ハンドルカバー



本格的に寒くなって参りました。
私はハンドルカバー愛好家なので、今シーズンもウラルにハンドルカバーを装着しています。

私が愛用しているのはセーフティメイト#130と言う製品。
何だかんだで、もう10年以上使い続けています。

この製品を製造販売していた山本工業は2012年に廃業し、新しい製品を入手する事は出来ません。

しかし、カバーの痛みがかなりのものになって来たため、思い切って更新することにしました。

新たに調達したのはOSSというメーカーのもの
一時期セーフティメイトの類似品を販売していたところで、今も形状はよく似ています。
サハラカラーに合うようにブラウンのものにしてみました。

ボクサーグローブ型と言われるタイプで装着方法もセーフティメイトと全く同じです。
グリップとレバーをハンドルカバーの穴に通して、スイッチ類はカバーの上から操作します。
本当はカバーのタブをミラーねじで共締めして固定するのですが、付け外ししやすくするために付属のヒモのみで取り付けます。

装着後、走行してみたのですが、ちょっとした問題が。
カバーの生地が柔らかいため、高速走行するとカバーが風圧で押されてブレーキレバーを押してしまい、ブレーキランプが点きっ放しになってしまいます。
ウラルのブレーキスイッチは調整シロが少なく、どうやっても解消できませんでした。
セーフティメイトは生地が厚かったので、こんな問題は起きなかったんですけどね。

新しいカバーの出来が良ければセーフティメイトを引退させようと思っていたのですが、ちょっと不安なので、もうしばらく様子を見ようと思います。