武田尾温泉


先日の磐田行きでは開通したばかりの新名神・神戸~高槻間を通ったのですが、その時、宝塚北SA・スマートICが武田尾温泉のすくそばであることを知りました。
これは武田尾温泉に行くのに非常に便利ではないかと思ったので、実際に行って確かめてみることにしました。

FullSizeRender
神戸JCTから新名神に向かいます。


FullSizeRender
この道は中国道方面に行くのによく使っていたので、前まで左にしか行けなかったところを直進するのは妙な気分です。


FullSizeRender
ここが中国道と新名神の分かれ目です。



FullSizeRender
宝塚SAに入ります。
ここにはスマートICが併設されています。


FullSizeRender
出口方面に向かいます。
SAに入ってしまうとICから出ることは出来ません。


ICを出て、きれいに整備された山道を6分ほど走ると、もう着いちゃいました。


FullSizeRender
武田尾温泉の足湯です。


FullSizeRender
利用料無料なので、ハイキングの人たちがよく利用しています。


IMG_0040
東屋の前に桜の木がありましたので、ここで花見をします。
花はちょうど見ごろでした。
以前来たときはもっと桜の木があった気がしたんだけど、意外にありませんでした。
記憶はいい加減です。


IMG_0027
ノンアルコールビールで乾杯。


FullSizeRender
足湯の後ろには小さな滝が作られています。
こちらもお湯が流れています。

FullSizeRender
護岸工事が続いています。
武田尾温泉は関西の秘湯と言われ、以前は細い山道を延々と登らなければいけませんでした。
道が広くきれいになって行きやすくなりましたが、秘湯感は薄れてしまいました。


武田尾温泉足湯を出発して、山道を三木方面へ向かいます。

FullSizeRender
この車の列は宝塚SAに一般道から入れる「ウェルカムゲート」への列です。
駐車場が満車の為、入場待ちしていました。
そんなものは華麗にスルーして山道を登ります。


IMG_0043
しばらく走って、川下川ダムに立ち寄りました。

IMG_0042
IMG_0044
山の中の小さなダムです。
ダムカードは無いようです。


三田から神戸に戻ってきました。

IMG_0054
こちらは道の駅淡河(おうご)のとなりにある「満月堂」という和菓子屋さん。
「豊助饅頭」(とよすけまんじゅう)というお饅頭が有名です。


IMG_0051
こちらが豊助饅頭です。
一つ税込み62円。
甘さ控えめのこしあんが入ったお饅頭。
店内で食べることもでき、注文時に伝えると、お皿に入れて出してくれます。
お茶はセルフサービスで無料で飲めます。
冬場は囲炉裏に炭火が熾してあって、ツーリングで冷えた手先を温めるのによく立ち寄っていました。


この日は天気も良く、桜もきれいに咲いていて、快適なツーリングになりました。