コインスナック
ふじ

 
所用で兵庫県北部へ行ったので、少し足を伸ばして香美町のほうへ行ってみました。

丁度昼食時だったので、一度訪れてみたかった店を訪問しました。
それがこちら。

IMG_5711
コインスナックふじ。

FullSizeRender
よく田舎の国道筋などに見られる、自動販売機だけが並んでいる無人販売店です。

IMG_5709
こちらでは、飲料の自販機に交じって、最近では見かけなくなったうどんやカップヌードルの自販機が設置されています。

IMG_5712
特にうどん自販機は「レトロ自販機」として知られる富士電機製のもの。

FullSizeRender
本来2種類の商品が選べるのですが、訪問時点では、きつねうどんだけのようです。
1杯300円。

FullSizeRender
お金を入れ、商品ボタンを押すと調理が始まりました。
調理時間は25秒。
時間表示は、オリジナルではニキシー管が使われていますが、こちらの機械は7セグLEDになっています。

「チン」と言う音と共に調理完了。

FullSizeRender
プラスチック製のカップに入った、持てないぐらい熱々のうどんが出てきます。
この機械は内部でうどんを湯切りする機構のため、具材が飛び出さないように、具材は麺の下に入っているそうです。

FullSizeRender
麺をかき混ぜると、ネギやかまぼこ、とろろ昆布……

FullSizeRender
そしておあげが出てきました(笑)

お味は大衆食堂のうどんに近い感じ。
この自販機はインスタント食品を調理するものではなく、生麺を湯切りして出汁を注ぐタイプなので、うどんの味は店(機械)によって異なり、それが店毎の特徴となっています。
結構人気があるようで、頻繁にトラックが停車し、運転手さんがうどんを買い求める光景が見られました。

このうどん自販機は、かつては全国で見られましたが、既にメーカーは製造、サポートを終了しており、現在稼働しているものはオーナーの手によって細々とメンテナンスされているものです。
このお店でも、機械を修理するためクラウドファンディングで資金を調達しました。
最近ではなかなかお目にかかれないので、見つけたら是非味わってみてはいかがでしょうか。


IMG_5710
【店内をパノラマ撮影】