イケてる


台湾はバイクの需要が高く、スクーターを中心にたくさんのバイクが走っています。
今回、私が訪れた台南市で見かけたちょっとイケてるバイクたちを紹介します。


【AEON MY150】


AEONは日本のスーパーマーケットとは関係なく、台南市に拠点がある宏佳騰機車のブランドです。
以前は日本法人もあり、A-Motorと言う名前で展開していましたが現在は撤退しているようです。
MY150は125ccの車格ですが、台湾の国内基準に沿って150ccのエンジンを搭載しています。
シンプルな構造とスタイルは台湾でも人気らしく、滞在中何度も見かけました。



【Gogoro】


Gogoroは台湾で電動スクーターのシェアサービスを展開する会社で、バイクの名前もGogoroと言います。
Gogoroのシステムは、各所に設置したバッテリーステーションに使用済みバッテリーを返却し、充電済みバッテリーを受け取るもので、日本でも石垣島でサービスを開始するそうです。
画像のバイクは「Gogoro 2」と言う次世代モデルで、街中でも多く見られました。




【YAMAHA YZF-R3】


台湾では日本のバイクもたくさん走っています。
スクーターが多いですが、スポーツバイクも見かけました。



【Kawasaki VULCAN S】

台湾では大型バイクも見られました。
休日になるとハーレーダビッドソンなどが集団でツーリングしているところを見かけました。
カワサキのバイクは現在では珍しいですが、以前台湾で合弁会社を設立していた時期が有り、その当時のバイクもたくさん走っています。


【SUZUKI Choinori】

ずいぶん前に生産終了したチョイノリも台湾ではよく見かけます。
簡単な構造のためか、正規ライセンスの現地生産車以外にもコピーバイクや独自の保守部品も販売されており、こちらではまだまだ走り続けられそうです。