バーガーキング

以前、アメリカのマクダーナルズ(日本で言うマクドナルド)へ行った話を書きました

この話を仕事仲間にしたところ、

「バーガーキングのほうが旨いですよ」

というアドバイスをいただきました(笑)

アメリカのファストフード体験は意外と興味深かったし、マクダーナルズより旨いと聞いては捨て置けません。

んなわけで、次の休みにバーガーキングへ行ってみることにしました。


FullSizeRender
色々端折ってバーガーキングに到着。
実はマクダーナルズのすぐ近くで、この辺りには有名無名のハンバーガーショップが軒を並べているのです。

FullSizeRender
「HOME OF THE WHOPPER」(ワッパーのふるさと)と書いてあります。
ワッパーとはもちろんバーガーキングを代表するハンバーガーの名前ですね。
実は、私の住んでる近所にはバーガーキングが無いので、日本のバーガーキングには行ったことがありません。
なので、日本のバーガーキングとどう違うのか比較することが出来ませんのであしからず。


普通に入店すると、注文カウンターがあり、かわいい女性店員さんが対応してくれました。
マクダーナルズの時はイケメン男性店員だったし、アメリカのファストフードは店員のレベルが高いんだろうか??

バーガーキングにはマクダーナルズとは異なり番号が振られたセットメニューがあり、「ナンバー1」とか言って注文できるのですが、オプションのつけ方がわからない。

私はベーコンチーズワッパーを食べたかったのですが、セットメニューにも単品メニューにもベーコンチーズワッパーが無く、恐らく普通のワッパーにベーコンとチーズを追加するよう頼むのだと思うのですが、注文方法が分からず、ちょっとパニックになってしまいました。

仕方が無いので普通のワッパーセットを注文すると、店員のお姉さんが「チーズを入れますか?」と訊いてきました。
もちろん返事は「イエス」。
この時ついでにベーコンも入れてもらえば良かったのですが、頭がパニックだったのですっかり忘れていました。
そしてサイドサラダと、キャンペーンで安くなっていたチキンナゲットを注文しました。
チキンナゲットだけは持ち帰りでお願いしました。
ちなみに持ち帰りは「テイクアウト」ではなく「トゥ・ゴー」と言います。

サイドサラダは例によってドレッシングを選ばないといけないのですが、バーガーキングのお姉さんは、

「ドレッシングはフレンチで良いよね?」

と対応してくれたのでこちらも「OK、OK」で済みました。
フランクなお姉さんで助かった。
因みにドレッシングで困ったときは「フレンチ」か「イタリアン」(チーズが入ってる)と言っておけば大抵どこでも大丈夫だと後で知りました。

飲み物は例によってカップの大きさだけを決めて、あとはセルフで飲み放題です。



FullSizeRender
そんなわけで、無事ワッパーセットにありつくことが出来ました。

IMG_9112
バーガーキングのワッパーはパティが香ばしく焼き上げてあって、肉らしさが強調されているようで食べ応えがありました。
日本のバーガーキングも同じ味なら、是非また食べてみたいものです。

英語は得意ではないし色々大変なのだけど、色々新鮮な経験ができました。