原付二種




@DIMEの記事より。

小型二輪免許で乗れる原付2種、つまり125ccクラスのバイク市場が、にわかに注目を集め始めている。
そうなの?
あんまり実感としては無いんだけど。

バイクは今、東南アジアでの販売が好調なのですが、その主流は100cc前後。そのモデルをグローバルモデルとして日本でも販売し始めたため、このクラスのバイクが増えたのです
今に始まったことではないが、国外生産のグローバルモデルを投入する流れは確かにある。

原付免許で125ccクラスまで乗れるようにしようとする動きもあります。近い話では、今秋頃までには小型二輪免許の取得が簡素化されそうです。普通自動車免許を所持していれば最短2日で取得できる話も。
以前話題になった、原付免許の範囲を125ccまで拡げるという話。
一般から意見を募集したところ見事に賛否両論真っ二つに分かれた。
これは50ccでは排ガス規制をクリアできないので原付の排気量を上げたいメーカーの思惑が働いている。
前述のグローバルモデル投入の話も絡んでいるのだろう。
原付免許で125ccまで乗れる話は議論の余地があるが、小型二輪免許取得の簡素化は既に動き出している。

このほか、任意保険を『ファミリーバイク特約』とし、すでに持っている自家用車と一緒にすると保険料が安くなりますよ
私は自家用車を持っていないので、ビーノを買う時TZRの任意保険にファミリーバイク特約を追加したのだけど、TZRだけの時より1.5倍ぐらい保険料が上がってしまった。
原付単独で任意保険に入るよりは安いけど。

デメリットと言えば自動車専用道路を使用できないことと、車両価格が高いことぐらいだろうか。
モンキー125ABSなんて250ccのトリッカーより高いし。
メリットが多いので、近場の利用には原付二種はお勧めだ。