あゆの里
矢田川





産経ニュースの記事より。

香美町村岡区の道の駅「あゆの里・矢田川」で、RVパーク「香美の隠れ家・ときめき矢田川ヴィレッジ」が開設されることになり、阿瀬大典駅長(40)らが24日、発表した。RVパークは県内初という。

以前にも書いたけど、兵庫県香美町の道の駅「あゆの里・矢田川」は赤字経営が続いている。
前に紹介した時の若い駅長は健闘むなしく去ることになってしまった。
新しく就任した駅長は道の駅の窮状を隠すことなくSNSで紹介し、これが逆にこの道の駅を全国的に知らしめることになった。



この道の駅では車中泊を積極的に推奨しているのも特徴だ。
道の駅では通常、宿泊目的の利用は禁止されている。
「あゆの里・矢田川」では道の駅の駐車場を車中泊スペースとして無料で利用することが出来る。
(注:2018年9月20日以降、駐車場での車中泊は「推奨しない」ことになりました。)
当然だが駐車場の利用ではバーベキューなどの火気を使うことは出来ない。

この度、道の駅の敷地内に新たにRVパークが開設されることになった。
RVパークとは社団法人日本RV協会が認定する車中泊利用のための専用スペースで、電気や火気の使用ができる。

利用料金は1台1500円、電気代500円。料金にはゴミ処理代も含まれる。利用時間は午後3時から翌日午後2時まで。

RVパークの特徴としてリーズナブルな料金体系がある。
こちらのRVパークも格安で利用でき、旅の立ち寄り地や周辺散策のベースとして使いやすい。


道の駅「あゆの里・矢田川」では他にも色々なイベントや企画を立案して実践しており大変興味深い。
夏になればアユのシーズンになるし、益々にぎわうことだろう。
是非訪れてみたいものだ。