ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2018年10月

コクーン






乗りものニュースの記事より。

ウィラーが高速バス「ウィラー・エクスプレス」の2列シート「コクーン」の販売を終了します。すでに関東~関西便での取り扱いは2018年10月1日出発の夜行便をもって終了、最終運行は12月23日(土)、関東発名古屋行きの夜行便です。
ウィラーのコクーンとは、1車両につき全席2列で配置された専用車両を使用し、シェルと呼ばれる大型のパーティションでプライベート空間が確保されるなどの装備を持つ夜行バスだ。
飛行機のビジネスクラスに導入されているパーティション付きフルフラットシートに近い。
各席にはテーブルや電源コンセント、スーツ掛けハンガー、靴収納スペース、テレビや映画などを楽しめるプライベートモニターなどが設けられており、その後の豪華夜行バスの先駆けとなった。

「コクーン」は2010(平成22)年の導入から8年が経過しており、車両の老朽化および安全面から終了を決めたと言う。
シートのオーバーホールは定期的に行っているものの経年劣化があり、また、車両の安全装置も以前のものです。当社では現在、最新の車両に入れ替えを行なっていることもあり、快適で安全なサービスの提供という観点で必要なことと考えております。
コクーンの後継は用意されず、ウィラーでは2列シートの商品がなくなり、2017年2月に登場した3列シートの「リボーン」が現行商品のなかで最上級クラスの位置づけになると言う。
今後は「リボーン」を「ウィラー・エクスプレス」のフラッグシップとして販売を強化していくらしい。

コクーンが登場してから既に8年が経っていたのか。
登場した頃は、その豪華さが話題になっていて、是非一度利用したいと思っていたが、路線や時間帯が合わずに結局乗れず終いだった。
コクーンの登場で他社も追従し、快適な夜行バスが一般的になり、今後もサービスが進化していく訳だから、これからどんなサービスが登場するのか楽しみでもある。


SR400
リコール





ヤマハ発動機は10月10日、SR400のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。


対象となるのは2009年11月19日~2017年6月30日に製造された8905台で、エンジンオイル循環経路のオイルホースとオイルタンクとのナット締結部の締付けトルクの設定が不適切なため、当該締結部の締付けトルクが不足しているものがある。そのため、エンジンオイル循環経路の圧力変動等により当該締結部の気密性が損なわれ、当該締結部からエンジンオイルが漏れるおそれがある、という。

改善処置内容は、全車両、当該ナットを新たに設定した締付けトルクで増し締めする。
なお、当該締結部からエンジンオイルの漏れが認められた場合は、オイルホースを新品に交換し、当該ナットを新たに設定した締付けトルクで締め付ける、というもので、締結部の締め付けトルク不足によるものらしい。

先日、環境規制に対応した新型を発表し復活したばかりのSR400だが、このリコールは新型は対象ではない。

SR400は基本構造こそほとんど変わっていないが、2009年と言えば、キャブレターからインジェクションに変更され、車両の構造が大きく変わった年だ。
この時に設定された締め付けトルクが適切でなかったということなのだろう。
約10年に渡って見過ごされてきたということはレアケースなのか、原因究明に時間がかかったのか。

該当車両のオーナーはヤマハ販売店に相談してほしい。










開催します

【2018/10/21追記
当イベントは盛況のうちに終了いたしました。
ありがとうございました。】

明日10月20日に予定しています「ゆっくり走るよ×ブーバイク矢田川キャンプ」は、予定通り開催いたします。

当日は道の駅「あゆの里 矢田川」でお待ちしています。
矢田川の素晴らしい環境の中、楽しくキャンプしましょう。
ご参加お待ちしております。
道中お気をつけてお越しください。








95日間






BMW Motorradが10月1日から始めたキャンペーンをご存じだろうか。

「BMW Motorrad 95th Anniversary 95日間の新車オーナー体験キャンペーン」はBMW Motorrad創立95周年を記念した催しで、希望するBMWの新車が95日間にわたって貸し出され、自分の愛車のよう楽しめるというもの。専用ウェブページから申し込むと、毎月抽選で2名にBMW新車オーナーの疑似体験がプレゼントされる。
抽選は10月、11月、 12月に分けておこなわれ、それぞれ2名づつの計6名が当選者となる。
対象車種はHP4 Race、C evolutionを除く全車種とのことなので、R1200GSアドベンチャーでもK1600GTLでも良いわけだ。
何と太っ腹な企画だろう。

どれでもいいと言われると、どれに乗りたいか迷ってしまう。
R1200RSも良いしRnineT Racerも乗りたい。
S1000RRやK1600GTLも良い。
95日間もあるので長期ツーリングにも行くことが出来る。

当たったからと言ってBMWを買わなければいけないということは無いので、興味のある方は挑戦してみてはいかがだろうか。










東京モーターショー






 ITmedia ビジネスオンラインの記事より。

日本自動車工業会は10月9日、2019年に開かれる「第46回東京モーターショー」の概要を発表した。
一般公開日は10月25日~11月4日の11日間で、計9日間だった昨年から延長される。
「来場者の皆さまによりゆっくりご覧頂ける会期と致しました」としている。近隣の臨海副都心エリアなどで、何らかの催し物を行う可能性もあるという。
私は地理的な関係で東京モーターショーを見に行くことは出来ないけれど、大阪モーターショーや大阪モーターサイクルショーにはよく足を運んでいる。

昨今、車バイク離れが叫ばれて久しいが、ここ数年、各ショーの展示規模は拡大を続けている。

東京モーターショーの出展社数・入場者数は、第43回(13年)を境に減少中。15年の出展社数は13年から18社少ない160社、来場者数は約9万人少ない81万2500人。17年の出展社数は153社、来場者数は77万1200人となっていた。会期の延長や展示エリアの拡大によってテコ入れを図る。
しかし、ショーの入場者は年々減り続けているようだ。
展示規模の拡大は来場者数減少の裏返しだったのか。
しかし、大阪モーターサイクルショーは明らかに活気づいていたし、よくわからない。
夢の世界だった21世紀が現実になってしまってからは、未来の車に夢を馳せる時代は終わってしまったのだろうか。



↑このページのトップヘ