ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2018年05月

やりがい?





@DIMEの記事より。

入社して15年たちますが、私よりも下の後輩社員が配属されません。役職は副課長になったのに部署で一番の年少者なので、会議室の手配や弁当の注文、企画書のコピーなど雑用は全部私がやっています。(中略)もっとやり甲斐がある会社に転職するべきでしょうか?

「今週のサラリーマン相談」と称して質問に答える記事なんだけど、なかなか興味深い。

雑用は嫌いじゃないですけど、もうすぐ40歳なんだから、もっとやり甲斐がいのある仕事をしたいのです

と言う相談者に対して回答者は、
やり甲斐なんて、自分で自分の仕事を肯定するためのただの言い訳なんだよ。だから、今ある仕事にやり甲斐を感じられない人は、結局どんな仕事に移ったってやり甲斐を見いだせないだろう
と回答している。

実は転職前の私も似たような境遇だった。
社員が辞めても会社は人員を補充せず、慢性的に人手不足。
雑用は嫌いではないが、雑用に追われて主業務に支障を来すことも多かった。

だから、この質問者の本意は「後輩社員が配属されません」の部分だと思う。
恐らく質問者は雑用に追われて自分の本来の仕事に注力できず、結果としてモチベーションが保てなくなっているのだろう。
それを理解せずに「やり甲斐なんて、自分で自分の仕事を肯定するためのただの言い訳」などと言われてもちっとも心に響かない。

それに辞めようとする者に対して「ここで続かなかったらどこに行っても同じだよ」みたいな回答は典型的なブラック企業の上司のテンプレ発言だ。
モチベーションを上げる最も手っ取り早い方法は評価=給料を上げることだが、人員を補充しないような会社が社員の給料を上げるはずもなく、状況が改善されないなら環境自体を変える=転職しかないと思う。

私の場合は、それでも何とか仕事をこなしていたが、ついに体を壊してしまい転職の道を選んだ。
自分の健康管理もできないような職場に居たら本当に死んでしまう。

残念ながら私の居た職場は命を懸けるほどのやりがいのある仕事ではなかった(笑)


予防保全

ウラルのオイル交換をおこないました。
前回オイル交換してから1000キロぐらいしか走ってないのですが、オイル漏れが発生したことと、この後連続で3000キロぐらい走る予定があるため、今交換しないと次の交換サイクルに間に合わないためです。

先ずはエンジンオイル交換。

IMG_0382
1000キロしか走ってないのに、ドレンを抜くと真っ黒なオイルが出てきました。
リッターあたり500円もしない安物のオイルなので劣化が早いのでしょうか。

IMG_0386
思ったより汚れていますが、金属的なギラギラはありませんでした。

IMG_0384
ドレンボルトのマグネットにも鉄粉はほとんど付着していませんでした。
まあ1000キロしか走ってないから当然です。

オイルの規定量は2.1リッターですが、今回はオイルフィルターを交換しなかったので2リッターしか入りませんでした。


続いてミッションオイル交換。

IMG_0390
エンジンオイルと同じ安物オイルを入れています。
変色こそありませんが、金属のギラギラが見られます。

IMG_0388
ドレンボルトのマグネットにはそれなりに鉄粉が付着しています。
ミッションオイルだからこんなものでしょう。

規定量0.9リッターをオイルジョッキで測って給油しました。


続いてデフオイル交換。

IMG_0391
デフオイルはこんな短い周期で交換する必要は全くないのですが、買い置きのオイルを使い切れないのであえて交換しています。

IMG_0393
ドレンボルトのマグネットはこんな感じ。

規定量は175ccですが、測れないのでデフオイルを目分量で少しずつ入れながら、レベルゲージで合わせました。


オイル交換後試走してみると、ミッションオイルについては交換後にミッションの入りが良くなってオイル交換の効果が体感出来ましたが、エンジンオイルは交換後エンジンがゴロゴロ言う感じがあります。
しばらく走って馴染んできたほうが良いフィーリングになるようです。

今使っているシェブロンのオイルが安く入手できなくなったので、次はエンジンオイルの銘柄を変えてみようかと思っています。


充電されない

私は仕事用PCとして、マイクロソフトのSURFACE3を使用しています。
スペック的には貧弱ですが、普段使っている業務用ソフトは一通り動くので、特に問題はありません。
何より軽いし、USBで充電できるので重宝しています。
モバイルバッテリーからでも充電できるのは出張が多い私には好都合です。

ところが、その充電に関するトラブルが続発しています。
具体的には電源に接続していても充電されないというものです。

タスクバーのアイコンは充電中の表示になっているのですが、実際は全く充電されておらず、電池が切れていきなりシャットダウンしてしまいます。

調べてみるとSURFACE3で充電に関するトラブルが多数報告されていました。
どうもSURFACE3の電源管理に問題があるようで、システムが充電器の電流値を見誤って電流を制限してしまうのだとか。
実際、この症状が出たときに充電器に電流値を表示するアダプタを接続してみたところ、充電中にもかかわらず0.5Aしか流れていませんでした。
通常は2A以上流れるので明らかにおかしいです。
症状が出たら一度シャットダウンして再起動するしかないようです。

SURFACEシリーズは現在も発売されていますが、USB充電の機種がSURFACE3を最後に無くなってしまったところを見ると、メーカーもこのトラブルを解決できなかったのではないかと思っています。
そろそろ次のマシンを考えなくてはいけないのですが、次もSURFACEにするか、他のPCにするか悩みどころです。



再発

IMG_0377

以前にも発生したオルタネーター接続部からのオイル漏れが再発しました。
前回発生したときはディーラーで対策してもらって、しばらくオイル漏れは止まっていたのですが。
今回もディーラーに電話して、再度対策してもらうことになりました。

前回もそうでしたが、オイルが漏れたからと言ってすぐに走れなくなるわけではなく、オイルレベルをこまめにチェックして、減っていたら継ぎ足しておけば問題なく使用できます。
しかし止められるものなら止めてほしいので、メーカー保証のある内に対策してもらうことになりました。

しばらくウラルを使う予定が入っているので、修理に出すのはしばらく先になりそうです。
前回のオイル漏れも、しばらく乗っているうちに自然に止まってしまったことがあり、恐らく今回もそんな感じではないかと思っています。


開けるよ


ウラルに乗り始めてから1年以上経ちましたが日々の忙しさにかまけて、ろくにメンテナンスしてません。
本来は5千キロごとにバルブクリアランスの調整をしなければいけないらしく、取説にもそのように書かれています。
現在は特に不調は無いのですが、せっかくなので、この際ヘッドカバーを開けてみました。

IMG_0370
ヘッドカバーを留めているナットを取り外すだけなのですが、このナットが異常に固く締め付けられており、取り外しに難儀しました。
この部分の締め付けトルクは取説にも記載が無く、適正トルクが分かりません。
確かに一般的なM12のナットの締め付けトルクは42Nmぐらいなのですが、いくら何でもこれは固すぎると思います。
ヘッドカバーを外すとヘッドに溜まっているオイルが流れ出てきますので、あらかじめ廃油受けを置いておきます。

IMG_0373
ナットを取り外したら木づちでヘッドカバー周囲を軽く叩きながらヘッドカバーを外していくのですが、慎重に作業したつもりでしたがガスケットが切れてしまいました。

IMG_0376

先輩ウラルオーナーさんから「調子のよい時は増し締めだけしておけば良い」と聞いていたので、バルブ調整はせずに各部の増し締めだけしました。
増し締めと言っても緩んでいるところは全くありませんでした。
バルブ調整しようにも隙間ゲージ持ってないし←何で開けたんだよ(汗)

目視で点検しても特段何も無いので、簡単に清掃した後でヘッドカバーを閉めました。


IMG_0379
側車側のヘッドも開けようとしたら狭くてレンチが入りませんでした。
どうするんだこれ…。







↑このページのトップヘ