混んでます




乗りものニュースの記事より。

国土交通省が毎年発表している「渋滞ランキング」2016年版によると、都市高速では阪神高速3号神戸線「西宮JCT~第二神明接続部」24.9kmが下り、上りともにワースト1位と2位にランクイン。阪神高速道路によると、2018年ゴールデンウィークも、下り線は第二神明道路の名谷IC付近から最大35km、上り線は深江ランプ(神戸市東灘区)付近から最大25kmの渋滞が予測されています。

阪神高速3号神戸線の混み具合は、地元民なら知っているだろう。
私も、この前ウラル会に参加したとき、阪神高速が混雑していて集合時刻に遅れてしまった。
昔から混雑する区間ではあったが、まさか日本一の混み具合だったとは。


以前にもこんな記事を取り上げた。

神戸淡路鳴門道、連休の渋滞なぜ?

この記事では、連休の明石海峡大橋が渋滞するのは阪神高速3号神戸線の渋滞の為、橋を渡ってきた車が流入できないからだった。
今回の記事でも、連休中に神戸淡路鳴門道へ行き来する車により、上り下りとも渋滞するとのこと。

渋滞の背景として、阪神高速は次のように回答している。

第二神明道路や神戸淡路鳴門道など、ネットワークを形成しているほかの道路の交通量が多いことも一因ですが、根本的な問題として、神戸市街地を結ぶ東西の幹線交通網が脆弱であることが挙げられます。神戸市街地は南北に狭く、東西に延びる幹線道路は一般道も国道2号と43号くらいしかありません。このため神戸の東西を往来する同じような目的のクルマが、神戸線に集中してしまうのです。

私はこれに加えて、3号神戸線自体の構造上の問題も原因の一つだと考えている。
阪神高速は都市部を縫うように路線が巡らされており、急カーブやアップダウンも多い。
また、車線は狭く路肩も無い上、両脇は遮音壁で囲まれていて圧迫感が強い。
構造上一定速度で走り続けることが難しい路線だ。
しかも、一部のランプは車線の右側、つまり追い越し車線から合流する配置になっている。
このような場所では、乗り降りする車で追い越し車線が塞がれ、交通の流れ全体が抑えられてしまう。
このような要因から然るべくして渋滞は発生していると考えている。

ETC利用で上限1300円(普通車)の利用料は魅力だが、予定時間に遅れてしまっては元も子もない。
なので私は、3号神戸線を極力使わないようにしている。
例えば名神高速を利用する場合は西宮まで行かずに、中国道経由で行くなどだ。
折しも新名神・神戸~高槻間が全線開通したので、時間的にもこちらのほうが早い。
大阪へ行く場合も、3号神戸線ではなく5号湾岸線を利用している。
どうしても3号神戸線を使う必要がある場合は早朝や深夜など、混雑を極力避けるようにしている。

阪神高速では、この渋滞の解決策として5号湾岸線の名谷までの延伸の計画があるが、開通は未定だ。
残念ながらこの先しばらくは、3号神戸線の渋滞が解消する気配は無い。