「速いの?」



image

はままつポンポンまつりに行ったとき、駐輪場に居た方に、そう訊かれました。
作りからして、どう見ても速いわけがないのですが(笑)


実際、私が運転する際の巡航速度は、一般道で最大40mph(約60km/h)、高速道路では45mph(約70km/h)を目安にしています。

高速道路ではもう少し出すこともありますが、大体こんな感じです。
普通のバイクの感覚からすれば遅いように感じますが、これでも不自由を感じていません。

ウラルに乗るようになって分かったのですが、これでも充分流れに乗った運転が出来ます。
高速道路と言えど、全部の車が速く走っているわけではありませんので。

都市高速では道路が狭く曲がりくねっていて、意外に流れていません。左車線をずっと走るような状況では、70km/hでも速いぐらいです。

また、東名高速など道路幅が広く直線が多い道路では、左車線を走っていれば、速い車が勝手に追い越していくので交通の妨げにもなりません。

ただし名阪国道、あそこはダメです。
左車線であっても、たちまち煽られます。
一般道のはずなのに、どうしてみんなあんなにぶっ飛ばしてるんでしょうかね。

そもそもギアアップは3輪自動車扱いなので、高速道路での最高速度は時速80km/hに制限されています。

70km/hぐらいで高速道路を巡航していると、燃費は上がるし、エンジンには負担を掛けないし、メリットは大きいです。

かと言って、スピードが出せないわけではなく、海外では120km/hで巡航する人もいるらしいですから、やろうと思えばできるのでしょう。

しかし、ウラルに乗っていると、スピードを出そうという気が全く起こりませんね。