ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

カテゴリ:旅行 > 旅ニュース

残念





マイナビニュースの記事より。

JR九州は24日、九州新幹線の車内販売の利用が年々減少傾向にあり、駅構内などでの購入機会が拡大していることを受け、3月15日をもって九州新幹線全列車の車内販売とグリーン車サービスを終了すると発表した。
非常に残念なニュース。
九州入りの際には九州新幹線のグリーン車を利用し、車内販売も利用して来た。
確かにホームの売店の品揃えは充実しているが、一旦乗ってしまってから買い忘れに気付くと、途中で降りて買いに行くのは停車時間の都合もあるので難しい。
コンビニの商品などに比べると割高な事もあるが、席まで届けてくれるサービス料と考えれば無難な価格設定だと思う。
なので私は車内販売を結構な頻度で利用している。
新幹線の車内販売は席に居ながら飲み物やお土産を買える便利さもあるが、最も重宝していたのはご当地でしか買えない品物をラインナップしていることだ。
知らない土地の名物や、他の乗客が購入しているのを見て気になったものを買うことがあった。
新幹線名物のカチコチに凍ったアイスクリームだって、路線によってメーカーが異なり、それぞれの味わいがある。


IMG_5596
【九州新幹線の車内販売アイスクリームは高千穂牧場製】


利用者の低迷というのはわかるが、もっと「ここでしか得られない体験」を前面に押し出せば、回生の手段はあったのではないかと思わなくもない。

併せてグリーン車のサービスも終了するという。
九州新幹線のグリーン車では乗車すると紙おしぼりと飴が配られる。

FullSizeRender
【九州新幹線のグリーン車で配られる飴】


また、車内で出たごみを巡回して回収してくれたり、要望すれば膝掛け毛布を貸してもらえる。
今回のサービス終了では、これらのサービスが廃止され、膝掛け毛布は客室内に常備されるという。
新幹線に乗ったらすぐに寝てしまい、おしぼりや飴は要らないと言う人も多いのだろう。
グリーン車ならではの体験がまた一つ減ってしまうことになった。

なお、これらサービスの廃止は九州新幹線のみで、東海道新幹線は引き続きサービス継続される。


こだま




乗りものニュースの記事より。

みんな大好き新幹線。
元記事では「こだま」など各駅停車の新幹線の楽しみ方を紹介している。
私は遠距離移動が多いので、「こだま」にはあまり乗ることは無いのだが、乗り継ぎの時間調整で利用することもある。
「こだま」の魅力とは一体どんなものだろうか。

だいたい空いている

「こだま」タイプの乗客は、速達タイプの列車から乗り継ぐ人や、短距離の利用者が多いのですが、座席数はたいてい余裕があります。張り詰めた雰囲気のビジネス客は少なく、自由席では気に入った座席でのんびりと過ごせるでしょう。始発駅を10時から16時ごろに出発する列車は特に空いていて狙い目です。
確かに「こだま」は空席が多い。
自由席も空いていて、乗り継ぎ利用で2、3駅しか乗らないのであれば全く困りはしない。
わざわざ指定席を予約する必要も無いことも多いが、まれに繁忙期や団体利用があったりして席が空いていないことがあるので、一応指定席を予約している。
エクスプレス予約なら自由席と指定席の料金は同じだし。

停車時間に駅弁を選ぶ楽しみがある

「こだま」タイプの魅力、ふたつ目は、多くの駅で長時間停車することです。これが最大の魅力といっても過言ではありません。「こだま」タイプは、「のぞみ」や「みずほ」などの速達タイプに追い抜かれるため、多くの駅で長時間停車します。この停車時間を利用して、ホームを散策したり、売店で駅弁や飲み物を買ったりできるのです。
「こだま」は通過待ちの為長時間停車することが多い。
元記事でも書かれているが、山陽新幹線では20分以上も停車していることがあり、乗り継ぎ予約の時に気をつけないと、場合によっては後続の列車や在来線特急のほうが先着したりする。
また、「駅弁を選ぶ楽しみがある」のは結果的にそうなっているところもある。
「こだま」には車内販売が無いので、停車中に駅売店で購入するしか無いからだ。

「こだま」ならではのおトクな商品

「こだま」タイプ、3つ目の魅力は、特別に安いきっぷや旅行商品が用意されていること。東海道新幹線なら、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」が有名です。これは、「こだま」の指定席またはグリーン車限定の旅行商品で、東京~新大阪間でグリーン車を利用すると通常1万8920円かかるところ、売店で使えるドリンククーポンが付いて1万2000円と格安。年末年始など繁忙期も値段は1万3500円とやや高くなりますが、使えます。
「のぞみ」や「ひかり」はビジネス利用が多く混雑しているが、「こだま」は比較的空いているので、このような商品が販売されている。
主にグループ観光客向けの商品で、販売期間や予約の変更などに制限があるが人気の商品だ。
「こだま」は遅いと言っても観光目的なら酒盛りしている間に到着してしまうので大して気にならないだろう。
私は一度これを出張に使おうとしたが、やはり予定が変わりやすいビジネス利用では使いにくく諦めた。

機会があれば「こだま」の旅で贅沢な時間を過ごしたいものだ。




連絡船うどん




乗りものニュースの記事より。

 岡山県玉野市の宇野港と香川県高松市の高松港を結ぶ宇高航路。いまは四国フェリー(高松市)が運航していますが、以前は国鉄・JRも鉄道連絡船「宇高連絡船」を直営し、宇野駅と高松駅のあいだを連絡していました。そしてこの連絡船、デッキで販売されていた讃岐うどんが、ひとつの名物となっていました。

宇高連絡船の船上で販売されていた、通称「連絡船うどん」が、現在はJR高松駅で食べられるという。
しかし、当時船上で販売されていたものとは異なるようだ。
 連絡船のデッキでは作り置きの茹で麺が使われていたのに対し、現在の「連絡船うどん」ではその場で茹でた麺が提供されており、連絡船当時と比べてコシもあり、味は一段とおいしく。また、当時は「かけうどん」「きつねうどん」「天ぷらうどん」の3種のみでしたが、いまは「肉ぶっかけ」や「肉うどん」「かきあげうどん」などもあります。
私も子供の頃、宇高連絡船でうどんを食べたことがあり、記憶では麺が伸びてしまっていて出汁もぬるく、非常に不味かった憶えがある(笑)
確か、きつねうどんだった。
しかし、現在販売されているうどんは改良されて味も良くなり、メニューも増えているそうだ。
商売としてうどんを売っている以上、改良して売り上げを向上させることは必要だし何も間違ってはいない。
しかしそれは最早、普通のうどんであって「連絡船うどん」ではない。
当時の味を知る者にとっては少し残念だ。

「名物に旨いもの無し」と言われるように、名物とはその場所で味わったと体験や、そこへ行かないと食べられない価値観に紐付くものだ。
例え不味くても船上デッキのベンチで食べたうどんは記憶として残る。
昔の駅弁に付いてきたビニールの味のするお茶だって、当時はとても飲めたものじゃ無かったが、記憶としては駅弁を構成する重要な要素だ。
(余談だけど、あの容器「ポリ茶瓶」と言って、まだ販売されているそうだ。)

高松駅の連絡船うどんは当時の船上をイメージしたテラス席も設けられ、駅の外からも利用できるそうなので、近くに寄った時には利用してみたいと思う。


結構
大ごとです



JRグループ6社や大手私鉄16社など鉄道各社局は年12月27日、2019年4月1日(月)に手回り品ルールを改正する。
東海道新幹線で発生した車内殺傷事件を受けて鉄道運輸規程が改正されるのに伴う措置。

 これまで刃物は、危険品や暖炉・コンロ、死体、不潔なものなどとともに、「他の旅客に危害を及ぼすおそれのあるもの」として持ち込めませんでしたが、今回の改正で禁止対象として明示的に定められます。ただし、他の客に危害を及ぼすおそれがないように梱包されたものは除外されます。


改正を受けて国土交通省から発表された、 「刃物を鉄道車内に持ち込む際の梱包方法についてのガイドライン」(PDF) によると、まず刃物の定義は、

「刃物」とは、その用法において 人を殺傷する性能を有し、鋼又はこれと同等程度の物質的性能(硬度・曲げへの強さ)を有する 材質でできている片刃又は両刃の器物で刀剣類以外のものをいう。 

であり、例として包丁類、ナイフ類(カッターナイフを含む。) 、牛刀、山刀、くり小刀、なた、鎌、はさみ、のこぎりなどが挙げられている。

刃渡り6cmを超える刃物は、直ちに取り出して使用できないような状態にしておくこ
とが求められており、梱包方法の具体的な例として次のものを挙げている。
・刃先をさやケース(プラスチック製、革製のもの等)に収納する、又は段ボール等で刃先を覆った上で、刃物全体を新聞紙等で包装し、持ち運ぶ際に刃物が飛び出さないよう丈夫な袋や箱、カバンにしまっておく。
・小売店等において購入した際の梱包状態が保持されている。

刃渡り6cm以下の刃物については袋等に収納しておくことが求められていて、梱包方法の具体的な例として次のものを挙げている。

・カッターナイフの刃先をしまい、ペンケースの中に収納しておく。

この改正、趣旨は分かるんだけど、実は結構大ごとだ。
刃渡り6cm超の刃物については「さや」に収納するだけではダメで、包装をしなければならない。
登山やキャンプなどで目的地に向かう為、鉄道を利用する場合は注意が必要だ。
私の場合はさやに入れたナイフを他のキャンプ道具と一緒にプラスチックケースにまとめて収納していたが、この方法だと「直ちに取り出して使用できない状態」に該当しない可能性がある。
「小売店等において購入した際の梱包状態」で良いのなら、購入時の箱やブリスターケースに入れておくのも良いかも知れない。
刃渡り6cm以下の刃物については従来通りの収納で良さそうだ。

もちろん、あらぬ疑いを掛けられないよう車内で取り出したりしてはいけないが、鉄道乗務員などは、必要に応じて刃物の梱包状態等について点検をおこなう場合があるとしていて、これって登山やキャンプへ行く人の荷物を点検したら十中八九アウトなんじゃないだろうか。

よほどのことがない限り、そんな事にはならないと思うが、今後、刃物の取扱には今以上に注意する必要がありそうだ。

今更?



JR東日本は12月27日より列車運行情報のTwitter配信を開始した



まずは先行して、新幹線・在来線特急列車の運行情報の配信を開始しているが、関東エリア(東海道方面、東北・高崎方面、中央方面、常磐方面、総武方面)、東北エリア、信越エリアの配信を予定している。
驚いた。
今頃になってどうしたのだろう。
このような運行情報は、公式サイトはもとより、既にYahoo!などのアプリやウェブサービスで容易にアクセスできるほか、JR東日本の公式サイトをソースとする非公式botが多数運用されていて、情報の取得に困ることは無い。
確かに一次ソースとしての信頼性はあるのだけれど、情報の出所ははっきりしているので公式だからといってアドバンテージは感じない。
むしろ今までこのような配信をおこなっていなかったのが不思議でならない。
サービスが充実するのはありがたいことだけど、どうにも出遅れた感が否めない。



↑このページのトップヘ