1ヶ月
 
先日、C400GTを1ヶ月(1000km)点検(初回点検)に出して来ました。
1ヶ月点検のメニューはどのメーカーも大体同じで、主要箇所の増し締めと調整、エンジンオイルとギヤオイルの交換、等々と言うところです。
最近のバイクは品質が向上していることもあり、1ヶ月程度で不具合が出ることは希なので、1ヶ月点検は既に形骸化しているとも言えますが、精神衛生上受けることにしています。
当然ながら何も問題は無く、1時間ほどで作業は終了しました。

ここで、BMW又はC400GT特有と思われる事象がありましたので備忘録として書いておきます。

1000kmのサービス警告は事前に消せない

FullSizeRender
C400GTでは走行距離が1000kmに達すると点検を受けるよう促すメッセージが表示されます。
ディーラーで点検を受け、メッセージ消去処理をしてもらうと消えるのですが、この表示は事前に表示しないようにすることが出来ません。
私は走行900kmほどで点検を受けたため、1000kmでメッセージが表示されたら改めて消去してもわらなければなりませんでした。

ギヤオイル交換時期の指定が無い

C400GTは一般的なスクーターと同様「ユニットスイング式」パワートレーンが採用されており、エンジンオイルとファイナルギヤオイルが使用されています。
このファイナルギヤオイルの交換時期がユーザーズマニュアルに指示されていません。
てっきり初回点検時に交換するものと思っていたのですが、メーカーからの交換指示は無いそうです。
ちなみに、同じBMWのC650GTでは初回点検時の交換は不要で、4万キロ走行後に交換とされているそうです。
一応念のため交換して貰いましたが、普段ウラルのファイナルギヤのもっさりと積もった鉄粉を見ている私からすれば、交換不要とはにわかに信じがたいものがあります(笑)
もしかして、ギヤオイルの交換時期より製品寿命のほうが短かったりして…???