ワカサギ

冬の娯楽、ワカサギ釣り。
凍った湖に穴を明けて釣り糸を垂らし、小さい魚を釣り上げる様子は良く知られています。
私も一度ワカサギ釣りと言うものをやってみたかったので、ワカサギ釣りに行って来ました。

場所は兵庫県篠山市にある佐仲ダムです。
ここは関西屈指のワカサギ釣りスポットとして知られており、シーズンになると各地から釣り人が集まります。
さすがに湖面は凍っていませんが。

IMG_9404
釣り場の管理棟です。
こちらで釣り券(2000円)の購入とレンタル竿(1300円)の貸し出しを受けます。
釣り券は20枚溜めると次回1回無料になるサービスがあります。

IMG_9410
レンタル竿は竿、仕掛け、餌、餌入れ、ハサミ、バケツ大小、折りたたみ椅子がセットになっています。
バケツに付いているオレンジ色のものは針外しで、櫛状のところに針をひっかけて引っ張ると魚だけがバケツに落ちる仕組み。
仕掛けと餌は、もつれたり無くなったりした時は無料で何回でも補充してもらえます。

竿を借りる時に管理人さんから釣り方を詳しく教えてもらえますので、初めての人は良く聞いておきましょう。

IMG_9412
湖上のいかだにはビニールの覆いがしてあり、中ではストーブが焚かれているので全く寒くありません。
むしろ昼間は暑いぐらいです。

IMG_9411
餌は白サシでした。
これは時期によって変わるようです。
白サシとはハエの幼虫、つまり蛆虫です。

通常はサシの前と後ろに針を掛けて、真ん中をハサミで切るらしいのですが、管理人さん曰く、そんなことしなくても餌は余るほどあるので、1匹掛けたあと余りを切り落とすほうが早く付けられる、との事。
この、サシをハサミで切るのは、体液を出して魚をおびき寄せる為に必要なので必ずおこないます。

で、この餌付けが非常に苦労しまして、餌も針も小さいので、全く上手く掛けられません。
試行錯誤の末、たまたま持っていたキッチンペーパーで餌をはさんで、ペーパーごと針を掛けると上手く行きました。

レンタルセットには入ってませんので、こんな道具があるので用意していくのが良いかもです。




IMG_9418
早速言われた通りに餌を付けて釣り糸を投入。
釣り場には他に5名ほどの先客が居ました。

しかし…

しばらく待ってもアタリらしきものが全くありません。
他の人も全然釣れて無いし。


餌は新鮮なほど良く、釣れないときは5分毎に取り換えるように言われていたので、一旦引き上げて餌を交換します。
付けた餌がそのまま上がってきました。

FullSizeRender
釣れないときは頻繁に場所を変えるのも良いそうなので、移動しながら釣ってみましたが、やはりアタリがありません。

先に来ていた人たちも、あまりに釣れないので次々と帰っていきます。

さすがにおかしいと思ったのか、管理人さんが魚群探知機を持ってきて湖底を探っていたのですが、
「魚影が全く映らない」
とのこと。
前日までは結構釣れていたらしく、こんなことは滅多にないと首をかしげていました。

釣り場の閉まる16時30分まで粘ってみましたが、結局1匹も釣ることができませんでした。
まあ、他の人たちも全然釣れてなかったから諦めもつくというものです。

今回でワカサギ釣りがどんなものか大体わかったので、次回はもうちょっと手際良く出来るんじゃないかと思っています。
佐仲ダムのワカサギ釣りは4月ごろまでやってるらしいので、出来ればもう1回ぐらい行ってみたいですね。