ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2019年03月

ワカサギ
釣り

このところすっかりハマっているワカサギ釣り。
3月に入って、この日も仕事の合間に出かけました。
翌日が仕事の予定だったので、この日はキャンプは無し。

今回の目的は曜日によって釣果に違いがあるのかを検証すること。
私は土曜の朝に行くことが多いのですが、佐仲ダム釣り場は火曜日が定休日なので、一日空けた水曜日は魚の食いが違うのではないかと思ったのです。

当日は朝6時の営業開始に間に合うように夜中に出発!

の、つもりだったのですが、見事に寝過ごしました(汗)

FullSizeRender
大慌てで出発したものの、この日は平日なので通勤渋滞にハマったりと思うように進まず、到着したのは午前8時半でした。

レンタルセットを借りて、ワカサギ釣りドームへ向かいます。
管理人さんの話では今日はあまり釣れていないとのこと。

FullSizeRender
この日は岸に近いAドームが混雑していたので、空いている沖合のBドームへ向かいました。

ワカサギ釣りでは仕掛けを引き上げてから、エサを取り替え、再び仕掛けを投入するまでの「手返し」の早さが釣果に影響します。
ワカサギの群れが回ってきた時に、何回仕掛けを投入できるかと言うわけです。
そこで今回から、こんなものを導入してみました。

IMG_5974
ワカサギ仕掛けハンガーです。
これはエサ交換時に仕掛けを掛けておくことで仕掛けがもつれにくく、エサ交換や釣れた魚の針外しが容易になるというアイテム。
まあ、ベテランさんでこんなのを使っている人は見かけないので、初心者向けアイテムなんでしょうね。
ワカサギ仕掛けは糸が細いし針も小さく大変見えにくいので、このハンガーを使うと確かにエサ交換が楽でした。

ダイワ クリスティア ワカサギ 仕掛けハンガー
ダイワ クリスティア ワカサギ 仕掛けハンガー


FullSizeRender
レンタルセットに入っている仕掛けは4本針の佐仲ダム専用のもので、重りは0.8号。

FullSizeRender
さて、例によって棚が分からないのですが、来たときの外気温が6℃だったので、たぶん底だろうと踏んで仕掛けを投入。


FullSizeRender
何と、投入から1分もせずに一匹目をゲット!
やはり魚のサイズに合わせてエサを小さくしたことが奏功しているようです。

FullSizeRender
この後、立て続けにもう二匹ヒットして、これは想像通り、水曜朝の釣果は期待できるのではと思ったのですが。

その後ぱったりと釣れなくなりました。

竿先に何度かアタリはあるんですが、合わせが上手くないらしく全く釣れません。

FullSizeRender
結局午後1時まで粘って、釣果は5匹にとどまりました。
それでも前回の記録を更新しましたけどね。

FullSizeRender
この後、いつものようにハイマート佐仲へ行き、釣れたてのワカサギを天ぷらにしてもらい昼食。

FullSizeRender
この日はそばが売り切れとのことで、「ぼたんうどん」(1180円)を注文しました。

FullSizeRender
先ず、ワカサギの天ぷらを食します。
今回は小ぶりな魚が多く、前回より多く釣ったのにボリュームはずいぶん少なくなってしまいました。
もちろん味は格別です。

FullSizeRender
「ぼたんうどん」は猪肉の入った味噌煮込みうどんです。
厚みのある猪肉が、思っていたよりもたくさん入っていて食べ応えがありました。
ハイマート佐仲では「ぼたん鍋」(猪鍋)も食べられるのですが、「ぼたんうどん」は一人でも注文しやすいボリュームと価格なのでお勧めです。

今回のワカサギ釣り、結論から言うと、曜日による釣果の違いはあまり無さそうです。
しかし寝坊したため、最も釣果が上がる夜明け前から午前8時ぐらいを逃してしまったので、この時間に来られていれば、もっと違った結果かも知れません。

次は4月、ワカサギシーズンもいよいよ終わりですね。




3台まで




ITmedia NEWSの記事より。

米クラウドストレージサービスのDropboxの無料プランでアカウントにリンクできる端末数が3月から3台までに制限された。
Dropboxは複数台のPCなどをリンクして、一方でファイルが更新されると自動的にファイルを同期し、常に最新の状態を保ってくれるサービスだ。
そのDropboxが、無料プランでの1アカウントに紐付けられる端末数を3台までに制限したらしい。
Dropboxは無料プランで割り当てられるストレージ容量が2GBと、他社に比べて少ないので、Dropboxを本格的に使っている人は既に有料プランに加入しているだろう。
逆に無料プランで端末をたくさんぶら下げると2GBの容量をすぐに使い切ってしまうので実用的でない。
Dropboxが端末数を制限するのは、こう言ったことを踏まえて無料ユーザーを有料プランへ誘導する為なのは間違いない。

ところで、Dropboxには特定のアカウントにフォルダの内容を公開する「共有」の機能がある。
共有フォルダはフォルダを作成したアカウント以外でも編集できるので、各端末にそれぞれ無料アカウントを作って、各々の共有フォルダを公開すれば同様の事が出来るんじゃないだろうか。
例えば、仕事用とプライベート用PCのそれぞれに共有フォルダを作り、必要なファイルだけ公開すれば、仕事に関係ないファイルで仕事用PCの容量を圧迫することが無くなる。
共有してもトータル容量が増えるわけでは無いし、アカウントの管理が面倒くさいが、どうしても無料プランで4台以上同期したい場合は使えそうな手だ。
もっとも、今後規制されそうな気もしなくはないけど。
因みに私はOffice365を導入したときにOneDriveが1TB付いてきたので、そちらを使っています。
Dropboxも300GBで一ヶ月当たり300円ぐらいのプランを作れば有料ユーザーも増えると思うんだけどねえ。


キャッシュレス


電車の中吊り広告で知ったのだけど、サッカーJリーグのヴィッセル神戸は、2019年度からノエビアスタジアムでの主催試合で完全キャッシュレス化を実施したらしい。


同じ楽天グループの楽天イーグルスが、やはり2019年度から主催試合での完全キャッシュレス化をすることはニュースで知っていたけど、ヴィッセルもやるのね。
まあ、当たりだけど。

ヴィッセル、と言うか楽天グループのキャッシュレス化は、もちろん自社サービスであるEdyや楽天ペイに顧客を誘導すると言うのもあるんだけど、やはり現金のやり取りを排する事で管理コストの低減が究極的な目的だと思う。

ヴィッセルのキャッシュレス化は「完全」を謳うとおり徹底している。
先ず前売りチケットは「楽天チケット」のみで販売され、他のプレイガイド等では販売されない。
スタジアムでのグッズ購入や飲食に現金は使えず、楽天ペイ、Edy、クレジットカード、デビットカードで支払う。
クレジットカードは楽天カードおよびVISA、Master、AMEX、JCBに対応している。
キャッシュレス決済でも交通系やApplePay、nanaco、waon、QUICPay、d払い、PayPayなど他社電子マネーは使えない。

楽天グループでは決済方法を、クレジットカードを使える人は楽天ペイ、使えない人はEdyで棲み分けを考えているようだ。
クレジットカードもサインレスで利用出来るが、補助的なものと考えているのだろう。

スマホ決済しようと思ったら楽天ペイアプリを入れてQRコード決済するしか無さそうだ。

クレジットカードを持ってなかったり使いたくない人や、子供の場合はEdyを使うことになる。
Edyカードはスタジアムに設置された「キャッシュレスデスク」でデポジット300円でレンタルすることが出来、スタジアム内各所に設置されているチャージ機でチャージして使用する。
返却するとデポジットは変換されるが、使い切れなかったチャージ分は返却されない
なお、子供にはEdyカードが無料配布される。



導入直後と言うことで、当日はやはり多少の混乱があったようだが、キャッシュレスが浸透していくと解消していくだろう。
楽天はグループ会社である楽天イーグルスとヴィッセル神戸を使って、半ば強引にキャッシュレス化を推し進めたが、キャッシュレス化は運営にも観客にも双方にメリットがあるので、これが浸透すれば他社も追随するのではないか。




Aシート



以前にも記事にしたJR西日本の一部の新快速の有料座席「Aシート」が、いよいよ3月16日から導入される。

JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線で、有料座席サービス 新快速「Aシート」を開始し、網干・姫路~野洲駅間で毎日上下4本運転します。

Aシートは12両編成の新快速の9号車に設定される。
Aシートには次の装備が付加される。
  • リクライニング機能、テーブルつき座席の設置
  • 内装の工夫による、落ち着きのある空間の提供
  • 全席にコンセントを設置(JR西在来線普通車初)
  • 無料Wi-Fiサービスを提供
  • 荷物スペースを設置
9号車が選ばれたのは、8号車と9号車との間で行き来出来ない事と、トイレが設置されている為との事。

Aシートの定員は46席で全て自由席、席料は500円。
Aシートの予約は出来ず、乗車後に席を確保してから係員に料金を支払う。
支払いには現金または交通系ICカードが使用できる。

Aシートの利用方法はこうだ。
  1. Aシート車両に乗車し、車両両端の立席エリアから空席を探す。立席エリアは無料で利用できるが、空席が無い場合は有料エリアに立ち入ることは出来ない。
  2. 空席があれば着席し、係員に料金を支払う。係員から「乗車整理券」が渡されるので、乗車中は席前方のチケットホルダーに入れておく。
  3. 降車駅に着いたら「乗車整理券」を抜き取って降車する。

阪神間の新快速電車は時間帯を問わず非常に混雑しているので、有料座席が導入されれば利用したいと思っている人は多いのではないか。

しかし、予約が出来ないため、乗車から着席までの手順が分かりにくく、周知されるまでトラブルが相次ぐと思う。
例えばAシート車両の姫路方の立席エリアは通常車両への通り抜けが出来ず、着席しない者の有料エリア立ち入りも禁止なので、もしAシートに空きがなければ次の駅まで立席エリアに閉じ込められる事になる。
また、Aシートは46席しかないので、現状の新快速電車の混み具合から見て、需要が大きく上回っていると思う。乗車したものの着席できない場合が多く発生すると思う。
有料エリアへの立ち入りなどのマナー問題も発生しそうだ。

ところで「Aシート」って、関西弁の「ええシート」って意味(も入っている)らしい。
ダジャレかよ(笑)






押し掛け




@DIMEの記事より。

元記事にもあるとおり、最近の車種では押し掛けは全く無用のテクニックとなった。
フューエルインジェクション(FI)搭載車では押し掛けはほぼ不可能だからだ。
「押しがけ」とは、言葉の通り「バイクを押してエンジンをかける」という行為です。そもそもなぜそんな面倒なことをするのかといえば、たいていはバッテリー上がりによりセルスターターが機能せず、エンジンをかけられない時でしょう。
まあ、それはそうなんだけど、実はキャブレター搭載車でも、この状況で押し掛けでエンジンを始動させるのは至難の業だ。
と言うのは、バッテリーが上がってしまうようなトラブルが起こっているときはバッテリーだけが原因では無い場合がほとんどだからだ。

例えば、長期間放置してバッテリーが上がってしまった車両を押し掛けしようとしても、キャブレター内のガソリンが腐っていたり、エンジン内部のオイルが下がっていたりして、そもそもエンジンが始動できる状況にない事がある。
こんな状況でいくら押し掛けしてもエンジンは始動しないし疲れるばっかりだ。
そうでなくても冷間始動は難しい場合が多い。

また、放置したわけでもないのにバッテリーが上がってしまう場合は、バッテリーそのものか、バッテリーを充電するレギュレーターが故障している場合がある。
こうなってしまうと押せども引けどもエンジンは始動しない。

あと、記事では、FI車が押し掛け不可能な理由として、ガソリンをエンジンに供給する電動ポンプが動かない為と説明しているが、FIがエンジン停止や転倒を検知すると燃料供給を止めてしまうので、この状態でも押し掛けは不可能になる。
その場合は一度キーをオフにしてから再度オンにすると制御がリセットされるが、押し掛けが出来るかどうかはそのバイクのFIシステムによる。

現在のバイクのほとんどはFIや電子制御が入っていて、押し掛けでエンジン始動は難しいし、今後電動バイクが普及すれば完全に不要なテクニックになってしまう。
突然バイクが動かなくなってしまい、何とかエンジンさえ始動できればと考えるのは分からなくは無いけど、そうなった原因が他に無いか落ち着いて考えるのを忘れないようにしたい。



↑このページのトップヘ