信じられん





Jタウンネットの記事より。

2018年3月18日から5月14日までJタウン研究所がおこなった調査で、高校の修学旅行先最多得票は四国エリアだったという。


まず、総得票数は2375票。最多得票となったのが「四国」で588票(24.8%)、2位が「関西」で400票(16.8%)、3位は「九州」で279票(11.7%)となった。最少得票数だったのが88票(3.7%)を獲得した北陸だった。
何と全国の高校の修学旅行先の約1/4が四国に行くという。

次に都道府県別にみると、なんと「関西」が1位となった東京都と、「沖縄」が首位の沖縄県を除いた45道府県で「四国」が1位に。沖縄県でも2位には「四国」が入っており、そのシェアの高さは特筆される。

この結果、にわかには信じられない。
高校の修学旅行では他の地方や海外に行くことが多いと思っていた。
関西出身の私も高校の修学旅行は北陸だった。
確かに四国は食べ物は旨いし見どころもたくさんある。
交通マナーが激悪なことを除けば、移住したいぐらい良いところだと思う。
しかし四国の高校生の修学旅行先が四国ってのは本当なのだろうか。

昔、紫雲丸の事故により修学旅行生が多数犠牲になったので、四国の学生は四国の外へ修学旅行に行かなくなったと言う話を聞いたけど、70年近く前の話だし今は橋もかかっているから、そんなことは無いはずだ。
実際、修学旅行シーズンには大阪と四国を結んでいるフェリーに学生の団体が乗っているのをよく見かける。

何か特別な理由でもあるのだろうか。