自販機カレー
 
毎年恒例の四国ツーリングに今年も行って来ました。
今回は行きにフェリーを使わず、自走で向かうことにしたのですが、例によって早朝の起床に失敗し、2時間遅れのスタートとなりました。
最初から予定が滅茶苦茶です。

四国にはレトロ自販機と呼ばれる自販機が今も多数生き残っています。
今回はそれらを訪問することも目的の一つ。

先ず最初に向かったのはこちらです。


FullSizeRender
コインスナック御所24です。
場所は徳島県阿波市土成町。

こちらには、稼働する物では日本唯一のボンカレー自販機があることで知られます。

FullSizeRender
早速発見。


FullSizeRender
イメージキャラクターは若かりし頃の笑福亭仁鶴師匠。
先日惜しくも亡くなられました。

早速購入してみます。
中辛が売り切れだったので辛口を購入しました。
どちらも300円です。

FullSizeRender
加熱調理するものでは無いようで、購入ボタンを押すと直ぐに商品が出て来ました。

FullSizeRender
自販機はボンカレーの物ですが、中身はハウスの咖喱屋が使われています。
これは現在のボンカレーが電子レンジ調理専用になった為。
最近、湯煎調理可能なボンカレー新商品が販売開始されたので、ボンカレーの自販機カレーも食べてみたい気がします。

FullSizeRender
カレールーの下にはご飯。
スプーンはここに入っていますのでご心配なく。

FullSizeRender
ご飯にルーを掛けてみました。
結構ギリギリな感じで容器から溢れそうです。

味はレトルトのカレーなんですけど、ご飯が保温の乾いた感じが無く、とても美味しかったです。
訪問が昼前だったので炊きたてが入っていたのかも。

FullSizeRender
ここにはうどん自販機とカップヌードル自販機もあったのですが、両方とも故障中でした。
残念、カレーライスと一緒に食べたかった。

ボンカレーの自販機、日本唯一と書いたのですが、実は稼働している自販機は神奈川と岐阜にもあります。 御所24のものは神奈川と岐阜のものとは機種が異なり、商品サンプルを展示する部分がありません。
このタイプの自販機は日本唯一となります。
いずれにせよ貴重な物には変わりないので、長く稼働して欲しいものです。