ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2019年03月

重点
道の駅




国土交通省は重点「道の駅」を新たに15箇所を選定した。

「『道の駅』は、地方創生を具体的に実現していくための極めて有力な手段」とする国土交通省は、関係機関と連携して、地方創生の核となる特に優れた企画を選定し、重点的に応援する重点「道の駅」の取組を平成26年度から実施している。

平成30年度は、平成30年10月5日~10月25日にかけて、地方創生や地域活性化の拠点の形成等を目指した「道の駅」の新たな設置、又はリニューアル等の企画提案を募集し、応募があった29件の中から15箇所を選定した。

重点「道の駅」には、今後の施設整備に向け、駐車場や休憩施設等は社会資本整備総合交付金等で重点支援するとともに自治体・関係機関による協議会を設け、複数の関係機関の制度の活用等についてワンストップで相談できる体制を構築するなど、ハード・ソフト両面から支援する。

また、重点「道の駅」候補も14箇所選定された。
重点「道の駅」候補には、自治体・関係機関による協議会を設け、複数の関係機関の制度の活用等についてワンストップで相談できる体制を構築するなど、主にソフト面から支援する。

国土交通省では、「道の駅」による地域活性化の拠点形成を主眼に選定をおこなっているが、色々あってよく分からなかったので少し調べてみた。

国土交通省が選定する「道の駅」は、モデル「道の駅」と重点「道の駅」に分けられる。

モデル「道の駅」は、既存の「道の駅」の中から、地域活性化の拠点として、特に優れた機能を継続的に発揮していると認められるものを選定するものだ。
  • 既存の「道の駅」を対象に、国土交通大臣が選定
  • 観光、産業、福祉、防災等、地域資源の活用や地域の課題解決を図るための地域のゲートウェイや地域センターとして機能
  • 設置から一定年数(10年以上)、継続的に地域に貢献

上記条件を満たす「道の駅」から選ばれ、現在は平成26年に選定された6駅のみと言う狭き門だ。
モデル「道の駅」に選ばれた「道の駅」には全国の自治体や「道の駅」運営母体からの視察が絶えないと言う。

これに対して重点「道の駅」は、地域活性化の拠点となる優れた企画があり、今後の重点支援で効果的な取組が期待できるものを選定するもの。
  • 「道の駅」の整備の企画段階から、国土交通大臣が選定
  • 取組の先駆性、効果、実現可能性に基づき、優れた企画を選定
モデル「道の駅」がこれまでの実績を評価されて選定されるのに対し、重点「道の駅」はこれから取り組む企画について選定するもので、応募者の中から選定される点が大きく異なる。
また、将来性などが評価されるので、実績の無い、将来開設予定の道の駅でも応募できる。

また、重点「道の駅」候補は、地域活性化の拠点となる企画の具体化に向け、地域での意欲的な取組が期待できるものとして、国土交通大臣ではなく地方整備局長が選定する。
  • 「道の駅」の整備の企画を対象に、地方整備局長等が選定
  • 取組の具体化に向けた地域の意欲的な体制整備等に基づき、選定
重点「道の駅」および候補は、選定されただけで終わらないよう、これからの更なる努力が求められる。



ヤマハ発動機
株主総会


FullSizeRender
帰宅したらヤマハ発動機定時株主総会の招集通知が届いておりました。

今年は会場が磐田のヤマハ発動機コミュニケーションプラザはなく、浜松駅前のアクトシティ浜松に変更となるそうです。
そう言えば前回の株主総会でもコミュニケーションプラザは600人を超える株主の出席で大混雑、空席を探すにも困る状況でした。

招集通知にもあるように、アクトシティ浜松周辺には駐車場が少なく、公共交通機関での来場を推奨しています。
この会場変更が今回だけなのかは分かりませんが、私はヤマ発の株主総会にバイクで来場し、総会の後は見付天神にお参りしたり、おもろカレーを食べたり、又一庵のきんつばを食べたり、渚園でキャンプしたり、しず花のいちごの雫を食べたりしたいのです。
これでは今後の計画を大幅に見直す必要がありますね(汗)

新幹線を予約してから気が付いたのですが、この日は先約が入っていて株主総会に出席できません。
ありゃりゃ、もう一足早ければ。
新幹線キャンセルしなきゃ…。



又一きんつば5個入
又一きんつば5個入

株主総会のお土産に頂いてから大のお気に入りになった又一庵のきんつば。
通販でも買えるけど、磐田のお土産に是非。

おいマジか




ヤマハ発動機の公式サイトでは以前から「ととのったMAGAZINE」と題して、ヤマハの3輪バイクとサウナとご飯をテーマにウェブ漫画を公開しています。

ここでは、おりもとみまな先生の「ばくおん!!」や、さとうふみや先生の「金田一少年の事件簿」など、様々な有名作品の特別編が掲載され、無料で読むことが出来ます。

そしてサウナの日である3月7日、あfろ先生の「ゆるキャン△」を含む4作品が一挙に追加公開されました。

「ゆるキャン△」とヤマハの関係と言えば作中で登場するビーノを元にしたスペシャルモデルを製作したキャンペーンが記憶に新しいところ。


FullSizeRender
物語は、点検に出したスクーターの代車としてやってきたトリシティ125でキャンプに行くことになった志摩リン(しまりん)が、サウナを初体験するというもの。
特別編と言ってもおまけ漫画ではなく、雑誌の20ページに相当するボリュームで連載作品と遜色ないクオリティで製作されていることに驚く声も多かったです。


本作のしまりんはヘアスタイルがショートカットになり、身長も少し伸びた様に描かれています。
FullSizeRender
4巻で描かれた、なでしこが妄想した10年後のしまりんに近い雰囲気なので、本作は本編よりも後の時系列なのかも知れません。
それなら原付スクーターの代車にトリシティが来たのも納得できます。
普通は格上のバイクが代車に来ることはあまりないのです、中古なら別ですが。

FullSizeRender
漫画の最後にしまりんとトリシティ125のカラーイラストが掲載されています。
作中でしまりんが乗るビーノの色に似たシアンカラー(ライトシアンメタリック4)の車両です。
ネット上では早くもこの色のトリシティが欲しいと言う声が上がりましたが、残念ながらシアンカラーは2018年モデルのみの設定で、2019年モデルで無くなってしまいました。

ビーノの時も思ったけど、上手くやれば空前のトリシティブームが来たかも知れないのに。
本当にヤマハ発動機は商売が下手だな(ヤマ発株主の意見)


【入荷予約】【新品】ゆるキャン△ (1-7巻 最新刊) 全巻セット 【3月下旬より発送予定】
【入荷予約】【新品】ゆるキャン△ (1-7巻 最新刊) 全巻セット 【3月下旬より発送予定】
未だ読んでない人はこちらから。





Kindleはこちらから。

ワカサギ釣り

先月の失敗に懲りずに、またまたワカサギ釣りキャンプに行って来ました。
前回のワカサギ釣りキャンプも釣果ゼロに終わり、改めてワカサギ釣りの難しさを思い知ったわけですが、同時に常連の方々からアドバイスを貰い、一筋の光明が見えてきました。
今回はその時教えて貰った「ワカサギは照明に集まるので、釣れる時間は夜明け前から午前中まで」と言う話を検証してみようと思います。

IMG_5857
場所はいつもの佐仲ダムで、翌朝の釣行に向けてハイマート佐仲で前泊します。

IMG_5859
誰も居ないキャンプ場。

FullSizeRender
いつもの場所にいつもの装備で幕営。

FullSizeRender
今回は薪ストーブをフル稼働させるため、薪を二束買いました。
ハイマート佐仲の薪は広葉樹で薪ストーブ向きなのですが、今回買った薪は前日の雨の影響か着火しにくく、着火剤を使っても表面が焦げるだけで燃える気配がありません。
遂には着火剤を使い切り、段ボールなどで着火を試みましたが結局ダメでした。
まさかの薪二束燃え残りと言う状況、俺大ピンチ。

FullSizeRender
今回、キャンプはおまけなので、夕食はセブンイレブンの冷凍鍋焼きうどんだったのが救いでした。
常用しているアルコールバーナーで調理して、温かい食べ物にありつきました。

翌日は夜明け前から稼働なので、お湯を沸かして湯たんぽをセットすると、早めに寝てしまいました。

FullSizeRender
翌朝4時前に起床。
幸いにも昨夜は氷点下にならなかったので助かりました。

ここハイマート佐仲は繁忙期以外はチェックアウトが15時と遅いので、テントを残したまま釣りに出かけることが出来ます。
これは釣り場の管理人さんに教えて貰ったテクニック(笑)

使わないものや高価なものは先に片付けておいてから、釣り場へ向かいました。

ワカサギ釣りの受付は午前6時からですが、到着すると既に10人ほどが列を作っていました。

この日はいつもの人とは違う管理人でした。
受付をして遊漁券(2000円)とレンタルセット(1300円)を受け取ります。
管理人曰く「棚は5メートルで」との事。

この日は2つ有るドームの内、Aドームが貸し切りになっていました。
しかし10時までなら使って良いとのことで、人があまり居ないAドームへ。

FullSizeRender
早速仕掛けを準備し、言われた5メートルの棚に糸を垂らします。
しかし、まったくアタリがありません。

魚を寄せるためにこまめにエサを取り替えるものの、変化は無し。
常連さんが言っていた「夜明けから午前中」でもダメなのか。
外は完全に夜が明け、時刻は午前8時になろうとしていました。

その時、同じドームに居た釣り客が魚探を投入しました。
様子を訊いてみると、底付近、12メートルに魚影があるとの事。

マジかよ!

私は管理人の言葉を信じて5メートルを棚にしていましたが実際は12メートルだったのです。
魚の居ないところに糸を垂らしているのだから釣れるはずがありません。
あのオヤジ嵌めやがったな!

そう言えば前回、別の常連さんが、冬場は魚の動きが渋くなり底付近に溜まると言っていたのを思い出しました。

魚探を入れた人にアタリが出始めました。
私も早速棚を底付近に変更して待つことしばし。

竿先にかすかな反応が。
これがアタリなのだろうか。
竿を持つ手には全く感じられませんが、確かに竿先は反応しています。
意を決して巻き上げてみますが、魚が掛かっている様子は感じられません。
そして仕掛けが上がってきました。


FullSizeRender
釣れてる!

5センチ程度の小さなワカサギが掛かっていました。

FullSizeRender
やったぜ!初釣果!


一度釣れると、何となくですが釣れたときの感覚が分かってきました。

FullSizeRender
時間を置かず2匹目。

FullSizeRender
綺麗な魚です。

FullSizeRender
10時までに3匹釣れました。

時間が来たのでAドームを出て、沖合のBドームへ。
貸し切りの影響でBドームはかなり混み合っていましたが、陽も高くなっていたからか、あまり釣れていませんでした。

Bドームでは1匹だけ釣れました。

FullSizeRender
結局正午までで4匹の釣果となりました。

レンタルセットを返しに管理棟へ行くと、管理人はいつもの人に変わっていました。
管理人さんはバケツから魚を出してビニール袋に詰めてくれました。
ここまでやってくれるんだね。

FullSizeRender
釣ったワカサギはハイマート佐仲に持っていくと無料で天ぷらにしてくれるサービスがあります。
三度目にして、やっとこのサービスを利用することが出来ました。

ワカサギをお食事処へ持って行き、天ぷらを依頼しました。
ちょうど昼時だったので昼食も注文。

FullSizeRender
昼食は佐仲そばの鴨南蛮(972円)にしました。

FullSizeRender
遂に念願叶ったワカサギの天ぷら。
たった4匹ですが、味わっていただきます。

FullSizeRender
旨ぇ!

柔らかい身のホクホク感とほのかな苦みがサクサクの衣と調和して最高です。
これだよ、俺が求めていたものは(笑)

佐仲そばは毎日湧き水を利用して打つ打ち立てそばだそうです。
温かい鴨南蛮のつけ汁との相性も良いです。
締めはそば湯で割っていただきました。


今回、ようやく初釣果を上げることが出来ました。
ここで佐仲ダムでのワカサギ釣りについて気付いた点を備忘録として書いておきます。

1.釣れる時間は夜明けから10時頃まで

やはり常連さんの言う通り、午前中の早い時間がよく釣れるようです。
11時以降はアタリもぱったりと止まってしまいました。

2.魚探は必須

魚が居なければ釣りようがありません。
魚探はレンタル(2000円)もありますが、用意しなくても誰かは必ず持っているので、釣れている人に棚を訊けば大抵教えてもらえます。

3.寒い時の棚は底

アタリが無く、棚が分からなければ、取り敢えず底を棚とします。
エサをこまめに変え、竿を動かして魚を誘うようにします。

4.エサは小さく

釣り餌のサシは1匹の頭と尻に1本ずつ針を掛けて、エサの真ん中で切断するのがエサ付けのセオリーですが、佐仲ダムのワカサギは型が小さいので、更に半分の大きさに切って小さくすると良いようです。
アタリがあるのに釣れない場合は特に。


一度釣れると俄然やる気が出てきました(笑)
また行くぞ!

微減


当ブログの2月の月間プレビュー数は

12997
PV

でした。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今月は、先月よりも80PVほど減少しました。
今月から通常更新に戻しましたが、不定期更新だった影響がまだ残っているようです。
それでも多くの方に読んでもらえたことは大変ありがたいです。
引き続き多くの皆さんに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います。


さて、先月はこんな記事が多く読まれました。

静岡の人気レストラン「さ○やか」と同じ味だと言う噂の「満点ハンバーグ」を試食した記事です。
相変わらず安定した人気です。
今月はテレビでさわやかが紹介されたため、さわやか関連のアクセスが増加したようです。


以前乗った特急サンダーバードでおこなわれているグリーン車利用者向けサービスを紹介した記事です。
これも数カ月間安定したアクセスがあります。


浜松で冬期のみ販売される有名和菓子「いちごの雫」の記事です。
販売時期に入ったのでアクセスする人が増えたようです。
出来れば今年も買いに行きたいなあ。


相変わらず内容の乏しい当ブログですが、たくさんの方に読んで頂けたのは大変ありがたいです。

これからも可能な限り更新していきますので、良かったらお付き合い下さい。

よろしくお願いします。


↑このページのトップヘ