マクダーナルズ


アメリカ出張中、もっとも困ったのが休日の過ごし方です。
何せインディアナの田舎町なので、車が無いと何もできません。
ホテルで一日ゴロゴロするのも馬鹿らしいし、何より私の部屋はインターネットに繋がらないのです。
さらに、昼食にも困りました。
ホテル周辺に飲食店があるにはあるものの、毎日同じ店では飽きてしまいます。
せっかくの休日なので、たまには違うものも食べてみたい。

なので、思い切って遠くの店まで行ってみることにしました、徒歩で。
周辺の飲食店を調べてみたところ、1.5マイルほど先にマクダーナルズがあることが分かったので行ってみることにしました。

FullSizeRender
アメリカの道路は歩道や路側帯が無いところが多く、徒歩で行くには本当に危険です。
現に、歩いている人などほとんど見かけませんでした。

FullSizeRender
途中で見かけた中古車屋さん。
すごい年式の車が売られていました。
この状態で売り物です。


FullSizeRender
一応歩行者用信号がありました。
押しボタンを押すと一定時間青になって渡れるようになるのですが、押したことがわかる表示などはなく、車道の信号とも連動していないようなので、いつ変わるか分からなくて困りました。
しかも、ボタンが壊れたままのものもあるらしく、いつまで待っても変わらないものも。

FullSizeRender
30分ぐらい歩いて、ようやくマクダーナルズに到着。

日本でもおなじみの黄色いMマーク。
はい、マクダーナルズとは日本で言うマクドナルドです。
ちなみに「マクドナルド」と言う名称は、日本マクドナルド創業者の藤田田(ふじた・でん)が名付けた和製英語です。

店内の作りも日本のものと大差は無く、カウンターで注文するのですが、ここからちょっと苦労しまして。

こちらのマクダーナルズでは日本のようなセットメニューが無く、単品で注文しないといけないようでした。
フォー・ヒア(店内で食べる)と告げた後、ビッグマックとコカ・コーラ…までは良かったのですが。

まず、飲み物のカップのサイズを訊かれて「スモール」などと答えると、空のコップが用意されます。
スモールでも日本のMサイズぐらいあります。
こちらでは飲み物はセルフサービスで飲み放題。
店を出る時に飲み物を持ち出すこともできます。



FullSizeRender
次にフライドポテトを頼みたくて「ポテト」と言ったのですが、出てきたのはハッシュドポテトでした。
あとで知ったのですが、日本で言うフライドポテトは「フレンチフライ」と言わないといけないようです。

FullSizeRender
そしてサラダは「サイドサラダ」という小さいものを注文したのですが、これにはドレッシングが7種類ぐらいあって、どれにするか訊かれました。
英語の品目は聞き取れなかったので、店員さんに頼んで実物を見せてもらい選びました。
醤油っぽい見た目のドレッシングがあったので選んだのですが、あとで確認するとバルサミコソースでした(笑)

こうして何とか注文し、昼食にありつけました。
アメリカのハンバーガーは日本のより大きいのかと思ってましたが、あんまり変わりませんでした。

FullSizeRender
昼時のビッグマックがぐちゃぐちゃなのも日本と同じです(汗)

店員のイケメンお兄さんはこちらのつたない英語にも終始にこやかに対応されていて、帰り際にも手を振って送ってくれました。

ファストフードひとつとっても日本とアメリカでは色々違うものですね。
良い経験ができました。