ロシアより
愛を込めて
 
ウラル・ジャパンは11月20日、2020年限定モデル「FRWLリミテッドエディション」を発表した




badge+web
FRWLの意味は「From Russia With Love」で、これはもちろん名作映画の「007・ロシアより愛を込めて」(原題:From Russia with Love)にインスパイアされている。
タンクエンブレムには映画のイントロで有名な銃口を模した専用エンブレムが装着される。

2WDの「ギアアップ」をベースに特別装備を装着したモデルだ。
(なお画像は全てウラルUSAより転載)


DSC_5024_dark
ボディは「シルバーバーチ」と呼ばれる銀色で塗装されている。
通常は整形色のままの「ダッシュボード」とよばれるヘッドライト上のパネルも同色で塗装されている。

DSC_7525-NO-LINES
通常は黒色であるハンドルバー、ミラー、タンクキャップ、サスペンション、エンジンガード、ホイールがステンレスやメッキのものに変更されている。
シートはダイヤモンドステッチの専用シングルシートが装着される。

7512-NO-LINES
テールランプがM70などのレトロモデルのものに変更されている。
ジェリ缶、ショベル、スペアタイヤが外され、クロームのラックとリアバンパーが装着される。

7477-NO-LINES
サイドカーバンパーもメッキのものになり、サイドカーフォグランプに代えて専用の砲弾型ドライビングランプが装着される。

DSC_7506
サイドカーにはダイヤモンドステッチの専用シートやサイドカーミラーが装着されている。
ショートウインドシールドに付くサイドカーエプロンも白ステッチの専用品。

nastasha+web
サイドカーにはダッシュボードが追加され、ヘラーソケットと時計が装着される。
イジェクトボタンに偽装されているのはシガーライターとの事で、押してもシートは射出しない(笑)
ダッシュボードにはロシア人女性の名前が付けられていて、これは車両毎に全て異なるとの事。

ウラルFRWLは世界限定35台、日本には7台が割り当てられるという。
車両価格は税別240万円。
限定モデルとは言え、これほど多数の専用装備を持つモデルは珍しく、注目間違い無しだ。