EURO5
 
ウラル・ジャパンは6月18日付のニュースレターで、2022年モデルの詳細を発表した。



URAL2022.Change
【画像はいずれもニュースレターより】

やはり最大の変更点はEURO5適合の為の対応で、実に圧縮比20%増の高圧縮ピストンや、触媒を二連で搭載するなどして、空冷エンジンのままEURO5に適合させている。

URAL2022Exhaust
新たに採用された2-into-1排気システムでは、マフラーは一本出しのアップタイプとなり、最低地上高が上がっている。
従来の二本出しダウンマフラーではオフロード走行時に路面に接触して脱落してしまうことが多々あった。
また、サイレンサーは従来のオプションだったGPR製より太い物のように見えるので、静粛性も保たれているように思う。
GPRマフラーは抜けが良すぎてトルク不足になるとの話があり、その辺りへの対応なのかも知れない。
画像のモデルではシングルシートが採用されており、アップマフラーとの絡みで本車への二名乗車に対応するのかは現在のところ不明。

URAL2022STAND
センタースタンドは従来の物より容易にスタンドアップできるようにデザインが一新された。
現行モデルのスタンドはスタンドアップにコツと体力が必要なので、これが流用できれば非常に助かるのだが、このスタンドはアップマフラーの装備前提のデザインであることと、スタンドの取り付け位置が変更されているため現行モデルには流用出来ない可能性が高い。

URAL2022RBrake
現行モデルのサイドブレーキ一体のHB製ブレーキから一新され、制動用にはブレンボ、サイドブレーキ用にはJ.Juan(ホタ・ホアン)製の機械式ブレーキを採用している。
J.Juanはスペインのブレーキメーカーで、今年の5月にブレンボに買収され、現在はブレンボの傘下企業なので、品質については折り紙付きと言えるだろう。
HB製ブレーキキャリパーはサイドブレーキを兼用する構造上、ブレーキパッドが減ってくる度にサイドブレーキを調整しなければならないが、今回、別体となることで頻繁な調整が必要なくなる。
ブレーキディスクは現行モデルと同じスペインのNG Brakesの物を採用しているが、形状が8ピンフローティングブレーキローターに変更される。

車両価格は、普通自動車MT免許で運転できる2WDのGearUpが256万8千500円。
大型自動二輪車免許が必要な1WDのcTが243万6千500円。
(いずれも税込み。組立及び登録等に係る諸費用が別途必要)
 
初回生産分は今年の秋~冬頃入荷予定とのこと。