手前に引きスプラインの嵌合を外して、ホイールを抜き取ります。


FullSizeRender
表面に赤錆が見られましたが、危惧したスプラインの摩耗はありませんでした。
2WD機能をほとんど使ってない為でしょうね。

IMG_5582
ドライブシャフトにディスタンス・リングと言う部品が付いています。
ディスタンス・リングはスプライン・スリーブの中に張り付いた状態だったので、結束バンド2本を箸のように使って引き出しました。

FullSizeRender
ディスタンス・リングは側車輪のハブとスプライン・スリーブに挟まれており、これが摩耗して薄くなることで側車輪にガタが出ます。
今回は確認だけにとどめました。

FullSizeRender
パーツクリーナーで清掃した後、グリスをたっぷりと。
塗ると言うより押し込む感じで。
ホイール側も同様です(写真撮り忘れました)
グリスはケチらないで、溢れた分は後で拭き取ります。

FullSizeRender
ホイールを組み付け、ホイールナットを締めます。
ホイールを揺すって嵌合を確認しながら組み付けます。
ホイールナットのトルク指定はありませんが、車輪のガタつきや遊びが無いようにしっかりと締めます。
割ピンを挿して固定します。

FullSizeRender
ブレーキキャリパーを戻し、センターキャップを手でたたき込んで完成。

長期間ノーメンテだったにも関わらず、特に問題も無さそうで、一安心したのもつかの間。

IMG_5583
サイドカーホイールに亀裂が見つかりました。
またもや出費が(汗)



準備だけ
 
私のウラルは現在不動で、部品の入荷も目処が立たない状況です。
再び走り出せる時に備えて、今出来ることはやっておこうと思います。

以前から、灯火類のLED化を考えていました。
私がウラルに乗り始めた頃は、条件に合うLED電球が手に入りにくかったりしたのですが、今では通販で簡単に手に入ります。

尾灯や車幅灯は対応するLED電球に取り替えれば済む話ですが、ウインカーについては少し工夫が必要です。
これはウラルに限った話では無いのですが、ウインカーを点灯する仕組みが電球を使用することを前提に作られているため、単純に電球をLEDにしたのでは正常に動作しなくなってしまいます。
具体的には、左右どちらにスイッチを入れても、LEDにしたウインカーは両方点灯してしまうのです。

これは、ウインカーの動作を示すパイロットランプを点灯させる際、使わないほうのウインカーの電球をグランド(マイナス側)として使用する構造になっているからです。
このため、パイロットランプが点灯するとき、使わないほうのウインカーの電球に電流が流れます。
パイロットランプの抵抗値はウインカー電球のそれに対して十分に大きいので、流れる電流は少なく、ウインカー電球は点灯しないのですが、LEDでは少ない電流でも点灯してしまいます。
パイロットランプの共有という点では理にかなった構造ですが、LED化するにあたっては障害となります。

これを防ぐには、パイロットランプの配線を変更して、それぞれのウインカーを独立させる加工が必要になります。

その為の追加配線は自作することも可能ですが、各社から汎用のキットが発売されています。

FullSizeRender
今回はPOSHのインジケータースタビライザーを調達しました。

ポッシュ(POSH) インジケータースタビライザー 090010-IS


FullSizeRender
これは各ウインカーに繋がる配線にダイオードが組み込まれていて、電球のグランドを使用せずにパイロットランプを点灯させるようにします。
パイロットランプのグランドは付属の配線で別に取ります。
ただし、付属のワンタッチカプラーは接触不良などのトラブルが絶えないため絶対に使用してはいけません。

FullSizeRender
ウラルのパイロットランプには250サイズの平型端子が採用されているので、こちらに付け替えて使用します。
赤線のほうにメス端子を、二股線のほうにオス端子をカシメておきます。
グランド線は、両端にメス端子をカシメておきます(画像の丸端子は使用しないので切り取ります)。
カシメる前に絶縁スリーブを入れるのを忘れないように。

エーモン 平型端子セット 250型 6セット 1155


圧着工具は出来るだけラチェットの付いた専用のものを使用し、いわゆる電工ペンチは使わないことを強くお勧めします。

Pro'sKit 圧着工具 (オープンバレル端子用 6PK-230C)


FullSizeRender
作業はまず、ヘッドライトを取り外します。

FullSizeRender
ウインカーのパイロットランプをソケットごと引き抜きます。
ソケットに繋がっている黒と紫の線を外し、ソケットを取り出します。
黒は左、紫は右ウインカーへの配線です。

FullSizeRender
ソケットの、紫線が繋がっていたところにインジケータースタビライザーの赤線を、黒線が繋がっていたところにグランド線を取り付けます(画像の丸端子は使用せず、平型端子のメスに変更します。)。

FullSizeRender
インジケータースタビライザーの二股線の端子を、先程外した黒線と紫線に繋ぎます。
二股線はどちらを繋いでも構いません。
接続後の端子に絶縁テープを巻いて、絶縁しておきます。
特に紫線の端子は金属が露出しますので確実に処理します。

FullSizeRender
ソケットを元通りパイロットランプに差し込み、グランド線の端子をメーター固定ブラケットの端子(茶色線が繋がっています)に接続します。


また、ウインカーのLED化により、通常のウインカーリレーでは断線検知されてハイフラ状態になってしまいますので、LEDに対応したウインカーリレーに交換します。
ウラルのウインカーリレーは、いわゆるトヨタ用のCF14互換リレーが採用されているので、これをLED対応リレーに交換します。

e-auto fun LED対応 CF14 ハイフラ防止 純正交換 3ピン汎用ICウインカーリレー SD-FFLCF14


FullSizeRender
純正リレーはヒューズボックスに共締めされているので、ヒューズボックスのねじを外し、ソケットを抜いて取り外します。

FullSizeRender
ソケットにLED対応リレーを取り付けます。
走行中にリレーが暴れないように、リレーを適当な場所に結束バンドで固定します。

FullSizeRender
動作確認後、ライトを戻して完成です。

これだけ先にやっておけば、灯火類のLED化やウインカーのハザード機能追加も簡単な作業で出来るようになります。
そちらは今後、気が向いた時に順次おこなう予定です(笑)


おさらい
   
久し振りにウラルネタでも(笑)

状況をおさらいしますと。

FullSizeRender
私のウラルは、昨年ミッションケースからのオイル漏れが発生し、ちょうど2万キロ点検と重なったので、入渠の際、併せて修理してもらう予定でした。
この頃、例のアップグレードインジェクションキットが年内に入荷するとの噂があったので、間に合うようなら、それも併せてお願いしました。
インジェクションのアップグレードとミッションケースの修理は、どちらも本車を全バラする重整備ですので、まとめておこなったほうが工賃が安くなるという算段からです。

ところが(予想通り)アップグレードインジェクションキットが入荷せず、整備計画は宙に浮いてしまいました。

FullSizeRender
私はウラルを仕事にも使っているので、仕事に支障が出ないよう急遽導入したのがC400GTです

FullSizeRender
年が明けてから、走れないまでもエンジンだけは掛けておこうと定期的にバッテリー充電とエンジン始動をおこなっていましたが、今度は右インジェクションから燃料漏れが発生しました。

FullSizeRender
エンジンは始動できなくなりましたが、今も定期的な清掃とバッテリー充電は継続しています。

アップグレードインジェクションキットが入荷しないことが分かったとき、これならキットを待つより新車に買い換えたほうが納車が早いのではないかと冗談で言っていたのですが、ここへ来て私のインジェクションキットより後から発注した人の納車報告が相次いでおり、笑えない状況になってしまいました。
部品が無くて新車の納車が遅れるならまだ分かるのですが、部品注文を差し置いて新車を優先させるのはメーカーの姿勢として如何なものかと思います。
もっとも、この状況は海外のベンダーも同様なのでウラルジャパンやディーラーにはどうしようもない話ではあるのですが。
仮に新車に買い換えても維持するための部品が入荷しなければ同じ事なので、乗り換えは見送り、もうしばらく様子を見ることにします。

FullSizeRender
【ボディにワックス掛け中】



お漏らし
 
私のウラルは昨年のオイル漏れ以来、大事を取って極力動かしていません。
本来なら年末に2万キロ点検のため入渠の予定だったのですが、期日までに部品が入荷しなかったため中断しています。
新型コロナウイルス感染症の影響なのか部品供給が滞ってしまって、全く目処が立たない状況です。

それでもコンディション維持の為、定期的にバッテリー充電とエンジン始動はおこなっていたのですが。

この日もエンジンを始動してしばらく暖機していると、何やらガソリン臭い匂いが。

FullSizeRender
よく見るとブレーキペダルが濡れており、その上からポタポタと水滴が垂れていました。
右側のインジェクションに繋がる燃料ホースのジョイントからガソリンが漏れていたのです。
燃料ポンプが動かなければ燃料は供給されないので、すぐにエンジンを止めると思った通り漏れも止まりました。
オイル漏れなら継ぎ足しながら走ることも出来ますが、ガソリン漏れはそうも行きません。
入渠の日が決まるまでウラルにはしばらく冬眠して貰うことにしました。



↑このページのトップヘ