ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2021年10月

うどんバカ一代
 
高松へ向かいました。
当初予定していたパン屋さんが臨時休業していたため、予定を変更して讃岐うどんを食べることにしました。

FullSizeRender
こちら、「手打十段 うどんバカ一代」さんです。
店内は混雑していましたが、回転が早いのと、到着が昼時を過ぎていたので、すぐに席を確保出来ました。

注文はいわゆるセルフ讃岐うどんのシステムで、カウンターでうどんを注文し、天ぷらなどのサイドメニューを取って、最後に会計します。

こちらでは釜バターうどんが人気だそうなのですが、今回初訪問だったので無難に釜玉にしました。

FullSizeRender
釜玉(490円)とコロッケ(120円)。
柔らかいのにコシのある麺は癖になる食感。
出汁醤油の味もマッチして食が進みます。
さっきカレーライスを食べてなかったら替え玉を頼んでいたかも。

思いの外旨かったので、次は釜バターうどんを食べてみたいと思いました。



自販機カレー
 
毎年恒例の四国ツーリングに今年も行って来ました。
今回は行きにフェリーを使わず、自走で向かうことにしたのですが、例によって早朝の起床に失敗し、2時間遅れのスタートとなりました。
最初から予定が滅茶苦茶です。

四国にはレトロ自販機と呼ばれる自販機が今も多数生き残っています。
今回はそれらを訪問することも目的の一つ。

先ず最初に向かったのはこちらです。


FullSizeRender
コインスナック御所24です。
場所は徳島県阿波市土成町。

こちらには、稼働する物では日本唯一のボンカレー自販機があることで知られます。

FullSizeRender
早速発見。


FullSizeRender
イメージキャラクターは若かりし頃の笑福亭仁鶴師匠。
先日惜しくも亡くなられました。

早速購入してみます。
中辛が売り切れだったので辛口を購入しました。
どちらも300円です。

FullSizeRender
加熱調理するものでは無いようで、購入ボタンを押すと直ぐに商品が出て来ました。

FullSizeRender
自販機はボンカレーの物ですが、中身はハウスの咖喱屋が使われています。
これは現在のボンカレーが電子レンジ調理専用になった為。
最近、湯煎調理可能なボンカレー新商品が販売開始されたので、ボンカレーの自販機カレーも食べてみたい気がします。

FullSizeRender
カレールーの下にはご飯。
スプーンはここに入っていますのでご心配なく。

FullSizeRender
ご飯にルーを掛けてみました。
結構ギリギリな感じで容器から溢れそうです。

味はレトルトのカレーなんですけど、ご飯が保温の乾いた感じが無く、とても美味しかったです。
訪問が昼前だったので炊きたてが入っていたのかも。

FullSizeRender
ここにはうどん自販機とカップヌードル自販機もあったのですが、両方とも故障中でした。
残念、カレーライスと一緒に食べたかった。

ボンカレーの自販機、日本唯一と書いたのですが、実は稼働している自販機は神奈川と岐阜にもあります。 御所24のものは神奈川と岐阜のものとは機種が異なり、商品サンプルを展示する部分がありません。
このタイプの自販機は日本唯一となります。
いずれにせよ貴重な物には変わりないので、長く稼働して欲しいものです。





減少

 

当ブログの9月の月間プレビュー数は

13253PV


でした。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


先月より1200PVほど減少しました。

多くの方に読んでもらえたことは大変ありがたいです。
引き続き多くの皆さんに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。


さて、先月はこんな記事が多く読まれました。

相変わらず当ブログの約半分のプレビュー数をたたき出している人気コンテンツ、静岡の人気レストラン「さわやか」関連。


SENAのインカム50Sのレビュー記事です。
今月は、この記事が2位ランクイン。


今回もインカムネタが2本ランクイン。
以前使っていたSENA 30Kのファームウェアアップデート記事です。
今月は、この記事が3位にランクインしました。

上位3本は相変わらずのキラーコンテンツです。


ピックアップ

アクセス数が急激に伸びた記事を順位に関係なくピックアップして紹介します。
今月はこちらの記事がアクセスを集めました。

当ブログでは鉄板ネタのウラル関連記事から。
クラッチの部品が入荷しないのと部品自体の信頼性に疑問があるため、対策品と思われる中華パーツを個人輸入しました。
自己責任で取り付け、結果を後日記事で報告させて頂きますのでお楽しみに。


公開直後から大きな注目を集めた記事です。
道路交通法での小型自動二輪車と道路運送車両法での原付二種を混同している人が多いのですが、それぞれ別個に要件が決まっています。この為、125cc以下の「軽二輪」や、自動二輪免許で運転できない原付二種があり得るのです。


SSTR2019に参加した時の記事です。
今年のSSTR2021が10月2日から解禁される事に合わせてアクセスが増えました。
世間が元通りになったらまた参加させて頂きたいです。


相変わらず内容の乏しい当ブログですが、たくさんの方に読んで頂けたのは大変ありがたいです。


これからも可能な限り更新していきますので、良かったらお付き合い下さい。


よろしくお願いします。


↑このページのトップヘ