とり天



前にも紹介したジョイフルのとり天定食。
旨くて安くて本当にお勧めです。

とり天の本場大分発祥の企業だけあって、とり天へのこだわりが感じられます。
クソ不味いはな○のとり天とは雲泥の差です(暴言)

最近は仕事が忙しく、夕食はコンビニ飯で済ますことが多かったので、実に半年ぐらいぶりにジョイフルへ行きました。

ところが…



価格改定!


税別499円だった「とり天定食」は税別559円に値上げされていました。
何ということでしょう!

しかし、それでも安いので、迷わずとり天定食を注文。



こちらが新しい「とり天定食」。


一般に、飲食店が値上げをするときは、同じ商品を値段だけ上げることはまれで、何らか構成を変えることで割高感を払拭するようにします。
果たして値上げ前と何か違いはあるのでしょうか。



【価格改定前のとり天定食】


旧価格の頃のとり天定食と見比べてみますと、付け合わせなどは変わりませんが、とり天の大きさが一回り大きくなっています。
これが個体差によるものなのか、実際に大きくなったのかの判断は付きかねます。

ボリュームは大きくなったのですが、その分、味が大味になった感じがして、とり天のサイズは以前のほうが好みでした。

企業努力の末の価格改定でしょうから一概に改悪とは言えませんが、旧価格の頃のとり天のお得感は若干薄まってしまいました。
それでも旨いけどね。
メニューの後ろのほうに載ってて目立たないのですが、多くの人に味わってほしい、出来るだけ長く続いて欲しい逸品です。