ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: バイク

シールド交換
 
長距離ツーリング時に使用しているJ-Cruiseですが、最近シールドの小傷が目立つようになりました。
そこで、シールドを交換することにしました。

FullSizeRender


前回交換したのは2019年なので、3年ぶりとなります。
その間の走行距離は約2万キロ。
これが多いか少ないかは分かりませんが、シールドに傷があると走行中に神経が苛立つのでスッパリ交換します。

iradatsu
【参考画像】

さて、2019年よりショーエイは正規販売認定制度を開始し、「SHOEIが認めるレベルの知識、技術の取得をし、お客様へ適切な製品及びサイズのご提案、アフターサービスのご対応まで実施することが出来るショップ」のみが製品を販売できるようになりました。

この為、通販ではメーカー直販か、ごく一部の認定店でしか製品を購入できなくなっています。
事実上、通販サイトでの販売を封じられている状況です。
バイク用品店で取り寄せて貰うにも時間が掛かるため、今回は直販サイトから購入しました。
当然、当日出荷とは行かず、到着まで5日程度掛かりました。

FullSizeRender
取り寄せたのはJ-Cruiseに対応したCJ-2SPシールドと、シールドの曇りを防止するPINLOCK EVO lens

FullSizeRender
そして今回、新たにV-440バイザーを追加します。

FullSizeRender
CJ-2SPシールドにはV-440バイザーを取り付ける為の穴が追加されています。
この為、従来のCJ-2シールドには取り付けられませんのでご注意。

先ず、シールドにPINLOCKを取り付けます。
これは以前にもやっているので難なく完了。



取り付け方法は公式動画でも説明されています。

次に、シールドにV-440バイザーを取り付けます。

FullSizeRender
と言ってもシールドの取り付け穴に付属のネジで取り付けるだけです。

FullSizeRender
完成。
何かガンダムに出てくるパイロットスーツのヘルメットみたい(笑)

テストで何度か走行してみましたが、高速道路でも風圧でバイザーが煽られたりするような事は無く、走行中の違和感は感じませんでした。
また、朝夕に太陽に向かって走るような状況ではインナーバイザーを使用するより少し下を向くだけで日差しを遮れるので、トンネルの出入りなどで便利に使えました。
反面、トップケースやメットインにヘルメットを仕舞う時に、バイザー部分に気を遣いますが、上記のメリットのほうが大きいと感じました。

V-440バイザーはJ-Cruise又はJ-Cruise2を使用していて、長距離を乗る人にはお勧めのアイテムだと思います。

G-fit
  
ガエルネの日本代理店JAPEXでは、通販でガエルネ製品を購入する人のため、サイズ計測システム「G-fit」を用意しています。

FullSizeRender
先日、JAPEXのWebサイトを訪れたところ、G-fitがリニューアルされていることに気が付きました。

以前のG-fitは計測した足のサイズ(長さ、幅、甲の周囲)を入力して最適なサイズを算出する仕組みでした。
新しいG-fitでは、普段履いている靴(サイトではスニーカーと表記)のサイズを入力するようになりました。
いちいち足のサイズを計測しなくて良くなったので気軽になったのですが、これを試してみたところ驚くべきことが分かりました。

私はフーガとG-Stoneを持っています。

GAERNE(ガエルネ) バイクブーツ マウンテンブーツ 本革 イタリア製 FUGA/フーガ ナチュラルブラウン 27 【総輸入元:ジャペックス】



GAERNE(ガエルネ) 防水バイクブーツ カジュアル 本革 サイドジップ イタリア製 G-STONE GORE TEX/Gストーン ゴアテックス ブラック 27 【総輸入元:ジャペックス】



私の普段履きの靴のサイズは27センチ。
以前のG-fitが算出したサイズは、フーガ、G-Stoneとも28センチでした。

フーガを購入したのは6年前です。
前から、このサイズでは少し大きすぎるのではと思っていたのですが、フーガは長期間の慣らしが必要な本革のブーツで、慣らし期間中は靴下を重ね履きして足を保護するように指示されていたので、その為に余裕のあるサイズが必要なのかと漠然と考えていました。
慣らし終了後には靴が足に馴染んで包み込まれるような感覚が得られるとされています。
とっくに慣らし期間は終わりましたが、未だに靴擦れは無くなりませんし、フィット感も得られません。
靴下の重ね履きと分厚い中敷きで何とか履けている状態です。

image
これはG-Stoneも同じで、いくら紐を締め込んでも足が靴の中で動いています。
前にも書きましたが、激しい走りをすると靴の中敷きがズレる現象が発生しました。
こちらも分厚い中敷きに入れ替えてようやく使えています。

今回、試しにフーガとG-Stoneの適正サイズを算出したところ、両方とも27センチと算出されました。
やはりサイズが合っていなかったのです。
これで今までの疑問が氷解しました。
どう考えたって普段履きより2サイズも上のサイズが適正なはずが無かったのです。

品質の瑕疵では無いし、サイズ選びは自己責任なので今更仕方ありませんが、このままサイズが合わない靴を無理矢理履き続けるのは苦痛です。
製品自体は気に入ってるので、何とか出来れば良いんですけどね。





ホタル
 
6月中旬頃はホタルが発生する時期なので、毎年ホタル観賞キャンプに出掛けています。
昨年はコロナ禍や出張が入ったりしたので見送ったのですが、今年は2年ぶりに行くことが出来ました。

場所はいつものハイマート佐仲オートキャンプ場です。
IMG_5786
例年は平日であれば、ほぼ貸し切り状態なのですが、昨今のキャンプブームでご覧の通り。
ハイマート佐仲はフリーサイトなので、ファミリー利用だと場所取りが大変です。

IMG_5789
一方バイクでソロキャンだと、空いているところに難なく設営できるので気楽です。

FullSizeRender
あじさいも美しく咲いています。

今回はホタル観賞が目的なので夕食は最低限で済ませます。

IMG_5796
当ブログではキャンプ飯として定番の(笑)セブンイレブンの鍋焼きうどんです。

FullSizeRender
夕日を浴びながら食べる鍋焼きうどんは旨いですねぇ。

IMG_5801
この日は日没後、意外と冷えたので、このチョイスは案外正解だったようです。

夕食後、いつもの撮影スポットである橋に向かったのですが、ここで大失敗。
例年なら、明るいうちに撮影場所を決めておくのですが、2年ぶりの為すっかり忘れていました。
撮影準備をしている間に、日が落ちて辺りが真っ暗になってしまったのです。
真っ暗だとオートフォーカスは使えず、マニュアル撮影となります。
カメラ素人の私には暗闇でピントを合わせるなど無理。
結果、こうなりました。

IMG_5806
ピンボケ。

今年は例年よりホタルの発生が早かったそうで、この日は前回ほどたくさんのホタルが見られませんでしたが、それでもかなりの数のホタルを確認できました。
来年はちゃんと撮影できたら良いなあ。

翌朝。
例年、ホタル観賞キャンプの朝食はキャンプ場で摂らずに近くの玉子掛けご飯の店に行くのですが、行ってみたところ、この日は定休日でした。

IMG_5811
そこで、三田まで走り、以前訪れた、ピュアホワイトさんで、フレンチトーストを頂きました。
一度食べてみたかったんですよね。



EURO5
 
ウラル・ジャパンは6月18日付のニュースレターで、2022年モデルの詳細を発表した。



URAL2022.Change
【画像はいずれもニュースレターより】

やはり最大の変更点はEURO5適合の為の対応で、実に圧縮比20%増の高圧縮ピストンや、触媒を二連で搭載するなどして、空冷エンジンのままEURO5に適合させている。

URAL2022Exhaust
新たに採用された2-into-1排気システムでは、マフラーは一本出しのアップタイプとなり、最低地上高が上がっている。
従来の二本出しダウンマフラーではオフロード走行時に路面に接触して脱落してしまうことが多々あった。
また、サイレンサーは従来のオプションだったGPR製より太い物のように見えるので、静粛性も保たれているように思う。
GPRマフラーは抜けが良すぎてトルク不足になるとの話があり、その辺りへの対応なのかも知れない。
画像のモデルではシングルシートが採用されており、アップマフラーとの絡みで本車への二名乗車に対応するのかは現在のところ不明。

URAL2022STAND
センタースタンドは従来の物より容易にスタンドアップできるようにデザインが一新された。
現行モデルのスタンドはスタンドアップにコツと体力が必要なので、これが流用できれば非常に助かるのだが、このスタンドはアップマフラーの装備前提のデザインであることと、スタンドの取り付け位置が変更されているため現行モデルには流用出来ない可能性が高い。

URAL2022RBrake
現行モデルのサイドブレーキ一体のHB製ブレーキから一新され、制動用にはブレンボ、サイドブレーキ用にはJ.Juan(ホタ・ホアン)製の機械式ブレーキを採用している。
J.Juanはスペインのブレーキメーカーで、今年の5月にブレンボに買収され、現在はブレンボの傘下企業なので、品質については折り紙付きと言えるだろう。
HB製ブレーキキャリパーはサイドブレーキを兼用する構造上、ブレーキパッドが減ってくる度にサイドブレーキを調整しなければならないが、今回、別体となることで頻繁な調整が必要なくなる。
ブレーキディスクは現行モデルと同じスペインのNG Brakesの物を採用しているが、形状が8ピンフローティングブレーキローターに変更される。

車両価格は、普通自動車MT免許で運転できる2WDのGearUpが256万8千500円。
大型自動二輪車免許が必要な1WDのcTが243万6千500円。
(いずれも税込み。組立及び登録等に係る諸費用が別途必要)
 
初回生産分は今年の秋~冬頃入荷予定とのこと。

歩行者
 
国家公安委員会は6月14日、原動機を有しないキックボード(以下「キックボード」)について、道路交通法上の歩行者とする見解を公表した。



これは、グレーゾーン解消制度に基づく事業者からの照会に対する回答として公表したもの。

これまで、キックボードはローラースケートに類する遊具とされ、道路交通法76条の4の三において、交通の頻繁な公道での使用が禁止されていた。
4 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
三 交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。
今回、両輪で独立したハンドブレーキやサスペンション、警音器、前照灯など、自転車に相当する装備を備えたキックボードが道路交通法上の軽車両に相当するかを、グレーゾーン解消制度に基づき事業者が確認を求めた。

国家公安委員会は次の通り回答している。
確認の求めに対する回答内容の公表(原動機を有しない電動キックボードの取扱い(令和3年5月14日付け照会))より一部引用。

照会書2.(2)に記載のキックボード(原動機を有さないものに限る。)は、現に広く一般的に人又は物の運送の用に供されておらず、また、車体の大きさや安定性、動力源等の構造を総合的に勘案してもそのように用いられることが想定されないため、道路交通法上の「車」として何らかの規制を行う必要性が認められず、「車」には当たらないと解されることから、当該キックボードを用いている者は、道路交通法上の歩行者になると解される。したがって、当該キックボードは道路交通法第2条第1項第11号イに規定する「軽車両」には該当しないと解される。
キックボードは自転車など他の軽車両と異なり、小さく速度が出ないので車両として規制する必要は無いとの見解になったようだ。
だが、キックボードが「軽車両ではなく歩行者」と解釈されることで、これまで交通の頻繁な公道での使用が禁止されていたキックボードが、障害者の車椅子と同様に歩道を通行出来るようになる可能性がある。

ただし、道路交通法第2条の3で対応が明記されている障害者用車椅子と異なり、キックボードが歩道を通行出来るようになるためには警察庁の通達が必要だ。
記事執筆時点で、この件に関して警察庁からの通達は出されていない。
警視庁交通相談にも確認したが、国家公安委員会の回答は承知しているものの、警察庁からの通達が有るまでは、各警察では従来通りの対応になるそうだ。


↑このページのトップヘ