ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2018年11月

どうなった




先日、アップル社の新製品発表イベントがあったんですが、AirPowerの発表は有りませんでした。
AirPowerと言うのは、アップルが発売を予告していたiPhoneとApple Watchを同時に充電できる非接触充電器のことです。

以前はアップルのサイトにも掲載されていて、近日発売的な感じだったのですが、新製品の発表に前後して、しれっと削除されてしまいました。

まあ、私は長年iPhoneシリーズを使っているとは言えアップルの信者と言うわけではなく、アップルのエコシステムを使うためにアップル製品を選んでいる程度のライトユーザーなので、正直AirPowerが出なくても何も困らなかったりします。
出たら買おうと思っているけど。
「耳うどん」の別名で知られるAirPodsも持ってないし、AppleTVよりFireTVだし。
てか、最初からApple Watchの充電をQi対応にしてくれれば良かっただけの話だと思うんですが。
ほんとアップルは独自規格好きよね。

先日の四国ツーリングではApple Watchの充電ケーブルを求めて100kmも走り回る羽目になったりしたので、本当に何とかして欲しいものです。

ところで、AirPowerはうやむやになってしまったけど、既に中華の類似商品が出ておりまして。

さすが中華、こういうところは抜け目がない。
当然ながらAirPowerの特徴と言われている「パッド上のどこにどの機器を置いても充電できる」という機能はありません。
置き場は決まってしまうけど、実用上全く困らないと思うんだけど。



こちらは純正充電ケーブルを装着して使うApple Watch用ケース。


あー、もう何かこんなので良い気がしてきました。




すごーい!





ウラルは11月3日、同社サイドカーの2019年モデルを発表した。
エンジンを中心に多数の改善がおこなわれている。



具体的な改善内容はウラル関西のサイトからも知ることが出来る。
この中から気になった改善箇所をピックアップしてみた。
(画像はウラルUSAのサイトより転載)


URAL_2019GearUp_27[1]
最大の変更点はやはりエンジンだ。
エンジンフィンの数を増やして冷却効率が向上している。
内部のオイル経路も変更されているらしい。
ヘッドカバーは従来の中央1点留めから4点留めに変わりデザインも変更された。
従来のヘッドカバーはオイルが漏れやすく、オイル漏れを止めようとしてボルトを強く締めすぎると雌ネジをねじ切ってしまうことがあった。
四方4点留めになればオイル漏れも減るのではないだろうか。

またインジェクションボディがケイヒン製に変更され、取り付け位置も上寄りに変更されている。
ケイヒン製インジェクションはウラルがインジェクション化されるときに検討されたが、供給数の関係で折り合いがつかず見送られたと聞いたことがある。
ケイヒン製が採用できるほどの台数が売れているということなのだろうか。

インジェクションについては、従来のインジェクションボディ下にセンサーのコネクタが出ており、これが靴に接触して靴が傷だらけになってしまう問題があった。
以前、この事をウラルジャパンのブラド社長に指摘したところ「本社に伝える」との回答を貰っていたが、新型では取り付け位置が変わっており、本当に改善されたようだ。
私の意見だけではないとは思うが、要望は出してみるものだ。


oil-circulation-engineering-sump[1]
オイルパンは、地面とのクリアランスはそのままで容量が増加され、オイルポンプも強化されている。
これにより、オイル量が従来の2.1リッターから2.6リッターに増加している。
大容量オイルパンは以前からオプションで存在したが、ディーラーによると「装着を推奨しない」との事だった。
理由はオイルポンプの能力がそのままでオイルパンだけ容量が増えても意味がないからだそうだ。
社外の強化オイルポンプも発売されているが、今回メーカーが正式に対策したということだろう。

【11/12追記】
オイルポンプの吐出量自体は変わらないそうです。
【追記ここまで】

URAL_2019GearUp_7[1]
ギアアップに装備されていたガソリンタンク上の小物入れがオプションとなった。
この小物入れ、使い勝手が良くない上に細いキーで開閉するので、キーを折ってしまうこともしばしばありユーザーからの評判が良くなかった。
小物入れが無い分、ガソリンが少しでも多く入るので、個人的にはこちらのほうがありがたい。

URAL_2019GearUp_28[1]
ホイールハブが前後、側車とも共通のものとなり、ホイールの使いまわしが出来るようだ。
ウラルはリヤタイヤが早く消耗するので、タイヤローテーションが出来るようになればタイヤを最後まで使い切れるから経済的だ。
また、リムは供給元が変わったらしく、材質も変更されているらしい。
せっかくそこまでやるなら、いっそブレーキローターも共通にしてしまって、移設時の付け替えの手間を無くして欲しかった。


このように見た目だけではなく、性能も大きく改善されているようだ。
旧モデルのユーザーである私の興味は、これらの新しいパーツが自分のウラルにも付けられるのかという点だが、エンジン周りは大きく変わっているので流用は難しいかも知れない。
流用できるとしても結構な値段がしそうなパーツばかりだ。
これらが最初から付いて来る2019年モデルは、かなりお買い得と言えるかも知れない。




囲炉裏

ツイッターフォロワーのhigeさんからお誘いをいただき、京都の和知(わち)へ行って来ました。
先週に引き続き晩秋の京都をビーノでトコトコ走りました。

早朝出発し、途中で朝食を取る予定だったのですが、立ち寄るはずだった喫茶店が廃業しており、結局朝食抜きになりました。

IMG_4268
道の駅「瑞穂の里さらびき」で休憩。
この辺りはツーリングスポットとなっており、広大なバイク専用駐車スペースがあります。

IMG_4272
道の駅「スプリングスひよし」にもあった「バイクぶった切り看板」がここにもありました。
スプリングスひよしのものより構図が雑なのでバイクが折れているように見えます(汗)

バイクに戻ると、隣のライダーさんから「リンちゃん(仕様)ですか?」と声を掛けられました。
その方も「ゆるキャン」が好きで、この日も仲間とキャンプに行く途中とのこと。
しかも、私と同じ和知のキャンプ場だそうで、すごい偶然に驚きました。
ビーノをこの仕様にして半年以上経ちますが、話しかけられたのは今回が初めてです。
まあ、乗ってる奴がイカツイおっさんですから、なかなか話しかけにくいですよねえ(汗)

山道をトコトコ走って、待ち合わせ場所の道の駅「丹波マーケス」に到着。
朝食を取れなかったこともあって、予定より一時間も早く着いてしまいました。

IMG_4278
フードコートで朝食兼昼食「丹波牛茸丼」(780円)をいただきました。
丹波町産のきのこを使った牛丼です。
何やらイベントでグランプリを受賞したそうです。

FullSizeRender
丹波マーケスはその名の通りスーパーマーケットが道の駅になっており、スーパーやフードコートの他、マクドナルドもあります。
マックカフェのコーヒーを2年ぶりぐらいに飲みました。

そんなことをしているうちに、主催者のhigeさん始め参加者の皆さんが到着されたので、皆でスーパーへ今晩の食材を買い出しに。
道の駅がスーパーだとこんな時に便利です。

買い出しを終えて目的地の和知まで行くのですが、皆さん大型バイクなんですよね。
原付は私だけだったので、大変申し訳ないことになってしまいました。

FullSizeRender
何とか無事に今日の宿泊地「ウッディパルわち」に到着。

先程道の駅でお会いしたキャンプのライダーさんと再会して談笑したり。

FullSizeRender
今回の私たちはコテージ泊です。

FullSizeRender
このコテージ、2階建てで風呂、トイレ、台所と囲炉裏を完備。

FullSizeRender
2階は寝室で布団も完備と至れり尽くせり。
これはもう実質グランピング!(グランピングがどんなのか知らないけど)

FullSizeRender
囲炉裏に火を入れて夕食に備えます。
なお燃料の炭は持ち込みです。

FullSizeRender
夕食が出来るまで時間があるので先に酒を開けます。
かんぱーい。

IMG_4323
参加者さんところの自家製だという枝豆と茹で落花生のおすそ分けをいただきました。
旨し。

FullSizeRender
もう2本目だよ。
夕食が出来るまでに酒がなくなっちゃう(笑)

FullSizeRender
夕食は塩とんこつ鍋です。
市販の豚骨スープに、白菜、舞茸、豚肉、鶏団子、豆腐などの食材を適当にぶち込んでるだけなのにめっちゃ旨い。
今度キャンプでもやろうかな。

キャンプ好きバイク乗りの集まりなので、話は自然とバイクや旅の話になります。
今回も楽しい話や貴重な体験談を聞くことが出来ました。

宴は夜遅くまで盛り上がりました。


翌朝。
宴会が夜遅かったので、皆さん起きてくるのが遅かったようです。
朝食抜きで撤収準備。

FullSizeRender
この日は朝から雨が降っていましたが、出発までには何とか持ち直しました。


IMG_4348
和知を出発します。
バラエティ豊かなマシンたちの集まりです。
これからみんなで美山に向かうのですが、私はペースが合わないので別行動。


IMG_4384
夏にも来た美山のZERO-BASEに到着。


IMG_4353
この日はイベントがおこなわれていて、往年の名車が勢ぞろいしていました。


FullSizeRender
朝食兼昼食は、前にウラルジャパンのイベントでも食べた「ドカルボナーラ」。
前に食べたときとビジュアルが変わっていました。


FullSizeRender
イベント限定販売のフランクフルトも。


IMG_4363
悪天候だったにもかかわらず、駐車場はバイクでいっぱい。
この後からもバイクがどんどんやって来ました。
みんな好きねえ。


囲炉裏会はここで解散となり、皆さんそれぞれ次の目的地へ向かって出発して行きました。
主催のhigeさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。
楽しかったです。また呼んでくださいね。



マジかよ






先日発表された、世界で初めてドローンを標準搭載するサイドカー付きオートバイ、ウラル・エア。
当初、世界限定40台、日本への輸入は2台とアナウンスされていた。

ところが、発表と同時に問い合わせが殺到し、輸入枠を10台まで増やすという。
しかも、既に全部が売約済みと言うから驚きだ。

私が聞いた時は、当初の2台と展示用の1台を輸入するという話だった。
まさかここまで売れているとは。

日本への輸入枠が10台に変更されたことで、世界限定40台の枠がどうなるかは未確認だ。
他の国の分を日本に振り替えるのか、生産台数自体を増やすのか。

ちょっと気になっているのだが、もし限定車としてのウラル・エアに魅力を感じて注文した人が居たなら、この台数変更に複雑な思いを持っているのではないだろうか。

最近は品質も向上してウラルの購入や維持がしやすくなったので、ユーザーが手を出しやすい環境になっていると思う。



微減


当ブログの10月の月間プレビュー数は

12865PV

でした。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今月は、先月より1000PVほど減少しましたが、概ね一定水準で推移しています。
引き続き多くの皆さんに楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います


さて、先月はこんな記事が多く読まれました。 

先月に引き続き読まれている記事です。
静岡で売られている「さ〇やか」と同じ味だという触れ込みの冷凍ハンバーグの試食レビューです。
安定してアクセスされています。


SENAのインカム30Kのレビュー記事です。
もともと安定したアクセスのある記事ですが、今月アクセスが増加したのは秋のツーリングシーズンで利用者が増えたからでしょうか。


以前乗った特急サンダーバードでおこなわれているグリーン車利用者向けサービスを紹介した記事です。
先月に引き続き読まれている記事で、これも安定したアクセスがあります。


相変わらず内容の乏しい当ブログですが、これほどの方に読んで頂けたのは大変ありがたいです。

これからも可能な限り更新していきますので、良かったらお付き合い下さい。

よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ