バイク用品店

台湾はバイクの需要が高く、スクーターがたくさん走っている。
中にはカスタムしているスクーターもある。


そのようなパーツを売っている店のひとつが、今回訪れた「三星機車精品」だ。


店内は撮影禁止なので写真は無いが、スクーターのパーツが所狭しと並べられているのは日本のバイク用品店と変わらない。

ピットもあり、購入したパーツを取り付けてもらえるようだ。

オイルとかケミカル類と言ったメンテナンス用品があまり置かれていなかったのは、バイクを自分でメンテするという意識が無いのかもしれない。

圧巻なのはステッカー類で、壁一面にぎっしりと並べられていた。
価格は1枚20NT$(約80円)~。
ブランドのロゴマークをコピーしたものがほとんどだが、バイクに関係ないブランドのものも多い。


今回はステッカーをいくつか買ってみた。
もっと台湾ならではのデザインのものが欲しかったが、そういうものは人気が無いのか、あまり置いていなかった。
「極度乾燥」は一時期日本でも話題になったイギリスのアパレルブランド。
「台湾啤酒」は台湾ビールのラベル。
多分どれも正規ライセンス品ではなさそうだ。

純正部品も多数在庫していて、復刻パーツ的なものもあり、よく探せば意外な掘り出し物が有るのかもしれない。