ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2019年04月

神戸
ハンバーグ
ウエスト


私の最近のお気に入り、神戸ハンバーグウエストが3月30日にグランドオープンしたので行って来ました。

View this post on Instagram

おはようございます😃 ・ 本日は『一粒万倍日』です。 読んで字のごとく一粒が万に増えるという縁起の良い日です。 願わくば一つのハンバーグで万の笑顔が増えればと思い 本日グランドオープンさせていただきます✨ ・ 平日開けるだけでプレオープンとなんら変わらないのですがね😝 ・ 頑張りますので皆様よろしくお願いします。 ・ #ハンバーグ#洋食#神戸ハンバーグウエスト#神戸ハンバーグ#ハンバーグウエスト#hamburg #kobe #kobehamburgwest#kobehamburg #ビーフハンバーグステーキ#ハンバーグステーキ#ポークハンバーグ#ハンバーガー#山端養豚場#絹姫ポーク#シルキークィーン#カラメルデミソース#ハンバーグ屋のtkg#ハンバーグ屋のハンバーガー#ハンバーグをタマゴに絡めて食べるスタイル#ハンバーグ好きと繋がりたい#ハンバーグlove#ハンバーグ愛#カレーを忘れる#ハンバーグを作りたい#お車乗り合わせでお願いします

神戸ハンバーグウエストさん(@kobehamburgwest)がシェアした投稿 -



この日は前日まで出張だったので、出張からの帰りに直行。
ちょうどピークを過ぎた時間と午後からの雨天が重なった為か、並ばずに入店できました。


私が今回注文したのは、前回食べられなかった「ポークバーグ&厚切りベーコンセット」。

FullSizeRender
スープの器がカップ型に替わっていました。
スープ皿で提供されていた時よりは、こちらのほうが食べやすくなりました。

FullSizeRender
続いてご飯とメインディッシュ。

FullSizeRender
ハンバーグには濃厚チーズのトッピングを追加しています。
噂に違わぬ厚切りベーコン。

FullSizeRender
厚みは1センチぐらいありそうです。
もちろん味も文句なし。

FullSizeRender
付け合わせのマッシュポテトはプラス200円(税別)でアリゴに変更できます。
アリゴはマッシュポテトにチーズを加えて練ったフランスの郷土料理。
つき立ての餅みたいな食感です。

FullSizeRender
アリゴに変更したのにマッシュポテトが付いてました。
何か間違えたらしいです(笑)

FullSizeRender
溢れる肉汁。
トッピングだけだと思ったらハンバーグの中にもチーズが入っていました。

FullSizeRender
締めは皿に残った肉汁とソース、生玉子をご飯に掛けて、玉子掛けご飯のように頂きます。
一滴の肉汁も無駄にはせぬ(笑)

プレオープン期間中は土日祝のみの営業だったのが、グランドオープンにより平日でも食べられるようになりました。
今度仕事で近くに来たら寄ってみよう。
今度は何を食べようかなあ。



奇想天外

と言うから、どんな凄いことをしているのかと思ったが、意外と普通なのだけど。
そう思う私が普通じゃないのだろうか。




東洋経済オンラインの記事より。

元記事ではキャンピングカーの国内台数が、この10年で約2倍に増えており、近年の特徴はレンタルが増えており、インバウンドなどの旅行者が借りて使うケースが増えていると言う。

だが、問題がある。キャンピングカーを借りても停めて泊まれる場所が少ないのだ。よく利用されるのはオートキャンプ場や道の駅だが、オートキャンプ場は数が限られているし、道の駅は夜間、照明が点いておらず見つけられない、トイレが利用できないなどと宿泊できないケースが少なくないのである。
はい、ダウト。
道の駅の認定要件には24時間利用できるトイレがあることが含まれており、夜間にトイレが利用できない道の駅はあり得ない。
また、当ブログでも今まで何度も指摘しているとおり、道の駅での車中泊は国土交通省によって明確に禁止されている。
トイレが利用出来ようがが出来まいが、道の駅で車中泊する事は出来ない。

元記事では、そんな車中泊難民の問題解決の手段として、車中泊可能な場所のマッチングアプリ「Carstay」を紹介している。
夜間使っていない駐車場や空地を登録してもらい、泊まりたい人がアプリ上で予約・利用するというもので、登録から予約、決済までをオンラインで行う。

民泊と違い、部屋はもちろん、寝具などを用意する必要もなく、現時点では旅館業法など該当する法律がないため、許認可も不要。遊んでいる土地が車1台分あり、駐車したところから500m以内に利用可能なトイレがあれば誰でも、どこででも簡単に始められるのが特徴だ。
このようなアプリがあることは知らなかった。
大変興味深い取り組みだと思う。

しかし、車中泊の場所問題を取り上げるなら、ローンチしたばかりのマッチングアプリより、既に日本全国で運用実績のあるRVパークを紹介するほうが先だろう。
先程の道の駅の件にせよ、どうもこの元記事を書いた人は車中泊の実態についてあまり詳しくないらしい。

話題は車中泊から車に定住するライフスタイルの話に移る。

Wi‐Fiさえあれば働ける人が増えている今、車中で仕事をする人、なんだったら、そのまま車中で暮らそうという人が出てきても不思議はないのだ。その人たちがあちこちを移動しながら暮らすとしたら、それによって地方は定住とは異なるものの、その地域に関心や愛着を持ち、関わってくれる人の数=関係人口を増やせるのではなかろうか。
この考えは賛成。
不動産は買うときはともかく、買ってからも固定資産税がかかる。
しかも売りたくても簡単には売れない。
よく田舎の一戸建てが格安で販売されているのはこの為で、不要な土地建物を所有し続けていては毎年無駄な固定資産税を納めなければならないので、売主としてはとにかく手放してしまいたいのだ。
車に定住すれば、そのまま仕事先まで移動したり宿泊もでき、不要になれば廃車すれば以降の自動車税などは掛からない。
もちろん訪れた場所が気に入れば、そのまま定住してしまっても良い。

元記事では茨城県つくば市で2019年3月21~22日に開かれたバンタイプの車で働き、暮らす人たちやライフスタイルのイベント「つくばVAN泊2019」に出向き、実際にバンで暮らす人たちを取材している。

車を自宅に、と言うのは色々問題点もあるが、車をオフィスにするのは以外と良さそうだ。
特に私のような自営業者は働く場所が自由なので、レンタルオフィスを使うよりも重宝するかも知れない。






Moto DX




NGKのサイトより。

NGKは二輪車用新スパークプラグ「NGK MotoDX」を4月下旬より二輪車用品量販店などで順次発売する。
お客さまのバイクライフのより一層の充実を目指し、スパークプラグに求められるさまざまな性能(始動性・加速性・耐久性・耐汚損性・燃費等)の向上を図った2輪車用スパークプラグ「NGK MotoDX」を発売します。


・ 新素材採用D-Shape外側電極の採用により、スムーズな火炎の拡がりを実現し、始動性・加速性・燃費の向上に貢献。

 ・ ルテニウム配合中心電極の採用により、当社従来品と比較しロングライフ(長寿命)化を実現。

 ・ 絶縁体先端部分のサーモクリアランスの拡大により、火花リークを防ぎ、優れた着火性能をキープ。
NGKの商品説明によると、従来のイリジウムプラグよりも着火性が向上し始動性能が向上しているという。

一般に、プラグがカブりやすい2ストロークエンジンにイリジウムプラグは向かないと言われているが、これなら冬場の始動性向上に貢献するんじゃないかと思ったのだが。
ラインナップを見てみるとTZR250(3MA)のプラグ(BR9ES)に対応するものが無かった。
それどころか、ウラル・ギアアップのプラグ(BPR6HS)にも対応しない。
やはり今時のバイク向けなんだなあと思って、ハッ!と気が付いて調べてみたら、該当するものがあった。
ヤマハ・ビーノXC50DのプラグはCR8Eだった。
さすが今時のバイクだ(笑)
現状のビーノの始動性に不満は無いが、ツーリング燃費では平均57km/Lに達するが街乗りだと47km/Lぐらいに落ちてしまうので、燃費が向上するなら使ってみる価値はありそうだ。
燃費が向上してもプラグの価格が高いと意味が無いと思う人もいるだろうが、燃費が向上すると言うことは航続距離が伸びると言うことなのでツーリング脳の私には大変ありがたいと思う。

と言うわけで、発売がちょっと楽しみだ。


トリム

FullSizeRender
ウラルのトランクには雨水などが流れ込まないように水切りが付いていて、ここにはビニールのトリムが貼られています。
あ、トランクの中身は気にしないで下さい(笑)


FullSizeRender
さて、このトリムがかなりひどい代物で、経年、と言っても最初の1年目でベロベロに伸びてしまって役に立たない上に、使われている接着剤が全く粘着力が無く、何かの拍子にすぐに外れてしまいます。
そのせいか、トランクリッドが触れる部分の塗装が剥がれているところが何カ所か有ります。

そこで、このトリムを交換します。

FullSizeRender
古いトリムを取り外します。
既に接着剤の粘着力は失われているので、手で引っ張ると簡単に外れます。
パーツクリーナーで、付着している接着剤や汚れを落としました。

FullSizeRender
塗装が剥がれている箇所は、車両に付属しているタッチアップペイントで補修します。
実は地味に大活躍している付属品です(笑)

FullSizeRender
適当に塗っても色の差が目立ちません。

新しいトリムは色々検討した結果、岩田製作所のラバートリムTRE16にしてみました。
ネオプレーンゴム製で、はめ込むだけのお手軽さが魅力。

FullSizeRender
長さは純正と同じ410ミリでカットしました。

トランクリッドを閉めると、従来のトリムではドン!と言う感じで閉まりましたが、新しいトリムではポニョッとと言う感じで閉まります(笑)

今回、取付に接着剤を使いませんでしたが、しばらく使ってみてズレるようなら接着剤で貼ってみようと思います。



↑このページのトップヘ