ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2018年07月

そうなの?



ウェビックバイクニュースの記事より。

モーターサイクルジャーナリストの和歌山利宏氏によるコラムで次のように書かれている。

煽り運転が社会問題として取り上げられるようになったのはまだ最近のことなのに、このわずか1年足らずの間に、私の知る限りでもバイクが被害者となる事件が4件も起きています。

実は、私には思い当たるフシがあります。バイクで公道を走りだして48年目になる私が思うのは、近年、四輪ドライバーがとみにバイクに対して思いやりを示さなくなっていることです。

ただ、バイクの動きやライダーの心理を理解できないだけならともかく、三ない運動によってバイクはなくていいもの、あってはならないものとの認識を植え付けられ、さらにはバイクへの嫌悪感もが生み出され、バイクへの煽りが多発しているのではないかと思えてならないのです。

バイクに対する煽り運転が起こるのは「三ない運動」によるバイクへの悪印象植え付けが原因ではないかとする考察だ。
面白い切り口だし、私も三ない運動に反対しているので、この意見に共感するところはある。
しかし、本当にそうなのだろうか。

確かに煽り運転が社会問題になったのは最近だが、私の実感としては、バイクへの煽り運転はそれ以前も恒常的に行われており、今まで問題にならなかったものが、社会問題化してメディアに取り上げられるようになっただけだと思う。
今も昔もバイクに対する四輪ドライバーの態度は大きく変わっていない。
四輪ドライバーのバイクに対する思いやりなんか最初から無い。

自分の前をバイクが走っているだけで怒り出す四輪ドライバーは老若男女問わず少なからず居て、煽りとまでは行かなくても車間距離を詰めてきたり幅寄せされたりは日常茶飯事だ。
バイクが前を走っていると無理にでも追い越そうとしたり、信号待ちしていると横に付けてきて、発進時に幅寄せしバイクを路肩に押し出そうとする者もいる。
中には道路交通法18条(左寄り通行)を曲解し「バイクは路肩を走らなければならない」と本気で思い込んでいる者も居て、そんな奴は「自分の行為は正しい」と思い込んでいるから余計タチが悪い。

このような悪質な運転をするドライバーに関わっていては命がいくつあっても足りないので、先に行かせたり道を変えたりして距離を置くようにしている。
何せ相手はキチガイなのだから一般常識は通用しない。

三ない運動によってバイクに乗る機会がないまま四輪に乗って、バイクの挙動や特性を知らないということはあり得るが、煽り運転や悪質運転は明らかな犯罪行為だから、三ない運動よりも運転者本人の人間性の問題だと思う。


難読

全国には難読地名と呼ばれるところが数多くあります。
その多くは元からの読み方に違う漢字を無理やり当てた「当て字」によるものです。
他にも、年月を経るうちに読みを略したり訛ったりで読み方が変化したもの、誤読がそのまま定着したものなど、理由は様々です。


FullSizeRender
先日、ツーリング中に寄ろうとして断念した、三田の永澤寺(ようたくじ)。
この永澤寺のある住所は兵庫県三田市永沢寺(えいたくじ)と読みます(笑)

この為、誤読する人が後を絶ちません。

FullSizeRender
永澤寺への案内看板までこの始末です。
まあ、これがお寺の名前を表しているとは断言できないので、あながち間違いとは言えないですが。

どうしてこんなことになっているのか、調べてみると興味深いことがわかりました。

お寺の名前の「永澤寺」(ようたくじ)は、仏教由来の読み方「呉音」(ごおん)で表されています。
一方、住所地の「永沢寺」(えいたくじ)は漢字の読み方「漢音」(かんおん)で表されています。
この為、同じ字でも読み方が異なるそうです。
よく知られているところでは「利益」を「りやく」(呉音)と「りえき」(漢音)や、「男女」を「なんにょ」(呉音)と「だんじょ」(漢音)などもそうです。

ただ、住所地は漢音で読むとの規則は無いし、永澤寺の場合は地名の由来となる寺が現存しているわけですから、住所地だけを漢音で読む必要はありません。
恐らくこの地名も誤読が定着したものと思います。

立ち寄った場所の地名も調べてみると意外な発見があるかも知れません。


ZERO-BASE

ZERO-BASE(ゼロベース)は京都府南丹市美山町にあるライダーズカフェです。

IMG_1852
ここはライダーズカフェですがキャンプ場として利用することが出来ます。

IMG_1844
カフェ前の芝生スペースがキャンプサイトです。
区画はありませんが、詰めて使っても20張ぐらいが限度と思われます。
直火は厳禁。

IMG_1846
ライダーズカフェなので広い駐車スペースがあります。
キャンプ利用の場合、サイトが空いているときはサイトへのバイクの乗り入れも出来るようです。

IMG_1850
メンテナンスコーナー。
工具が借りられ簡単な整備が出来ます。

IMG_1851
トイレ棟。
元々ライダーズカフェなのでトイレは数が少なく、キャンプ利用者が多いと朝はかなり渋滞します。
また、水場はトイレ棟の1か所しかないので、洗い物などは難しく、極力減らす工夫をしたほうが良いです。

風呂、シャワーの類は無く、ここから7kmほどのところにある美山町自然文化村・河鹿荘の日帰り入浴が最寄りとなります。
スーパーやコンビニも近くにないので、食事はライダーズカフェやBBQを利用するか、食材はあらかじめ用意する必要があります。

料金は一張り500円、BBQは食材おまかせ、コンロレンタル込み(燃料別)で1人2000円~と格安。

IMG_1856
この近辺は有名なツーリングスポットで、休日は店もキャンプ場もかなり込み合います。
キャンプ利用は予約が必須となります。
キャンプ場としては設備面で物足りなさがありますが、立地と価格面に大きなアドバンテージがあります。



竹中半兵衛

FullSizeRender
美山キャンプの帰り、昼食に三田の永沢寺(ようたくじ)蕎麦を食べようと永沢寺に向かったのですが、先般の豪雨災害で永沢寺につながる道が通行止めになっていました。
そこで、行き先を道の駅とうじょうに変更しました。


FullSizeRender
道の駅とうじょうの黒豆ソフトクリーム297円。
とにかく暑いのでソフトクリームばかり食っています。
この付近は丹波黒大豆の産地に近く、黒豆を使った料理やお土産品が多数見られます。

ここから神戸方面に向かって走っていると、三木市に入ったあたりで「竹中半兵衛の墓」という看板を見つけました。

私は歴史に全く疎いのですが、竹中半兵衛の名前ぐらいなら知っています。
黒田官兵衛と共に豊臣秀吉に仕えた軍師で、優れた知略で知られていますね。
こんなところに墓があったなんて知りませんでした。

FullSizeRender
看板に従って走っていると、公民館の手前に駐車場入り口を発見。

FullSizeRender
進んでいくと、どんどん山の中に入っていきます。
本当にこっちなのか。


IMG_1895
駐車場は「秀吉本陣跡」の入り口にありました。
竹中半兵衛の墓までは、ここから炎天下を歩いて300メートル戻らなければいけません。
ウソやろ…。

IMG_1893
IMG_1892
秀吉本陣跡は駐車場の脇から山を登った先にあり、この暑さの中とても行く気になれなかったのでスルーしました。
秋か冬なら来ても良いかもね。

FullSizeRender
竹中半兵衛の墓はブドウ畑の中にありました。
土塀に囲まれているところがそうです。


IMG_1889
墓は大木の根元にあり、墓石自体は質素なものです。

FullSizeRender
左の灯篭には文化三年(西暦1806年)の文字が見えます。

FullSizeRender
右の灯篭には「御名日(命日)六月十三日」とあります。
信長公記の記述では天正七年(西暦1579年)6月22日が命日であるとのこと。

IMG_1887
竹中半兵衛の墓がこの地にある理由は、秀吉の播磨三木城攻めに参戦中に、この地で病没したためとのことです。


暑い

7月15日~16日にかけて、京都の美山でキャンプしてきました。

この日はネットラジオ「バイクの輪」と「Free Style」の合同イベントがおこなわれ、これに参加しました。
午前中は「バイクの輪」ミーティング、午後から「Free Style」のキャンプという予定。

当日はイベントに間に合わせるため夜明け前に出発しなければならなかったのですが、前日、大阪で所用があり帰宅が午前1時になったため、睡眠時間3時間で出発と言うハードスケジュールになりました。
まあ、こうなることは大体予想しており、大阪に行く前にバイクに装備一式積み込んでおいたので、当日はバイクに飛び乗って出ていくだけだったのですが。

ミーティングが早朝にセッティングされているのは嫌がらせでも何でもなく、夏の炎天下に長時間居たらマジで死んじゃいそうなので。
この配慮は正しかったと私は思ってます。

「ラララ、ラララ、ジングンジングン、クレインブリンダス」と、鼻歌とともに夜明けの道を快走しながら、ミーティング会場の道の駅いながわへ向かいました。
朝は暑くないし車も少ないので実に快適でした。

IMG_1926
道の駅いながわに到着すると、既に多くのリスナーさんが集まっており、顔見知りの方も多かったので、すんなり合流しました。

IMG_1802
ミーティングと言ってもバイクを前に駄弁ってるだけなんですが、午前7時を過ぎると気温が急激に上昇し始め、ちょっとした日陰を探して退避する感じでした。

IMG_1803
ところで、皆さん自慢の愛車でミーティングに駆け付けたわけですが、私が今回の旅の相棒に選んだのは、現在日本で最もキャンプに使われているツアラー(ソースは俺)である、このマシンです。




FullSizeRender
しまりんビーノ!


マジか! マジだよ!
この車両を選んだ理由は、ネタ的な要素も多分にあるんですが(笑)、今回のキャンプツーリングは目的地が比較的近いのと、夕食がBBQなので食材などの荷物を大幅に減らせること、そしてバイク屋さんから走行距離少なすぎを指摘されていて、ちょっと距離を稼いでおかないといけなくなったからです。

とは言え、積載は結構苦心しました。
先ずTZRから移植したツアーシェルケースにはいつもの飯盒とカトラリーと燃料アルコール、エマージェンシーブランケットと照明器具などが入っています。
なお、左側のツアーシェルケースに重いものを入れるとサイドスタンドを掛けたときに後輪が浮き上がり左側に転倒することが判明したため、重いものは右側のケースに集中させています。
ツアーシェルケースを付けるとシートの開閉が出来なくなるので、シート下には非常用のパンク修理キットと車載工具、空気入れ、ユニコンカークリームを収納。
そしてテントとタープは荷台にタイダウンベルトで結束し、その前方にはチェアとマットを百均の自転車用ゴム紐で結束。給油の際にはチェアとマットだけ降ろせば給油口にアクセスできるようになってます。
雨具とサンダルは上からネットで固定しました。
足元のバッグには飲み水とモバイルバッテリー、着替えと救急キットは別途ゆるキャン△バックパックに入れて背負ってます(笑)
積んでみると意外に積載量があり、これなら本気のキャンプもできそうな感じです。

そんなビーノは予想以上の反響があり、とりわけ某女性ライダーさんには大受けでした。

FullSizeRender
暑気払いに、道の駅いながわのそばソフト300円。
練り込まれたそば粉の粒粒が見えるでしょうか?
猪名川周辺はそばの産地として知られており、この道の駅でも十割蕎麦が食べられる「そばの館」が人気です。

FullSizeRender
10時前の気温は日陰でも35℃。

10時になったのでミーティングを解散して、キャンプ組は美山へ向かいました。
ここから美山までは普段なら1時間ほどの距離なのですが、私は原付なので別行動。
のんびり走ってきましたが、山道で木陰になるところも多く、思ったより暑さを感じませんでした。

途中、昼食の為、道の駅丹波マーケスへ。
ここで先行組と合流しました。冷房が効いていて生き返る。

IMG_1807
丹波きのこのオムカレー780円。

ここにはスーパーがあるので買い出しをおこないました。

キャンプ場の受付時間に早かったので、道の駅美山ふれあい広場で時間調整。

FullSizeRender
道の駅に併設の「美山のめぐみ牛乳工房」。
こちらでは美山牛乳を使ったジェラートやソフトクリームが食べられます。


FullSizeRender
牛乳ソフトクリーム310円。
牛乳の濃厚な風味が楽しめますが、猛暑の為一瞬で溶け出し、大慌てで食べました。

FullSizeRender
美山みるく珈琲105円。
毎回品薄になる人気商品。
見つけたら取り敢えず買うべし。



IMG_1925
時間になったので今回のキャンプ地、ZERO-BASEへ。

IMG_1814
キャンプ場周辺はとっても良い景色なんだけど、この頃には暑さはピークに達しており、少し動くだけで滝のような汗が流れ落ちます。
夏の京都はとにかく暑いのです。


設営を済ませると、まずは風呂。
こちらには風呂やシャワーがないので、ここから7kmほどのところにある美山町自然文化村・河鹿荘へ。
入湯料は500円。
汗を流してシャツを着替えたら、夕食BBQの準備へ。

IMG_1829
宴の始まり。
かんぱーい!
皆さん暑い中、今日はお疲れさまでした。

FullSizeRender
食材はZERO-BASEで用意してもらったのですが、野菜っぽいのは最初だけで、あとは怒涛の肉攻勢。

IMG_1834
シャレオツなキャンプとは程遠く、みんなして肉をむさぼり食います(笑)

IMG_1840
最後にステーキが出てきて一同(・_・)(笑)
こんなに肉ばっかり食ったのは久しぶりだ。

この後、ビンゴ大会とか、公開収録もおこなわれ、楽しい夜が更けていきました。

私は三時間しか寝てないのが災いして、疲れからか、不幸にも収録の途中に寝てしまいました。
Free Styleの剣矢さん、ポパ兄さん、よっこさん、申し訳ありません。
この模様は放送で聞かせてもらいます(汗)
そしてバイクの輪のタククロさん、ありがとうございました。
次回も是非参加させてください。



↑このページのトップヘ