ゆっくり走るよ

ゆっくりバイク系ひとりオウンドメディア。 ヘンテコなバイクでツーリングしたりキャンプしたりしながら、バイクや旅の話をしています。

2018年01月

ジャパリまん





1月16日からファミリーマート(とサークルK、サンクス)で「ジャパリまん」の販売が始まりました。

「ジャパリまん」とはアニメ「けものフレンズ」に登場する「フレンズ」達の食べ物で、野菜を原料に作られるパンのようなものです。

このジャパリまんを肉まんとしてアレンジしたのがファミマの「ジャパリまん」。

チーズカレー味とチョコ味(ラム酒風味)があるので両方食べてみました。


FullSizeRender
チョコ味です。
色はピンク。
見えにくいですがグラシン紙も「けものフレンズ」のロゴがあります。


FullSizeRender
チョコレートが非常に甘く、飲み物が無いとキツイ。
粘度も低く、食べていると中身が流れ出して来て、ちょっと焦りました。
ラム酒風味は、言われればそんな感じ(笑)



FullSizeRender
カレー味です。
外観は黄色。


FullSizeRender
しっかりしたコクのあるカレー味です。
若干ですが具も入っています。
こちらもチーズは言われてみればって感じ。
リピートするならカレー味かな。




ファミマは昨年のクリスマスに「サーバルちゃんクリスマスケーキ」を発売するなど、「けものフレンズ」と積極的にコラボをおこなっていますが、監督降板騒動など時期的にアレな感じなので多少出遅れた感が否めません。
これに懲りずに更なるコラボで盛り上げて欲しいと思います(小並感)



ウラル村



image
【画面は開発中のものです】


先日の笠置キャンプでは、ウラルオーナー有志が集まってキャンプをおこないました。
その時は実に9台ものウラルが集結し、その一帯は「ウラル村」と命名されました。

もちろんこれはその時限りのジョークだったのですが、何と本当にウラル村が出来るみたいです。

ツイッターで流れてきたこの情報。

uralvilla1


東京都あきる野市乙津に、ウラル​サイドカーが大好きなオーナーによる
とても小さなキャンプ場が生まれようとしています。
詳細につきましては、2018年2月中旬にご案内申し上げます。





uralvilla2

URAL Villageのロゴに関して
IMZ Ural本社及びURAL Japanより、ロゴの使用許可を受け使用しています。
と言うわけで、ウラル社公認のようです。
すげえ。



このウラル村、今のところ東京都あきる野市にできるというぐらいしか情報が無いのですが、住所から現在休業中の、このキャンプ場ではないかと思われます。



こちらのキャンプ場のオーナーさんは旧車やウラルサイドカーのオーナーと言うことなので、ほぼ間違いないようですね。

ウラルサイドカーの新たな聖地となるかも??
詳細は2月に発表ということなので楽しみですね。


カキオコ





タククロさんが日生(ひなせ)にカキオコを食べに行くと言うので便乗させてもらいました。

とは言え、その時私は岡山市某所で新年会の真っ最中。
この日は深夜1時過ぎまで飲んでいたので、帰宅することが出来ませんでした。

翌朝、新幹線で帰宅し、バイクの準備。
ウラルは故障のため出せないので、TZRを用意します。
幸い、年末に乗り納めしておいたこともあって、エンジンは難なく始動。
暖機を終えると、急いで待ち合わせ場所へ向かいました。

途中、道が渋滞してたりと、予定時間より遅れて待ち合わせ場所に到着。





既に他の参加者の方は揃っていて、しばし雑談の後、目的地のお好み焼き屋さんへ向かうことになりました。




岡山県備前市の日生地区は牡蠣(かき)の養殖が盛んで、その牡蠣をふんだんに使ったお好み焼き「カキオコ」がご当地グルメとして知られています。
お好み焼きの焼き方にも独自の工夫がされており、焼いても牡蠣の身が縮まないようにしているそうです。
余談ですが「カキオコ」の名称は地元の商工会が商標登録しているので、日生の登録店しか使用することが出来ません。
他の地区の店や露店などでは「牡蠣入りお好み焼き」などの名称で営業しているようです。

IMG_8455

お好み焼き「きまぐれ」さんに到着。
既に店内は込み合っていましたが、昼前の到着だったので何とか席を確保できました。

IMG_8457

店の奥の広間に通されたのですが、ここはどう見てもカラオケルーム(笑)
鉄板の前の席が満席なので、こちらに通されたようです。
美味しく頂けるなら場所はあまり気にしないので問題ありません。


しばし待って注文の品が到着。



IMG_8725


カキオコ(1000円)。


IMG_8726

牡蠣がたっぷり入ったお好み焼きはボリューム満点。
牡蠣の旨味がしっかり感じられてとても旨いです。


このあと、日生の海産物を売っている「五味の市」へ行ってみたのですが、カキオコが意外とボリュームが有ったのでおなかが減っておらず、また混雑していたので休憩がてら雑談。
全員バイク乗りなのでツーリングの話や新型車の話、地方の旨いものの話など、話題は尽きません。
貴重な情報交換が出来ました。

タククロさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう。








その後


image

この前、ウラルのフロントブレーキスイッチが故障したことを書きました。

昨年末、フロントブレーキスイッチの故障が発覚しました。
ブレーキランプが点きっぱなしになっています。
機関は全く問題ありませんが、これでは乗ることが出来ません。

症状は明確だったので、直ちにディーラーへ部品手配をお願いしました。
年末年始はメーカーが休みの為、年明けの発送になるとの連絡。
いつもはメールしても応答もなく、ある日いきなり荷物が届くと言った感じなのですが(笑)
今度はメールの返信も早く、部品の入荷予定や発送連絡もすぐにありました。
発送連絡の翌日にはゆうパックが到着。

やればできるじゃん(笑)

これでやっと乗ることが出来ると、大喜びで部品交換準備をし、ゆうパックを開けてみると…!



IMG_8472

ちがうがな!

これって2013年以前のモデルに使われていたピックアップホールセンサー(型番:IMZ-8.1037-17002-10)じゃないか。
欲しかったのはフロントブレーキスイッチ(型番:IMZ-8.1037-17021)ですよ。
型番が似ているので発注の際に型番を入力し間違えたのではないかと推測。

誤発注した上に検品もせずに送ってくる、いつも通りなディーラーの対応には苦笑するばかりです。

部品を返品し、改めて部品手配を依頼しました。

あれから1週間経ちましたが、未だ応答がありません。
部品はいつ届くんだろうか。
今度からウラルジャパンに直接言ったほうが早いかな…。
早く乗りたいなあ…。

ロードサービス


image

現在、私はあいおいニッセイ同和損保のバイク保険に入っています。
ディーラーから勧められての加入だったのですが、その大きな理由はロードサービスにあります。
あいおいニッセイ同和損保のバイク保険ではレッカー費用を補償してくれるロードアシスタンスサービスに加入できます。

以前、四国ツーリングでバイクが故障したことを書きました。
この時、ロードサービスでバイクを自宅まで搬送してもらったのですが、保険の補償範囲を超えてしまい、4万円ほどが自己負担になりました。

バイクをツーリング目的で使う人にとって、ロードサービスは必須です。
特にウラルは取扱店も少なく、搬送距離が長くなりがちです。
そこで、もっとサービス距離の長いロードサービスが無いかを探してみました。


【あいおいニッセイ同和損保】
私が現在加入中のバイク保険です。
ロードアシスタンスサービスでは、レッカー引き揚げ費用補償15万円、自宅までの帰宅交通費、現地での臨時宿泊費、修理完了後の回送費用などが補償されます。
引き揚げ費用補償は距離ではなく金額なので、引き揚げ可能距離は状況により変動するようですが、おおよそ200km程度とのことです。


【アクサダイレクト】
アクサダイレクトのバイク保険には距離無制限のプレミアムロードサービスが付帯されています。
しかし、これには「保険会社が指定する最寄りの修理工場まで」という条件が付いています。
この指定工場がウラルを扱える確証はないので、ウラルディーラーへ搬送してもらいたいのですが、利用者が指定する場所への搬送は50kmまでで、それを超える分は自己負担になります。


【ZuttoRideClub】
ZuttoRideClubは年会費9900円で距離無制限のロードサービスを提供しています。
しかし、残念なことにサイドカー付き車両は加入できません。

ZuttoRideClubに限らず、サイドカー付き車両がバイク保険やロードサービスに加入できないことは多々ありますのでので注意が必要です。


【レッドバロン】
レッドバロンのツーリングサポートサービスは、あいおいニッセイ同和損保と提携しており、あいおいニッセイ同和損保と同等のサービス内容ですが、引き揚げ距離は無制限となります。
ただし、加入できるのはレッドバロンでの購入車両のみです。




さまざまなバイク保険やロードサービスを調べてみましたが、ウラルが加入できるものではあいおいニッセイ同和損保のロードサービスが最も搬送距離が長いようです。
とは言え200kmでは物足りなさが否めません。

ウラルジャパンはウラルサイドカーをアドベンチャーバイクとして売りたいらしいので、ここはひとつ、有料でも良いのでウラル専用の距離無制限ロードサービスを開発していただければ販売促進に繋がるのではないでしょうか。
ブラド社長、いかがでしょうか?








↑このページのトップヘ