在庫復活


ヤマハの原付1種スクーター「ビーノ」は、今年5月にフルモデルチェンジし、ホンダ・ジョルノをベースとする新型になります。





FullSizeRender
現行の「ビーノXC50D」は既にメーカーの生産終了車種となっており、2月10日に発売されたパールシアン(ペールシアンパール2)カラーの最終モデルは、2月下旬に完売してしまいました。




ところが。
先日、一部販売店から、こんなツイートが。








えっ?
完売じゃなかったの?


そこで私は、ヤマハのバイクを取り扱うバイク屋さんに出向き、ビーノの在庫を調べてもらいました。
在庫確認の結果、4月22日午後の時点で10台のメーカー在庫があることが判明。
何度も確認しましたが、販売店在庫ではなくメーカー在庫とのこと。

ここからは推測なんですが、バックオーダーの分を追加生産したのではないかと考えます。
その際、受注台数分だけではなく、何台か余裕をもって生産したのではないでしょうか。
それなら在庫10台という微妙な台数も納得がいきます。

いずれにせよ、メーカーが生産終了した車種の在庫が復活と言うのは聞いたことが有りません。
最終モデルのビーノが欲しい人は最後のチャンスかも知れません。