囲炉裏会
 

関西でお世話になっている「黒HIGE団」の皆さんの集まり「囲炉裏会」に今年も参加させて貰いました。
京都・和知(わち)にあるキャンプ場「ウッディパルわち」のコテージには囲炉裏を備えたものがあり、そこに有志で集まって鍋を囲んでわいわいやろうと言う集まりです。

昨年は諸事情によりビーノで参加したのですが、今年はウラルで行くことにしました。
京都は意外と遠いですからねえ。

昨年と同じく正午に道の駅「丹波マーケス」で待ち合わせ。
到着すると既に知った顔の人が何人か待っていました。

しばし談笑していると面子が揃ったので、マーケスのフードコートで昼食を取ります。

FullSizeRender
丹波黒ラーメン(600円)。
「丹波黒」と言えば枝豆で有名な黒大豆の品種ですが、こちらは黒ごま、黒豆きな粉、黒酢の豚骨スープに黒大豆を練り込んだ麺のラーメンです。
画像のすりごま、紅ショウガ、高菜、揚げニンニクはカウンターでお好み量を追加します。
美味しかったのですが私にはボリュームが足りず、炒飯セットにしなかったことが悔やまれました(笑)

食事を終えてマーケスで今晩の食材を調達。
丹波マーケスはその名の通りスーパーマーケットが母体なのです。
今日の参加者は総勢十数人の予定で、それらの腹を満たす鍋となると具材の量も半端ではありません。
皆さんそれぞれ目に付いた食材をかごに放り込んでいきます。

続いて近くのホームセンターに行き、薪を調達します。
しかし薪は2束しか調達できず、足りない分はキャンプ場で販売しているもので補うことになりました。

丹波マーケスからウッディパルわちまでは約20キロあり、30分ほどの道のりをプチツーリングしました。

FullSizeRender
ウッディパルわちに到着。
キャンプ場で薪を調達しようとしたところ2束しかないとのことで、結局ありったけ確保しました。

FullSizeRender
紅葉が綺麗。

FullSizeRender
この日のコテージは一番奥にあるコテージ「もみ」。

FullSizeRender
冷暖房、風呂完備。

FullSizeRender
トイレはウォシュレットではないものの暖房便座でした。

FullSizeRender
実は昨年利用した囲炉裏付きのコテージが手違いで予約が取れず、このコテージには囲炉裏が無いのです。

そこで、コテージの前の広場で焚き火を焚いて、鍋はコテージで作ったものを運ぶことになりました。

FullSizeRender
頼んでも居ないのに次々と焚き火台が出てくる不思議(笑)
何故かみんな焚き火台を持ってるんですよね。

日が落ちて、焚き火が良い感じになったところで宴会開始。

IMG_0015
かんぱーい!
お疲れ様でした。

FullSizeRender
鍋その1は豚キムチ鍋。
ピリ辛で冷えた身体が温まります。

FullSizeRender
十数名で食べるキムチ鍋は一瞬でそれぞれの胃袋に消えました。

FullSizeRender
続いて手羽元の塩豚骨鍋。
塩豚骨スープは私のリクエストです(笑)

FullSizeRender
じっくり煮込まれた手羽元は身が骨からほろりと外れる柔らかさ。
これは旨い。

塩豚骨鍋も一瞬でなくなりました。
やはりというか、十数名で鍋二つでは少なすぎたのです。

そこで急遽、塩豚骨鍋の残りスープを使ってもう一つ鍋を作ることになりました。

IMG_9861
今度は餃子鍋です。
むさぼり食う参加者諸氏(笑)

FullSizeRender
餃子とソーセージから出る旨みはなかなかのものなのですが、残り物の塩豚骨スープを薄めて使っているので出汁が足りません。
実は私個人で鶏鍋の素を持っていて、持っていることを何人かに伝えていたのですが、今回の料理番には届いていなかったようです。
残りスープを使ってしまったので、シメのうどんやご飯が残ってしまいました。


FullSizeRender
食後に別のキャンプグループさんからアイスクリームの差し入れを頂きました。
寒いけど旨かった。

今回囲炉裏のコテージが取れなかったことで、外で宴会となったのですが、よく考えたら、コテージで鍋を作って運んでくるなら、いっそコテージの部屋で食えば良かったんじゃないかと思うんですが後の祭り。
狭いと聞いていたコテージも意外とキャパがあったので全員入れたんじゃないかと思います。
この辺りは次回以降の課題ですね。

FullSizeRender
結局コテージに入れない人はキャンプかもと言われていたんですが、全員の寝るスペースが確保できたのでコテージ泊になりました。

FullSizeRender
ちなみに私はこんな感じ。
ロフトスペースにコットと寝袋を設置しました。
一応布団が用意されているので、寝袋は無くても大丈夫でした。
一部の物好きは「野宿気分を味わう」と言ってコテージのテラスで寝てました(笑)



翌朝。
ここでは朝食を取らず、おなじみ美山のゼロベースへ移動して朝食を取ることになりました。
そのほうが撤収が楽ですからね。

FullSizeRender
周囲はちょっとガスってます。
盆地の京都ではよくあることです。

FullSizeRender
参加者のバイク。
途中で帰ったりした人もいるので全員ではありません。
毎度ながらバラエティに富んでいますね。
それぞれの趣味が反映されています。

写真撮影などした後、出発。

峠道を30分ほど走り、ゼロベースに到着しました。

FullSizeRender
事前に旨いと聞いていた「ZEROトースト」(500円)を頂きました。
コーヒー(350円)はトーストとセットで50円引きになります。

FullSizeRender
外はカリッと、中はフワッとしたトーストはサラダや目玉焼きとの相性抜群ですね。
最近トーストを食ってなかったので余計に美味しく感じました。
ゼロベースさんではいつもパスタを食べているけど、トーストもイケます。

何か今回食ってばかりでしたが、それで良いんです楽しいんだから。
参加者さんたちとの会話の中から、毎回キャンプやツーリングで楽しむヒントを頂いています。
皆さん私なんかよりずっと走り込んでる人達ばかりなのです。
いつも参考にさせて貰っています。

主催者、参加者の皆さん、ありがとうございました。
次回も是非誘って下さいね。