ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ: バイク

ワカサギ釣り

昨年、初めて挑戦したワカサギ釣りでしたが、結果は予想通り(笑)ボウズでした。
今回はそのリベンジを目指して、再び篠山市の佐仲ダム釣り場を目指します。

夜明け前の道をひた走り、のはずだったのですが、この日は平日。
ちょうど通勤時間帯にぶち当たり、予定より1時間以上遅れて佐仲ダムに到着しました。
この時点で午前9時を過ぎていました。

FullSizeRender
管理棟で遊漁料2千円とレンタル竿セット1300円を支払います。

FullSizeRender
管理人さんはウラルを憶えていて、「去年も来たよね」と(笑)

FullSizeRender
今年は魚の食いが悪く、最近の釣果は今ひとつとのこと。
来ちゃった以上そんなこと気にしていられないので、初の釣果を目指してワカサギドームへ向かいました。

今年はドーム内にLED照明が設置されていました。
夜明け前の釣りがし易くなっているそうです。

FullSizeRender
釣り餌はいつもの白サシ。
サシとは蝿の幼虫、いわゆる蛆虫です。
エサは無くなると無料で補充して貰えますが、大量に入っているのでまず無くなることはありません。

昨年までは交換無料だった仕掛けは、今年から有料300円になったそうです。
仕掛けをもつれさせてしまう人が非常に多い為だとか。

FullSizeRender
さて、こうして魚探と電動リール装備の常連さんに混じって釣りを始めたのですが、常連さん達も含め一向にアタリがありません。

FullSizeRender
見かねた管理人さんが魚探を投入して湖底を探ってくれたのですが、魚群が回遊してないとの事。
常連さんも、たまにウグイは掛かるがワカサギは掛からないと言っていました。

FullSizeRender
正午を過ぎて天候も悪化し雨が降って気温も下がってきました。
一人二人と帰りはじめ、ついにはドームには私しか居なくなってしまいました。
常連さんの話では、ワカサギは照明に集まるので夜明け前から午前8時頃までがピークで、それ以降は釣れなくなるとの事でした。
しかし、2月の方が水温が下がって棚が安定するので釣れ易くなるとか、水温が上がって魚が動き出す3月下旬の方が釣れ易くなるとか、人によって言うことがまちまちで、イマイチ決定打が無いようでした。
午後3時頃まで粘りましたが結局1匹も釣れず、今回もボウズとなりました。

IMG_5011
釣りの後、いつものように近くのハイマート佐仲オートキャンプ場に設営。
ここのキャンプ場は、炊事場はお湯が出るし、風呂は無料で入れるし、トイレは暖房便座のウォシュレットと至れり尽くせりの人気キャンプ場で休日は予約必須です。

IMG_5015
この日は平日にもかかわらず大勢の利用者がありました。
ただしゴミは持ち帰りなので注意です。

FullSizeRender
ワカサギが釣れなかったので、夕食はセブンイレブンの鍋焼きうどんになりました(汗)

FullSizeRender
今回も薪ストーブを使用し、薪はキャンプ場で調達した広葉樹の薪648円と、前回のキャンプで残った針葉樹の薪の残りを投入しました。

FullSizeRender
しかし、やはり火力不足のようで、室温を5℃上げるのに6時間以上も焚き続けました。
鍋焼きうどんを2時間煮ても一向に沸騰せず、いつものアルコールストーブだと3分で沸騰しました。
これではとても実用に耐えません。
何か火力アップの方法を考えないといけないようです。

FullSizeRender
翌朝、朝食抜きで撤収して、たまごかけごはんの店「玉の助」へ。

FullSizeRender
朝食兼昼食で卵かけ定食(大)520円に、だし巻き100円を追加。

FullSizeRender
平飼い鶏から取れる希少な濃厚たまごが楽しめます。

FullSizeRender
デザートはプリン380円。

今回のワカサギ釣りキャンプはワカサギ釣りもキャンプも反省点が多いものになりました。
次回こそはリベンジしたいです。





近代化

大げさなタイトルですが、ウラルの電装で気になっていた部分を、ちょっと手直ししてみようかなと。

今回改修するのは次の2点。

  1. HELLAソケットのキー連動化。
  2. スポットライトのキー連動化と手元リモコン化。

先ずはHELLAソケット。
側車にHELLAソケットが付いているんですが、これがいわゆるバッ直というヤツでして、ヒューズは介しているもののキーの状態に関係なく常時通電される仕様です。
これですとうっかりアクセサリーを切り忘れるとバッテリーが上がってしまう恐れがあります。
そこでソケットへの通電を、キースイッチに連動するリレーを介しておこなうように変更し、キーOFFの時は通電しないようにします。

もうひとつはスポットライト。
側車のスポットライトもキーの状態に関係なく、側車のスイッチでON/OFFさせることができます。
これはこれで便利なときもあるんですが、運転中に側車のスイッチを操作するのは難しいし、側車に荷物を積んでいると、知らないうちにスイッチが入っていたことが何度かあったので、これを何とかしたい。
2017年モデルからスポットライトのスイッチは本車ハンドルバー上に移されましたが、あのスイッチ結構デカイので、せっかくならもっと目立たないスイッチにします。
そしてソケットをキー連動にするついでにスポットライトもキー連動にします。
これなら万一切り忘れてもメインキーOFFでスポットライトは消えてくれます。

と言うわけで作業開始。
先ず改造案を検討。
配線は年式やモデルによって異なるので、メーカーが出している配線系統図と実車を調査してから作業します。

ural-wiring

手書きで見にくいですが、こちらが配線図です。
赤枠で囲われたところが今回追加する配線です。
ディーラーでETCを取り付ける際に、キー連動電源の取出しをおこなっているので、これに便乗します。
CN4の配線がそれです。



FullSizeRender
ディーラーによる作業では、側車側のCN4ハーネスの真ん中当たりで保護チューブをカットし、二股ソケットを付けて電源を取り出しています。
加工部分は余ったETCの配線などを一緒に束ねてありますが、お世辞にも綺麗な仕舞いとは言えません。
バイク屋さんも電気配線は素人なのでやむを得ないところもありますが、せっかくばらすので仕舞いをやり直します。


FullSizeRender
改修前のETC電源取出部分です。
ETCの電源は一旦取り外し、新たに起こすリレーから取り直します。

FullSizeRender
スポットライト用のハンドルスイッチはデイトナのスレンダースイッチです。

FullSizeRender
スイッチからのリード線は保護されていないので5ミリの保護チューブを被せました。

FullSizeRender
フロントブレーキマスターシリンダーを中央寄りへ15mmほど動かして、そこにスイッチを取り付けました。

FullSizeRender
既存の配線に沿わせて側車まで引き回します。
既存の結束バンドを切らずに、新しい結束バンドで留めていきます。
長さが足りないので途中で延長してます。

FullSizeRender
カットした部分を15mmの保護チューブで覆い、ねじれていた取り回しを揃えました。
ETC車載器は諸事情で一時取り外しており、アンテナケーブルを仮留めしています。

FullSizeRender
側車内部です。
配線を隠すところが無いので、10mmの保護チューブに収めています。
リレー周りはビニールテープでぐるぐる巻きです。
リレーの固定は面ファスナーを使用しています。
荷物を詰め込むことを考えると、リレーの固定位置はもっと上の方が良かったかも知れません。

FullSizeRender
キースイッチをONにし、ハンドルのスイッチをON/OFFするとスポットライトが点灯/消灯します。
テスト走行してみましたが、やはり手元スイッチは便利でスポットライトをドライビングランプのように使うことができ
夜間の視認性も向上します。

側車のスイッチはまだ生きていて、これをOFFにするとハンドルのスイッチがONでもスポットライトは点灯しません。
配線は全てカプラーなので、万一リレーが故障しても容易に元に戻すことが出来ます。
将来的にはHELLAソケットをシガーソケットに交換することも考えています。





【今回の使用部品はこちら】

DAYTONA(デイトナ) スレンダースイッチ 【フラットシーソータイプ】 79339。
純正スイッチが大きいのでスリムなものにした。



DAYTONA(デイトナ) ハーネスチューブ ブラック φ5 96212。
ハンドル周りなど可動部へ取り回す配線の保護に使用。



エーモン リレー 4極 DC12V 20A 1245。
大抵のホームセンターに置いているので故障しても入手は容易。





バイク用も
出して




先日発表された新しいタイヤチェーン規制では、冬用タイヤを装着していてもタイヤチェーンが無ければ通行出来ない区間が設けられ話題になった。
この規制は本来通行止めとなるほどの積雪であってもタイヤチェーンを装着している車両にについては通行を認めると言うもので、その適用区間も13箇所と少なく、あくまで例外的な措置だ。
この規制によって、タイヤチェーンに注目が集まっている。
と言うのも、最近の車はタイヤとボディのすき間が少なく、タイヤチェーンを装着できない車両が多い為だ。
そこで、タイヤチェーンが装着できない車にも装着できる「布製タイヤカバー」を乗りものニュースが紹介している。


 国土交通省は「チェーン規制についてのQ&A」を発表し、規制に対応するチェーンについて、スプレーのように薬剤を吹き付けるタイプのもの以外は市販のもので可としている。
  • 金属チェーンタイプ:金属製のチェーンやワイヤーの製品 
  • ウレタン&ゴムチェーンタイプ:ゴムなどの樹脂製の製品 
  • 布製カバータイプ:アラミドなどの特殊合成繊維製の製品
布製タイヤカバーなんて聞き慣れないが、法令ではタイヤチェーンの定義を「道路運送車両法の保安基準」第9条第4項の「タイヤ・チェーン等は走行装置に確実に取り付けることができ、かつ、安全な運行を確保することができるものでなければならない」としている為、物理的に取り付けるものではないスプレータイプ以外は対象となるらしい。

元記事では布製タイヤカバーを次のように紹介している。
まず駆動輪に半分かぶせ、クルマを動かしてタイヤを半回転させ、残りをかぶせれば装着完了です。オートバックスセブンによると、タイヤとボディーのあいだが狭くチェーンが付けられない(チェーンがボディーをこすってしまう)車種にも使えるほか、ふだんは折り畳まれて袋に収納されているため、トランクに入れてもかさばらないといいます。

しかし耐久性の面では長距離の走行には向かないとの事。
布製タイヤカバーは、もともと緊急用として開発された商品です。突然の降雪に対し、ひと山乗り越えるといった用途を想定しており、従来、高速道路や一般道で行われてきたチェーン規制(実質的に「冬タイヤ規制」)では、現場の判断で不可とされる場合もありました。
結局、布製タイヤカバーがあっても、雪道を通行しようとすると冬用タイヤが必要と言うことになる。

この布製タイヤカバー、バイク用は無いのだろうか。
と言うのも、バイク用の冬用タイヤはほぼ皆無だし、有ったとしても四輪車用に比べて性能は各段に劣る。
クリアランスの関係でタイヤチェーンの装着も難しい。
バイクで使用する場合は脱落時のチェーンへの巻き込みなどを考慮しないといけないが、緊急用に持っているだけでも安心感が違う。
メーカーさん、ひとつご考慮を。




電動ドライバーでスパイクを後付けするためのピン。
使用地域によっては違反となるのでご注意。



結束バンドの様に装着する使い捨て滑り止め。
開封後1週間しか使用できない上、耐久性が無いとのレビュー多数。
バイク向き?



スプレータイプの滑り止め。
ボディなどに付くと除去が困難とのレビュー多数。




ノザグランデ




ヤマハ発動機はハイブリッドシステムを備えた125ccスクーター「NOZZA GRANDE(ノザ グランデ)」の2019年モデルをベトナムで発売すると発表した

ノザグランデはタイで製造販売されている「GRAND FILANO(グランドフィラーノ)」のベトナムでの名称。

ノザグランデは静粛性と低燃費を両立したBLUE COREエンジンに、発進時に駆動力を補助するハイブリッドシステムを備えるスマートモータージェネレーターを組み合わせて搭載している。
2018年7月にタイ向け「GRAND FILANO HYBRID」で初搭載された、ハイブリッドシステムは停止状態からの発進時に最大約3秒間、スロットル操作に応じてスタータージェネレーターがモーターとして機能し、エンジンのトルクを補助する機能。

ハイブリッドスクーターではホンダのPCXハイブリッドが知られているが、PCXのようにハイブリッド専用バッテリーは搭載せず、従来の鉛バッテリーを採用している。
これは軽量化の為と東南アジア市場でも入手が容易にするためだろう。



ノザグランデについてはレスポンスが試乗記事を書いていて大変興味深い。

モーターのアシストは発進時のみで、モーターのみで走行することは出来ないとの事だが、その恩恵は大きく、また他車種への流用が容易とのことで、今後このシステムを搭載したスクーターが国内市場に投入される可能性がある。

国内投入を期待したい。



ながら運転




 警察庁は20日、自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用について、罰則を強化するとともに反則金の限度額を引き上げる道交法改正試案を発表した。来年の通常国会に提出し、来年中の施行を目指す。

運転中の携帯電話・スマートフォンの使用、いわゆる「ながら運転」に対する罰則強化がおこなわれる見通しだ。
25日から約1カ月、意見公募(パブリックコメント)を実施し正式決定する。

 罰則は、現在の「5万円以下の罰金」から「6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金」に変更。事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、現在の「3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」とする。

この罰則は交通反則通告制度であり、一定期間内に反則金を納めれば刑事手続きの対象とはならない。

 反則金の限度額は、大型自動車が1万円から5万円、普通自動車が8000円から4万円、小型特殊自動車は6000円から3万円にそれぞれ引き上げる。事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、反則金の対象から外し、刑事手続きのみとする。

よく「罰金」と「反則金」を混同している人が見受けられるが、「罰金」は刑事罰であり前科が付く。
反則金は交通反則通告制度の納付金で、これを納めることにより刑事手続きから除外されるもので、全く別のものだ。

今回の改正案では「事故を起こしかねない危険を生じさせた場合」は交通反則通告制度の対象外とされ、刑事手続きにより「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に処せられる。
「事故を起こしかねない危険を生じさせた場合」がどのような状況なのかは定かではないが、例えばスマホを注視することによるふらつきや蛇行運転、信号無視なども含まれそうだ。

もちろんこれはオートバイを運転するときにも適用される。
最近はスマホをナビとして使うことも多いので、うっかり注視してしまわないように注意が必要だ。
もちろん安全運転が第一だ。




↑このページのトップヘ