ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2019年12月

ながらスマホ
 
12月1日に道路交通法が改正され、スマートフォンの画面を見ながら運転する、いわゆる「ながらスマホ」に対する罰則が強化された。

ここで「ながらスマホ」と書いているが、対象はスマートフォンだけではなく、カーナビ、テレビなど、「画像表示用装置」は全て対象となることに注意されたい。
(スピードメーターや後写鏡などの装備は対象外)

具体的には次のように改正された。

携帯電話を保持して通話したり画像注視したりした場合(保持)
  • 罰金   改正前:5万円以下→改正後:10万円以下
  • 罰則   改正前:無し→改正後:6月以下の懲役(新設)
  • 反則金  改正前:6千円→改正後:1万8千円(普通車の場合)
  • 違反点数 改正前:1点→改正後:3点
上記(保持)の結果、事故を起こすなど交通の危険を生じさせた場合(交通の危険)
  • 罰則    改正前:3月以下の懲役又は5万円以下の罰金→改正後:1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
  • 反則金制度の対象外(懲役刑または罰金刑)
  • 違反点数6点(免許停止処分)
と、上記の通りかなり重い罪となる。
なお、反則金とは反則金通告制度により軽微な違反に対し刑事手続きを免除されるために納付するものだが、罰金とは刑法による刑罰であり犯罪者として扱われ前科も付くので軽く考えるのは極めて危険である。

どのような場合に違反となるかは道路交通法71条五の五に明記されている。
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。
これによると、「当該自動車等が停止しているときを除き」とあるので信号待ちなどで車が停止している場合は対象外となる。
また、通話の場合は「その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る」とあるので、ハンズフリー機器を使用する場合は使用可能となる。
対象は「無線通話装置」なので携帯電話に限らずアマチュア無線なども対象となる。
ただし「傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うもの」と認められた場合は対象外となる。

「画像表示用装置」については、「当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと」とある。
「道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く」とはスピードメーターや後写鏡など自動車の安全の為の設備の事だ。


どの程度の時間画面を見れば「注視」なのかは、報道などでは「2秒以上」と言う解釈が見られるが、具体的な時間を規定した通達などは無い。
「2秒以上」と言うのは過去に政府広報などで「画像を2秒以上見るとドライバーが危険を感じるとの研究報告がある」などと発表しているので、これが元になっているようだ。
2秒以上を実証出来なくても警察官の現認により「注視した」とされれば検挙は免れないだろう。
走行中はスマホには一切触れないほうが良い。

FullSizeRender
実際、過去にはスマホを持っていただけで検挙された人も居るようだ。
しかし、持っているだけでは注視したことにならないので、この検挙は誤認の可能性が高い。
過去にも記事にしたが、警察官は法律に疎いので誤った法解釈により検挙してしまうことも度々ある。
誤って検挙されないためにも、普段から行動には注意しておいたほうが良いだろう。

なお、今回の法改正の対象は自動車および原動機付き自転車で、自転車に対する規制は見送られた。
最近は自転車のながらスマホも問題になっているので今後規制されるかも知れない。

シーズン到来

昨年より始めたワカサギ釣り。
当初はキャンプのついでだったのですが、今や冬のメインコンテンツに昇格(笑)


周辺でワカサギ釣りが出来るところは幾つもありますが、私のホームプール(笑)は佐仲ダムと決めています。
理由はもちろん、釣ったワカサギを無料で天ぷらにしてくれるサービスがあるためです(笑)

佐仲ダムでのワカサギ釣りは10月から解禁らしいのですが、10月は予定が詰まっていて行くことが出来ませんでした。
今シーズン初のワカサギ釣りに行って来ました。

夜明け前の到着を目指して深夜に自宅を出発し、丹波篠山市に入ったのですが、周辺は濃い霧に包まれており、5メートル先も見えない状況。
このまま進むのは危険と判断し、時間にも余裕があったので、コンビニの駐車場に入って朝食の調達がてら様子をうかがいました。

すこし晴れてきたので出発することにしましたが、前が見えないのは変わらず、徐行を余儀なくされました。
しかし、地元民と思われる車は普段と変わらないスピードでバンバン追い越していきます。
何か飛び出してきたらひとたまりも無いんですけど、よく突っ込めるもんです(汗)

FullSizeRender
そんな訳で佐仲ダム釣り場に到着。
既に何名かの釣り人が釣り場が開くのを待っていましたが、何か様子がおかしい。
6時になっても管理人が来ないし釣り場が開く気配が無いのです。

定休日では無いはずなんだけど…と書かれていた注意事項を読んで愕然。

IMG_9761
今年から7時オープンに変更されていました。
何と一時間待ちぼうけです。

FullSizeRender
この時間変更は今年の釣りの方針にも影響を与えそうです。
と言うのも、夜明け前は魚が照明の明かりに寄ってくるので最も釣れる時間帯なのです。
なので頑張って早起きしてやって来たんですけど、今年からこの方法は使えません。
昨年設置されたソーラー発電によるLED照明が撤去されており、営業時間の変更はこのことが関係しているのかも知れません。

7時になって管理人が到着し、受付を開始。
料金は昨年と変わらず、入漁料2千円とレンタルセット1300円。

FullSizeRender
いつものAドームへ行き、早速釣り開始。

受付で聞いた事前情報では、前日に冷え込んだため魚の活性が落ちて釣果が上がっていないとの事。
何か来る度にこんな話だな。

それでも辛抱して釣り糸を垂れていましたが、情報通り全くアタリがありません。
これは久し振りにボウズではないかと思っていると、周りの釣り人が釣れ始めました。

魚探を持っている常連さんの話だと、10メートルぐらいに濃い魚影があるとの事で、皆一斉に棚を10メートルに合わせます。

すると周りはどんどん釣れ始め、私以外は全員入れ食い状態に。
どうして私だけアタリが無いのか全くわからないまま、ピークは去ってしまいました。

仕方なく竿を上げ、エサを交換していてふとリールを見ると、カウンターがマイナスになってる!
巻き上げたときにカウンターがマイナス、と言うことは、実際の棚より深いところに落としていたのです。
いつのまにかカウンターと実際の繰り出し量がズレてしまっていたのです。
そりゃ釣れないわけだ。

気を取り直してカウンターをリセットして、もう一度10メートルの棚に糸を垂らします。

すると、しばらくしてアタリが。

FullSizeRender
今期初釣果キター!
これでボウズにならずに済みました。

その後もポロリポロリと釣れて行きますが、大当たりはありませんでした。
常連さんの話では、ワカサギは直射日光を嫌うので、筏が陰に入る14時以降が釣れ時ではないかとの話でしたが、残念ながらそこまで滞在は出来ないのです。

FullSizeRender
14時終了。
この日の釣果は4匹でした。
まあ、健闘しました。


FullSizeRender
レンタルセットを返却して、下流にあるハイマート佐仲オートキャンプ場に向かいます。
釣ったワカサギはこちらで天ぷらにしてくれる無料サービスがあります。

IMG_9792
日曜日のこの日はデイキャンプの車で溢れていました。
キャンプブーム恐るべし。

FullSizeRender
遅い昼食は名物の佐仲そば。
FullSizeRender
売り切れてる時が多いのですが、この日はありました。

FullSizeRender
そして、釣ったワカサギは美味しく頂きました。

今シーズンはちょっとばかしワカサギ釣りを探求してみようと思っているので乞うご期待(笑)








↑このページのトップヘ