MESH2.0
 
SENAインターコムの新しい規格「MESH 2.0」
従来のMESH 1.0を拡張し、オープンチャンネルで通信できるユーザー数は無制限、グループチャンネルでも24人までのユーザーをサポートする他、接続の安定性も飛躍的に向上しているそうです。

mesh20up1
MESH2.0は新製品の50Sと50Rに搭載されている機能ですが、5月1日のファームウェアのアップデートにより私が使っている30Kにも対応したので、早速新しいファームウェアを適用してみました。

ファームウェアをアップデートするために「SENA Bluetooth Device Manager」を起動します。

sbdm401up1
ファームウェアをアップデートする場合、私の環境では「管理者として実行」する必要がありました。

sbdm401up2
ファームウェアをアップデートする前に「SENA Bluetooth Device Manager」をバージョンアップしました。
バージョン4からは新機種の50Sと50Rにも対応しているそうです。

sbdm401up3
インストーラーが起動します。

sbdm401up4
インストール先を聞いてきますがデフォルトのままにしました。
バージョン4.0.1になるようです。

sbdm401up5
旧バージョンを削除するか聞かれますので「はい」を選択しました。

sbdm401up6
旧バージョンが削除されました。

sbdm401up7
新バージョンのインストール中に、インターコムと接続するためのドライバーの更新がおこなわれます。
30Kの場合はインターコムの電源をオフしてUSBケーブルでPCと接続します。

sbdm401up8
インターコムが認識されました。

sbdm401up9
デバイスドライバのインストールが完了しました。

sena30kfw301up1
「SENA Bluetooth Device Manager」が起動しました。

sena30kfw301up2
インターコムを接続するように指示されますが、先程繋いだままにしておいたので、そのまま次に進みます。

sena30kfw301up3
新しいファームウェアをダウンロードします。
バージョンは3.0.1になるようです。

sena30kfw301up4
ダウンロードしたファームウェアの保存先を指定しますが、これもデフォルトのままにしました。

sena30kfw301up5
ファームウェアのダウンロードが完了したらバージョンアップが始まります。

sena30kfw301up6
無事成功したようです。

sena30kfw301up7
ファームウェアはバージョンアップしましたが、設定項目は変わっていないようです。

mesh20up2
このアップデートにより30Kは50Sと同等のMESH2.0機能をサポートするようになりました。
50Sと50Rはこれに加えて、従来は英語のみだったボイスコマンドが日本語などにも対応したのと、音声アシスタント(Siriなど)のボイスコマンドによる呼び出しに対応したようです。
これについては従来の30Kでもボタン操作による音声アシスタントの呼び出しは出来ましたし、ボイスコマンドはそもそも使っていなかったので、無くても特別困らないと思います。
しかしながら50SのBluetooth5.0に対応した通信性能と高音質になったと言うスピーカーシステムはちょっと興味がありますね。

肝心のアップデート後の使い勝手なのですが、私はMESH対応のインターコムを他に持っておらず、周りにも使っている人が居ないので確認のしようがありません(汗)
ただ、MESH2.0ネットワークに参加しようとしたとき、従来のファームウェアではMESH2.0のオープンネットワークにしか対応できないようなので、今後に備えてアップデートはしておいて損はないと思います。